【 いきもの は おもしろい!のいろいろなはなし】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕
 ·オキナワシリケンイモリ  ·アオタテハモドキ  ·ムラサキオカヤドカリ  ·シュリマイマイ  ·コウガイビル  ·アフリカマイマイ  ·沖縄の動物  ·沖縄の生き物  ·沖縄  ·ノビル  ·下赤阪の棚田  ·下赤阪の棚田の植物  ·白い花  ·夏の花  ·珠芽  ·山菜  ·野菜  ·ギンリョウソウ  ·梅雨の花  ·夏の花  ·白い花  ·寄生植物  ·金剛山の花  ·金剛山の植物  ·金剛山  ·千早本道  ·クロマドボタル  ·ホタル  ·光る虫  ·初夏の虫  ·5月の果実/SA-tanada  ·5月の乾果/SA-tanada  ·5月の閉果/SA-tanada  ·果実/SA-tanada  ·乾果/SA-tanada  ·閉果/SA-tanada  ·痩果/SA-tanada  ·穎果/SA-tanada  ·分果/SA-tanada  ·初夏の果実/SA-tanada  ·アダン  ·ソテツ  ·ゲットウ  ·シークヮーサー  ·ハナバショウ  ·レイシ  ·アカギ  ·アコウ  ·識名園  ·沖縄  ·イヌツゲ  ·錦織公園の樹木  ·錦織公園  ·樹木/Nishikoori-park  ·陰樹/Nishikoori-park  ·常緑樹/Nishikoori-park  ·低木/Nishikoori-park  ·モチノキ科/Nishikoori-park  ·林冠下の木/Nishikoori-park

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

古い写真から現れた6月の沖縄の動物

 古い写真を整理していた出てきた6月の沖縄の写真。
 その動物編です。

この記事にはの画像があります。


 陸上の生き物の分布を広い範囲で見ると、突然何種類もの動物たちがいなくなる「境界」があります。
 たとえばトカラ(吐噶喇)列島の南の悪石島(あくせきじま)と小宝島(こだからじま)の間に引かれた渡瀬線。
 わかりやすく言うと、屋久島の南に連なるトカラ列島と奄美大島の間に引かれた線です。
 この線を中心に、北と南で動物の種類が変わるのです。気候も環境もそれほど変わらないというのに。
 その渡瀬線のずっと南にある沖縄島は、気候が本州や九州(島)と大きくちがうため、本州などでは見たこともないような生き物がたくさんいます。

オキナワシリケンイモリ(沖縄尻剣井守)Cynops ensicauda popei

脊索動物門 脊椎動物亜門 両生綱 有尾目 イモリ科 イモリ属
南西諸島に分布

沖縄ではポピュラーなイモリ。

背中の模様には変異が多いので、沖縄で黒いっぽいイモリを見たら、シリケンイモリかもしれません。

アカハライモリと同じように、皮膚から毒を分泌するので触らないほうが無難。

陸上でも盛んに行動するようです。

アオタテハモドキ(青立翅擬)Junonia orithya のオス

節足動物門 六脚亜門 昆虫綱 チョウ目 タテハチョウ科
九州~沖縄に分布

ムラサキオカヤドカリ(紫陸宿借)Coenobita purpureus

節足動物門 甲殻亜門 エビ綱 エビ目 オカヤドカリ科 オカヤドカリ属
南西諸島を中心に分布
国の天然記念物

上の画像では外来種のアフリカマイマイの殻を使っています。

下の画像はよく見ると殻をつけていません。
引っ越しの途中でしょうか。

こんな大きなヤドカリが陸上を歩いているのが沖縄。

もっと大きなヤドカリのヤシガニもいますが、沖縄島では一時絶滅したといわれた野生のヤシガニを見るのは困難でしょう。

シュリマイマイ(首里蝸牛)Satsuma mercatoria

軟体動物門 腹足綱 柄眼目ナンバンマイマイ科
沖縄島中南部に分布

コウガイビル(笄蛭)類

扁形動物門 ウズムシ綱 ウズムシ目 コウガイビル科 コウガイビル属

見たとおり渦巻きの殻はカタツムリのシュリマイマイ。

見かけたのは中城(なかぐすく)城址。
沖縄の城(ぐすく)は石灰岩の石垣を巡らせています。
シュリマイマイは石灰岩の場所を好むということですので、ピッタリの場所です。

そしてシュリマイマイに巻き付いているのがコウガイビル。
口と肛門が同じ扁形動物で、驚異的な再生能力を持つことで有名なプラナリアの仲間です。

ミミズやカタツムリなど柔らかい動物が好物。
顎を持たないので消化液を出して溶かして飲み込む体外消化を行います。
今はコウガイビルの食事中。

残念ながら種類まではわかりません。

アフリカマイマイ(阿弗利加蝸牛)Achatina fulica

軟体動物門 腹足綱 柄眼目 アフリカマイマイ科 アフリカマイマイ属
世界最大の陸産巻貝の一種
要注意外来生物
生態系被害防止外来種
日本の侵略的外来種ワースト100
世界の侵略的外来種ワースト100
東アフリカ原産

食用として持ち込まれたものが逸出して野生化したもの。

最悪命を落とすことにもなる広東住血線虫症を引き起こす広東住血線虫が寄生していることがあるので、触らないのが無難です。

それだけでないいろいろな問題を起こしているのは、アフリカマイマイの肩書を見ればわかります。

沖縄やんばるフィールド図鑑

新品価格
¥1,728から
(2017/7/3 22:43時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: オキナワシリケンイモリ  アオタテハモドキ  ムラサキオカヤドカリ  シュリマイマイ  コウガイビル  アフリカマイマイ  沖縄の動物  沖縄の生き物  沖縄 

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

ノビル(野蒜)-下赤阪の棚田の植物

 野草で野菜で山菜の植物です。

植物界 被子植物門 単子葉類

ノビル(野蒜)Allium macrostemon

クサスギカズラ目 ヒガンバナ科 ネギ属
多年草
花期:5~6月 散形花序
草丈:60cm(花茎)
山菜
タグ:ノビル

野草で山菜で野菜の植物。

花を見ているとニラに似ていますが、同じネギ属。

花柄が長く、根元に瘤があります。
この瘤は珠芽(しゅが)。またはムカゴ。
種子ではありませんが、ここから芽を出し成長して増えていきますので、その意味では種子と同じものです。

珠芽から花がつかないネギっぽいものが生えていますが、これは新芽。
地面に落ちる前にもう成長を始めています。

ノビルには珠芽がたくさんできるものとそうでないものがあります。
このノビルはたくさんできる方のようです。

ノビルは花が咲いても種子ができなものが多いようですので、この珠芽と地下の鱗茎(りんけい)で増えることになります。

ノビルはネギやニラのように葉などを食べることができます。
ニラは有毒のスイセンと間違われて食中毒を起こすことがよくあります。

ノビルはニラよりも細く真ん中が厚くなる半月形。
よく見れはわかりますが、知識がないとスイセンと間違うかもしれません。

山菜採集は知識と注意が必要です。

植物界 被子植物門 単子葉類

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ノビル  下赤阪の棚田  下赤阪の棚田の植物  白い花  夏の花  珠芽  山菜  野菜 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

銀竜草が減ってちょっと残念な今年の梅雨の金剛山

 梅雨も後半。
 ギンリョウソウの季節です。
 ということで、金剛山に行ってきました。

 ギンリョウソウは金剛山では梅雨のころに現れる真っ白な植物。
 光合成をやめてしまい、地下でいろいろな植物とネットワークを作っている菌類に寄生している植物。
 漢字では「銀竜草」。
 鱗片状の葉をつけた茎とその先につく花を白い竜に見立てたもの、と言われます。
 ということで、竜ぽいようなな気がする銀龍草です。




 金剛山でギンリョウソウというと、メインルートの千早本道。
 三合目をすぎたあたりから山頂まで、登山道の左右の落葉の中や土留めの丸太の下から顔を出します。
 ところが、ここ数年千早本道の改修が進み、すっかり減ってしまいました。
 この日も最初に見かけたのは四合目を過ぎたあたり。
 その後は八合目まではほとんど見かけません。
 残念です。

 といっても、金剛山からギンリョウソウがなくなったわけではありません。
 時間がたては千早本道にも戻ってくるでしょう。
 きっと。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ギンリョウソウ  梅雨の花  夏の花  白い花  寄生植物  金剛山の花  金剛山の植物  金剛山  千早本道 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

実は光るんですが、見た人がとても少ないのです。クロマドボタル

 幼虫が光るクロマドボタルの雄成虫が飛びはじめました。

この記事にはの画像があります。


 メスは翅が退化してオスしか飛ばないホタル。
 そして幼虫は陸上に住む陸棲のホタル。

クロマドボタルのオス成虫

 ホタルといえば、ゲンジボタル、ヘイケボタル、そしてヒメボタルでしょうか。
 どれも明るく、各地で鑑賞会などが行われています。
 クロマドボタルは成虫じゃなくて、幼虫が光るホタル。
 幼虫が光るホタルは珍しくはないのですが、とても暗い。

名前の由来となった「窓」

目のようですがここは背中
擬死中なので頭は腹側に折り曲げていて見えません

 ところが、クロマドボタルの成虫も光ります。
 ただゲンジボタルやヒメボタルのように繁殖行動と関係なく、光る時期も短いということで、自然の中でなかなか観察されないのが誤解の原因のようです。
 飼育されたクロマドボタルは羽化後にはよく光るそうですので、自然の中でも同じだろうということは容易に想像できます。
 つまり、光る器官を持っているはず。
 ということで、擬死(しんだふり)してるクロマドボタルのオス成虫のお腹を見てみましょう。

お腹側からみたクロマドボタルのオス


発光器らしいところをクローズアップ

 一番先の節だけが色がちがいます。
 ちょっと半透明?
 見るからに光りそうですし、ゲンジボタルやヘイケボタルの発光器に似ています。
 クロマドボタルのオスが光ってもふしぎはないですね。
 まだ見たことないですが。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: クロマドボタル  ホタル  光る虫  初夏の虫 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の5月の閉果

 痩果というとキク科ですが、まだまだ種類が少ないようです。

果実 タグ:下赤阪の棚田の果実5月の果実
 単果 たんか 一つの雌蕊を持つ花からできた果実
 〉乾果 かんか 汁気の少ない果実 タグ:乾果
 〉〉閉果 へいか 熟しても割れない乾果 タグ:閉果
 〉〉〉痩果 そうか 皮と種が分かれない閉果 タグ:痩果

ハハコグサ(母子草)
Gnaphalium affine

双子葉類
キク目
キク科
ハハコグサ属
一年草
タグ:ハハコグサ


2014年下旬

ウラジロチチコグサ(裏白父子草)Gamochaeta coarctata

双子葉類 キク目 キク科 チチコグサモドキ属
多年草
南アメリカ原産
タグ:ウラジロチチコグサ


2015年下旬

タンポポ(蒲公英)Taraxacum

双子葉類
キク目 キク科 タンポポ属
多年草
タグ:タンポポ

カンサイタンポポかセイヨウタンポポだと思います。


2015年下旬

スイバ(蓚,酸い葉)Rumex acetosa

双子葉類 ナデシコ目 タデ科 スイバ属
多年草
別名:スカンポ
タグ:スイバ


2017年下旬
 〉〉〉痩果
 〉〉〉穎果 えいか 痩果よりも皮と種が密着した閉果 タグ:穎果

オオスズメノカタビラ(大雀の帷子)Poa trivialis

単子葉類 イネ目 イネ科 イチゴツナギ属
多年草
ヨーロッパ~西アジア原産
タグ:オオスズメノカタビラ


2017年下旬

ネズミムギ(鼠麦)Lolium multiflorum

単子葉類 イネ目 イネ科 ドクムギ属
1~2年草
ヨーロッパ原産
タグ:ネズミムギ


2017年下旬

ネズミホソムギと似ていますが、禾(禾)が長いのが特徴。

ネズミホソムギ(鼠細麦)Lolium × hybridum ?

単子葉類 イネ目 イネ科 ドクムギ属
1~越年草
ホソムギとネズミムギの雑種?の外来種
タグ:ネズミホソムギ


2017年下旬

ネズミムギと似ていますが、禾が短い(または無い)のが特徴。

 〉〉〉穎果
 〉〉〉分果 ぶんか 複数の果実に分かれる閉果 タグ:分果
 〉〉〉〉双懸果 そうけんか:縦に2つにわかれる分果

オヤブジラミ(雄藪虱)Torilis scabra

双子葉類 セリ目 セリ科 ヤブジラミ属
越年草
タグ:オヤブジラミ


2017年下旬

種子が入った果実はひっつき虫。

 〉〉〉〉双懸果
 〉〉〉分果

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 5月の果実/SA-tanada  5月の乾果/SA-tanada  5月の閉果/SA-tanada  果実/SA-tanada  乾果/SA-tanada  閉果/SA-tanada  痩果/SA-tanada  穎果/SA-tanada  分果/SA-tanada  初夏の果実/SA-tanada 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

古い写真から現れた6月の沖縄の植物

 古い写真を整理していたら、数年前の6月に行った沖縄の写真が出てきました。
 まだブログを始める前で、あまり量は多くありませんが、その中から抜き出した沖縄で出会った植物です。

アダン(阿檀)Pandanus odoratissimus

被子植物 単子葉類 タコノキ目 タコノキ科 タコノキ属
常緑小高木
亜熱帯から熱帯の海岸近く 日本ではトカラ列島以南の沿岸域
雌雄異株

沖縄ではありふれた木。
特に離島の自然海岸では、アダンの林が防風林・防砂林の役割を果たしています。

沖縄では葉の繊維からムシロやゴザやゾウリを作るなど古くから利用されていました。

黄色く熟す実はパイナップルのようでおいししそうに見えますが、繊維が多く甘みも大したことがなくおいしくないそうです。

そして、木なのに単子葉植物というのも、意外です。

ソテツ(蘇鉄)Cycas revoluta

裸子植物 ソテツ綱 ソテツ目 ソテツ科 ソテツ属
常緑低木
台湾~中国南部 日本では九州南部~南西諸島
タグ:ソテツ

マツ綱以外で唯一日本に自生する裸子植物。
ただし自生するのは鹿児島県南部から南西諸島など温かいところだけ。
ところが寒さにはそれなりに強いようで、西日本の平野部なら露地でも育ちますので、珍しくはありません。

実や幹の芯の部分にはデンプンが多く食用になりますが、有毒で十分に毒抜きしなければなりません。
大正末から昭和初期の不況時の食料危機には、沖縄ではソテツが食べられましたが、十分な毒抜きができず、多くの人が亡くなり「ソテツ地獄」と呼ばれます。

もちろん、十分な毒抜きをすれば問題なく、奄美では伝統食として食べられています。

木の中央から伸びているのは雄花です。

識名園

第二尚氏の時代に作られた庭園で、中国の冊封使をもてなす迎賓館として使われていました。

日本の大名が作った庭園と同じように、権勢を示すためいろいろと工夫されています。
その一つが沖縄以外のものも含めて様々な植物が植えられていること。
今の植物園です。

ゲットウ(月桃)Alpinia zerumbet

被子植物 単子葉類 ショウガ目 ショウガ科 ハナミョウガ属
多年草
熱帯から亜熱帯アジア 日本では沖縄県から九州南部に分布
別名:サンニン

沖縄では結構あちこちで見かける植物。

ショウガの仲間ですが、使われるの葉。
タケノコの皮や笹の葉、カシワの葉のように防腐作用を利用して食べ物をくるむのに使われます。
むーちーや儀保まんじゅう(のまんじゅう)のように、月桃の葉でくるんで蒸したものは、独特の風味がありますが、なれるとこれが美味しさになります。

シークヮーサーCitrus depressa

被子植物 双子葉類 ムクロジ目 ミカン科 ミカン属
常緑低木
台湾 日本では琉球諸島に自生
和名:ヒラミレモン(平実檸檬)

沖縄の柑橘類といえば、このシークヮーサー。
和名はヒラミレモンですが、知名度の差は圧倒的。

「シークヮーサー」は沖縄の方言で「酸っぱいものを食べさせる」というような意味があります。
表記はゆらぎが多く「シーカーシャー」などいろいろ。

古くから沖縄で使われていたようで、いつごろ沖縄に来たのかはわかっていないようです。

沖縄では様々なシークヮーサージュースがありますが、ストレートで飲めるものはみんなかなり薄まっています。
でも果汁100%好きの人も、シークヮーサーは100%ではおいしく飲めないでしょう。
殺人的なすっぱさです。

ハナバショウ(花芭蕉)Musa basjoo

被子植物 単子葉類 ショウガ目 バショウ科 バショウ属
多年草
中国原産
バショウの観賞用品種

バショウの観賞用品種。

バショウの仲間にはバナナがありますが、こちらは食用には向かないそうです。

「糸芭蕉」と呼ばれる種類の葉から繊維をとり、それを織って布を作りました。
古くから沖縄の人の生活を支えた植物の一つです。

レイシ(茘枝)Litchi chinensis

被子植物 双子葉類 ムクロジ目 ムクロジ科 レイシ属
常緑高木
中国の嶺南地方原産
別名:ライチ

南方の果物。
沖縄では露地で育てることができます。

中国では紀元前から栽培され、楊貴妃が愛したと言われています。
味はもちろんのこと、傷みやすいので高価な食べ物だったようですが、今ではスーパーで簡単に買うことができます。
冷凍ですが。

首里金城の大アカギ

沖縄の首里には大きなアカギがたくさん生えていました。
第二次世界大戦のとき、首里城の地下に陸軍基地が置かれたこともあり、アメリカ軍の艦砲射撃を受け、多くの木が失われました。
その中で奇跡的に生き残った6本の大アカギ。

生えているのは 内金城嶽(うちかなぐすくたき)の境内。
「嶽(たき)」「御嶽(うたき)」は南西諸島(奄美地域と沖縄地域と先島地域)に古くからある神様への祈りを捧げる場所。
イメージとしては、神社よりも祠(ほこら)に近いような気がします。

自然物に神様を見出し祈る場合や、遠くの神様へ祈る場合(遥拝)などがあります。

アカギ(赤木)Bischofia javanica

被子植物 双子葉類 キントラノオ目 コミカンソウ科 アカギ属
常緑高木
台湾~中国南部~東南アジア~ポリネシア~オーストラリア
日本では南西諸島(奄美群島、沖縄諸島、先島諸島)に分布
別名:カタン
国指定天然記念物

6本の大アカギの中の最も大きなアカギ。

推定樹齢は200~300歳、樹高は20mで、様々な植物が着生しています。

木の内側(材)が赤いことが由来。

沖縄では極相林(生える植物種の変化の最終段階)を作る樹木の一つなので、アカギの古い大木が残るのは自然なことです。

仲島の大石(なかしまのうふいし)のアコウ

那覇市内のバスターミナルの構内にある大きな琉球石灰岩の岩。
高さ約6m、周囲葯25m。
上にはアコウをはじめさまざまな植物が生えています。

岩の根元がえぐれているようにみえるのは、波がけずったためで、ここが海だったことの証です。

県指定天然記念物。
県指定史跡。

アコウ(榕、赤榕、赤秀、雀榕)Ficus superba var. japonica

被子植物 双子葉類 バラ目 クワ科 イチジク属
半常緑高木
中国南部~東南アジア 日本では紀伊半島~四国~九州~南西諸島に分布

沖縄の樹木で有名なガジュマルと同じように気根をたらす亜熱帯を好むイチジクの仲間。

木の上で芽を出すと、伸ばした気根で台になった気を多いからしてしまう「絞め殺しの木」の一つなのもガジュマルと同じ。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: アダン  ソテツ  ゲットウ  シークヮーサー  ハナバショウ  レイシ  アカギ  アコウ  識名園  沖縄 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

イヌツゲ(犬黄楊)-薄暗い林冠下二傑のひとつ〈錦織公園の樹木〉

 錦織公園の樹木の3番目はなんとイヌツゲ。
 おもいっきり地味な樹木ですが、3番目には理由があります。

常緑樹 林冠下の木

イヌツゲ(犬黄楊)Ilex crenata

被子植物門 真正双子葉類 モチノキ目 モチノキ科 モチノキ属
タグ:イヌツゲ

常緑低木~高木 陰樹 林冠下の木
花期:5~7月 雌雄異株 ♀単生花序 ♂散形花序
果熟期:10~12月 核果 黒
葉:単葉 互生 楕円形 単鋸歯
樹皮:平滑(皮目)
自生地:本州~九州
成長適地:丘陵~低山の尾根から湿原の周辺
レッドリスト:大阪府2014-記載なし/環境省2017-記載なし
錦織公園内分布:園内林各所(一部を除きほぼ全域)

薄暗い林床に生える樹木。
そのためか、雑木林ではありふれた木ですが、まったくと言ってもいいほど見向きもされません。

普通、植物は日当たりのいいところで育ちますが、イヌツゲは日当たりの悪いところで何十年も生き続けることができる陰樹。

樹高はコナラアラカシよりも低く、成長も遅いので、林冠(樹木が太陽光を集めるために空に向かって枝葉を広げた面)の下の薄暗い場所で左右に枝を広げて少しでも光を集めようとしているようです

普通の樹木は、薄暗いところでは光を求めて枝を上へ上へと伸ばしますが、イヌツゲは上よりも前後左右に広げようとします。
あえて薄暗いところを選んだためか、その場所でも最大限光を浴びられるようにしているようです。

林冠の下で左右に枝葉を広げている姿は、森が二重になっているように見えます。(上の画像の真ん中あたりで左右から道を挟み込んでいるようなのがイヌツゲ)

鋸歯は小さいのが間隔を空けてあるので、鋸歯がないように(全縁)に見えます。

葉は小さく密生させています。
薄暗いところで光を集めようと密生さているのかもしれません。
大きい葉の場合、1枚が枯れてしまうと大きな場所が空いてしまいます。
小さい葉の場合は、小さな場所だけですみます。
小さい葉が順番に枯れれば、大きな葉1枚が枯れるよりも損失は少なくてすみます。

樹皮は割れも裂けもなく、少し筋が入る程度で、つぶつぶ(皮目)が目立ちます。

成長が遅いため年輪の間隔が狭く、材の部分は色の白くきれいです。
ただ何十年かけても人間の腕や脚くらいの太さにしかなりませんので、あまり木材としては使われないようです。

名前に「イヌ」がつくものは「役に立たない」という意味があると言われます。
つまり、「イヌツゲ」は「役に立たないツゲ」という意味になります。

花は白くてきれいですが、小さいことと、薄暗いところで咲くこと、そもそも木自体が注目されないことで、ありふれた木ですが見たことない人も少なくないかもしれません。
下左の画像は雄花。

果実は液果。
汁気の多い実の中に硬い殻に覆われた種子がある核果(下右の画像)です。

イヌツゲの枝をよく見ると、緑色の実のようなもの(下左の画像)がよくついています。
これは虫こぶ(虫嬰,五倍子(ふし))と言われるもので、虫などが寄生しているもの。
なぜか、植物は寄生されるとこのような「こぶ」をつくることがあります。

これはイヌツゲタマバエというハエの幼虫が寄生したもので、「犬黄楊芽玉五倍子(いぬつげめたまふし)」と言います。

薄暗い林床でも育つということで、公園内の至る所にイヌツゲの幼木(上右の画像)が育っています。
小さいと別の植物のようです。

錦織公園では数多くの種類の樹木が植えられたそうですが、イヌツゲは植樹されず元から樹木の一つではないかと思います。
そもそも、イヌツゲの植樹は想像できません。

刈り込みに強いので垣根に使われることがありますが、錦織港では垣根に使われていないようです。

■参考外部リンク■
錦織公園 | 大阪府富田林市 大阪府営公園

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: イヌツゲ  錦織公園の樹木  錦織公園  樹木/Nishikoori-park  陰樹/Nishikoori-park  常緑樹/Nishikoori-park  低木/Nishikoori-park  モチノキ科/Nishikoori-park  林冠下の木/Nishikoori-park 

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Yahoo!天気・災害
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
Amazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる