【 博物館・植物園・催事 等のはなし】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

大昔から現在まで 和歌山の海の生き物大集合! 和歌山県立自然博物館


 紀州徳川家の居城だった和歌山城がある和歌山市の南、海南(かいなん)市にあるのが和歌山県立自然博物館。

隣が海の和歌山県立自然博物館
隣が海の和歌山県立自然博物館
 「博物館」としての和歌山県立自然博物館の特徴は、「水族館」です。

 博物館なのに水族館?

 なんかヘン感じがしますが、博物館に関する法律の博物館法では、動物園も水族館も昆虫館も植物園もすべて「博物館」ということになりますので、気にしなくても大丈夫。



 まず入り口に巨大なクジラの骨格標本。
 ニタリクジラ(似鯨)。




「カツオクジラ」に標準和名が改められたニタリクジラの骨格標本




 クジラを見ながら建物に入って第1展示室が水族館になっています。

 ここに展示されている海の生き物は、すべて和歌山にいる生き物たち。
 そして多くは和歌山で採集されたもの。
 しかもすべて和歌山の海にいる生き物です。

 最初に大水槽。
 エイ(海鷂魚)やサメ(鮫)、クエ(九絵)など大きな魚が泳いでいます。



幅15mの一枚ガラスの和歌山県立自然博物館の大水槽
幅15mの一枚ガラスの和歌山県立自然博物館の大水槽
※画像スライドできます ⇒⇒




 好日サンゴ(珊瑚)に陰日サンゴ、イソギンチャク(磯巾着)にウミシダ(海羊歯)、そしてエディアカラ動物のようなウミエラ(海鰓)など、無脊椎(むせきつい)動物の展示も豊富でとても楽しくなります。



成長に光が必要な好日サンゴ
成長に光が必要な好日サンゴ
光が少なくても大丈夫な陰日サンゴ
光が少なくても大丈夫な陰日サンゴ
きれいなイソギンチャク
きれいなイソギンチャク
(ヒメハナギンチャク?)
植物みたいな動物ウミシダ
植物みたいな動物ウミシダ
(アシボソオバンウミシダ?)
流れてきた食べ物をつかまえる
流れてきた食べ物をつかまえる
トゲウミエラ



 ほかにも(あで)やかなカサゴ(笠子)やおもちゃのようなマツカサウオ(松毬魚)、ユニークなダルマオコゼ(達磨虎魚)など魚もいっぱい。

 このように馴染みのある魚のほかにもヒョウモンダコ(豹紋蛸)、アンボイナガイ、ノコギリガザミのように沖縄で有名な猛毒の生き物や挟まれたら大事になる巨大ガニも展示されています。



猛毒のヒョウモンダコ
猛毒のヒョウモンダコ
強力なハサミのアミメノコギリガザミ
強力なハサミのアミメノコギリガザミ
別名「ハブガイ」の猛毒のアンボイナガイ
別名「ハブガイ」の猛毒のアンボイナガイ



 サンゴ以外にも沖縄のような温かい海にいるイメージが強い生き物がこんなに和歌山にもいるのです。

 暖流が当たる和歌山の海。
 最北端とも言われる珊瑚礁がある和歌山の海ならではの展示です。



 と書いていると、水族館のようですが、ここが「水族館」ではなく「博物館」だということがわかるのが第2展示室。

 和歌山の動植物の標本が展示されています。ここから自然史博物館です。

 そして地学展示コーナー。

 和歌山で見つかるさまざまな岩石とともに中生代の海にいたアンモナイト化石が展示されています。
 それに混ざって恐竜の歯が。

 実は和歌山は恐竜化石の産出地なのです。

 ただまだ小さな部分しか見つかっていないようですが。



和歌山で見つかった肉食恐竜(獣脚類)の歯の化石
和歌山で見つかった肉食恐竜(獣脚類)の歯の化石
カルノサウルス類?




 でもそんな和歌山でビッグな化石が見つかっています。

 ティラノサウルスと同じ白亜紀末期の海の最強とも言われるモササウルスの化石です。

 しかも体のかなりの部分が見つかる可能性があり、その大きさは10mクラスの可能性も。
 これは最大のモササウルスのティロサウルスに匹敵する大きさです。

和歌山県立自然博物館の場所
 残念ながらまだ化石を石から取り出すクリーニング中なのか今は展示がありませんが、2013年の2月9日からモササウルスの特別展が始まりますので、それまでのガマン。



 これからも楽しみな博物館ですが、和歌山市よりもまだ南というのが電車で行く人にはちょっとたいへんかもしれません。

 一番近いのはJR海南駅ですが、JR和歌山駅や南海和歌山市駅からバスを使うのもいいかもしれません。

 それから「するっとKANSAI」エリアですので、期間内なら3dayチケットがお得です。


◆関連タグ 水族館 モササウルス


■外部リンク■
和歌山県立自然博物館公式ホームページ

スルッとKANSAI


◎サンゴイソギンチャク SS-Sサイズ(海水)(1匹)《北海道・九州・沖縄航空便要保温》

価格:1,620円
(2012/12/12 22:27時点)
感想(47件)

◎サンゴイソギンチャク グリーン(海水)(1匹)《北海道・九州・沖縄航空便要保温》

価格:3,060円
(2012/12/12 22:28時点)
感想(19件)

◎カクレクマノミ(2匹)+サンゴイソギンチャクセット(海水)《北海道・九州・沖縄航空便要保温》

価格:4,020円
(2012/12/12 22:31時点)
感想(62件)

関連記事
スポンサーサイト
››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 和歌山県立自然博物館  水族館  博物館  カルノサウルス類  サンゴ  ウミシダ  ウミエラ  ヒョウモンダコ  ノコギリガザミ  アンボイナガイ 

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Yahoo!天気・災害
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
Amazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる