【 モズのはなし】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

とってもヘルシーな草食モズ?



冬の貴重な食べ物


 住宅街(じゅうたくがい)街路樹(がいろじゅ)にはナンキンハゼがよく使われています。
 落葉樹(らくようじゅ)ですので今は葉をずべて落とし、(みき)と枝だけになっています。

 その木には多くの鳥が(むら)がります。
 それは、木の実を食べているのです。
 雪が()もらないといっても、冬には食べ物が()ります。その間の鳥たちの貴重(きちょう)な食べ物なのです。


モズのひとやすみ?


 ふと見上げたナンキンハゼの木に、鳥が1()とまっています。
 大きさはスズメくらい。でも、スズメにしては尾羽(おばね)が長すぎるような。

 よく見ると、モズです。
 場所からすると百舌鳥太郎(もずたろう)ではないでしょう。彼の縄張(なわばり)から離れています。それに体も少し小さいようです。

 モズは虫やカエルのような小さな動物を食べる肉食(にくしょく)の鳥です。
 ですから、ナンキンハゼの枝で一休みしているのでしょう。

ナンキンハゼの枝の上のモズ
ナンキンハゼの枝の上のモズ




ナンキンハゼとモズ


 と思っていたら、実をつついているではないですか。
 小柄(こがら)なモズにとってちょうどいい場所に実が無いようで、バタバタはばたいて実をつついています。
 まちがいありません。
 肉食(にくしょく)のモズが、ナンキンハゼの実を食べているのです。

ナンキンハゼの実をくわえているモズ
ナンキンハゼの実をくわえているモズ



 たしかに本などには、冬に虫が()ると木の実を食べる、とありますので不思議(ふしぎ)ではありません。
 しかし実際(じっさい)に目にするのは、本を読むのとはまったくちがいます。

 そのモズはじばらくばたばたと実を食べた後、どこかへ飛んでいきました。
 お(なか)がいっぱいになったのか、食べにくくバタバタはばたくのがいやになったのか、それとも(かた)い身に辟易(へきえき)したのかわかりません。

 ともあれ、実に対して種がやたらと大きいナンキンハゼの実をモズが食べるとは思ってもいませんでした。

実を食べるためにはばたくモズ
実を食べるためにはばたくモズ




実験、実験!


 ここでひとつ思いついたことがあります。
 ファーブル先生のようにはいきませんが、簡単(かんたん)実験(じっけん)です。

 百舌鳥太郎(もずたろう)植物性(しょくぶつせい)の食べ物を見せてみましょう。

 用意したのは、リンゴ、パン、そしてナンキンハゼの実。
 もちろん、リンゴもパンも小さくしてモズが食べやすい大きさにしています。
 さあ、畑に行きましょう。

ナンキンハゼの実
ナンキンハゼの実




百舌鳥太郎登場


 畑に着くと、もちろん百舌鳥太郎(もずたろう)(あらわ)れました。
 何か食べ物をくれると思ってすぐそこまで来て、こっちを見ています。

 実験開始(じっけんかいし)
 彼に見えるように台の上にリンゴ、食パン、ナンキンハゼの実を置きました。

 百舌鳥太郎(もずたろう)はじっと見ています。
 そして。

 関係(かんけい)ないほうを向きました。
 まったく食べる気はありません。
 これがコガネムシの幼虫(ようちゅう)だったらあっと言う間に飛んでくるのに。

 もう百舌鳥太郎(もずたろう)はリンゴやパンを見ていません。
 こちらを見ています。

 ……


口が肥えたモズ


 わかりました。
 用意していたコガネムシをリンゴやパンと同じところに置きました。

 すると、すぐに飛んできて、何かをくわえて飛んでいきました。
 もちろんコガネムシの幼虫(ようちゅう)です。リンゴもパンも実も残っています。

 彼は虫の少ない冬に、普通(ふつう)なら食べることができない地面(じめん)の下のコガネムシの幼虫(ようちゅう)を食べさせてもらえるモズです。
 やっぱり、口が()えた百舌鳥太郎(もずたろう)には、こういう実験(じっけん)不向(ふむ)きでした。

口が肥えた百舌鳥太郎
口が肥えた百舌鳥太郎




結論


 冬になって虫が()ると、モズはナンキンハゼのように食べるところが少なくて(かた)い実も食べるようになるが、口が()えているモズは見向(みむ)きもしない。

 まあ、最初からこうなることはわかってましたが。



関連記事
スポンサーサイト



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: モズナンキンハゼレストラン南京黄櫨白い実

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

もずのはやにえ

** 黒龍花瓏 さんへ **

はじめまして。
コメントありがとうございます。

モズの速贄ですね。

このブログを見てもらえばわかるように、私の住んでいるところには多くのモズがいるようです。
となると、いたるところに速贄があるような気がしますが、実はありません。
というか、気がつきません。

これは百舌鳥太郎と出会ってからずっと気になっていることです。

モズの速贄そのものもどういう意味があるのかわかっていないようですが、私にとってはそれ以前にモズの速贄を見つけられないことのほうが謎です。

自然は謎ばかりです。

No title

我が家の前のリンゴ畑にも、一羽なわばりを持っているやつがいます。
ヂヂヂチとなにか、なわばりの主張をつづけています、。
小さい頃は自宅周辺の有刺鉄線に刺さったカエルやヘビ、ネズミに
アオジなんかもいました、モズの仕業と分かっていても、不気味ですね、あれって。

冬のモズ

** yamahahako さんへ **

yamahahakoさんのブログで、庭へやってくる鳥の写真を見せてもらうだけでも心が和みます。
このあたりで見られない鳥はもちろん、見られる鳥でも私が見る鳥たちとは表情が違いますので。


確かにモズは野鳥の中では近づけるほうだと思います。
百舌鳥太郎以外のモズでも、3、4メートルくらいまで近づけることがあります。
ただしこれは住宅街のモズで、田畑のモズにこれほど近づけたことはありません。

百舌鳥太郎も含めて菜園のモズを見ていると、人がいないときに畑に下りて地面をつついています。
このあたりは雪が積もりませんから、意外と冬でも虫はいます。アオムシとかハムシ、ダンゴムシなど。
そういうのを食べているのかもしれません。

時おり百舌鳥太郎が足元に下りてきて地面をつつくときもありますが、何がいたのか、何を食べたのかわかりません。
モズは虫を見つける名人です。

No title

私の方はもう”自然観察”の記事にする
種がなくなりました、出不精なもので、、、。

百舌鳥って小さくてかわいいのに他の小鳥たちとは
違って、人を恐れず堂々としているように見えます。
冬場の小さな生物の見つけにくい時期、
百舌鳥太郎君はいったい何を食べているのでしょう?

モズの目(Re: さすが百舌鳥太郎♪)

** 涼風堂 さんへ **

モズは一応猛禽ですから、目がいいと思います。
餌を持っていくときも一直線ですし、気に入らなければやってきませんから、ちゃんと区別はついているようです。
さらに正面でも物を見れるようですので、ちゃんと立体に見えていると思います。
距離感もばっちりでしょう。

さらに農作業をしているかどうかもわかるようです。
ただ道に立っているだけでは寄って来ません。

本当はもっといろいろ実験したいのですが、嫌われるのがいやなので、どうしてもゆるい実験になってしまいます……

さすが百舌鳥太郎♪

実験ご苦労さまです。
ノートさんの行動をよく見てるのですね?
好物が貰えることも知ってるんでしょう。
鳥の視力ってどの位見えるのでしょうか?
上空からエサ目掛けて急降下って話よく
聞きますからね。
今回は百舌鳥太郎の勝利ですね。
二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS