【 哺乳類のはなし】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

ネコ?イタチ?イヅナかクダギツネか犬神か?それとも……


夕闇の遭遇


 冬の夕方。
 もう太陽は沈んであたりは暗くなっていますが、まだ昼の名残(なごり)で真っ暗というわけではありません。
 家路(いえじ)を急いでいると、目の前を横切る(かげ)が。

 まだかろうじて色がわかります。黄色(きいろ)? 黄土色(おうどいろ)
 大きさはネコよりもちょっと大きく、イタチのように細長(ほそなが)く見えました。

 山の中ならともかく、住宅街(じゅうたくがい)の中。住んでいる動物(どうぶつ)種類(しゅるい)(かぎ)られるはず。
 一体なんだ? と思っている(あいだ)(かげ)(みぞ)()りていきました。


逢魔が時


 あたりは薄暗(うすくら)い昼と夜の中間(ちゅうかん)時間帯(じかんたい)。「逢魔(おうま)(どき)」。または「大禍時(おおまがどき)」。
 あたりを魔物(まもの)がうろつく時間帯(じかんたい)。または大きな(わざわい)()きるという時間帯(じかんたい)

 まさか。
 飯綱(いづな)管狐(くだぎつね)、とれとも犬神(いぬがみ)では……

管狐の想像図
管狐の想像図


 だとすると大事(おおごと)です。とりあえず()よけの九字(くじ)を切らなくては……

 飯綱(いづな)管狐(くだぎつね)犬神(いぬがみ)はすべて日本の想像上(そうぞうじょう)動物(どうぶつ)で、妖怪(ようかい)妖精(ようせい)精霊(せいれい)(たぐい)です。
 人にとり()いたり、これらを利用して相手を攻撃(こうげき)したりします。

 つまり陰陽師(おんみょうじ)式神(しきがみ)、サトシのポケモンみたいなものです。


勇気を出して


 いやちょと待て!
 火星(かせい)まで人類(じんるい)が行こうかというこの時代、そんなオカルトじみたことがあってはならない!
 勇気(ゆうき)を持って(みぞ)に近づいていきました。

 (なぞ)の生き物が()りていったところは車が出入(でい)りできるようにふたがされています。
 それも(ユー)字ブロックを逆向(ぎゃく)きの(ぎゃくユー)字にして、上をコンクリート(かた)めていますので、完全(かんぜん)なトンネルになっています。
 きっとここにもぐりこんだのでしょう。

 しかし両端(りょうはし)(さく)があってトンネルの中はのぞけません。

 こんなこともあろうかと思って持ち歩いていたデジカメの出番(でばん)です。
 トンネルの中に向けてストロボ撮影(さつえい)
 光に(おどろ)いた(なぞ)生物(せいぶつ)が飛び出してこないかとドキドキです。


ぬいぐるみ?


 早速(さっそく)モニタで確認(かくにん)です。
 拡大(かくだい)して拡大(かくだい)して……

 なんだ?

 毛玉(けだま)
 ぬいぐるみ?

毛玉? ぬいぐるみ?
毛玉? ぬいぐるみ?


 何枚(なんまい)撮影(さつえい)しました。
 しかし、何も(うつ)っていません。
 ()げた?


ストロボ撮影続ける


 さっそく反対側(はんたいがわ)移動(いどう)して、またストロボ撮影(さつえい)です。
 今度は頭の方からのはず。
 飛び出して攻撃(こうげき)してこないかヒヤヒヤです。

 写してすぐ確認(かくにん)

 光る点が二つあります。
 光る目玉(めだま)

光る目玉
光る目玉


 なにやら(けもの)がいることは間違(まちが)いありません。
 しかし遠すぎてよくわかりません。

 もう1枚。そして確認(かくにん)


どうやら……


 こともあろうか近づいてきています!

 しかし、顔がわかりました。
 ちょっと野性味(やせいみ)あふれたイヌのような顔。
 こげ茶色のような()灰色(はいいろ)のような毛。

 タヌキ。

トンネルの中のタヌキ
トンネルの中のタヌキ


 ほっとしました。
 (のろ)われることはなさそうです。

 しかしどう考えても最初(さいしょ)に見た(かげ)はタヌキではありません。
 子犬くらいの大きさで、細長(ほそなが)くて、黄色い生き物でした。

 どうやら、タヌキに()かされたようです。


キッズ スペース
陰陽師(おんみょうじ)」はマンガなどでは超能力者(ちょうのうりょくしゃ)のように(えが)かれていますが、もともとは1000年(せんねん)くらい(まえ)役人(やくにん)で、(いま)でいうと天文台(てんもんだい)気象台(きしょうだい)をあわせたようなことをしていました。

キッズgoo


タヌキのほかの記事は タグ〔タヌキ〕
イタチの記事は タグ〔イタチ〕




関連記事
スポンサーサイト



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: タヌキイタチ飯綱管狐犬神式神

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

自然とのバランス(Re: イタチの散歩道?)

** 涼風堂 さんへ **

イタチは結構器用なのかいたずらも激しいようなので、庭に入らないようにして正解だと思います。
確かに見た目はかわいいのですが。

自然との付き合い方は、なかなか難しいです。
やっぱり、仲良くするところは仲良く、だめなところはだめ、というメリハリが必要なのかな、と思っています。

得るものと失うもののバランスと、失うものを失ったと感じない価値観を、どのあたりに設定するのか。

葉っぱをめくっても虫一つついていない農薬まみれの白菜を食べるのか、葉っぱをめくってもめくっても虫がいる無農薬の白菜を食べるのか。
葉物野菜を育てると、特にそれが問われているように感じます。

イタチの散歩道?

間近で何度もみました。
我が家の庭はイタチの通り道だったようで 
西から来て東の隙間へと消えていきます
夕方隙間から可愛い顔を覗かせ西へと駆けていくのです。
イタチを見るのは初めてで 澄ました顔がなんとも可愛かった。
ペットに欲しいくらいでした。
でも臭いからと言われ隙間を塞いだのでそれからは姿を見てないです。
この記事を読んで懐かしく思い出に浸ってました。
独り言です無視してください。
二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS