【 野鳥・鳥のはなし】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

冬の長居植物園の大池にいた鳥たち 地面に立っていたり木や草にとまっていた鳥編


 大阪市のの南にある1974年に開園した大阪市立長居植物園(ながいしょくぶつえん)

 広い植物園の真ん中にある大池に集まる鳥たちの「地面に立っていたり木や草にとまっていた鳥編」です。


水に浮かんでいた鳥編




●コウノトリ目 サギ科

アオサギ(蒼鷺)
コウノトリ目 サギ科 アオサギ属
カラスよりずっと大きい
留鳥
柵に止まって何かを考えているように見えるアオサギ
柵に止まって何かを考えているように見えるアオサギ
小魚がいる水場ならどこにでもいるなサギ。
結構大きい。


コサギ(小鷺)
コウノトリ目 サギ科 シラサギ属
カラスより大きい
留鳥
冬羽のコサギ
冬羽のコサギ
アオサギと同じように小魚がいて水場ならどこにでもいるようなサギ。
ただちょっとちがうところは浅瀬が必要なこと。

名前の通り結構小柄。

池の浅瀬を歩いていたり陸に上がったりしていました。





●スズメ目

スズメ(雀)
スズメ目 スズメ科 スズメ属
大きさ:14.5センチ
留鳥
葦にとまりながら寒くて丸くなっているスズメ
葦にとまりながら寒くて丸くなっているスズメ
水場かどうかは関係なく、人間の生活圏によくいる鳥。


ハクセキレイ(白鶺鴒)
スズメ目 セキレイ科 セキレイ属
スズメより大きい
漂鳥
冬羽のハクセキレイ
冬羽のハクセキレイ
夏羽みたいなハクセキレイ
夏羽みたいなハクセキレイ
上のハクセキレイと同じところにいたので(つがい)でしょうか。

普通、夏羽(なつばね)では頭が黒く冬羽(ふゆばね)はグレイになります。
どうして今頃くらい頭のハクセキレイがいるのかはわかりません。
体が灰色なのでセグロセキレイではないと思います。

橋の上からハスの茎まで、水辺は好きですが、あまり水の中には入っていかないような気がします。


ハシボソガラス(嘴細烏)
スズメ目 カラス科 カラス属
50センチ
留鳥
これだけ見てると特に嘴が細く感じないハシボソガラス
これだけ見てると特に嘴が細く感じないハシボソガラス
よく見かけるカラスにはほかにハシブトガラスがいます。
名前の通りくちばしがぷクリとふくらんでいて、頭と(くちばし)の境が段になっています。
ハシボソガラスの方は、頭から嘴はスムースに連なって見えます。

田畑があるような場所を好み、ビルが並ぶような都市は好きではなく、そういうところで見かけるのはハシブトガラスのことが多いようです。





●ペリカン目

カワウ(川鵜)
ペリカン目 ウ科 ウ属
カラスより大きい
留鳥
婚姻色のカワウ
婚姻色のカワウ
全身真っ黒の鳥ですが、繁殖期なので頭が白くなっています。

水に浮かんで泳ぐこともできますが、カモ類とちがって水から出ている時間も結構あります。
特に冬は水から出ている姿をよくみます。





●ブッポウソウ目

カワセミ(川蝉,翡翠)
ブッポウソウ目 カワセミ科 カワセミ属
スズメより大きい
留鳥
カワセミのメス
カワセミのメス
言わずと知れた青い構造色がきれいな鳥。
下の(くちばし)にオレンジ色の部分があるのでメス。
オスの嘴は上も下も黒。

水辺の鳥の中でカメラおじさんを一番集める鳥。
ところによっては長いレンズの高価なカメラをつけた大きな三脚を並べて近寄れないこともあります。
カワセミには罪はありません。





 渡り鳥が多かった水に浮かぶ鳥に対して、留鳥(りゅうちょう)ばかりの立ったりとまったりすする鳥たち。
 それだけでなく数も水に浮かぶ鳥の方が多いような気がします。

 そのちがいがどこにあるのかわかりませんが、単純に池のまわりや浅瀬の面積よりも水面の面積の方がはるかに多いので、多くの鳥の居場所があるというのは、単純すぎるでしょうか。



 池以外にも森があるのがこの植物園。
 森には森を好む鳥がやってきます。

 森の鳥と水辺の鳥の両方が楽しめるのが、長居植物園。

 そして併設している博物館に行ったらいろいろな、動植物の標本までみることができます。

 自然を楽しみながら知識も増やせるおもしろいところです。



■外部リンク■
大阪市立長居植物園


市街地から山・川・海の日本の野鳥約240種掲載。
携帯に便利な文庫本サイズ。
野鳥 新ヤマケイポケットガイド 吉野 俊幸著
山田 智子著
税込価格:¥1,260
出版:山と溪谷社
発行年月:2010年7月


◆関連タグ◆ 〔冬の長居植物園の大池の鳥〕
       〔水辺の鳥〕 〔冬の鳥〕 〔長居植物園〕


関連記事
スポンサーサイト
››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 冬の長居植物園の大池の鳥  水辺の鳥  冬の鳥  長居植物園  アオサギ  スズメ  コサギ  ハクセキレイ  カワウ  カワセミ 

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Yahoo!天気・災害
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
Amazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる