【 草花のはなし】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

秋の金剛山で出会った花 2011 白い花編

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス) - アウトドア&スポーツ ナチュラム

 2011年秋の金剛山で出会った花たち。

 この白い花編で終了です。

 真っ白な冬がやってくる前の金剛山の白い花たちです。


秋の金剛山の花2011



ガンドバコバ林道(ダイヤモンドトレール)から見た金剛山



   白い花      

ヤマゼリ(山芹)
セリ科 ヤマゼリ属
多年草

区域:千早本道 登山口付近
時期:9月下旬

線香花火みたいなヤマゼリの花

セリっぽいヤマゼリの葉
名前のようにセリ似よく似た葉ですが、セリよりも太くて大きいので「ヤマゼリ」というよりも「ヤマセロリ」といった感じです。


シシウド(猪独活)
セリ科 シシウド属
多年草

区域:千早本道 九合目付近
時期:9月下旬

シシウドの花

咲いているシシウド
食べ物がなくなる冬場にイノシシが掘り返して食べるというのが名前の由来です。
こちらもヤマゼリと同じように「シシセロリ」という感じです。


シロバナサクラタデ(白花桜蓼)
タデ科 イヌタデ属
多年草

区域:千早本道 登山口付近
時期:9月下旬

シロバナサクラタデの小さな花

咲いてるシロバナサクラタデ
遠目には白いミズヒキのように見えますが、花と花の間隔が短いのがサクラタデの特徴です。


ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い)
タデ科 イヌタデ属
一年草

区域:千早本道 九合目付近
時期:9月下旬

タデ科っぽいママコノシリヌグイの花

咲いているママコノシリヌグイ
茎や葉は(とげ)だらけで、憎い継子(ままこ)(血のつながりの無い結婚相手の子供)のお尻を()いていじめるために使うということから。
実際にそういうことが行われたかどうかはわかりません。


イヌショウマ(犬升麻)
キンポウゲ科 サラシナショウマ属
多年草

区域:千早本道 一合目付近
時期:9月下旬

イヌショウマの花(雄蕊)

葉が特徴のイヌショウマ
白くて細い花びらがキンポウゲ科らしくありませんが、これは花びらではなく雄蕊(おしべ)
花びらは咲くとすぐ落ちてしまいます。


テイショウソウ(禎祥草)
キク科 モミジハグマ属
多年草

区域:千早本道 四合目付近
時期:9月下旬

テイショウソウの花

咲いているテイショウソウ

区域:千早本道 七合目付近
時期:9月下旬

テイショウソウの花

咲いているテイショウソウ
かたまって咲いていないので目立ちにくいですが、千早本道(ちはやほんどう)の杉林でよく見かけます。


ノブキ(野蕗)
キク科 ノブキ属
多年草

区域:千早本道 五合目付近
時期:9月下旬

ノブキの花

ノブキの葉
名前の通りフキによく似ていますが、花の色は白。
実はひっつき虫です。


シロヨメナ(白嫁菜)
キク科 シオン属
多年草

区域:千早本道 六合目付近
時期:9月下旬

シロヨメナの花

咲いているシロヨメナ

区域:黒栂谷道 登山口
時期:10月下旬

シロヨメナの花

咲いているシロヨメナ
野菊(野生の菊)の花はよく似ている種類がたくさんあります。
間違っている可能性もありますが、シロヨメナは金剛山には多い種類のようです。


シラヤマギク(白山菊)?
キク科 シオン属
多年草

区域:山頂広場付近
時期:10月下旬

シラヤマギク?の花

咲いているシラヤマギク?
シロヨメナのようですが、葉の周囲のギザギザ(鋸歯(きょし))が目立つことと、葉の形もちがいます。


シモバシラ(霜柱)
シソ科 シモバシラ属
多年草

区域:千早本道 九合目付近
時期:9月下旬

シソ科っぽいシモバシラの花

シソ科っぽいシモバシラの葉
冬になって枯れたところによくシモバシラができというのが名前の由来です。



 小さい花が多いのはいつものとおりですが、意外といろいろな種があるのが白い花の特徴です。

 そして今回も千早本道の花が圧倒的。

 金剛山上級者には嫌われる千早本道ですが、草花に関しては春から秋まで、登山口から山頂まで見所いっぱいです。

 ただし、多くは山で咲く花。小さくて見逃されてしまいます。


 ただ初心者向けの道として敬遠されがちですが、初心者向けだからこそ余裕を持って草花を見ることもできると思います。

 千早本道を敬遠していたひとも、一度のんびり花を探しながら登ってみてもいいかもしれません。

 初心者の方は、階段が延々と続きひたすら上りの道ですので、慣れるまでは登ることに集中するほうがいいかもしれません。



約100種の高山に咲く花を紹介しています。
標高の高いところのトレッキングに持ち歩きやすいハンディサイズ。
わかる!図鑑6 高山の花
山に咲く花がわかる!花と友だちになれる本

木原 浩 写真
柴崎 その枝 文
税込価格:¥1,260
出版:山と溪谷社
発行年月:2010年2月


◆関連タグ◆ 〔秋の金剛山の花2011〕
       〔金剛山の花〕 〔秋の花〕 〔白い花〕 〔金剛山〕


■外部リンク■
金剛山登山道情報(金剛山のホームページ)
金剛山愛好会
金剛山 金剛山登山道・金剛山ハイキングコース
金剛山四季と風景の写真



関連記事
スポンサーサイト
››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 秋の金剛山の花2011  白い花  秋の花  秋の金剛山  金剛山の植物  金剛山の花  金剛山  ノブキ  テイショウソウ  シモバシラ 

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

ネーミング

** **
ほかにも「トゲソバ」という名前があるようですが、どうして「ママコノシリヌグイ」が広まったのか。
「トゲソバ」のほうがわかりやすいと思うのに。

ときどき「どうして?」って感じの名前の植物がありますが、これもその一つですね。

No title

 ママコノシリヌグイは、どうしてこんな名前なんだろうと思っていましたがわかりました。感謝。
二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる