【 甲殻類のはなし】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

カニっぽいカニのズワイガニと、カニみたいなヤドカリのタラバガニもいる「OCEAN! 海はモンスターでいっぱい」が岡山ではじまりました!


 昨年末からはじまった岡山市デジタルミュージアムの「OCEAN! 海はモンスターでいっぱい」展。

 大阪展では、カニコーナーがあり、冬の二大ガニのズワイガニとタラバガニの標本が並んでいました。



 実はタラバガニは「カニ」ではないのです。

 本当かなと見ていても、どちらもカニに見えます。

 平たい体の左右から長い足がたくさんでていて、顔に近いところのものだけ先が大きなハサミになっています。

 脚の向きは逆ですが、どちらも「カニ型」です。

 しかしよく見ているとちょっとちがうことがわかります。



脚10本のズワイガニ標本[OCEAN! 海はモンスターでいっぱい/大阪市立自然史博物館]
脚10本のズワイガニ標本
[OCEAN! 海はモンスターでいっぱい/大阪市立自然史博物館]

脚8本?のタラバガニ標本[OCEAN! 海はモンスターでいっぱい/大阪市立自然史博物館]
脚8本?のタラバガニ標本
[OCEAN! 海はモンスターでいっぱい/大阪市立自然史博物館]




 ズワイガニとタラバガニのちがい。

 まずは脚の数です。

 ハサミも含めて10本のズワイガニに対して、ハサミを入れても8本しかないタラバガニ。

 さらによく見ると、四角い体のズワイガニに対して、なんとなく三角ぽいタラバガニ。

 顔もタラバガニは中央に集まってカニっぽくありません。
 どちらかというと、エビというかヤドカリっぽく見えます。

 見ているとよく似たちがう生き物のように思えてきます。



 ズワイガニは、
十脚目(じっきゃくもく)(エビ目)-短尾下目(たんびかもく)(カニ下目)-ケセンガニ科(クモガニ科)-ズワイガニ属。

 タラバガニは、
十脚目(エビ目)-異尾下目(いびかもく)(ヤドカリ下目)-タラバガニ科-タラバガニ属。

 十脚目から下からちがっています。
 特に、ズワイガニは「カニ下目」、タラバガニは「ヤドカリ下目」。

 カニとヤドカリ。  分類上は親戚くらいの生き物のようです。



カニ顔のズワイガニ[OCEAN! 海はモンスターでいっぱい/大阪市立自然史博物館]
カニ顔のズワイガニ
[OCEAN! 海はモンスターでいっぱい/大阪市立自然史博物館]
甲殻類の特徴になる2対の触角(第一触角と第二触角)が短くわかりにくいのがカニ顔の特徴

ヤドカリ顔?のタラバガニ[OCEAN! 海はモンスターでいっぱい/大阪市立自然史博物館]
ヤドカリ顔?のタラバガニ
[OCEAN! 海はモンスターでいっぱい/大阪市立自然史博物館]
カニのように短い第一触角に対してカニよりも長い第二触角がヤドカリ顔の特徴
ほかにも左右のハサミの大きさがちがうなどヤドカリの特徴を持つ
※シオマネキのように左右のハサミの大きさがちがうカニもいます




 どちらも共通するのは「十脚目」。
 つまり、脚が10本ある甲殻類です。

 でも、タラバガニは8本……

 しかし画像を見直してみるとタラバガニには小さな脚があと2本。
 これを入れると確かに脚は10本。

 実はタラバガニは小さい2本の脚を腹の方に折り曲げていて、見た目は8本に見えていたのです。



いつもは隠れているタラバガニの脚2本[OCEAN! 海はモンスターでいっぱい/大阪市立自然史博物館]
いつもは隠れているタラバガニの脚2本
[OCEAN! 海はモンスターでいっぱい/大阪市立自然史博物館]




 カニもヤドカリもエビから進化したと考えられています。

 水中を泳いでいたエビが海底の生活に適したように平らになって弱い腹部をたたんだのがカニ、平らにならず弱い腹部を貝殻に入れたのがヤドカリ。

 ヤドカリの中で弱い腹部を貝殻に入れないでカニのようにたたんでしまったのがタラバガニ。

 タラバガニがいつヤドカリから分かれたのかわかりませんが、ある程度ヤドカリの特徴が出来上がってから、カニ風に変わったのでしょう。

 なぜ一度ヤドカリ型になったものがカニ型になったのでしょうか。
 もしかしたら、海底での生活にはヤドカリ型よりもカニ型のほうが適しているのかもしれません。

 そうだとすると、ズワイガニとタラバガニの姿が似ているのは、収斂進化の結果でしょうか。



 その隠された2本の脚も見せて、タラバガニも十脚目だとわかりやすく教えてくれるのが「OCEAN! 海はモンスターでいっぱい」。


 2012年3月4日まで岡山県の岡山市デジタルミュージアムで開催中。

 その後、3月17日から名古屋の名古屋市科学館で開催されます。



■外部リンク■
特別展「OCEAN! 海はモンスターでいっぱい」公式サイト
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
岡山市デジタルミュージアム
名古屋市科学館


≪カニミソ部門1位!≫かに味噌甲羅焼き3個入り【あす楽対応_関東】【あす楽対応_甲信越】【あす楽対応_北陸】【あす楽対応_東海】【あす楽対応_近畿】【あす楽対応_中国】【あす楽対応_四国】【あす楽対応_九州】【あす楽_土曜営業】

価格:840円
(2012/3/6 21:15時点)
感想(1644件)

《送料無料》【訳あり】タラバ蟹足1.0kg前後 たらば蟹脚1kg/知りタイム/北国からの贈り物/たらば蟹脚1kg/タラバガニ/たらばがに/カニ足/訳あり/わけあり/業務用/お歳暮/送料込み

価格:5,250円
(2012/3/6 21:14時点)
感想(2454件)

【60%OFF★業界最安値に挑戦!】送料無料★絶品ズワイガニ ハーフポーション1.1kg(2~4人前)「ボイルずわいがに」「生ズワイガニ」か選べます【かに/カニ/蟹//かにしゃぶ/蟹しゃぶ/鍋セット】

価格:3,980円
(2012/3/6 21:15時点)
感想(1275件)

◆関連タグ◆ 〔OCEAN!海はモンスターでいっぱい〕
       〔ズワイガニ〕 〔タラバガニ〕 〔カニ〕 〔ヤドカリ〕


関連記事
スポンサーサイト



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: OCEAN!海はモンスターでいっぱいズワイガニタラバガニカニヤドカリ収斂進化大阪市立自然史博物館

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS