【 野菜・食用作物のはなし】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

バケツ稲、稲と赤玉土と燐酸

創和 赤玉ボール細粒 5L

新品価格
¥608から
(2011/7/4 11:51時点)


 バケツ稲。
 プランターで育っています。
 ペットボトルでも育っています。
 もちろんバケツでも育っています。



 プランターとペットボトルの一部は肥料配合済みの水稲培土(すいとうばいど)で育てています。
 ほかのは赤玉土(あかだまつち)に肥料を合わせたもので育てています。

 水稲培土は見た感じでは、小粒の赤玉土がベースになっているようです。

 田んぼの土というと、きめの細かい泥です。
 それがつぶつぶの土というのは違和感がありました。


小粒の赤玉土
小粒の赤玉土

 田んぼの土がきめの細かい泥の理由の一つは、田んぼの水が抜けないようにするためでもあります。

 砂をつめた植木鉢と泥をつめた植木鉢に水をかければすぐわかります。
 当然泥の方がなかなか水が抜けません。

 田んぼは水を溜めて稲を育てますが、魚の養殖池のようにコンクリートで底を固めているわけではありません。

 泥で水が抜けないようにしているのです。

 池や川よりも高いところに作られた田んぼから水が抜けないようにすることが泥の一番の目的かもしれません。
 ということは、稲を育てるために必ず泥が必要、というわけでもないのかもしれません。



 赤玉土あかだまつちは火山灰などが風化してできた土。
 関東地方の「関東ローム層」の赤土です。

 元が火山から出てきたものですから栄養になるものはまったく含まれていません。
 バケツ稲に使う場合は肥料を混ぜる必要があります。

 植物が生長していくために必要な主な元素は水素、酸素、炭素に窒素(ちっそ)(リン)、カリウム。
 このうち水素と酸素と炭素は空気と水から得ることができますので、適切な水やりをしていれば問題ありません。

 しかし窒素と燐とカリウムは補給しなければいけません。
 ということで、市販の肥料には「窒素・リン酸・カリ」としてこれらの肥料の配合比がよく書かれています。
赤玉土の中でもさかんに根を伸ばしているペットボトル稲
赤玉土の中でも
さかんに根を伸ばしている
ペットボトル稲



 赤玉土には金属が多く含まれていて、リン酸が吸着してしまいます。
 ということで、リン酸が多目の肥料がいいようです。

 肥料の割合は基本にする土や肥料の種類などによって変わりますが、いろいろ調べてみると土10リットルに対して5~20グラムと結構差があるようです。

 料理の味付けと同じで、肥料も足すことはできても引くことはできません。

 少な目からはじめて稲の様子を見ながら追肥していくほうがいいかもしれません。




■外部リンク■
バケツ稲の育て方 - JAいがほくぶ


◆タグナビ◆ 〔バケツ稲〕 〔ペットボトル稲〕

関連記事
スポンサーサイト
››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: バケツ稲  ペットボトル稲  赤玉土  肥料    バケツ稲2011  ペットボトル稲2011  プランター稲の土作 

theme : バケツ稲
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Yahoo!天気・災害
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
Amazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる