【 草花のはなし】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

初夏の錦織公園の日本の草と外国の草


 大阪南東部の南河内(みなみがわち)地方にあるのが錦織(にしこおり)公園。
 住宅街と交通量が多い国道に囲まれながらも貴重な自然が残っています。

 公園はもとからあった里山を残した区域と、芝生が敷かれたり遊具が置かれたりした区域などにわかれます。

錦織公園の場所


 スミレも咲き終わった頃、公園内で咲いている雑草の写真を集めました。

 もちろん、錦織公園は里山も含めてちゃんと管理されている公園です。
 広場も里山の小道も雑草で困ることはありません。

 しかしそこは雑草。

 そんな状況でもちゃっかり花を咲かせていました。



「雑草」とは


 日常的な言葉の「雑草」ですが、その意味をよく考えてみると、結構あいまいな言葉かもしれません。

 そこでこのブログでは、基本的にこのような意味で使うことにしました。


  「雑草」とは人間の生活範囲に勝手に生えて勝手に増えている草のこと。


 つまり、道端や空き地、公園や庭など人間がつくった環境に勝手に生えて、世話もしてないのに何年も生え続ける草のことです。

 ですから普通に「雑草」と呼ばれているものはもちろん、花壇に植えられるような草花でも、こぼれて勝手に増え始めれば、それも雑草です。

 逆に、勝手に生えて勝手に増えていても、日常的な場所で無い山の中で生えているものは、雑草ではありません。


在来植物


 日本に昔から生えていたと思われている雑草です。


キク科

ニガナ(苦菜)
キク科ニガナ属
多年草

名前の通り苦いそうです。


ハハコグサ(母子草)
キク科ハハコグサ属
越年草
別名:ゴギョウ(御形)
山菜(若葉・茎)

春の七草の「ゴギョウ」です。
このような花が咲きます。
葉や茎は細かい毛に覆われていて、白っぽく見えるのが特徴です。




マメ科

カラスノエンドウ(烏野豌豆)
マメ科ソラマメ属
越年草
別名:ヤハズエンドウ(矢筈豌豆)
そこら中に生えている雑草です。
豆は種をとって笛のように鳴らせます。




タデ科

スイバ(蓚,酸い葉)
タデ科スイバ属
多年草
別名:ギシギシ,スカンポ,ソレル
山菜(若芽・若茎)
葉や茎が酸っぱことが名前の由来といわれています。




カタバミ科

カタバミ(片喰,酢漿草)
カタバミ科カタバミ属
多年草
これもどこにでも生える雑草です。
繁殖力がすごく、あっと言う間にあたりに広がります。




サクラソウ科

コナスビ(小茄子)
サクラソウ科オカトラノオ属
多年草




シソ科

キランソウ(金瘡小草)
シソ科キランソウ属
多年草
別名:ジゴクノカマノフタ(地獄の釜の蓋)
シソ科らしい紫色の小さな花。
これも空き地などでよく咲いている雑草です。




オオバコ科

オオバコ(大葉子)
オオバコ科オオバコ属
多年草
別名:シャゼンソウ(車前草)
山菜(若葉)
公園の芝生の上などでよく生えています。
踏み固められた地面でも生え、踏まれても平気な強い雑草です。




ゴマノハグサ科

トキワハゼ(常磐爆)
ゴマノハグサ科サギゴケ属
一年草
どこにでも生えていますが、丈が低くて花も小さいので目立ちにくいかもしれません。




ナデシコ科

ハコベ(繁縷)
ナデシコ科ハコベ属
越年草
別名:ハコベラ
山菜(根以外)春の七草
春の七草のひとつです。
どこにでも生えている雑草です。




バラ科

ヘビイチゴ(蛇苺)
バラ科ヘビイチゴ属
多年草

ヘビイチゴの花

ヘビイチゴの実
イチゴっぽい花にイチゴっぽい実ですが、実はおいしくなくヘビくらいしか食べないだろう、というのが名前の由来といわれています。


クサイチゴ(草苺)
バラ科キイチゴ属
落葉小低木
別名:ワセチゴ(早稲苺)。
名前に「草」がついて地面を這うように育つので一見草のようですが、実は背の低い木(小低木)です。




帰化植物


 人間が日本に持ち込んだと考えられる雑草です。

 貿易の荷物や他の動植物に勝手についていたもの、食べるためや観賞のために持ち込んだものなど、経過はどうであれ、外国から日本に入ってきた植物のことです。


キク科

セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)
キク科タンポポ属
多年草
山菜(若芽・花・根)

セイヨウタンポポの花

花の下の総苞片(そうほうへん)が反り返っているセイヨウタンポポ
じっくり調べたわけではありませんが、いくつか見たタンポポはすべてセイヨウタンポポでした。
一般的には荒地にセイヨウタンポポが多いといわれるのでちょっと意外でした。


ハルジオン(春紫苑)
キク科ムカシヨモギ属
多年草
山菜(若苗)

ヒメジョオン(姫女苑)の可能性もあります。


ブタナ(豚菜)
キク科エゾコウゾリナ属
多年草

成長しすぎたタンポポのような雑草。
これもあちこちで生えています。




マメ科

シロツメクサ(白詰草)
マメ科シャジクソウ属
多年草
別名:クローバー
山菜(若葉・花)

説明の必要の無いメジャー雑草です。


コメツブウマゴヤシ(米粒馬肥やし)
マメ科ウマゴヤシ属
一年生植物または多年生植物

葉はシロツメクサによく似ています。


ミヤコグサ(都草)
マメ科ミヤコグサ属
多年草

これは歴史が始まるより前に日本にやってきた史前(しぜん)帰化植物ではないかと言われています。




アヤメ科

ニワゼキショウ(庭石菖)
アヤメ科ニワゼキショウ属
一年草

紫の小さいニワゼキショウの花

白花のニワゼキショウ
これもよく生えていますが、丈が低く花が小さいので目立たないかもしれません。
花は朝咲いて、早ければ昼には閉じてしまいます。




アカバナ科

ユウゲショウ(夕化粧)
アカバナ科マツヨイグサ属
多年草
別名:アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)




 見てまわったのは芝生のあるところから里山の遊歩道まで。

 その中でいろいろな科の植物がある在来種に対して、キク科、マメ科が目立つのが帰化植物。

 キク科とマメ科にイネ科を加えた3科が帰化植物に特に多い科だそうです。

 今回は鮮やかな花を咲かせるものを中心に見ていきましたが、花が地味なイネ科も含めると、外来種の種類がもっと増えていくのでしょう。


■外部リンク■
大阪府営 錦織公園


◆タグナビ◆ 〔錦織公園〕 〔初夏の花〕



関連記事
スポンサーサイト
››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 雑草  錦織公園  初夏の花  在来種  外来種  クサイチゴ  コナスビ  ユウゲショウ  キランソウ  ヘビイチゴ 

theme : 草花
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Yahoo!天気・災害
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
Amazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる