【 博物館・植物園・催事 等のはなし】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

咲くやこの花館と青いケシ ブルーポピー


 大阪市の鶴見区(つるみく)にある鶴見緑地(つるみりょくち)
 そこにある植物園が「咲くやこの花館」。

 ちょっと変わった名前は、古今和歌集に詠まれた古代の大阪の歌、「難波津(なにわつ)の歌」の前半、「難波津に 咲くやこの花 冬ごもり」に由来します。

 この「咲くやこの花」というフレーズは大阪市や大阪府はよく使っています。

 大阪の歴史の古さを象徴する言葉ですが、当時はまだ町と呼べるものがあったのかどうか……
 というわけでしょうか、あまり民間ではこのフレーズを目にすることも耳にすることもないような……



咲くやこの花館の大温室
咲くやこの花館の大温室
 それはともかく。

 咲くやこの花館の特徴の一つは、国内最大の温室があること。
 最大というだけあって、展示室のほとんどが温室です。
 普通植物園というと、広い敷地に様々な植物が植えられ、暖かい地域好む植物は一角に立てられた温室に集められている、というイメージです。

 この咲くやこの花館は、その温室を敷地いっぱいに広げてしまったような植物園です。



 「温室」というと普通は冬のような寒いときでも温度や湿度を上げ、冬が苦手な植物を保護したり、野菜や果物の開花・結実を早めたりするための設備というイメージです。

 しかし植物園の場合、必ずしも暖かくするためだけではなく、一年中気温を低めに設定して暑さに弱い植物を育てることもあります。



 もちろん咲くやこの花館の温室にも温度を低めに設定された高山植物室があり、世界中の高山植物が展示されています。

 映画「サウンドオブミュージック」でも有名なエーデルワイスや日本のチングルマなど。

 なかでも「青いケシ」とよばれる「ブルーポピー」ことメコノプシス・ベトニキフォリアは咲くやこの花館のシンボルにもなっています。


「ブルーポピー」ことメコノプシス・ベトニキフォリアの花
「ブルーポピー」ことメコノプシス・ベトニキフォリアの花



 ブルーポピーはヒマラヤの高地などに生える植物で、青くて高山植物らしくない大きな花が特徴です。

 日本画家の堀文子(ほりふみこ)さんの絵でも有名になり、テレビ番組などではヒマラヤの自然の特徴のように扱われている貴重な植物です。

 大きくて透き通るような青い花がたいへんきれいですが、茎やはからは細くて長い毛が生えていて、苛酷な環境で生きていることを思わせます。

 日本でも数ヶ所の植物園で栽培されいてるようですが、咲くやこの花館ではほぼ年中咲いているという貴重な植物園です。


ブルーポピーと花と茎・葉
ブルーポピーと花と茎・葉



■外部リンク■
咲くやこの花館公式ホームページ


◆記事ナビ◆ [草花]



Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索
キッズgoo

関連記事
スポンサーサイト
››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 咲くやこの花館  ブルーポピー  メコノプシス  植物園 

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Yahoo!天気・災害
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
Amazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる