【 公園・緑地・田畑のはなし】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

大きなため池の光明池のいきものたち 動物編

 大阪の南部、大阪二つ目の政令指定都市の堺市ととなりの和泉市(いずみし)にまたがる大きなため池の光明池(こうみょういけ)
 大阪で3番目の大きさの溜め池に行ってきました。

光明池



今回は池や森の生き物の記事です。
の画像もあります。
が苦手な方は【記事の下へ】をクリックしてください。
記事の下にジャンプします。




不毛の池? 豊饒の池?


 名前は世界的宝物庫の正倉院(しょうそういん)ができるきっかけをつくり、王羲之(おうぎし)楽毅論(がっきろん)」の臨書(りんしょ)で有名な光明皇后(こうみょうこうそう)の名前に由来しています。

 というと1000年以上の歴史があり、行基(ぎょうき)空海(くうかい)が作った溜め池……のよう気がしますが、できたのは1936年。昭和11年のことです。

 ということだからでしょうか周囲はコンクリートできれいに固められ芦原もほとんど無く、そのうえ夏に雨がほとんど降らなかったためか池の水は減っていて、何も無い土の地面ばかり目立っていました。
 水辺の鳥は期待できそうにありません。

 と書いてしまうと生き物観察の不毛地帯かと思われてしまうかもしれませんが、池の南側が光明池緑地公園として整備され、一部には小さいですが豊かな森も残されているので、そこはいっぱい生き物がいそうです。

 ということで、今回は池の周りで出会ったいきものたちの動物編です。

北の本堤防から見た水位が下がった光明池
北の本堤防から見た水位が下がった光明池




池にいた鳥たち



鵜飼に使われないほうのカワウと水辺ならどこにでもるアオサギ
鵜飼に使われないほうのカワウと水辺ならどこにでもるアオサギ




森にいた鳥たち



近くで聞くと木をつつく音が結構大きいコゲラ
近くで聞くと木をつつく音が結構大きいコゲラ



図鑑にも下からの写真がないので自信が無いホオジロ?
図鑑にも下からの写真がないので自信が無いホオジロ?




蝶蛾たち



いっぱいいた森のコミスジ
いっぱいいた森のコミスジ



花壇のアオスジアゲハ
花壇のアオスジアゲハ



花壇のアカタテハ
花壇のアカタテハ



花壇のオオスカシバ
花壇のオオスカシバ



 森にもヤマトシジミらしき蝶などいっぱいいましたが、やはり花がかたまって咲いている花壇の方が写真は撮りやすいようです。


緑地公園の虫たち



大きく長いショウリョウバッタ
大きく長いショウリョウバッタ



心なしかスリムなのでチョウセンカマキリ?
心なしかスリムなのでチョウセンカマキリ?



緑色のトノサマバッタ
緑色のトノサマバッタ



巣をつくってないナガコガネグモ
巣をつくってないナガコガネグモ

 どうして「昆虫たち」と書かなかったかというと、六脚亜門(ろっきゃくあもん)昆虫綱(こんちゅうこう)ではなく鋏角亜門(きょうかくあもん)のこのクモがいたからです。


森のあちこちにいたツチイナゴの幼虫
森のあちこちにいたツチイナゴの幼虫



 もう秋ですのでバッタとカマキリとクモの季節のようです。


■外部リンク■
いずみ観光ナビ|観光:和泉市の観光スポット・公園 16.光明池緑地
/ KOMYOIKE PARK



◆記事ナビ◆ [環境・公園・山・川 ・海等]




Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo

関連記事
スポンサーサイト
››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 光明池  カワウ  コミスジ  アオスジアゲハ  アカタテハ  オオスカシバ  ショウリョウバッタ  トノサマバッタ  ナガコガネグモ  ツチイナゴ 

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

森を見て木を見ず

** 彼岸花 さんへ **

きれいに芝刈りとかされていないところは生き物が豊富です。
立ち止まってじっくり調べれば、植物も小さな動物もいっぱいいるにちがいありません。


でも、「じゃまな」雑草や「きもちわるい」生き物もいっぱいいますから、多くの人はよく手入れされた公園の方が「気持ちいい」のかもしれませんが。

たしかに『とりぱん』の虫ネタは増えすぎないように調整しているように感じます。

若い女性の間で登山が流行るとか都会から自然の中へという動きがあるようですが、もしかしたら「森を見て木を見ず」ということで、小さな生き物はスルーされているのかもしれません。
たしかに山に行っても公園に行っても、虫や小さな生き物に注意している人はあまり見かけません。
自然は好きだけど、虫は大嫌い!って感じなのでしょうか。


写真お褒めいただきありがとうございます。

飛ぶ虫を写すのは難しく、蝶は花にとまってくれるからまだいくらかましです。
でも近づくとすぐ逃げてしまうので、高倍率のカメラでなければ、あのような写真は写せません。

型遅れで安かったカメラですが、高倍率のカメラのおかげで写せる写真の幅が広がりました。

No title

こんばんは。
いろんな生き物に会えるとほっとしますね。
環境がまだなんとかなっている、ということですものね。
年に一度のホトトギスの声を聴くとほっとしたり、蝉が多い年もまた
嬉しかったり。

ああ、もうそうですね。カマキリの『かまさん』が、少し茶色味を
帯びてくるころですね。私は『とりぱん』の虫ネタがなぜか好きで。
カマさんの話とか、なん子さんのトイレにしばらくいた、蜘蛛さんの
話とか大好きでした。

そういえば、もうちょっとしたら、また新しいのが出る頃ですね。
最近少し虫ネタが少ないのが気になります。
虫を極端に嫌う人が増えている気がするんです。
なんか編集とか雑誌の意向で。虫ネタが少ないんじゃないかな、と
心配しています。
鳥ネタ、虫ネタは車の両輪、という感じですのにね。

カワセミの写真綺麗。
また、オオスカシバも、「おおっ!」と思ってしまいました。
可愛いものですねえ。

先日は、温かいお言葉をかけていただき、ありがとうございました。
二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Yahoo!天気・災害
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
Amazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる