【 草花のはなし】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

トウカイコモウセンゴケを増やしてみよう! その1 ちっちゃなねとねと葉っぱ



 去年2鉢買った小さなモウセンゴケ。
 その小さく丸く葉が広がるトウカイコモウセンゴケ(東海小毛氈苔)はお気に入りです。


 1鉢は冬越しに失敗したのか春に枯れてしまいました。
 残り1鉢ではそれが枯れたらトウカイコモウセンゴケが無くなってしまうのでもう少し増やしたいと思っていました。

 いろいろ調べてみると、モウセンゴケの殖やし方は実で増やす実生(みしょう)と、葉をさして育てる葉挿(はさ)しの二通りあるようです。

 トウカイコモウセンゴケがどちらに合うのかわかりませんが、まずはすぐにはじめられる葉挿しをしてみることにしました。
 ただ、モウセンゴケの場合は土に挿さずに、よく水を含んだミズゴケの上に置くだけですので、「置き葉」といったほうがいいかもしれませんが。


腐葉土にわいた小バエを食べてくれるトウカイコモウセンゴケ
腐葉土にわいた小バエを食べてくれるトウカイコモウセンゴケ




 観察日記には3種類の葉挿しを並べて書いています。
 それぞれべつの日に切り取ったものですが、葉挿ししてから成長していく様子を比較できるように、時間経過をそろえて書きました。


初日


 葉挿しにするためモウセンゴケの葉を切り取りました。
 どの葉を選ぶのかというのは問題です。

 あまり若すぎず、かと言って元気のないものでもなく、1回くらいは虫を捕まえたことがありそな真ん中くらいのところから切り取りました。

 最初に切りとったのをA、次をBとします。
 その後に試験的に小粒鹿沼土(かぬまつち)100%を用土にしたのがCです。


初日のA
初日のA




 小さな苗用のポットに水を含ませたミズゴケを詰めてから上に切り離したモウセンゴケの葉を置きます。
 毎日たっぷりと水をやり、ポットの下の受け皿に十分な量の水をため(腰水)、ミズゴケが乾かないようにしました。

 ポットを置いたところはあまり直射日光があたらないけど明るいところ。
 Cも用土が鹿沼土ということ以外は同じ条件です。

 最初は緑色だった葉もしだいに赤くなり元気がなくなってきているのがわかります。
 本当に芽が出るのかと半信半疑のまま時間が過ぎて行きました。


26日目


B.小さいイボのようなものが葉のなんかなあたりに数箇所できているのを発見。


小さな芽が現れた26日目のB
小さな芽が現れた26日目のB




31日目


C.葉が赤くなってきたのでもうだめかと思っていたのですが、柄のところに小さなこぶができました。
 ミズゴケでなくて鹿沼土(かぬまつち)でもいけるのかもしれません。


鹿沼土でも小さな芽ができた31日目のC
鹿沼土でも小さな芽ができた31日目のC




34日目


A.葉の柄のところ小さな何かができているのを発見。植物の芽のようです。

B.イボは小さいながらもモウセンゴケの形になっています。


葉の上に小さなモウセンゴケができた34日目のB
葉の上に小さなモウセンゴケができた34日目のB




41日目


A.小さな芽が枯れてしまいました。葉も半分くらい枯れているのでその影響でしょう。

B.葉に生えた小さなモウセンゴケの葉にはねばねばもついていて、大きさ以外はもう立派なモウセンゴケのようです。


見た目は完全にモウセンゴケになった41日目のB
見た目は完全にモウセンゴケになった41日目のB




 しかし不思議なことにこの状態になってもまだ根がありません。。
 トウカイコモウセンゴケはハエトリグサと同じように1株に根はあっても1本か2本、根毛も無くひょろひょろと伸びるだけですので、もともと根が吸い上げる水は当てにしていないのでしょう。
 ということは、葉全体で水を吸収するのにちがいありません。


結構育っているように見えてもまだ根が無い41日目のBの裏
結構育っているように見えてもまだ根が無い41日目のBの裏




48日目


A.小さな芽だけでなく元の葉自体が半分以上枯れたのでもうだめでしょう。

B.元になった葉が見えないほど小さなねとねと葉っぱを広げていますが、ものすごく小さいまま、普通の大きさの葉を広げるようになるのはまだまだ時間がかかりそうです。
 この小さなモウセンゴケがどれくらい大きくなるのか楽しみですが、まだ根もないこんな小さな葉がちゃんと成長してくれるのとても心配です。


小さなねとねと葉っぱをいっぱい広げた48日目のB
小さなねとねと葉っぱをいっぱい広げた48日目のB




◆タグ トウカイコモウセンゴケ 食虫植物 ◆

食虫植物:東海コモウセンゴケ(大)

価格:594円
(2015/7/29 19:30時点)

特大食虫植物 ハエとり草(ハエトリソウ)

価格:1,058円
(2015/7/29 19:34時点)

関連記事
スポンサーサイト
››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: トウカイコモウセンゴケ  モウセンゴケ  食虫植物 

theme : 食虫植物
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

初めての葉挿しはハラハラしました。

** トリモチZ さん へ **
はじめは変化がないのでガマンですね。

今は種で勝手に増えてるので、葉挿しはしなくなってしまいました。

根っ子が出るまで待ってみます(*´∀`)

いつでもいいんじゃないでしょうか。

** トリモチZ さん へ **
経験から言えば、いつでもいいと思います。

土の表面を常に湿らせることができるのなら、直接葉挿し(葉伏せ)もできます。

植え替えには根がそれなりに伸びている方がやりやすいでしょうから、そうなると3ヶ月以上必要な気がします。

初めまして(*⌒▽⌒*)葉挿しの苗を鉢に上げるタイミングを教えて下さいm(_ _)m

水蘚と鹿沼土

** とらまた さんへ **

挿し木は何度かしたことがあるのですが、葉挿しははじめてで私もこんな増え方になるとは思いませんでした。


モウセンゴケは湿地に生えるので用土はミズゴケが基本のようですね。

でもトウカイコモウセンゴケはほかのモウセンゴケと比べてちょっと乾いた場所に生えるそうですので、鹿沼土をベースにピートモスを少し混ぜた用土にしました。
今のところは問題ないようです。

葉挿しは十分な水分を補給しないといけないので、ミズゴケ100%にしましたが、鹿沼土100%のCでも一応芽が出ることは確認しました。
まだ枯れる可能性も残っていますが。


ハエトリグサももう一度育ててみたいと思うのですが、食虫植物は今はトウカイコモウセンゴケを増やすことに専念したいと思います。

ドロセラ

うわー・・・こんな増え方するんですね。
我が家のハエトリグサも葉挿しと種、植え替え時期に株分けなどで増えるみたいですが
まさか葉から生えてくるとは思いませんでした。
やっぱりこの手の食虫植物はミズゴケと鹿沼土とパーライトを混ぜたものがいいんでしょうかね?
ハエトリグサはそんな感じで育てておりますが・・・。

時期外れですがもう一株買ってしまいました。
これから楽しみです。
二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Yahoo!天気・災害
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
Amazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる