【 本・DVD・物語・伝承のはなし】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

コゲラはちょっと寂しそう?『とりぱん』第9巻

最新9巻です

とりぱん9

とりの なん子著
税込価格¥620
講談社

 現在このブログで最も多く取り上げられているマンガ単行本の『とりぱん』の最新刊です。

 『とりぱん』とは、東北のある地方に住んでいる女性マンガ家の周りで繰り広げられる野鳥を中心としたドラマを描いた4コママンガです。

【鳥は鳥の人生を生きている。『とりぱん』】


 著者は意識しているのかどうかわかりませんが、毎巻なんだか気になる鳥たちが登場します。
 それを勝手に「○巻の鳥」と呼んでしまいましょう。

 ということで、「9巻の鳥」は、エナガとコゲラに勝手に決定です。


エナガとコゲラ

毛玉のようなエナガ
毛玉のようなエナガ

 エナガはスズメよりちょっと小さいくらいの鳥で、白と黒のツートンカラーに長い尻尾が特徴。
 なんだかふわふわした感じの羽毛は、まるでぬいぐるみのようです。
 『とりぱん』では「サーカス毛玉」と呼ばれたこともあります。
 それが群れになって木々の間を飛び回るのですから、とてもかわいい鳥たちです。

 そしてコゲラはその名前の通りキツツキの一種です。そして大きさはスズメよりもちょっと大きいくらいという名前のまんまのキツツキです。

 『とりぱん』でキツツキというとアオゲラのポンちゃんやアカゲラのペンちゃんですから、出番の少ないコゲラです。


コゲラと混群

小さなキツツキのコゲラ
小さなキツツキのコゲラ

 コゲラは群れはつくらず、一緒に行動しても2羽くらいまで。

 でもそんなコゲラにも群れをつくることがあります。
 混群(こんぐん)

 群れをつくるほかの鳥の中に混ざるのです。

 『とりぱん』9巻のコゲラはエナガの群れに混ざります。


コゲラの気持ち


 コゲラは近所にいます。エナガは多丘公園(おおおかこうえん)に住んでいますが、近所では見た事がありません。
 いつも見ているのは、シジュウカラかメジロとの混群。

 何度かその様子を見ているのですが、コゲラと群れの微妙な距離間がいつも気になっていました。

 その微妙な距離感についてのなん子さんの解釈のおもしろいこと。そしてよく考えてみればうなづけるところも。
 そうか、そうだったのか!

 これからコゲラのいる混群を見かけたらじっくり観察してみようと思います。



 さて、とりのなん子さんのコゲラ混群の解釈がどうだったのかは、ぜひ9巻で読んでください!


◆記事ナビ◆ 〔とりぱん〕 〔エナガ〕 〔コゲラ〕 〔混群〕
       〔多丘公園〕



ワイドKC
とりぱん セット

とりのなん子 著
講談社


Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo

関連記事
スポンサーサイト
››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: とりぱん  エナガ  コゲラ  混群 

theme : 漫画の感想
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

コゲラキャラ

** 彼岸花さん さんへ **

『とりぱん』は相変わらずのパワーです。

コゲラはよく目にするのですが、実は木をつつく音はほとんど聞いたことがありません。

明治神宮御苑で聞いたことがありますが、たしかにイメージしていたキツツキの音とはちがっていましたので、最初は何の音かわかりませんでした。


しかし、コゲラがヒヨよりも強いとは思いませんでした。

ということで、とりぱん的野鳥ヒエラルキーだとこんなかんじでしょうか。

エナガ > コゲラ > ヒヨ > つぐみん

また微妙にコゲラのキャラが変わってきました。

No title

こんにちは。
あ、もう、『とりぱん』出たんですね。
買いに行かなくっちゃ。

コゲラは、数年前、隣の家の大きな杏の木に来た時、
初めて見て、初めて音を聞きました。
最初、なんの音かわからなくて、家の中にいて、
ぎょっとして。むしろ気味の悪い音と言えますよね。
で、ベランダに出てみたら、その姿が見えました。
おかしかったのは、ヒヨドリ。
コゲラがヒヨのいるところいるところに、幹伝いに行くものだから、
最初は戦々恐々として、キーキー行ってましたが、
何か捨て台詞をしてとうとう逃げていってしまいました。

ヒヨより強いコゲラ(笑)。
二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる