【 甲虫のはなし】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

瑠璃色写真館-飛火野ルリセンチコガネ-

この記事にはの画像があります。


 きれいなルリセンチコガネ。
 漢字で書くと「瑠璃雪隠黄金虫」。
 瑠璃(るり)というのは青色のきれいな石、昔から装飾やなどにつかわれていました。別名ラピスラズリ。
 その瑠璃のように青くてきれいなのでルリセンチコガネというのでしょう。

瑠璃。別名ラピスラズリ
瑠璃。別名ラピスラズリ

 といっても、その色は様々。
 奈良公園の飛火野(とびひの)のものは青というよりも少し緑がかっているものが多いよう思います。
 お腹は瑠璃色ですが。
 そして青というよりも緑といったほうがいいのも稀にいます。
 もっとも構造色(こうぞうしょく)の輝きですので、光の加減などで多少の変化はあります。
 落ち葉に隠れているときなど、光の量が少ない状態ではわりと緑色に見えることが多いような気がします。

 ということで、奈良公園の飛火野という狭い範囲でのルリセンチコガネの写真集です。

わりと瑠璃色っぽい飛火野ルリセンチコガネ
わりと瑠璃色っぽい飛火野ルリセンチコガネ

ちょっと緑がかった飛火野ルリセンチコガネ
ちょっと緑がかった飛火野ルリセンチコガネ

2色の飛火野ルリセンチコガネ(ストロボでちょっと色が変)
2色の飛火野ルリセンチコガネ(ストロボでちょっと色が変)

もはや瑠璃色ではない飛火野ルリセンチコガネ
もはや瑠璃色ではない飛火野ルリセンチコガネ

最後はやっぱり瑠璃色の飛火野ルリセンチコガネ
最後はやっぱり瑠璃色の飛火野ルリセンチコガネ

 生き物の名前につく「瑠璃(るり)」は、青くてきれいな色を表すためのもので瑠璃の色を正確に表しているものではありません。
 ですので「瑠璃」=「ルリ」は、「きれいな青色の」と読み直してもいいかもしれません。

完訳 ファーブル昆虫記 第5巻 下

新品価格
¥3,080から
(2021/5/8 10:23時点)

完訳 ファーブル昆虫記 第1期1~5巻 10冊セット

新品価格
¥38,940から
(2021/5/8 10:23時点)

完訳 ファーブル昆虫記〈5〉 (岩波文庫)

新品価格
¥836から
(2021/5/8 10:24時点)

ファーブル昆虫記 10冊セット (岩波文庫)

新品価格
¥23,895から
(2021/5/8 10:25時点)

日本産コガネムシ上科図説 第1巻 食糞群

新品価格
¥3,300から
(2021/5/8 10:26時点)

関連記事
スポンサーサイト



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ルリセンチコガネオオセンチコガネ飛火野瑠璃構造色

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

飛火野ルリセンチコガネは野生です。

** とらまた さんへ **

リンク切れ指摘していただきありがとうございます。
いつも履歴でジャンプしていたものでまったく気付いていませんでした。


飛火野のルリセンチコガネは野生です。

動物の糞を食べるということで、牧場などにはいると思いますが、本当の自然の中では珍しい甲虫かもしれません。

さらに瑠璃色のセンチコガネは奈良と和歌山に限定されるということですから、飛火野ほどたくさんいるところはほかに無いかもしれません。

糞や死肉を食べる虫には構造色のきれいな甲虫が多いというのは、なんだかふしぎです。

いざ、お供つかまつらん!ラピスラズリの甲虫を探す旅に

どうも、訪問履歴やタグ検索で何度か拝見させていただいているので初めましてという感じはしませんが初めまして。
……って消えてしまった旧Blogにリンク頂いてたのですね、申し訳ありません。

飛火野というところで飼われているのでしょうか?それとも野生?
野生でしたら日本にこんなコガネムシがいることにちょっと驚きです!

構造色って凄く綺麗ですけど意外と身近な動物にもあるそうで、ドバトやカワセミなんかがそうらしいですね。
甲虫が苦手な人って結構いるみたいですけど、こうやって色々調べたり写真を撮ったりしてると何かこう生き物全体が愛おしくなって来ますよね。

ただし家の中の害虫さんとは断固戦いますが(笑
二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS