【 節足動物のはなし】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

寒いけどもうすこしだ!がんばれ、ハエトリグモ!!

 立春がすぎたというのに、寒い日が続いていますが、ハエトリグモがいました。

この記事にはの画像があります。


 体の模様からすると、チャスジハエトリの雌?
 人家周辺でも普通にいるハエトリグモ。

 足を広げて立っていますので、生きている?

茶筋蠅取

 指を近づけても動こうとはしません。
 死んでいる?

 指が触れると。
 ゆっくり動きました。

 寒さのあまり動きにくくなっているようです。
 クモ寿命は1年と言われますが、ハエトリグモには1年以上の種類も。
 このハエトリグモも1年以上なのでしょう。

チャスジハエトリ

 暖かいときについうっかり冬越しの場所から出てきてしまい、寒くなったので動けなくなったのかもしれません。
 立春を過ぎ、梅が咲き、蝋梅も咲き始めていますので、もう春。
 これから暖かくなります。

 寒いけどもうすこしだ!
 がんばれ、ハエトリグモ!!

チャスジハエトリ
茶筋蠅取
Plexippus paykulli
クモ綱 クモ目 ハエトリグモ科 スジハエトリグモ属

ハエトリグモハンドブック

新品価格
¥1,980から
(2022/2/24 23:37時点)

関連記事
スポンサーサイト



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: チャスジハエトリハエトリグモクモ

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

冬越しはたいへん

石は一度温まると全体に熱が広がるでしょうから案外いい場所かもしれません。
陰になるところなら目立ちませんし。
虫たちの冬の越し方は様々ですが、それぞれ一長一短。

もしかしたら、冬は多くの虫たちにとってはもっとも数が減る時期かもしれませんね。

そう言えば

寒い冬でも、暖かさの陽気に釣られて出て来てしまう生き物が居ますよね。

この間、お墓の掃除に行った時の事ですが、お隣(親戚)の墓石にしょっちゅうアシナガバチが巣を作るので行く度に墓石を確認するのが癖になっていて、冬なのに確認したところ何かが墓石の横にくっついて居るのを確認しました。

あれ?と思って確認すると、何故かそこにアシナガバチがしがみ付いている???。

まさか、そこで越冬している訳でも無いから当日の陽気に誘われて飛んで来たのだろうと思ってます。
(その場所は日も当たらず墓石も冷たいままだったのに、不思議でした。)
二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS