【 花木のはなし】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

雪が積もった林道 みつまたのつぼみふくらんでます。 春がまちどおしい

 雪の林道の脇のミツマタ。
 街路樹のように道の左右に並んでいます。

Edgeworthia chrysantha

 葉を落として寒々としていますが、蕾は膨らんでいます。

ミツマタ

 ミツマタは、冬の寒さが残り植物がまだ身を固くしている初春にいち早く咲きはじめます。

 ミツマタは和紙の原料ですが、中国南部の原産といわれています。
 しかし、どうしてこんなところにまとまって生えているのでしょうか。
 登山道からはずれた作業のための林道。
 人に見せるためとは考えにくいでしょう。
 ここは杉に覆われた里山。
 もとは和紙の原料とするために栽培されていたのかもしれません。

三椏

 今、ミツマタは舗装された林道の左右にまるで道を覆うように並んでいます。
 ここがメインの登山道なら、登山者に楽しんでもらうことが目的だったかもしれません。
 でも、真ん中を車のための林道があるということは。
 杉を運ぶためにミツマタ畑の中に林道を作ったような気がします。

 真偽はわかりませんが、花の咲く頃、またこの道を歩いてみたいと思います。

ミツマタ
三椏
Edgeworthia chrysantha
フトモモ目 ジンチョウゲ科 ミツマタ属の落葉低木

関連記事
スポンサーサイト



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ミツマタ落葉低木ジンチョウゲ科

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
honto
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる