【 野鳥・鳥のはなし】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

冬の海面でたゆたうまっくろな鳥は何鴨?

 冬の海へ行きました。
 もちろん、泳ぐためではありません。
 生き物を見るため。
 引き潮のときにできる潮溜まりや岩場では冬でもいろんな生き物と出会えます。

 そして、鳥も。
 カモの仲間やカモメの仲間には冬鳥が多く、夏に行っても出会えない鳥もいるのです。

 岸から離れたところで波に揺られている1羽の黒い鳥。

Histrionicus histrionicus

 カメラをズームして望遠鏡代わりにみてみると。
 カモのように見えます。
 体も頭も黒。
 クチバシも黒?
 クチバシの付け根と、目の後ろあたりが白。
 めったに海には来ないので初めて出会った鳥。
 たくさん写真を撮って、家でじっくりと確認することにしました。

晨鴨

 全体のかたちや雰囲気から、カモの仲間だろうと見当をつけました。
 全く見当がつかないときやいくらか絞り込めているときはネット検索が便利ですが、この程度の漠然としたときは図鑑が役に立ちます。
 ただ、カモの場合、オスとメス、若い時と成長してからは模様や色が変わり、ときには全く別の鳥のように見えることもあるので、野鳥図鑑でなくてできればカモの図鑑を。

 単純で特徴的な模様だから、と思ったのですが、なかなか難航。
 そしてたどり着いたのが、シノリガモ。
 そのオス。
 その1年目の早期の冬型。
 なんというか、カモの図鑑を買っていてよかった、と思うようなややこしいカモでした。

 クチバシの付け根の白い部分は左右つながってなく、鼻筋のところで細い線となって頭の方へ続いているところも同じ。

 ただ、目の後ろの白丸の隣の白い縦筋の位置がちょっとずれていますが、まあ、これくらいは誤差の範囲でしょう。

シノリガモ

 まわりにはほかのカモは見当たりません。
 ちがう種類の鳥も。
 一羽だけで行動していたようです。

海に潜っていきました

シノリガモ
晨鴨
Histrionicus histrionicus
カモ目 カモ科 シノリガモ属の冬鳥(一部留鳥)

新訂 カモハンドブック

新品価格
¥1,540から
(2021/1/13 22:05時点)

関連記事
スポンサーサイト



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: シノリガモ冬鳥海鳥潜水鴨ハトより大きい鳥

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる