【 節足動物のはなし】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

どうしてここまでアリに似せなければならなかったのか? アリグモ

 公園で生き物観察をしていると、アリが歩いていました。
 1匹だけです。

 アリは1匹みつけると、たいていまわりに数匹います。
 チームを組んでいるわけではないでしょうが、同じエリアを探索する習性があるのかもしれません。
 ですから1匹だけというのは、違和感が。

この記事にはの画像があります。


 ただ、そういう「アリ」には心当たりがあります。

 アリグモ。

 クモのようなアリ。
 ではなく、アリのようなクモ。

 アリは昆虫。
 クモは鋏角類。
 どちらも節足動物ですが、体の作りはかなり違います。

アリのような アリでないような
蟻蜘蛛

 アリは昆虫なので体は頭部、胸部、腹部の3つに分かれます。
 さらにアリの仲間は腹部が細くくびれています。
 それに対してクモは頭胸部と腹部の2つ。

 それから、アリの脚は6本に、触角が2本。
 クモは8本の脚に触肢と鋏角(牙)が2本づつで12本。
 でも、触肢と鋏角は折りたたまれていることがありますので、8本に見えることが多いと思います。
 このようにアリとクモでは体のつくりがまったくちがうのです。

 ところが、アリグモは体を細くし、頭胸部にくびれを作り、一番前の脚を触覚のように動かすことで6本脚+触角のように見せます。
 なかなかおもしろいクモです。

よく見ると脚が8本で触角がない
アリグモ
多分アリグモという和名のアリグモのメス
オスは牙が大きくて頭はアリっぽくありません

 このアリグモ、なぜアリに似せているのかよくわかりません。
 仲間と思って近寄ってきたアリを食べるため、と言われたこともあります。
 しかし、特にアリ専門に食べるわけではないようですし、そもそもアリは見た目で敵と仲間を見分けているわけではありません。
 不思議です。

日本最大級のムネアカオオアリ
ムネアカオオアリ
正真正銘のアリ
確かにアリグモはアリに似ています

 アリは噛みついたり毒を持っていたりしてほかの生き物に嫌がられるので、アリに似せたという説もあります。
 こちらはなんとなくわかるような気がします。

アリグモ
蟻蜘蛛
Myrmarachne japonica
節足動物門 鋏角亜門 クモガタ綱 クモ目 ハエトリグモ科 アリグモ属

ハエトリグモハンドブック

新品価格
¥1,980から
(2020/10/16 23:32時点)

クモハンドブック

新品価格
¥1,650から
(2020/10/16 23:33時点)

アリハンドブック 増補改訂版

新品価格
¥1,540から
(2020/10/16 23:34時点)

関連記事
スポンサーサイト



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: アリグモクモムネアカオオアリ擬態ベイツ型擬態

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる