【 爬虫類・両生類のはなし】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

ヘビはいつも突然現れて、あっという間に消えていく。 マムシの幼蛇

 ヒバカリの子供と思しきヘビと出会って数時間後。
 登山道を歩いているとまたガサッ。
 ヘビだ!

この記事にはヘビの画像があります。


 今度は、茶色系の薄い色から濃い色まで楕円形の市松模様のように並んでいます。
 これは!
 マムシだ!
 子供のマムシ。

 マムシは北海道から九州まで分布する毒蛇。
 その毒はときには死に至ることも。

ニホンマムシ
子供の間マムシそっくりになるヘビが数種いますが
目の瞳孔が縦長になっているのでマムシ
日本蝮

 ここは、山の中。
 マムシに噛まれたときには安静といわれますが、登山道で安静にしていたら死が訪れるだけ。
 とりあえず、助けを呼べるところ、できれば車が来られるところまで行かなければなりません。
 そしてなにより、電話の通じるところ。
 このまま下れば林道がありますが、手入れされていないので車は入ってこれません。
 なによりも携帯電話が通じません。
 ここの尾根には林道があるので車は上がってこれますが、携帯電話が通じるかどうかは微妙。
 噛まれて、腫れて、痛みを感じる状態で、下るほうが楽か、登るほうが楽か。
 一体どっちを選ばべいいのだろうか!

 と考えているうちにマムシは藪の中へ消えていきました。

ニホンマムシ
日本蝮
Gloydius blomhoffii
爬虫綱 有鱗目 ヘビ亜目 クサリヘビ科 マムシ属

関連記事
スポンサーサイト



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ニホンマムシマムシヘビクサリヘビ科毒蛇

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる