【 魚のはなし】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

春になればあらわれる身近だった魚 どじょう

 4月。
 春になって出会ったのが、ドジョウ。
 ドジョウの仲間にはいろいろいますが、おそらく「ドジョウ」という名のドジョウ。

ドジョウ

 童謡の「どじょっこふなっこ」のように、春になったから現れたのでしょう。
 ただ、歌の中では冬に張った氷が溶けたことで出てくるのですが、大阪の平野部ではそんなに氷は張りません。

泥鰌

 童謡に歌われるほど身近な生き物。
 のようですが、環境省のレッドリストでは準絶滅危惧(NT)、大阪府のレッドリストでは絶滅危惧II類(VU)。
 撮影後、スタッフがおい……逃しました。

 ちなみに大阪府レッドリストでニホンウナギは絶滅危惧II類(VU)。
 ドジョウを食べることはニホンウナギを食べるのと同じ!

 ドジョウ。
 泥鰌。
 Misgurnus anguillicaudatus
 コイ目 ドジョウ科 ドジョウ属の淡水魚。

2020年6月11日 追記
 と思っていたのですが、どうやらドジョウには在来種と、外来種である中国系が存在するようです。
 どうやら、このドジョウは中国系の可能性が高そうです。
 とすると、ここにいるのも納得しやすくなります。
 現在色々と調べてますが、その結果はしばらくお待ち下さい。

くらべてわかる 淡水魚

新品価格
¥1,760から
(2020/5/29 23:52時点)

関連記事
スポンサーサイト



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ドジョウ淡水魚絶滅危惧種環境省NT大阪VU

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

まずは外来生物に対する知識を

生き物を採集することにはルールというか知識というか常識のようなものは必要だと思います。

コンビニほどもない狭い淀みで1時間以上網ですくって絶滅危惧種を捕獲するのは、ルールも常識も無いように思います。
ましてや、公園内では。


大和川は300年前までは淀川水系だったのですから、今も人知れず貴重な生き物がいるかも知れないと思うと、残念です。

そういう人たちには、今、長居の自然史博物館でやってる外来生物展に行ってほしいですね。

根こそぎは。。。涙

子供達や家族で魚を捕まえたり虫を捕まえたり、そんな行動に目くじら立てなければならない時代になってしまったのですね。
(根こそぎは論外ですが、何処までがOKなのか?なんて逐一決められないですけどね。・・・管理され採取が禁止されている公園は勿論駄目ですが)

一方で、飼い切れなくなると自然に離す行為も結構ありますよね。
自分の知っている範囲では、奈良県の大和川水系河川の一部で既にオヤニラミが増殖中だとか。。。

うれしくもあり、かなしくもあり

ドジョウはそんなに生息環境がシビアな魚とは思わないのですが、田んぼがなくなったり、水路がコンクリートで固められたり、農薬が使われたりしたせいでしょうか。

近所の田んぼでも見かけた記憶はありません。
さすがに田んぼの中を網でごそごそできませんから、気がついてないだけかもしれませんが。

この場所も、先日、徹底的に池の底をさらってドジョウを捕まえている家族がいましたから、いつまで生き残っているかわかりません。
悲しいことです。

懐かしいです。

懐かしいです。

40年前の自分は東大阪の端っこに住んでいて、家の前の道路を跨ぐとそこは大阪市と言うような工業地帯に住んでいたのですが、それでも自転車で5km程移動すると、既に分断されてはいますが田んぼの用水路であったような場所が少しは残っていて、そこでドジョウや銀ブナやメダカ・ドブガイやタイリクバラタナゴ等を捕まえて遊んでいた事が懐かしく思えます。

思い出のその場所も20年前には埋め立てが行われ、今では住宅地と一部が公園になってしまいましたが、その端部分の極一部は中央環状線の高架下に暗渠になって残っているようです。(コンクリで周りが固められ単なる下水のようなので、恐らく当時の生き残りはいないでしょうけどね。。。)
二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる