【 節足動物のはなし】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

今年最初のクモはがんばったクモ?

 今年最初のクモと出会いました。

この記事にはの画像があります。


 1月中旬。
 もう少しで立春ですが、一年で最も寒い時期。
 なのに、クモ。

 結構大きなジョロウグモ。
 おかなが膨れています。
 どうやら、産卵のタイミングを逃してしまったのでしょう。


 巣の上でじっとして動きません。
 手が届かないところなので息があるかどうかはわかりません。
 命が続いていたとしても、それほど長くはないでしょう。


クモハンドブック

新品価格
¥1,620から
(2019/1/21 00:27時点)

関連記事
スポンサーサイト



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ジョロウグモ冬のクモクモ

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

ゆく河の流れは絶えずして

** あばーさ加納 さん へ **

自然な寿命とはいえ、いなくなるのは寂しいですね。


12月頃に見かけるジョロウグモも産卵が済んでいないメスばかりでしたから、産卵すると
命を終え、逆に産卵しなければ命が続くのかもしれません。

ただ、冬になると寒くて体が十分動かないことと、餌がいなくなることで、結果的には飢
えで終えるのでしょう。


もっと早い段階で寿命が尽きたのに、巣の糸に爪が絡まるなどしていたのかも
しれませんが。

こういうことを研究した人がいるのか気になります。

居なくなってました

先週末までは居たのに、今朝見たら巣にはもう居ませんでした。
この土日の夜間で一段と冷えたからでしょうね。

今は、主の居ない巣だけとなりました。

自分も見つけています

自分も会社の植え込みで見つけています。

例年は見ないのに、不思議だなぁと思っていました。
クモの巣を見ていると、ちゃんと獲物も掛かっているようです。

そのまま、活動を続けるのでしょうかね?
二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる