【 哺乳類のはなし】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

イノシシはむかしから身近な、そして大切ないきものでした。

 2019年、最初はイノシシです。

 そして十二支の最後の干支動物。

 和名:イノシシ
 漢字表記:猪,豬
 学名:Sus scrofa
 脊椎動物亜門 哺乳綱 鯨偶蹄目 イノシシ科 イノシシ属

イノシシの親子の剥製〈きしわだ自然資料館〉

 ユーラシア大陸に分布し、日本では北海道を除き本州から沖縄まで広く分布します。
 本州から九州に分布するのが、亜種のニホンイノシシ(Sus scrofa leucomystax)。
 奄美諸島から琉球諸島に分布するのが、亜種のリュウキュウイノシシ(Sus scrofa riukiuanus)。

 「イノシシ」の「シシ」は「肉」のことで、古代の日本では大切な食料だったことがわかります。
 そのイノシシを家畜化したものがブタ(Sus scrofa domesticus)。
 学名を見ればわかるように、イノシシとブタは同じ「イノシシ」という種のちがう亜種ということになります。
 つまりブタもイノシシの一種ということができます。
 古代の遺跡から発掘される骨がイノシシかブタかについては諸説ありますが、弥生時代には大陸からブタが持ち込まれていた可能性は高いようです。

動物形埴輪 猪 藤井寺4号墳 5世紀〈大阪府立近つ飛鳥博物館〉

 大阪の和泉市にある大阪府立弥生文化博物館では、各地の古代遺跡からの発掘成果をもとに仮想した卑弥呼の食卓を再現しています。
 お膳の左奥の椀に盛られているのがサトイモ、タケノコと一緒に煮られたブタ肉。
 発掘された様々なものから、日本では弥生時代やさらに昔の縄文時代からすでにイノシシは身近な動物だったようです。

復元された卑弥呼の食卓〈大阪府立弥生文化博物館〉


そのサトイモ・タケノコ・ブタ肉の煮物〈大阪府立弥生文化博物館〉

 ところが、十二支のイノシシにはある秘密があるのですが、それは次回に。

関連記事
スポンサーサイト



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: イノシシニホンイノシシリュウキュウイノシシブタ埴輪卑弥呼十二支

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる