【 花木のはなし】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

古の巡礼の道の大きな桜の花 四等三角点竹内山の山桜?

 大阪と奈良・和歌山の府県境の山の尾根を結ぶダイヤモンドトレイル。
 始まりが奈良県香芝市の屯鶴峯(どんづるぼう)。
 終わりが大阪府和泉市の槇尾山。
 途中いくつもの山と峠を通り、低山と言えども起伏の激しい全長45キロと言われるトレイルです。
 コース上にある二上山、大和葛城山、金剛山、岩湧山、槇尾山の5山と、平石峠、水越峠、紀見峠の3峠を合わせ、「五山三峠」などと呼ばれることもあります。

 二上山、竹内峠とすぎて、地図に名前が載っていない標高402.8mの四等三角点の竹内山(たけうちやま)に着く前、道の脇に大きな桜の木があります。


 気づいたのは冬。
 葉や花がなければ種類まではわかりません。
 ということで、花の時期に来ました。

 大きな木なので花は上の方で咲くので、種類はわかりません。


 写した画像を拡大してみると、萼筒は細長い筒状、萼は長い三角形、そして赤味がかっています。
 花だけのようでしたが、よく見ると小さな赤い葉がでています。


 ヤマザクラでしょうか。
 それにしては、葉の数が少なすぎ。
 ヤマザクラ系の種類かもしれません。


 このあたりの低山のほとんどでスギやヒノキが植林されています。
 そのなかでこの桜が残されたのは、きっとこの大きさのためでしょう。
 ダイヤモンドトレイルには、修験道(しゅげんどう)開祖の役小角(えんのおづの)さんが修行した場所や経塚があり、古くからの巡礼の道だったようです。
 現在のダイヤモンドトレイルとまったく同じというわけではないと思いますが、きっと、この桜の下は昔からの巡礼の道だったと思います。

■参考外部リンク■
大阪府/ダイヤモンドトレール情報

関連記事
スポンサーサイト



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤマザクラ春の花白い花ダイヤモンドトレイル竹内山四等三角点

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

信仰と桜

画像で見ると赤味がかって見えるような気がしますが、その場では白でそた。
桜の花は、ほんと移すの難しいですね。
思うような写せませんでした。

ここから下はところどころにヤマザクラなどの桜類が植えられていましたので、たしかに巡礼の道標かもしれません。
吉野山のように、信仰とヤマザクラは関係が深いようですね。

山桜

下から見上げた写真の雰囲気では、山桜のように見えますね。
古い巡礼街道の脇なら、道標の意図があって植えたかも知れないと思うと、『趣があるなぁ』なんて勝手に想像しちゃってます。
二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
honto
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる