【 爬虫類・両生類のはなし】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

ニホンアカガエル 絶滅危惧種、絶滅を免れる! VU→CR→EN?

 お馴染みの錦織公園。
 赤松に覆われたところに植樹して作られた人工の公園。
 ですが、少ないですが、貴重ないきものもいます。
 その一つが、ニホンアカガエル。

この記事にはカエルの画像があります。


 アカガエル科アカガエル属の日本の固有種。
 環境省のレッドリストには記載されていませんが、多くの都府県で記載されています。
 もちろん大阪でも。
 絶滅危惧II類、VU。「絶滅の危険が増大している種」。

2016年10月に出会った大人のニホンアカガエル

 ニホンアカガエルはおもしろいところがあります。
 変温動物ですので、冬になると冬ごもりをします。
 ところが、12月から2月の一番寒い時期に出てきて、産卵します。
 もちろん、そのあとはまた冬ごもりに戻ります。

 ところが。
 2月初旬。
 毎年卵を産む水車の前の淀みの水がなくなっていました。
 きれいに底のコンクリートが見えています。
 2016年に続いて2年連続。

2月初旬の水のない水車前の淀み

 2016年は、その後カエルが卵を産むこともなく、オタマジャクシはもちろん、小さなカエルをみることもありませんでした。
 もうだめです。
 ニホンアカガエルの寿命は数年。  すぐ絶滅することはないでしょうが、2年連続は絶滅への大きな一歩になってしまうでしょう。

 またまたところが。
 2月下旬に行くと、水車池には水がたまり、卵塊がたくさんありました。

水が戻った2月下旬の水車前の淀み

 数えてみると25個。
 上の池にもいくつかありました。

卵塊がありました!

 ちょっと遅いですが、この時期に塊になる卵を水中に産む両生類は限られます。
 そもそも、水辺が多いのにカエルの種類が極端に少ない錦織公園。
 河内の里ではニホンアカガエルしか見たことがありません。
 きっとそうでしょう。

卵の中では着実に成長しています

 ニホンアカガエルのオタマジャクシはより目で背中に2つの斑点があります。
 もう少し大きくなったら、はっきりするでしょう。
 絶滅は、なんとか免れたようです。
 おそらく。

その一週間後には孵化していました

 ところで、なぜ、淀みを掃除したのでしょうか。
 本当のことはわかりませんが、底には落葉がたまり、藻類が繁殖していたので、見た目は悪くなっていました。
 ここは府営の公園。
 「みばえ」は大切。
 絶滅危惧種がいることを知らない市民の苦情があれば、すぐ対処しなければならないでしょう。

 そこれに、ここは自然を守ることを目的とした自然公園ではなく、地域住民が利用できるように整えられた緑地の都市公園。
 公園の管理者も絶滅危惧種が住んでいることに気付いていなかったのかもしれません。
 もしかしたら、今年は気づいて卵を別の場所で保管し、掃除が終わってから戻したのかもしれません。
 そうだったら、これから先は安心なのですが。

日本の爬虫両生類157 (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,080から
(2017/3/21 00:06時点)

関連記事
スポンサーサイト
››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ニホンアカガエル  カエル  産卵  絶滅危惧種  大阪VU  錦織公園  都市公園 

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

必要なこと

人間と自然の問題は、すべてが丸く収まる答えはないように思います。
結局、「落としどころ」をどこにするのかという問題にならざるを得ないと。

公園の問題は、もちろん正論が必要ですが、実現させるための理屈でない方策が必要です。
自然を守ることよりも、そちらのほうが何倍も難しいように思います。

難しいですね。

No title

「自然公園」と「都市公園」。
いずれにしても、「人間優先」を改めていかないと、人間の未来も暗雲立ち込めていると思います。
また、行政などの「管理者」には、その区域に生息する種や生態系についての基礎知識くらいは学ぶ努力が欲しいですし、求めていきたいですね。
意見や求めるものは個々の違いはあったとしても、前提となる科学的認識の共有がなければ全体の不幸を呼ぶと考えています。
二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる