【 草花のはなし】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

ちっちゃな富士山の谷で咲いてた赤紫色花びらが上下2枚に広がっている花

 大阪にある富士山の一つ、旗尾岳。
 富士山の七分の一ほどのちっさい富士山の北から西に流れる谷、才ノ神谷。
 そこで8月のはじめころに咲いていた、ちょっと小さな花。


 ちょっとだけ紫がかったピンクの花びらが上下に広がっています。
 でも、それぞれ形がちがっていて、花の真ん中に縦線を引いたら、左右対称になります(左右相称花)。
 葉は左右に対になって茎についている対生(たいせい)。
 どうもシソの仲間(シソ目)のようです。


 調べてみたら、ハグロソウ(葉黒草)。
 シソ目キツネノマゴ科ハグロソウ属の多年草。
 ちょっと暗くて、ちょっと湿った、林の中に生えます。


 名前の由来は、葉の色が濃く黒っぽく見えるから、らしいですが、それはちょっと誇大な表現かも。
 花を横から見ると、上下に開いた2枚の葉(苞)の間から細い筒状になってとびだし、その先が上下に広がります。
 関東より西の広葉樹林に分布する横から見るとおもしろい形の花です。

関連記事
スポンサーサイト
››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ハグロソウ  赤紫色の花  夏の花  キツネノマゴ科  旗尾岳  天見富士  和泉山脈 

theme : 草花
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Yahoo!天気・災害
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
Amazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる