【 博物館・植物園・催事 等のはなし】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

特別展「生命大躍進展」には5億年分のいろんな動物がたくさん!〈大阪市立自然史博物館〉

 生き物の長い歴史がみられる「生命大躍進展」。
 地球の生き物の歴史で、最初は単細胞だった生き物はとんでもなく多様化します。
 それをみんな展示というのは、現実的ではありません。
 ということで、今回は人間につながる生き物の歴史がテーマのようです。
 地球に誕生した命が、人間になるまでの長い道のりを大きなテーマで分けて展示されています。

●今までの「生命大躍進展」の記事
【生命誕生から人類まで40億年の本物の証拠がたくさん!】

南西入口から真っすぐ行ったところの看板

プロローグ 生命誕生

 人間が登場してたった20万年くらいですが、命の誕生そのものはとても古く、およそ40億年前。先カンブリア紀のはじまり。
 地球の形ができてたった5億年後。
 ただ、そのときの生き物のの姿は恐竜のように化石になってはいません。
 化石として残っているのは、生き物がいた痕跡。
 見た目はただの縞模様のただの石にしか見えませんが、人間の超先輩がつくったものです。

35億年前の生き物の化石が含まれる石

第1章 カンブリア大爆発

 生命の誕生は早かったのですが、ほとんどの期間は単純な単細胞の生き物でした。
 それが一気に複雑で大きな動物たちが現れたのが古生代のカンブリア紀。
 今いる動物のほとんどのご先祖様が現れたのも、カンブリア紀。
 あまりにも突然にたくさんが現れたので、カンブリア爆発と呼ばれています。

 そのカンブリア爆発の動物たちを一気にメジャーにしたスティーヴン・ジェイ・グールドさんの『ワンダフル・ライフ』。
 その本にはどこかで見たことがあるような気がするカンブリア紀の動物から、不思議で奇妙な動物まで、写真やスケッチが掲載されています。
 その本物の化石が!
 すごい!

『ワンダフル・ライフ』と左右が逆?のオパビニア

 ただカンブリア紀の人間のご先祖様はまだ地味な生き物でした。
 うっかり見過ごしてしまいそうです。

人間のご先祖様の脊椎動物メタスプリッギナ

第2章 海から陸へ

 たくさんいた個性的な生き物の中で地味だった人間のご先祖様。
 それがカンブリア紀の次のシルル紀には硬い骨やたくさんのヒレをもつようになり、シルル紀の次のデボン紀には海の覇者に。
 そういった化石をみていると、あの地味で弱々しいメタスプリッギナの面影は微塵もありません。

深海怪獣のようなダンクルオステウスの頭

 そして陸上への進出。
 でも、みんなあまり「かっこいい」動物ではありません。
 どちらかというと、ゆるキャラ。

魚のような体に四肢を持った両生類のアカントステガ

第3章 哺乳類の出現と多様化

 上陸した両生類が、陸上で生活できるようになり、単弓類を経て、中生代のジュラ紀にやっと哺乳類の誕生。
 でも、それは巨大な恐竜が現れた時期。
 ネズミのように小さくなり、さらに見つかりにくくなるよう木の上で夜に活動していたようです。

最古の哺乳類と言われるジュラマイアの授乳姿の復元

 会場では恐竜の化石も展示されていますが、比べるとまったく大きさがちがいます。
 しかもここに展示されているの恐竜たちは決して大きくはない種類。
 そんな中で絶滅しなかったのですから、小さく夜行性というのは、なかなかどうして結構したたかな戦略だったのかもしれません。

哺乳類を食べてたかもしれない小型の肉食恐竜ドロマエオサウルス

第4章 人類への道

 その後、白亜紀末の有名な恐竜の絶滅が起きます。
 新生代がはじまり、ちょっとした紆余曲折がありましたが、哺乳類の時代がやってきます。
 恐竜と同じように哺乳類は多様化、いろんなタイプの哺乳類が現れます。

まだ指が3本あったころの馬メソヒップス

 その中に登場したのが霊長類。
 人間にぐっと近づいたご先祖様。
 でも、とても小さい!
 恐竜がいなくなって地面に降りて多様化と大型化していった哺乳類の中で、小さいまま樹上生活を続けていたようです。

とても小さい最古の哺乳類化石の一つアルタニウスの顎

 そして人間にとても近い仲間のヒト属(ホモ属)登場。
 たくさん展示され、最後は人間、ホモ・サピエンス・サピエンスが登場します。
 これだけのたくさんのヒト属の化石を一度に見られる機会はあまりないでしょう。
 古い順に並んでいますが、頭が小さいゴリラ型から、頭が大きい人間型に変化していく様子がわかります。

人間と同じヒト属のホモ・ハビリスと
人間とちがうアウストラロピテクス属のパラントロプス・ボイセイ

頭蓋骨の形がまったくちがう!

 40億年の生き物の歴史は、とても複雑です。
 全体の流れを追っていくのも面白いですし、特定のコーナーをじっくり見ていってもおもしろい。
 いろいろな楽しみ方ができる特別展。
 だからこそ、会期中使えるパスをつくってほしかった。

直接の先祖でないものの人間にも遺伝子が伝えられている
ネアンデルタール人

タグ♦【年代層序表〈顕生代〉β2 動物と植物】

■参考外部リンク■
生命大躍進展 人類誕生に至る40億年の壮大な生命進化の展覧会
ようこそ大阪市立自然史博物館へ

関連記事
スポンサーサイト
››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 生命大躍進  メタスプリッギナ  ダンクルオステウス  アカントステガ  ジュラマイア  メソヒップス  アルタニウス  アウストラロピテクス  大阪市立自然史博物館  seimeidaiyakusin 

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Yahoo!天気・災害
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
Amazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる