【 昆虫(甲虫以外)のはなし】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

低山みたいな里山で出会った悲劇のトンボ? ウスバキトンボ

 大阪府堺市の南部丘陵にある公園、堺自然ふれあいの森。
 9月初旬、そこで黄色いトンボと出会いました。

この記事にはトンボの画像があります。



スタッフが常駐している森の館

 ウスバキトンボ。
 シオカラトンボと同じくらいの、中型のトンボです。
 実は南の国や地域の出身。
 春に南日本で羽化したウスバキトンボは、北へ移動して、産卵して、幼虫が羽化して、北へ移動して、を繰り返しながら、日本を北へ北へと移動していき、北海道に到着します。


ちょっとオレンジっぽい黄色のウスバキトンボ

 ところが、ウスバキトンボは寒いところが苦手。
 北海道はもちろん、本州でも冬は越せないそうです。
 そして、南下をしている気配もなさそう。
 つまり、ウスバキトンボの北上は、片道切符。


日中はとまることが少ないと言われるので幸運だったのかも

 なんだか悲しいトンボですが、それが毎年毎年、日本人が知らないような大昔から続けていても、絶滅はしていません。
 きっと渡りをしないで沖縄や奄美地方に定住しているウスバキトンボも少なくないのでしょう。
 なら、どうしてその中から渡りをするトンボが生まれるのか。
 不思議だらけのトンボです。

■参考外部リンク■
堺自然ふれあいの森へようこそ!

関連記事
スポンサーサイト
››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ウスバキトンボ  トンボ  堺自然ふれあいの森  里山 

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
Amazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる