【 甲虫のはなし】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

カブトムシのオスとメス

今回はカブトムシの記事です。
カブトムシの画像もあります。
カブトムシが苦手な方は【記事の下へ】をクリックしてください。
記事の下にジャンプします。
【記事の下へ】



強運のカブトムシ


 畑の土の中からでてきたカブトムシ。別名ハタケカブト。
 いろいろと驚かせてくれたり楽しませてくれてりしました。

 畑の野菜くず捨て場から見つかった幼虫です。なかなかたくましいカブトムシにちがいありません。

 百舌鳥太郎とそのヒナの餌を探すためカナブンの幼虫を探しているときにみつけました。
 それで百舌鳥太郎の餌にはならなかったのですから、運も強いにちがいありません。


そろそろ逃がしましょう


 そんなカブトムシたちを狭い籠に閉じ込めているのも悪いですし、メスも卵を産みはじめています。
 ということで逃がすことにしました。

 と言ってもただ逃がすのは面白くありません。
 でもいじわるもしたくありません。

 ということで夜の間、ケースのふたを開けて外に出しておくことにしました。

オスとメスのハタケカブト
オスとメスのハタケカブト




ほっておいてみると


 1日目。

 夜中を待たずしてオスがもう外に出ています。
 といっても籠の近くをうろついているだけですが。

 翌日の夜。

 オスはいなくなっていましたが、メスは3匹そろっています。

 3日目の朝。

 お茶を育てている植木鉢がなんか変です。妙に土が混ぜられたようになっています。
 まさかと思い、掘ってみるとカブトのメスがいました。
 ということで、再びケースの中へ。


オスとメス


 その後も同じことを繰り返していると、1匹減り、2匹減り、最後のメスがいなくなるのに10日もかかりました。
 と思っていたらまだ1匹残っていました。そんなにここが気に入ったのでしょうか。

 たった1日で逃げて行ってしまったオスに対してなかなか逃げないメス。
 毎日餌を欠かさずあげていたとはいえ、このような差は、カブトムシの性差なんでしょうか。

 オス1匹にメス3匹では性差が個体差かは、わかりませんがなんだかおもしろそうです。

キッズgoo


カブトムシのほかの記事は タグ〔カブトムシ〕




関連記事
スポンサーサイト



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: カブトムシハタケカブト

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS