【 樹木のはなし】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

雪の中の黄緑色の瑞々しい実 金剛山の宿り木


 今年も何度も溶けている金剛山の雪ですが、2月になってからはなんとか溶けずに残っています。

 もちろん、木にも雪が。



 金剛山山頂の広葉樹は、落葉樹ばかり。

 そのなかで珍しい常緑樹の一つが、ヤドリギ。

 ほかの樹木に寄生する植物。

 葉緑体を持ち、自分で栄養を作れるので「半寄生植物」とも言われています。



金剛山山頂広場のまだ小さいヤドリギ
金剛山山頂広場のまだ小さいヤドリギ
宿主はヤマハンノキ?




 木の上で丸くかたまり、葉も落ちないので雪がよくつもっています。



雪がつもりやすいヤドリギ
雪がつもりやすいヤドリギ




 そして冬のヤドリギというと、実。

 ヤドリギは実を鳥に食べてもらい、糞と一緒に種が出ることで、広がっていきます。

 ですから、食べ物が少なくなる冬にあえて実をつけると考えられています。

 ほかの木から勝手に水をもらい、足場ももらい、なかなか要領よくやっているように見えます。

 でも鳥に食べられないことには芽を出すことができないと言われていますので、それほど要領よくないのかもしれません。



みずみずしくておいしそうなヤドリギの実
みずみずしくておいしそうなヤドリギの実




 夏はとりついている木(宿主)の葉で隠れてよく見えませんが、葉が落ちた冬にはよく目立ちます。

 冬でも葉を落とさないのは、鳥に見つけてもらうためかもしれません。

 もし、真冬に見を一つもつけていないヤドリギがあったら、それは、雄株かもしれません。



タグ♦ ヤドリギ 金剛山

関連記事
スポンサーサイト
››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤドリギ  緑色の実  冬の実  初春の実  ヤマハンノキ  金剛山  金剛山の植物  寄生植物 

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる