【 節足動物のはなし】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

節足動物 虫の体をくらべてみると 虫の進化が見えてくる かも


 節足動物(せっそくどうぶつ)。

 体を殻で覆った生き物。

 節足動物門という大きな集団をつくり、「虫」と呼ばれる多くの生き物を含みます。

 深海から極地まで生息し、全動物種の80%以上を占め、中でも昆虫は最も繁栄した動物と言われています。



この記事にはの画像があります。





 節足動物門は5つの亜門を含みます。

 三葉虫形亜門 三葉虫など
 鋏角亜門   クモやサソリなど
 多足亜門   ムカデやヤスデなど
 甲殻亜門   エビやカニなど
 六脚亜門   トンボやカブトムシなど(昆虫)

 出現した時代は異なりますが、少なくとも古生代にはすべて登場していました。

 三葉虫形亜門は古生代のおわりに絶滅してしまいましたが、ほかはいくつもの大絶滅を乗り越え今も生き残っています。

 それだけよく出来た体の仕組みで、様々な環境に適応しるように多様化していたので、生き残ることができたのでしょう。



 節足動物はいろいろな形をしていますが、元は同じ生き物から進化したと考えられています。

 節足動物の特徴の一つは、殻があることのほかに、体が同じような形のくり返し(体節制)になっていること。

 ただし長い進化の歴史の中でそれぞれ体節が特殊化したり(異規体節制)、体節が癒合してひとつのようになったり(合体節)して、それぞれの形や機能のちがいが生まれました。



現在最大の節足動物のタカアシガニ「OCEAN! 海はモンスターでいっぱい」
現在最大の節足動物のタカアシガニ「OCEAN! 海はモンスターでいっぱい」




 動物の進化は、体のある部分の形が変わったりなくなったりということはよく起こりますが、新しくできるということはめったに起きません。

 それまでになかった器官ができたとするのなら、多くの場合はすでにあった器官が変わったものなのです。

 ですから、進化の系統が近い生き物の間では、ちがう役割を持つ器官でも実は同じものがちがう方向に進化したもの、ということがあったりします。



昆虫の誕生―一千万種への進化と分化 (中公新書)

中古価格
¥649から
(2014/12/5 22:05時点)

 ということで、節足動物のグループごとに頭側の体節の役割を並べてみました。

 石川良輔 著『昆虫の誕生』中公新書 を参考にしています。

 「」は一番先頭の節「先節」で、その次から「第1体節」「第2体節」と続きます。

 先節は「」と一緒に頭部をつくり、先節と第1体節の間に口があります。

 「」は胸や腹になります。

 クモのように頭部と胸部の境がはっきりしないものもや、ヤスデのように一つの節から脚が2対出ているものもありますが、見えない節が残っていると仮定していますので、実際の見た目の節の数とはちがいます。



 先節第1体節第2体節第3体節第4体節第5体節第6体節第7体節第8体節以下略
空想の原始的節足動物
 ┃┃○┃┃┃┃■┃┃┃┃■┃┃┃┃■┃┃┃┃■┃┃┃┃■┃┃┃┃■┃┃┃┃■┃┃┃┃■┃┃初期の節足動物レアンチョイリア
初期の節足動物レアンチョイリア
「OCEAN! 海はモンスターでいっぱい」
 節足節足節足節足節足節足節足節足節足
三葉虫(三葉虫形亜門)


┐○┘┃┃■┃┃┃┃■┃┃┃┃■┃┃┃┃■┃┃┃┃■┃┃┃┃■┃┃┃┃■┃┃┃┃■┃┃パラドキシデス
パラドキシデス
「OCEAN! 海はモンスターでいっぱい」
 触角歩脚歩脚歩脚歩脚歩脚歩脚歩脚歩脚
蜘蛛形類(鋏角亜門)
  ┤□┤┐│□│┘┓┃■┃┛┓┃■┃┛┏┃■┃┗┏┃■┃┗オオシロカネグモ
オオシロカネグモ
 鋏角触肢歩脚歩脚歩脚歩脚腹部腹部
多足類ムカデ(多足亜門)


┐○┘◇□◇△□▽△□▽┓■┛┃┃■┃┃┃┃■┃┃┃┃■┃┃トビズムカデ
トビズムカデ
 触角大顎第一小顎第二小顎顎脚歩脚歩脚歩脚
多足類ヤスデ(多足亜門)


┐○┘◇□◇△□▽┃┃■┃┃┃┃■┃┃┃┃■┃┃キシャヤスデ
キシャヤスデ
触角大顎小顎頸板歩脚歩脚歩脚
昆虫類(六脚亜門)


┐○┘◇□◇△□▽━∩□∪━┓┃■┃┛┃┃■┃┃┏┃■┃┗



シオカラトンボ
シオカラトンボ
触角大顎小顎下唇前脚中脚+前翅後脚+後翅腹部
甲殻類(甲殻亜門)


┐○┘┐○┘◇□◇△□▽△□▽┫┃■┃┫┃┃■┃┃┃┃■┃┃┃┃■┃┃サワガニ
サワガニ
第一触角第二触角大顎第一小顎第二小顎鋏脚胸脚胸脚胸脚



 こうして並べてみると、節足動物が脚を単純な形からいろいろと変化させてきたことがわかります。

 そして三葉虫と鋏角類(クモの仲間)の頭のつくりが簡単なことも。

 三葉虫は昆虫のように顎を持ちませんでした。

 同じように噛み砕く顎を持たなかったクモの仲間のウミサソリと一緒に古生代のおわりに絶滅してしまいます。

 その後、かみくだく顎を持つ節足動物は陸上で繁栄を極め、海では甲殻類が繁栄しています。



 小さくて丸い昆虫の頭も、5つの節がひとつになったものというのは驚きます。

 かみくだくため顎を進化させましたが、それだけにとどまらず、様々な食物に適するように変化させ多様化していきました。

 チョウの口もカの口も基本はバッタの口と同じ。

 これだけ複雑で多様化したな頭と翅をもったことが、昆虫の大繁栄の理由なのかもしれません。



タグ♦ 節足動物

■参考外部リンク■
What's New: 大阪市立自然史博物館 特別展 「OCEAN! 海はモンスターでいっぱい」 の開催について
※すでに終了しています


関連記事
スポンサーサイト
››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 節足動物  三葉虫  鋏角類  多足類  甲殻類  昆虫  キシャヤスデ  パラドキシデス  オオシロカネグモ  レアンチョイリア 

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる