【 山・森・里山のはなし】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

標高差のない長い尾根道をトレッキング 天野街道陶器山


 大阪南部の泉州(せんしゅう)と河内(かわち)を分けるようにある泉北丘陵(せんぼくきゅうりょう)。

 その泉北丘陵の中で大阪狭山市と堺市の境になっているのが陶器山(とうきやま)から南に伸びる尾根。

 そこには古来、河内長野市にある天野山金剛寺(あまのさんこんごうじ)への参詣道として利用された尾根伝いの道があります。

 今も天野街道として整備され、ウォーキングなどに使われています。



木々に覆われてるけど明るい街道
木々に覆われてるけど明るい街道
大阪の里山っぽくコナラが多い




 天野街道の陶器山付近は泉北ニュータウンと狭山ニュータウンの二つの住宅エリアに挟まれる形で、林は街道沿いにかろうじて残っているだけ。

 しかし人家が近いということは逆に言えばエスケープルートがいっぱいあるということで、標高差がほとんどない整備された道は比較的安全に歩くことができます。

 ということで、ウォーキングの人、遊ぶ子供、散歩する人、多くの人と出会います。




陶器山トンネルの休憩所
トイレもあります




 この日はロケハンを兼ねて道を知ることをメインにしましたので、じっくり観察できませんでした。

 幅が狭いとはいえ、延々数キロも続いている森は、様々な植物が茂り、鳥もいろいろ訪れるようです。
 ということは、虫もいろいろいるということになります。

 住宅地に開発されてきた泉北丘陵東地域としては貴重なビオトープにちがいありません。

 そしてほとんどアップダウンのない道は、自然を観察しながら歩くビオトープトレッキングにはピッタリの道です。



陶器山(149m)の位置
南北にのびる細い緑地が天野街道 陶器山の右側にあるのが狭山池




 また日を改めて、じっくりとビオトープトレッキングをしてみたいと思います。



◆タグ ビオトープトレッキング ビオトープ ◆

■参考外部リンク■
天野街道コース|南海電鉄
泉北ぐるりんウォーキング|陶器山パノラマコース


関連記事
スポンサーサイト
››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 天野街道  陶器山  ビオトープ  ビオトープトレッキング  トレッキング 

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Yahoo!天気・災害
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
Amazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる