【 草花のはなし】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

万葉の秋の花 秋の七草とナンバンギセル 花の文化園


 万葉の昔の人々に愛された、日本の秋の花。

 自然の中ではなかなか目にしなくなりましたが、植物園ではよく展示されています。

 大阪南部の河内長野市にある花の文化園でも、ちょうど今、展示されています。




花の文化園の入口で出迎えてくれる大テラコッタ




 「秋の七草」は今から1200年前の奈良時代に編纂されたの『万葉集(まんようしゅう)』に掲載された奈良時代初期の歌人の山上憶良(やまのうえのおくら)の2首(しゅ)の歌に詠まれた花々のことです。

 その歌です。

秋の野に 咲きたる花を 指折(およびを)り かき数ふれば
七種(ななくさ)の花
(1537番)

 そして次に7種類の花が詠まれます。

萩の花 尾花(をばな)葛花(くずはな)瞿麦(なでしこ)の花
姫部志(をみなへし)また藤袴(ふぢはかま)
朝顔(あさがほ)の花
(1538番)


萩(はぎ)
標準和名:ハギ
双子葉植物綱 マメ目 マメ科 ハギ属
落葉低木

ツクシハギ
いろいろな園芸品種が有り、わりと公園などに植えられていたりします。


尾花(をばな)
標準和名:ススキ
単子葉植物綱 イネ目 イネ科 ススキ属
多年草


種名不明
荒れ地を好む植物なので、長い間ほったらかされた空き地などによく生えています。

秋の七草通りのススキはまだ咲いてなかったので、草食花壇の奥のススキです。
葉っぱが斑入りなので園芸品種のようです。


葛花(くずはな)
標準和名:クズ
双子葉植物綱 マメ目 マメ科 クズ属
多年草

これだけ金剛山で撮影
駆除が難しい雑草王です。
ですから植物園で栽培しているのを見たことがありません。
秋の七草コーナーでも、クズを除いた6種が植えられているのが普通です。
ということは、鉢植えにしても管理が難しいほどの雑草王ぶりなのでしょうか。

ということでクズのみ金剛山で撮影したものです。


瞿麦(なでしこ)
標準和名:カワラナデシコ
双子葉植物綱 ナデシコ目 ナデシコ科 ナデシコ属
多年草

エゾカワラナデシコ
「ヤマトナデシコ」と呼ばれることもあります。
ふつう「ナデシコ」と呼ばれるのは「カワラナデシコ」のことです。
エゾカワラナデシコはカワラナデシコと同じナデシコ属です。
カワラナデシコはまだつぼみでした。


姫部志(をみなへし)
標準和名:オミナエシ
双子葉植物綱 マツムシソウ目 オミナエシ科 オミナエシ属
多年草



藤袴(ふぢはかま)
標準和名:フジバカマ
双子葉植物綱 キク目 キク科 ヒヨドリバナ属
多年草



朝顔(あさがほ)
標準和名:キキョウ
双子葉植物綱 キキョウ目 キキョウ科 キキョウ属
多年草

「朝顔」についてはいろいろな説がありますが、現在はキキョウとすることが一般的なようです。




 そして秋の七草ではありませんが、同じように万葉集に詠まれた花です。

 作者不明の歌です。

道の辺の尾花が下の思ひ草、今さらさらに何か思はむ
(2270番)

 「道端の尾花(ススキ)の下に咲いている思草(ナンバンギセル)のようにいまさらなにを悩んでいるのですか」。

 というような意味です。


思ひ草(おもいぐさ)
標準和名:ナンバンギセル
双子葉植物綱 ゴマノハグサ目 ハマウツボ科 ナンバンギセル属
一年草

イネ科の植物を宿主とする寄生植物です。
こちらはヤドリギなどと違い緑色をしていませんので、栄養は完全に宿主に依存しているようです。
ススキの多さの割に野外では見かけないのですが、栽培はしやすいようで植物園でよく見かけます。



 今は身近でなくなった花も植物園では栽培展示してることがけっこうあります。

 近くの植物園へ行って万葉の時代の秋を感じてみてもいいかもしれません。



◆タグ 秋の七草 ナンバンギセル 秋の花 ◆

■参考外部リンク■
大阪府立花の文化園公式サイト


関連記事
スポンサーサイト
››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 秋の七草  秋の花  ハギ  ススキ  クズ  カワラナデシコ  オミナエシ  フジバカマ  キキョウ  ナンバンギセル 

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

ネットの時代も本は大切

** ななこ さん へ **
子供さんのためにも図鑑いいかもしれませんね。
花や虫の名前がわかるだけで子供の興味の持ち方も変わってくると思います。
ネットでも調べることはできますが、子供には図鑑のほうが調べやすいでしょうし。
ただ、種類が多いのでどれを選ぶのかが一番の問題かもしれませんが。

優しいお言葉。ありがとうございます!

ゲンノショウコは山に行けば…うちの裏の空き地の奥は山。そして咲いているのはうちの脇の土手。じゃあ、あっても不思議ない花なんですね〜!
うちの子らは、草花つみするので…小さな花もつんでしまいます(^^;;
実は貴重なお花もあるかもしれないですねf^_^; ノートさんのように詳しければ良いのですが…
小さな図鑑でも買おうかな〜^_^と思いました^_^

雑草王

クズはマルカメムシがつくのでいいイメージは持っていませんでしたが、花を見てからはちょっと変わりました。

マメ科の花の中でも園芸種を除けばきれいな方だと思います。

でも、公園や植物園にとってはいくら秋の七草でも遠慮したい植物なのもわかります。
他の六草とちがってどこでも見ることができますから、植物園に行かなくてもいいわけですが。

お気になさらず

そういうことは誰にでも有りますのでお気になさらずに。

ゲンノショウコは、近所では公園や植物園のように栽培しているところでなければ、山でしかみかけません。
山へ行けばわりと普通に見ることができますが。

図鑑では山野の草地や道端に生えるとなっていますので、本来は道端で普通に見られたものなのでしょうね。

またまたコメ失礼します。

クズ…大変ですよ(>_<)うちの裏の空き地にものすごい勢いではびこってます(>人<;)あちこちの道路脇にもたくさん…つる?で伸びるし、またつるが頑丈です(^^;;空き地で遊ぶと引っかかって転びますよ…個人的には迷惑な植物です…花はキレイですけどね(^^;;

ノートさん!ご訪問、ありがとうございました!あの…大変申し訳ありませんT^T私に書いて下さったコメント…消してしまいました(>_<)本当にすみませんT^T iPhoneでブログ書いてますが、承認をうまくタップ出来ないでいるうちに…大変失礼いたしました(>人<;)
ちなみに、ゲンノショウコという名前だとは知らなかったあの小さなお花。うちの脇の土手にありますm(__)m珍しい花なんですか?
二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる