【 本・DVD・物語・伝承のはなし】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

たしかに粘菌にはびっくりするような”能力”があります!『粘菌 その驚くべき知性』中垣俊之著


 その名の通り粘菌(ねんきん)の本です。

 あまり聞きなれない「粘菌」が複雑な迷路を解いていくことについて書かれたのがこの本です。

 著者は中垣俊之さん。

 この迷路を解く粘菌についての研究で2008年にイグ・ノーベル賞の認知科学賞部門を受賞した粘菌の研究者です。



 あまり耳にしない「粘菌」について簡単に説明すると……
 とても難しいのです。

 今は「変形菌」と呼ばれることも多いようですが、この本では一般的に知名度が高そうな「粘菌」を使っています。

 落ち葉の下や朽ちた木の上などにカビのようにべったりと広がってい、どこにでもいる珍しくない生き物です。

 見た目からカビやキノコの仲間のように扱われることが多いですが、どちらとも決定的にちがう特徴を持っています。



モジホコリの仲間?の粘菌?
モジホコリの仲間?の粘菌?




 粘菌は胞子で増えますが、「動く」ので明らかにカビやキノコとちがいます。

 粘菌は食べ物を求めてどんどん広がっていきます。
 それだけだとカビと同じです。

 しかし粘菌はどんどん広がるだけでなく、広がった分後ろ側がどんどんなくなっていくのです。

 つまり、アメーバのように移動しているのです。

 もちろん、カビは広がりこそすれこのように「移動」はしません。



森のふしぎな生きもの 変形菌ずかん

新品価格
¥1,680から
(2013/7/9 23:28時点)

 この粘菌が移動して迷路を「解く」といっても、ダンゴムシのように歩いていくわけではありません。

 迷路の入口と出口に餌を置くと、迷路の中に広がった粘菌が次第に入口出口を最短ルートで繋ぐ線になっていくのです。

 たまたまの偶然ではなく、何度やってもだいたい同じような結果になるのです。

 中には最短にならないものもあるのですが、それでも最短に近いルートになります。



 粘菌は脳も神経も持たない単細胞生物。
 ものを考えることなど出来るわけがありません。

 それなのに迷路の最短コースがわかるのです。

 とても不思議です。

 いや、脳があって考えることができる人間でも、迷路を解くことができても最短コースを見つけるのはそう簡単ではないでしょう。

 ということは、最短コースを見つけるのに脳は必要ないのかもしれません?



今は変形菌でなくなってしまった原生粘菌ツノホコリの仲間?
今は変形菌でなくなってしまった原生粘菌ツノホコリの仲間?




 この本にはとても面白いことが書かれています。

 脳も神経もない体細胞生物の粘菌が迷路を解く不思議の前に、人間の脳がちょっとだけ引き合いに出されます。

 人間は脳から出る命令で体を動かします。
 意識的でも無意識的でも一部の反射を除いて脳が「司令官」となっているのです。

 では、その脳そのものを動かすために誰が命令を出しているのでしょうか。

 実は脳の中にも外にも脳をコントロルする司令官のようなものは見つかっていません。

 特定の司令官ではなく、脳全体でバランスを取りながら複雑な脳自身の活動をコントロールしているのです。



日本変形菌類図鑑

新品価格
¥3,873から
(2013/7/9 23:29時点)

 そう。
 迷路を解く粘菌と同じなのです。
 中心となる司令官無しで行動を起こすという点で。

人間とものすごく遠いところの生きものの粘菌を研究していて、それが人間の脳に近づいてるかもしれないことはとても面白いことです。



 しかし粘菌も人間も同じ地球の生きもの。
 先祖をたどっていけば一つになるところがあるはずです。

 つまり、粘菌の迷路を解く機能と人間の脳の機能で同じ仕組みが働いていたとしても不思議どころか当然のことかもしれません。



 身近でありながら知られていない粘菌についての本です。

 必ずしも事細かに生物として粘菌の説明がされているわけであありません。

 でも、迷路を解く不思議な粘菌の謎が人間にも繋がりそうになるなど、生き物好きにとってはドキドキワクワクする本です。



◆タグ 変形菌 動物行動 ◆

■参考外部リンク■
粘菌 その驚くべき知性 | 書籍 | PHP研究所


粘菌 その驚くべき知性 (PHPサイエンス・ワールド新書)

新品価格
¥840から
(2013/7/9 23:32時点)

南方熊楠コレクション〈5〉森の思想 (河出文庫)

新品価格
¥1,491から
(2013/7/9 23:38時点)

粘菌―驚くべき生命力の謎

新品価格
¥3,675から
(2013/7/9 23:39時点)

関連記事
スポンサーサイト
››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 粘菌その驚くべき知性  中垣俊之  変形菌  動物行動  粘菌 

theme : 気になる本・雑誌
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

シンプルだけどおもしろい

** **
迷路を解くのはシンプルなルールですから、相当複雑なものでも大丈夫ではないかと思います。
粘菌が手足を伸ばせるだけの距離内なら。
ただ、複雑になればなるほど答えの数も増えると思います。

この本を読んで感じたのは、単細胞の粘菌も、無数の細胞がある人間の脳も、問題の解き方は基本的に同じではないか、ということです。
実際脳の神経もよく刺激されるルートが強化されるらしいですから。


自然史博物館はオリジナルの特別展で入場料も安いので気楽に行けます。
特別展会場だけでなく、その下のネイチャースクエアと本館の第一展示室もお勧めです。

No title

粘菌と迷路の話、私も読んでおり不思議だと思っていました。
どの程度の難しさまで解けるんでしょうね。
1番体を伸ばさなくていい方法、つまりエネルギーを使わない方法を選んでいるんでしょうか。
脳は、体の司令塔と思っていましたが、脳にも脳の司令塔が必要なわけですね。一般的に考えれば。
体調が許せば、自然史博物館に行きたいです。大阪の自然に1番興味を持っています。
二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる