【 野鳥・鳥のはなし】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

ミソサザイは恥ずかしがり屋なのか目立ちたがり屋なのか


 晩春から初夏にかけて、金剛山ではミソサザイの鳴き声をよく耳にします。

 ミソサザイもウグイス同様声は聞こえても姿を見るのは大変な鳥です。

 ただ、ウグイスのように藪の中にばかりに隠れているのではないので、いくらかは姿を目にすることはありますが。



新緑の五月の金剛山
新緑の五月の金剛山




 金剛山の遊歩道を歩いていると、ミソサザイの声が聞こえて来ました。

 ミソサザイは水のあるところを好む小さな鳥です。

 ちょうどそこは水が流れる小さな谷。

 木の陰からそっと覗いてみると、何やら動くものが。

 周りの岩に同化したようなその色は、ミソサザイです。



ミソサザイ(鷦鷯)

スズメ目 ミソサザイ科 ミソサザイ属
スズメより小さい
留鳥

ミソサザイ(鷦鷯)
谷川で保護色になっているミソサザイ。
じっとしていたら気がつきません。



 金剛山の谷を歩いているとときどき小さな鳥が飛んでいくのを見かけますが、いつも正体を確かめる前に見えないところへ飛んでいってしまいます。

 それも多分、ミソサザイだと思います。
 そういった谷筋の道の多くは岩場があったり両手を使わなければならないようなことが多いので、高倍率のカメラばザックの中。

 なかなか種類がわかるまでの写真をとることはできません。

 薄暗くて少し鮮明さに欠けるものの、ミソサザイの写真を撮ることができたのは久しぶり。



何かをついばむミソサザイ
何かをついばむミソサザイ




 と思っていたら別の日のこと。

 金剛山山頂の回数登山者の名前が掲示されているとこのテーブルでお昼ごはんを食べていると、ミソサザイの鳴き声が。

 ふと見上げると電線の上で鳥が鳴いています。
 ミソサザイの姿を隠すものはありません。

 まさかこんな人の多いところに現れて鳴くとは。

 なんて運がいいのでしょうか。



山頂の休憩スペースの電線でさえずっているミソサザイ
山頂の休憩スペースの電線でさえずっているミソサザイ




 しかしこの日はちょっとハードな道を歩くつもりでしたので高倍率のカメラは持ってきていません。

 実は運が悪かったのかもしれません。



関連記事
スポンサーサイト



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ミソサザイスズメより小さい鳥金剛山の鳥金剛山金剛山の脊椎動物初夏の金剛山

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS