【 野鳥・鳥のはなし】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

冬の狭山池の鳥たち 2013.1 水辺にいた鳥たち編


 日本最古のダム式ため池といわれる大阪狭山市の狭山池にこの冬もやってきました。

 一年中野鳥が多いところですが、とくに冬にはいろいろなカモがやってきます。

 ということで、まずは水辺を生活の場所にしている鳥たち、水鳥です。




南東角から見た狭山池
このあたりは葦原を好む鳥が多いところです。




 池に浮かんでいた鳥 水鳥
カモ目-カモ科-マガモ属
ヒドリガモ(緋鳥鴨)

カモ目 カモ科 マガモ属
カラスより小さい
冬鳥

ヒドリガモ♂(下)と♀(上)
名前のように雄の頭が赤茶色なのが特徴。
メスは横腹が赤茶色。
日本でよく見かける日本四鴨の一つ。


ヒドリガモ♀(後)と♂(前)
カモらしくオスとメスでは体の模様がまったくちがいますが、くちばしの色は同じようです。


ハシビロガモ(嘴広鴨)

カモ目 カモ科 マガモ属
カラスくらい
冬鳥

首とおしりに白いところがあるハシビロガモのオス


白いところが無いのでハシビロガモのメス
メスの模様がカモ類らしく地味で眼が黒っぽいのが特徴。


一見メスの様ですが眼が明るい色なので若いオス
まだ成長が不十分なのでメスのように地味な模様になっている、らしい。


シルエットでもクチバシが見えればわかるハシビロガモ
見てのとおり広がった大きなクチバシが特徴。


空を飛ぶハシビロガモたち

オカヨシガモ(丘葦鴨)

カモ目 カモ科 マガモ属
カラスくらい
冬鳥

メスの取り合いをしている?オカヨシガモ

嘴の全体が黒いのがオスで下半分が黄色いのがメス
オスも地味な模様なのが特徴。

この時は、ハシビロガモについで大きいカモ。




カイツブリ目
カイツブリ(鳰)

カイツブリ目 カイツブリ科 カイツブリ属
ハトより小さい
留鳥

目は怖いけどぬいぐるみみたいにころころしたカイツブリ(冬羽)
人影を見るとすぐ潜り、数十秒してからまったくちがうところから顔を出す忍者のような鳥。

陸上が苦手な鳥ですが、足に水かきはありません。
代わりに指の皮が広がって水かきのような弁足になっているので泳ぐのは得意です。


この角度もかわいいカイツブリ


カンムリカイツブリ(冠鳰)

カイツブリ目 カイツブリ科 カンムリカイツブリ属
カラスくらい
冬鳥

去年も1羽しか見かけなかったカンムリカイツブリ(冬羽)
カイツブリとちがって首が長いので、遠くから見ると白いカワウのようです。




ツル目
オオバン(大鷭)

ツル目 クイナ科 オオバン属
ハトより大きい
漂鳥

クチバシ真っ白で体が真っ黒のオオバン
歩くのが得意なクイナ科の中で水上移動に優れた弁足を持っています。
クチバシの上は「額板」と呼ばれ、クチバシと同じ白色なのでクチバシが続いているように見えます。





 浅瀬に立っていた鳥 水鳥
ツル目
オオバン(大鷭)

ツル目 クイナ科 オオバン属
ハトより大きい
漂鳥

実はクイナ科らしく歩くことも多いオオバン
水辺の浅瀬や水辺の草地の上などにもよくいるのがオオバン。
水面ではカモっぽいですが、歩いている姿はやはりクイナらしい。


バン(鷭)

ツル目 クイナ科 バン属
ハトくらい
留鳥

クイナらしく歩いているバン
オオバンとよく似ていますが、体は小さく羽の白い部分があること、嘴が黄色か赤い色をしているので良く見れば見分けはつきます。

オオバンとちがって浅い水辺をよく歩いていますが、人影を見ると草陰に隠れます。





 まずは水のあるところを中心に生活する鳥たち、水鳥を集めてみました。

 前回は2011年の12月に同じように一巡りしました。

 陸上を生活の場にしている鳥はともかく、水があるところにしかないなカモ科が少なかったのが気になります。



 次からは陸上や樹上を生活の場にする鳥たちが登場する予定です。



◆ 冬の鳥 水鳥 狭山池の鳥 ◆

■外部リンク■
狭山池 - 大阪狭山市
大阪府/狭山池ダム


カモ類の判別に特化。
冬の水辺で重宝する1冊!

カモハンドブック新訂 [ 叶内拓哉 ]

価格:1,470円
(2013/3/10 12:50時点)

写真が豊富な
水辺の鳥図鑑!

日本の鳥550(水辺の鳥)増補改訂版 [ 桐原政志 ]

価格:3,780円
(2013/3/10 12:49時点)

水辺から山野まで。
鳥が300種!

日本の鳥300 [ 叶内拓哉 ]

価格:1,050円
(2013/3/10 12:40時点)

関連記事
スポンサーサイト
››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 狭山池  冬の鳥  水辺の鳥  水鳥  オカヨシガモ  冬の狭山池の鳥13.1  ヒドリガモ  ハシビロガモ  カンムリカイツブリ  狭山池の鳥 

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

野鳥と植物園

** チューリップ さん へ **
私も長居植物園の池でバン見ました。
カモみたいなオオバンとちがって太くて長い足で歩く姿はクイナらしいですね。

枯れた蓮の間にもカモがいますね。
いろんな水辺の環境があるのが長居植物園の特徴です。

都市の植物園って、野鳥にとって大切ですね。

No title

 バン、何故か好きです。毎年長居公園にも1羽。泳ぐときに、くいっ
くいっと首を出すのがいいです。今年も来ていました。
二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる