【 2017年12月】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

古い写真の中からみつけたいきもの こいつもやけど虫だよ青擬天牛

 昔の写真を見ていると、思わぬ出会いがあります。

 このブログをはじめるまえの写真はすっかり忘れているものばかり、思いがけない発見もあります。

この記事にはの画像があります。


 写したこともまったく覚えていない虫。
 壁の雰囲気からヒメクロゴキブリと同じ場所?

 やたらと目がでかいカミキリムシ?
 ところが、カミキリムシではありません。
 カミキリムシはカミキリムシ科。
 こちらはカミキリモドキ科のアオカミキリモドキ(青擬天牛)。


 カミキリモドキ科は
甲虫目>カブトムシ亜目>ゴミムシダマシ上科>カミキリモドキ科
 カミキリムシ科は
甲虫目>カブトムシ亜目>ハムシ上科>カミキリムシ科
 近い親戚ですが、ちがう種類です。

 カミキリモドキ科の仲間は、柔らかい体をしています。
 甲虫なのに、ヘンな虫。
 甲虫は体を硬くすることで防御していると考えられています。
 にもかかわらず、柔らかく進化したのは、他に防御策をもっているからかもしれません。。
 それがカンタリジン。
 触れると水ぶくれができる毒です。
 体液に含まれています。


 カンタリジンは、柔らかい系の甲虫がよく持つ毒。
 柔らかいのでうっかり潰してしまったら、水ぶくれができていまします。
 そういう甲虫は「やけど虫」と呼ばれることもあります。  昔、やけど虫をわざと腕で潰す度胸試しが、子供の間で行われていたそうです。

 しかし、柔らかい甲虫がカンタリジンで一矢報いたときは、おそらくそのまま命が尽きるような状態でしょう。
 毒は自分を守ることも救うこともできません。
 しかし、死なない程度の苦しい毒なら、もう二度と同じ虫を襲おうとは思わなくなるでしょう。
 見た目が同じ仲間を救うことはできるかもしれません。
 それが世代越えて「食べてはだめな虫」の情報が伝わるような動物なら、なおさら。

 体が硬い甲虫は相手が昆虫なら防御できることも多いと思いますが、鳥や爬虫類、哺乳類には役に立たないことも多いでしょう。
 実際、イタチやそれよりも大きい哺乳類の糞にコガネムシの破片が混ざっているの時折見かけます。
 そういう相手には、硬い体よりも毒のほうが効果が高いような気がします。

甲虫 (新装版山溪フィールドブックス)

新品価格
¥1,728から
(2017/11/27 21:52時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: アオカミキリモドキカミキリモドキ科毒虫やけど虫

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

冬に咲く花には冬に咲く花なりの事情がある? 寒椿

 12月に咲いていた花。
 カンツバキ。
 名前に「ツバキ」とついていますが、サザンカとツバキを交配させた園芸品種。
 見た目はサザンカっぽいし、花弁も1枚1枚散るサザンカの特徴を持ってますが、なぜがツバキ。


 目立つ花は花粉を運んでもらう動物を呼ぶため。
 でも、12月にチョウチョなんて飛んでるのでしょうか。
 寒い時期に咲くサザンカやツバキは、鳥に花粉を運んでもらっています。
 鳥の食べ物が少なくなる季節。
 ほんのちょっとの蜜でも大切な食べ物でしょう。


 と思っていたら、虫が。
 セイヨウミツバチ。
 働き蜂も越冬します。
 冬でも暖かければ、蜜を集めに飛ぶこともあります。
 はたして、ミツバチは花粉を運んでくれるのでしょうか。
 そもそも人間が交雑させて作った園芸品種は、実をつくることができるのでしょうか。

 謎がいくつも湧いてきました。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: カンツバキサザンカ冬の花赤い花セイヨウミツバチ

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

巨樹・古樹・老樹 その65 流谷八幡神社の鼠黐の大楠

 大阪府の天然記念物の大銀杏がある流谷八幡神社。
 大阪府河内長野市の天見にある1000年以上の歴史のある神社です。

 この神社にはじめてきた8月。
 実は最初に目についてのは、大イチョウではありません。
 山に埋もれるように生えているイチョウですから、葉が緑の夏はまったく目立ちません。
 よく目立っていたのが、この大きなクスノキ。
 このクスノキを見るために神社に立ち寄ったのです。

流谷八幡神社の鼠黐の大楠(2017年11月)

 神社のとなり、イチョウと反対側の石垣の上に立つクスノキは、枝が届く範囲には他に木がないので、クスノキらしいまるい樹形になっています。
 クスノキは成長が早いので背が高いからと言って年を取っているとはいえません。
 しかし太い幹周りは、齢を重ねていることが想像できます。


 よくみると、一度幹が折れたか切られたのか、人の背丈よりずっと上の方で蘖(ひこばえ)のようにいくつもの細い幹が輪になって伸びているところがあります。
 そして、幹の間にクスノキじゃない木が生えています。


 鋸歯が無いつるりとした葉は先が尖り、真ん中の葉脈のところで少し内側に折れ曲がっています。
 そして枝で向かい合うように葉が生える対生。
 多分ネズミモチ。


 ネズミモチであろうとなかろうと、芽を出して何年もたっていることは確か。
 蘖のように生えた枝の間に落ち葉が溜まり、それが朽ちて土になり、木が育つ土台ができたのでしょう。
 葉が朽ちた土なら、地面がなくても植物が成長するために必要な栄養は揃うでしょう。

 長生きのクスノキはいろいろな植物を着生させています。
 よく見るのはシダのノキシノブですが、このクスノキは樹木。
 ネズミモチはクスノキほど大きくなりませんから、これからも一緒に育っていくのでしょう。

流谷八幡神社の鼠黐の大楠(2017年11月)

巨樹(大きな木)・古樹(樹齢の高い木)・老樹(年老いて見える木)」とはIWO(いきもの は おもしろい!)が以下の独自に選んだものです。
1.一般に「巨樹」「古樹」「老樹」と認知されている樹木
2.その場所や地域の中で見た目が「巨樹」「古樹」「老樹」を感じさせる樹木
3.見た目が小さくてもその種として「巨樹」「古樹」「老樹」な樹木
4.地域の自然を愛する組織や団体などが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木
5.その他IWOが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 巨樹・古樹・老樹流谷八幡神社の鼠黐の大樟クスノキ八幡神社流谷八幡神社

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

古い写真の中からみつけたいきもの 害虫じゃない林に住む姫黒御器囓

 昔の写真を見ていると、思わぬ出会いがあります。
 このブログをはじめるまえの写真はすっかり忘れているものばかりで、新しい発見もあります。

この記事にはの画像があります。


 いつ写したのかはわかりますが、どこで写したのかはもう何も覚えていません。
 人工物のあるところ、ほかの写真がない、きっと近所なのでしょう。
 一見チャバネゴキブリのようですが、よく見ると色がちがいます。
 そこまでわかって写したのか、チャバネゴキブリと思って写したのかも定かではありません。

ゴキブリ

 特徴は前胸、つまり翅より前の部分の背中側が透明なこと。
 翅脈がはっきりと見えて、分類名「網翅類」のとおりの網目模様。

網翅類

 このゴキブリはヒメクロゴキブリ(姫黒蜚蠊)。
 名前に「クロゴキブリ」とありますが、家に住むクロゴキブリの仲間ではなく、チャバネゴキブリの仲間。
 たしかに雰囲気が似ています。

ヒメクロゴキブリ

 しかし、人間の生活の場所にいるチャバネゴキブリとちがい、森や林など人間の生活の場所から離れたところにいます。
 それがなぜ白い壁のところにいたのか、白い壁はどんなところにあったのか、今となってはなにもわかりません。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヒメクロゴキブリゴキブリ

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

巨樹・古樹・老樹 その64 大阪府指定天然記念物の流谷八幡神社のいちょう 其ノ貮 初冬

 8月に訪れた大阪府河内長野市の流谷八幡のいちょう。
 齢四百年。
 黄葉する姿を是非見てみたいと思いました。

 ということで行ってきました。
 11月中旬。
 暦の上では、冬。
 全体が黄葉していました。
 すべての葉が黄色く色づき、それが落ちた地面も黄色くなっています。

大阪府指定天然記念物の流谷八幡神社のいちょうの黄葉
(2017年11月)

 夏は、常緑に紛れて遠くからは目立ちませんでした。
 それがイチョウ全体が黄色いに染まり、緑の山にはめ込まれたようになっています。


 イチョウは幹を真っすぐ伸ばしたきれいな樹形になる木。
 それが山の急斜面、しかも岩だらけのところで大地をつかむように根を這わせています。

大阪府指定天然記念物の流谷八幡神社のいちょうの黄葉と根
(2017年11月)

 まわりは植樹された針葉樹などの常緑樹。
 夏には気が付かなかったのですが、イチョウが山に飲み込まれようとしているみたいです。
 長寿のイチョウ。
 周りの木々との戦いはまだまだ続きそうです。

巨樹(大きな木)・古樹(樹齢の高い木)・老樹(年老いて見える木)」とはIWO(いきもの は おもしろい!)が以下の独自に選んだものです。
1.一般に「巨樹」「古樹」「老樹」と認知されている樹木
2.その場所や地域の中で見た目が「巨樹」「古樹」「老樹」を感じさせる樹木
3.見た目が小さくてもその種として「巨樹」「古樹」「老樹」な樹木
4.地域の自然を愛する組織や団体などが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木
5.その他IWOが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木

■参考外部リンク■
『流谷八幡神社の大いちょう』 - ブログ | 河内長野市観光協会
樹木・大阪府の天然記念物(植物)概要 冊子15-18 [PDFファイル/874KB]

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 巨樹・古樹・老樹流谷八幡神社のいちょう大阪府天然記念物イチョウ八幡神社流谷八幡神社黄葉

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

冬のキノコはホコリを吐き出すちょっとかわったキノコ ホコリタケ

 キノコというと、秋をイメージするかもしれません。
 梅雨時というイメージかもしれません。
 たしかに秋や梅雨時にはキノコをたくさん見かけます。
 でも、冬にだってキノコはあります。

 12月。
 冬の林床で落ち葉の間に顔を覗かせていた焦茶色のキノコ。
 ホコリタケ。


 担子菌門 ハラタケ綱 ハラタケ目 ハラタケ科 ホコリタケ属。
 担子菌のハラタケというと傘を開いた「キノコ型」のキノコ。
 でも、ホコリタケは丸い袋でてっぺんに穴が開いているというヘンなかたち。


 穴はなんのために開いてるかというと、胞子を飛ばすため。
 普通、キノコは傘の裏のひだの間から風に乗せて胞子を飛ばします。
 ホコリタケは、ちょっとユニーク。
 それはその穴から胞子を吐き出すのです。
 それも他人の力を使って。


 袋は柔らかく、木の枝や実、雨粒が当たるとへこみ、その勢いで中の空気と一緒にホコリを吐き出すのです。
 もちろん、手で触っても胞子を吐き出します。
 その様子がまるでホコリが飛び出したようなので、ホコリタケ。
 多分。

 キノコ型をしてないだけでなく、胞子の飛ばし方もユニークなキノコです。

ポケット図鑑 日本のキノコ262

新品価格
¥1,296から
(2017/12/13 21:14時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ホコリタケキノコ冬のキノコハラタケ錦織公園のキノコ錦織公園

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

積もった落葉の放射状の白い糸と炭素循環

 冬。
 里山で、林に厚く積もった落葉をとってみると。
 表面に放射状に白い“糸”が張り付いていました。

 落葉はまだ黄土色で、分解は進んでいません。
 この白い糸は、多分、放線菌。
 簡単に言えば、カビ。


 植物は酸素と炭素と水素の塊。
 この酸素と炭素と水素の塊は「植物繊維」と言われることもあります。
 実は動物は植物繊維を消化して吸収することはできません。
 草食の動物は内臓に植物繊維を分解できる微生物を住まわせ、その微生物が分解してできた養分を吸収したり、植物繊維を食べて増えた微生物の方を消化したりしています。

 落葉に伸びた放射状の糸はおそらく、菌類の菌糸。
 落葉を分解し、水と二酸化炭素に変え、再び植物が光合成をして成長するための糧をつくっています。
 実は、森の地面はただひたすらに落ち葉や倒木に埋められているのではなく、こうやって分解され、循環しているのです。
 つまり、植物が蓄えた二酸化炭素も、いずれ空気の中に戻っていきます。
 「炭素循環」です。

驚きの菌ワールド: 菌類の知られざる世界

新品価格
¥2,160から
(2017/12/11 22:07時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 菌類カビ菌糸糸状菌

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

2017年のプランター稲 おわりました。

 バケツじゃなくて、プランターで育てているのでプランター稲。
 稲刈りも終わり、乾燥も終わり、脱穀も終わりました。
 今年の結果は。

今年の稲穂はこれで全部

 今年の出来は思いっきり悪いことはすでに書いています。
 稲藁から籾をとる脱穀を終えて、重さを測ると。

今年もガラスコップ脱穀

 16グラム!
 なんと!

今年の籾はこれで全部

 苗を2本しか植えなかった2016年でも100グラム。
 病気の影響が大きかった2015年でも65グラム。
 スズメの大群に襲われた2014年でも40グラム。
 出穂前に葉が病気になった2013年でも150グラム。
 有機肥料を使いすぎた2012年でも30グラム。
 肥料が調節された土を使った2011年はなんと250グラム。

 今までで最も少ない!
 こうなった原因は、肥料。
 今年はミネラル以外の肥料は0。
 実は、稲は無肥料でもそれなりの収量があるという不思議な作物。
 ただし、それは山や川の水を使った場合。
 いろんな場所を通ってきた水には、様々な肥料になる成分が溶け込んでいるのです。
 さすがに、水道水には肥料の成分はありません。

稲刈り前はこんな感じ

 初めから予想はしていましたが、実際に結果を見ると「少な~」と思います。
 なぜそうしたかというと、それはビオトープのため。
 プランター稲の土にはカブトエビやカイエビなどの卵があります。
 春に水を入れると数えられないほど孵化します。
 ところが、親になる前にみんないなくなってしまいます。
 それが水の汚れ(富栄養化)が原因かもしれないと思い、肥料をなくしてみたのです。

 しかし、多少カブトエビが長生きした程度で全滅してしまいました。
 それで考えなおしました、絶滅の理由を。
 まず、カブトエビは餌不足。
 プランターの水は透明で、藻類も目立つほど発生しません。
 それに苗は大きすぎてカブトエビは食べることができません。
 ですから、わずかにできた藻類を食べて生き延びてきたのかもしれません。

全然株が増えていません

 カイエビが消えるのはカブトエビがそれとわかるほどの大きさになってから。
 基本的に底の方で生活するカイエビは同じ生活をするカブトエビにとっては格好の食べ物かもしれません。
 そう考えると、常に浮かんでいるホウネンエビがカイエビよりも生き残っていることにも納得できます。

 それらをふまえて来年のプランター稲。
 最初の肥料は化成肥料を少なめにして、徐々に追加していく。
 そしてカブトエビの隔離。
 趣旨に反しますが、場合によっては餌やりもありかもしれません。
 それで原因が絞れれば、プランター稲ビオトープへ大きく近づくでしょう。

 来年はもう少し稲の収穫とカブトエビ・カイエビ・ホウネンエビの長生きが両立させたいと思います。

タグ♦プランター稲・バケツ稲の索引2015

バケツで実践 超豪快イネつくり: 1粒のタネが1万粒に!

新品価格
¥1,512から
(2017/12/8 22:01時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: プランター稲2017プランター稲ビオトープ2017プランター稲プランター稲ビオトープビオトーププランター稲の収穫プランター稲の稲刈りプランター稲の脱穀

関連記事

theme : 家庭菜園
genre : 趣味・実用

古い写真の中からみつけたいきもの 益虫のムーアシロホシテントウ

 昔の写真を見ていると、思わぬ出会いがあります。
 特に、このブログをはじめるまえの写真はすっかり忘れているものばかりで、発見もあります。

この記事にはの画像があります。


 これはムーアシロホシテントウ(むーあ白星瓢虫)。
 多分。
 似たテントウムシが数種類います。
 頭のすぐ後ろ、胸部の背中側に白点が横に4つ並んでれば、ムーアシロホシテントウ。
 残念ながら頭の部分が写ってないいのでわかりませんが、背中のカバーになっている翅(鞘翅)の白点が円形に並んでいるので、きっとムーアシロホシテントウでしょう。


 テントウムシというと、植物の害虫のアブラムシを食べてくれるナナホシテントウのように肉食の益虫というイメージがあるかもしれません。
 しかしそれはテントウムシの一部。
 実は、植物の葉を食べるニジュウヤホシテントウのような害虫のテントウムシもいます。
 さらに、植物に寄生して病気を引き起こす菌類などを食べる益虫のテントウムシもいます。
 ムーアシロホシテントウは菌類を食べる益虫のテントウムシです。


 ムーアシロホシテントウの「ムーア」は漢字にできません。
 外来語か外国人の名前が関係していると思いますが、よくわかりません。
 日本の虫に中国以外の外国の名前がつくのは、なんかしっくりしません。
 学問的にはすべてカタカナで書くきまりですが、漢字で書けると名前も覚えやすくなるのになぁ。

テントウムシ観察事典 (自然の観察事典)

新品価格
¥2,592から
(2017/11/5 22:21時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ムーアシロホシテントウシロホシテントウテントウムシ益虫

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

バケツ稲にはほしい1冊!『バケツで実践 超豪快イネつくり 1粒のタネが1万粒に!』薄井 勝利 監修 農文協 編 農山漁村文化協会 刊

 タイトルのイメージのように写真が多く見やすくわかりやすい本。
 でも、内容はびっくりするほど充実しています。

バケツで実践 超豪快イネつくり: 1粒のタネが1万粒に!

新品価格
¥1,512から
(2017/10/12 21:55時点)

 バケツ稲については、ちょっと検索すれば、個人から法人から行政機関まで、いろいろなページが簡単に見つかります。
 それでもこの本が良いと思うのは、単純なバケツ稲の育てだけでなく、いろいろなことが解説されているところ。
 監修者の薄井さんは、稲作農家というだけでなく、バケツ稲をつくって30年以上。
 リアルな農家のバケツ稲。
 多方面に詳しいはずです。

 ですから土や肥料の説明だけでなく、市販されている商品の名前や、植物としてのイネの解説、そして観察の方法まで。
 この1冊で、バケツ稲を育てるための必要なことがみんな詰まっている、といってもいいくらい。
 特に、イネの説明があることが重要。
 土や肥料や育て方の理由がわかります。
 ですから、オリジナルバケツ稲の参考になリます。
 だからバケツ稲をするには、手元にほしい1冊。

 それも、できればバケツ稲をはじめる前に。
 この本があれば、バケツ稲に必要なものを集めるだけでなく、観察の計画も立てられます。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 超豪快イネつくり薄井勝利農文協バケツ稲プランター稲

関連記事

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS