【 2017年09月】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

金剛山の源流部で出会ったアカガエルにはそっくりさんがいた!

 金剛山の山頂近く、標高1000メールほどのところでカエルと出会いました。
 このすがたは、アカガエル。
 まだちっちゃいので幼体。


 大阪にいる(大阪側ですがモミジ谷は実は奈良県)アカガエルは、ニホンアカガエルと、ヤマアカガエル。
 名前から想像できるように、山に住むヤマアカガエルと、主に低地に住むニホンアカガエル。
 でも、ニホンアカガエルは山に住むこともあるので注意が必要。
 わかりやすいちがいは目の後ろから伸びている背側線が真っ直ぐだとニホンアカガエル、ゆるくV字に曲がればヤマアカガエル、。

錦織公園のニホンアカガエルの幼体はまっすぐ

 このカエルはゆるく曲がっています。
 さすがに標高1000メートルではヤマアカガエルでしょう。

金剛山出会った幼体はゆるくV字

 と思っていたら、金剛山にはヤマアカガエルに似たカエルがいます。
 それは、タゴガエル
 タゴガエルも背側線はゆるく曲がり、ヤマアカガエルによく似ています。
 ちがいは、ヤマアカガエルの背中は茶色(赤味)が強く、腹部(横腹にも)黒斑があること。

以前出会った金剛山のタゴガエルはかなり茶色かった!

 ということで考えると、このカエルはどうやらタゴガエルのようです。
 たしかに、沢の源流部。
 水量が乏しいので産卵はヤマアカガエルよりもタゴガエル向き。
 もちろん、ヤマアカガエルの幼体が数百メートル登山してきた可能性は否定しませんが。

どうやらタゴガエル?

 繁殖期の5月から6月にかけては谷筋では嫌というほど鳴き声を聞きますが、めったに姿を見ることがないタゴガエル。
 幼体と出会ったのは、珍しいこと?

日本の爬虫両生類157 (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,080から
(2017/9/7 17:39時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: タゴガエルヤマアカガエルニホンアカガエルカエル両生類金剛山の動物金剛山

関連記事
スポンサーサイト



theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

秋。今年も赤とんぼがやってきました?

 秋の錦織公園。
 赤とんぼが目立つようになってきました。

この記事にはの画像があります。


 ここでよく見る赤とんぼは、リスアカネ。
 河内の里とその周辺でよく見かけます。


 赤とんぼというと、秋になると真っ赤になって山から里に降りてくるアキアカネが有名ですが、リスアカネは羽化した場所からあまり離れないトンボ。
 羽化は6月下旬くらいから始まりますが、目にするようになるのは秋。
 不思議です。
 なぜかというと、羽化したときは真っ赤じゃないからでしょう。


 季節を感じる赤とんぼ。
 実はいるのに見えないトンボ。
 赤い色は本当によく目立つことがわかります。

日本のトンボ (ネイチャーガイド)

新品価格
¥5,940から
(2017/9/17 22:45時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: リスアカネ赤とんぼ錦織公園の虫錦織公園の昆虫錦織公園のトンボ錦織公園

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

2017年のプランター稲ビオトープの結果とプランター稲の途中経過

 もう9月ですので、当然今年のプランター稲ビオトープはほぼ終盤。
 ということで、まずは結論を。

 窒素・リン酸・カリの三大栄養素の肥料なしのプランターで育てた結果、4匹のカブトエビが育ち、もっとも長生きしたのが1ヶ月あまり。
 数回産卵しました。
 カブトエビの寿命からすると、ちょっと早いですが、今までよりは長生きしています。
 ただ、カイエビは成長することはできず、ホウネンエビも数が激減してしまいました。
 こちらはいつもと同じ。

水を入れて3日後のカブトエビ

もうカブトエビの形をしています

 カブトエビが今までよりも長生きできたことは、予想通り窒素やリンによる富栄養化しなかったからではないかと思います。
 そのことから、カイエビやホウネンエビが1週間ほどでいなくなってしまったのは、カブトエビに食べられたことが最大の原因でしょう。
 カイエビもホウネンエビも生まれたときからなんでも食べるカブトエビよりもずっと小さいので、格好のエサでしょう。
 たしかに田んぼでも、大抵カイエビが多いところにはカブトエビはいないか少なく、カブトエビの多いところにはカイエビは少ないかいないような気がします。
 もっとも、そうでないところもありますので、こんなに単純な理由ではないでしょうが。

水を入れて1週間後のカブトエビ

水を入れて1週間後のカイエビ

カブトエビよりぶっと小さい

水を入れて10日後のホウネンエビ

カイエビよりは大きいけどカブトエビよりは小さい

水を入れて10日後のプランター植え

 ただ、肥料を減らした結果、稲のほうがほとんど分蘖(ぶんげつ/株が増えること)せず、ほとんど植えたときと同じ数のまま。
 今までにない少ない数です。
 いくらカブトエビが育つからと言っても肥料なしは問題あります。
 それにカブトエビが死んだのも、水がきれいすぎて食べ物がなくなったような気がします。
 カブトエビが生きている間は目立つ藻類はなく、プランターの中はきれいなまま。
 育った稲は硬すぎてカブトエビも食べられないようです。
 カイエビもホウネンエビもいなければ、水中の栄養で育つ藻類くらいしか食べ物はないでしょう。
 過度な肥料は水が汚れてしまいますが、少なすぎても問題。
 水清ければ魚棲まず。

17日後に抱卵したカブトエビ

アメリカカブトエビなので1匹だけでも産卵します

1ヶ月後のカブトエビ

 ということで、来年は水中のアンモニア量を調べることができる試薬でモニタしながら、肥料の量を調整してみようと思います。

タグ♦プランター稲・バケツ稲の索引2015

エビ伝説

新品価格
¥1,260から
(2017/9/11 22:34時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: プランター稲ビオトープ2017プランター稲ビオトープカブトエビホウネンエビカイエビビオトーププランター稲2017プランター稲の田植プランター稲の分蘖プランター稲

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

夏のツマグロヒョウモンはむっちゃ早い!

 実は今年の夏にも彼は、いや彼女はやってきました。
 名前は、ツマグロヒョウモン。
 蝶です。

この記事にはの画像があります。


 ツマグロヒョウモンの幼虫が食べるのは、スミレ。
 ということで、鉢植えのスミレに卵を産みに来るのです。
 言うまでもなく、イモムシは食欲旺盛。
 たくさん卵を産まれてはスミレが足りません。
 彼女が去ってからあわてて鉢を網で覆いました。
 もう産み付けられたものは仕方ありません。

勝手に育ったお茶の鉢のスミレにやってきたメスのツマグロヒョウモン

 卵が産み付けられたのは7月半ば。

白いので産みたて?

 そして5日後には1齢幼虫が。

黒くないので孵化して間なしの1齢幼虫

 さらに2週間後にはサナギに。

湿った感じの赤茶色の蛹は脱皮したて

 去年の初夏は1ヶ月かかっていたのが、半分以下。
 産卵されたときには鉢を見て、幼虫がいないことを確認したのですが、見逃していたのでしょうか。

 しかし、このあと10日ほどの間に次々と蛹になっていったので、やはり夏の成長は早いようです。
 幼虫の成長は早くても蛹から成虫になるのは早くても1週間。
 成虫の体を作る時間は初夏とかわらないようです。


 さて、雄雌の割合です。

羽化
1日目
2日目
3日目
4日目
6日目
8日目
9日目
14日目
合計

 最後の14日目を除いてほぼ毎日羽化しています。
 そしてメスはほぼ1匹ずつ。
 オスははじめのころの続けて6匹以外は羽化していません。
 何か意味がありそうですが、想像はつきません。
 また、オスをメスがほぼ同じ数。
 今年の春は2:1でメスがオスの倍。
 去年の初夏は1:3でメスはオスの3分の1。
 ツマグロヒョウモンの性別がいつ決まるのかはわかりませんが、このばらつきは意味があるのか、それともないのか。

 関係ないような気がします。
 なんとなく。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ツマグロヒョウモン産卵孵化羽化

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

巨樹・古樹・老樹 その59 金剛山遊歩道の文殊岩分岐の北西上がるの奥の古老桧

 金剛山遊歩道の文殊岩分岐近くの古いヒノキ
 その奥にも同じように年老いたヒノキがあります。

金剛山遊歩道の文殊岩分岐の北西上がるの奥の古老桧(2017年7月)

 こちらのヒノキは手前のヒノキよりはブナ林寄り。
 ブナの自然林とスギの人工林のバッファゾーン(緩衝地帯)のブナ林寄り。
 古い枝、新しい枝、たくさんの太い枝をスギ林の方に向かって突き出しています。
 まるで人工林の侵出を防いでいるように。


 ブナ林とスギ林の間にはちょっとだけ隙間があります。
 そのため笹が茂るほど日が当たっているようです。
 だからヒノキは光が当たる方、スギ林の方に枝を伸ばしているのでしょう。

 自然は人間の勝手な感情など意に介さず、いたってシンプルです。

巨樹(大きな木)・古樹(樹齢の高い木)・老樹(年老いて見える木)」とはIWO(いきもの は おもしろい!)が以下の独自基準で選んだものです。
1.一般に「巨樹」「古樹」「老樹」と認知されている樹木
2.その場所や地域の中で見た目が「巨樹」「古樹」「老樹」を感じさせる樹木
3.見た目が小さくてもその種として「巨樹」「古樹」「老樹」な樹木
4.地域の自然を愛する組織や団体などが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木
5.その他IWOが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 巨樹・古樹・老樹金剛山金剛山の樹木金剛山の植物

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

金剛山の萌黄の滝2017

 大阪と奈良にまたがる金剛山。
 その北にあるモミジ谷。
 源流付近にあるのが、コケに覆われた石が連なる「萌黄の滝」。


 大雨が降ると様子が一変してしまうような谷ですが、あまり姿が変わっていないようでほっとしました。
 ただ、こころなしか、沢側にちょっと植物が増えたような。
 それは自然としては当然のこと。
 少しずつ変わる姿も、またおもしろい。


 ゆく川の流れは絶えずして、しかも本の水にあらず。淀みに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。
 世の中にある山と景色と、またかくのごとし。

コケ (フィールド図鑑)

新品価格
¥2,160から
(2017/9/4 22:04時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 萌黄の滝コケ緑の滝モミジ谷(金剛山)金剛山金剛山のコケ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

樹液の近くでひたすら待つ虫? ナミクシヒゲハネカクシ

 夏のクヌギというと、樹液に集まるカブトムシ!
 もちろん、他の虫もいろいろあつまります。

この記事にはの画像があります。


 クワガタムシ、カナブンにハナムグリ、さまざまなスズメバチ、ハエやアブや、タテハチョウ、夜にはコメツキムシも。
 樹液を食べに昼も夜もいろいろな虫が集まります。
 クヌギの樹液は虫たちには美味しい食べ物のようです。

樹液に集まる虫たち
シロテンハナムグリとヒアリによく間違われるオオズアリ?

 ところが、ちょっと雰囲気のちがう虫がいました。
 多くの虫たちが集まる樹液が漏れ出てくるところから少し離れて、樹皮の裂け目の中に隠れています。

樹液を食べないで隠れてる虫

 スリムな体で腹部の体節が見えるので幼虫のようですが、背中に小さい甲羅みたいなものがあるので成虫のハサミムシのよう。
 でも、腹部の先端にはハサミはありませんので、ハサミムシではありません。
 この虫は、ハネカクシ。
 ハネカクシ科の甲虫。
 鞘翅が短くてもカブトムシの仲間です。

ナミクシヒゲハネカクシ

 ただ、ハネカクシはわりと小さい昆虫で、大きくても1センチ前後。
 ところがこのハネカクシは、2センチくらいある、大きな種類。
 大きくて、黒くて、触角が太いハネカクシは、ナミクシヒゲハネカクシ?
 きっと漢字では「並櫛髭羽隠」でしょう。


 ハネカクシの多くは肉食性。
 ということで、この大きなハネカクシは、ここで樹液を食べに集まってくる虫たちを狩るため待ち構えているのでしょう。
 しかし、すでにハチやらアブやら集まってますが、クヌギの隙間で一向に動く気配を見せません。
 接写しても逃げません。
 一体、どんな虫を狙っているのでしょうか。

 まさか、最強カブトムシ?!

[カラー版]昆虫こわい (幻冬舎新書)

新品価格
¥1,080から
(2017/8/22 22:43時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ナミクシヒゲハネカクシハネカクシシロテンハナムグリオオズアリ樹液に集まる虫昆虫

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

巨樹・古樹・老樹 その58 金剛山遊歩道の文殊岩分岐の北西上がるの古老桧 其ノ貮

 日本ニ百名山の金剛山。
 山頂からロープウェイ駅までつなぐ尾根の道。
 その下にあるのが金剛山遊歩道。
 遊歩道の文殊尾根の近くにある大きなヒノキ。
 冬の姿

 そして夏の姿。

金剛山遊歩道の文殊岩分岐の北西上がるの古老桧(2017年7月)

 常緑なので冬も夏もヒノキ自体の様子は変わりません。
 変わるのは、雪があるかないか。
 それでも雰囲気はかわります。

 ヒノキは木材などに使われる木。
 金剛山でも植樹されています。
 しかし、いやだからこそ、どうしてこんなに自由な姿になるまで切られなかったのでしょうか。

 実はこのヒノキの奥にも同じような老木のヒノキがあります。
 そして老ヒノキを境に山頂に向かう左手にはブナ林。
 ところが右手はスギ林。
 それもきれに整えられ、太さも間隔も同じような多くのスギ。


 右が人の手がよく入った林、左が人の手が入っていない林。
 老ヒノキは神域と人域の境、その神域よりに立っていたため、切られずに住んだのでしょうか。

 または、日本で異様なまでに針葉樹の植林が進んだのは明治以後。
 あまりに立派なヒノキが残っていたので、これより先に植林が進まなかったのかもしれません。
 どちらにしろ、このヒノキは神様の森と人間の森の境界に立っているようです。

巨樹(大きな木)・古樹(樹齢の高い木)・老樹(年老いて見える木)」とはIWO(いきもの は おもしろい!)が以下の独自基準で選んだものです。
1.一般に「巨樹」「古樹」「老樹」と認知されている樹木
2.その場所や地域の中で見た目が「巨樹」「古樹」「老樹」を感じさせる樹木
3.見た目が小さくてもその種として「巨樹」「古樹」「老樹」な樹木
4.地域の自然を愛する組織や団体などが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木
5.その他IWOが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 巨樹・古樹・老樹金剛山金剛山の樹木金剛山の植物

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

地を這う大顎を持った黒くて細長い虫は一体?

 おなじみの錦織公園。
 大阪府の都市公園ですが、緑が多く、一度行けばブログのネタはいくつもみつかります。

この記事にはの画像があります。


 ふと足元を見ると、黒いヤスデが。
 実はここではほとんどヤスデを見ていません。
 ムカデのほうが何倍も見てます。
 最大の理由は、落ち葉の下を見ていないから。
 なぜなら、ヤスデは枯れた植物を食べますから。
 ところが、ヤスデと言うにはちょっと動きが早いような。
 あわてて写真を数枚撮ったところで石垣の隙間に入っていってしまいました。


 そして家に帰ってパソコンで見てみると。
 体が平たくて尾に向かって細くなっていきます。
 どちらもヤスデらしくありません。
 そして足がたくさんではありません。
 ヤスデではなく、昆虫のようです。

マイマイカブリ幼虫

 拡大してみると頭とかわらないくらいの大きな顎。
 昆虫でこんな細長くて大きな顎をもっているのは、動物食(肉食)甲虫の幼虫。
 ということで調べてみると。
 マイマイカブリの幼虫のようです。

大顎

 マイマイカブリは名前のようにカタツムリ(マイマイ)にかぶりつく(食べる)昆虫。
 正しくは、カタツムリの殻に頭を突っ込んで被っているよう見えることからですが。
 大きな顎でカタツムリを噛み切るのかと思ったら、消化液を出して溶かして飲み込むという体外消化。
 大顎は、カタツムリを食べるためではなく、仕留めるためのようです。

 マイマイカブリは、オサムシの仲間では最大級の日本固有種。
 成虫の大きさは5センチ前後。
 この幼虫は2センチあるかないか。
 ですから、きっと1齢の幼虫でしょう。
 1齢幼虫というのは、卵から生まれて一度も脱皮をしていない幼虫のこと。
 2センチで1齢幼虫というのは間違いのようですが、マイマイカブリは卵自体が1センチ位という、昆虫としてはとんでもない大きさ。
 さらに1齢幼虫から脱皮して2齢幼虫になったら、次はサナギという、これもとんでもなく少ない回数。
 普通は何度も何度も脱皮と成長を繰り返して成虫になります。
 それがたった2回。
 すごい昆虫です。

成虫のマイマイカブリ これも錦織公園にて 成虫

 マイマイカブリはほかのオサムシ同様後翅が退化して飛ぶことができません。
 つまり、錦織公園のような孤立したところで一度絶滅してしまうと、二度と戻ってくることはありません。
 もちろんマイマイカブリを守るのは、マイマイカブリただ1種だけのことを考えてもだめです。
 公園の環境が大きく変わらないよう、願っています。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: マイマイカブリ肉食昆虫甲虫幼虫飛べない虫オサムシ錦織公園

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS