【 2015年08月】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕
 ·下赤阪の棚田2015  ·下赤阪の棚田2015/08  ·8月の下赤阪の棚田の植物  ·エゾノギシギシ  ·アゼナ  ·キツネノマゴ  ·スズメノトウガラシ  ·セイバンモロコシ  ·キュウリグサ  ·アキノタムラソウ  ·ツバメシジミ  ·ヤマトシジミ  ·ベニシジミ  ·サトキマダラヒカゲ  ·ヒカゲチョウ  ·ヒメウラナミジャノメ  ·ツマグロヒョウモン  ·モンキチョウ  ·イチモンジセセリ  ·錦織公園  ·下赤阪の棚田2015  ·下赤阪の棚田2015/08  ·8月の下赤阪の棚田の植物  ·ダイコンソウ  ·マリーゴールド  ·カタバミ  ·セイヨウタンポポ  ·黄色い花/SA-tanada  ·河内綿  ·綿  ·七十二候  ·綿柎開  ·秋の花  ·黄色い花  ·淡黄色の花  ·下赤阪の棚田2015  ·下赤阪の棚田2015/08  ·8月の下赤阪の棚田の植物  ·オオニシキソウ  ·イネ  ·エノコログサ  ·カヤツリグサ  ·ホナガイヌビユ  ·白い花/SA-tanada  ·緑色の花/SA-tanada  ·エノキ  ·赤い実  ·秋の実  ·木の実  ·錦織公園  ·いきなり質問  ·アスパラガス  ·野菜  ·錦織公園  ·キンカン  ·柑橘類  ·白い花  ·秋の花  ·河内の里  ·錦織公園  ·タルサトイモ2015  ·タルサトイモ  ·サトイモ  ·斑入り  ·プランター稲  ·バケツ稲  ·プランター稲2015  ·プランター稲の防鳥

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

下赤阪の棚田の2015年 8月中旬の赤~赤紫~紫~青い花編

 8月中旬の下赤阪の棚田ビオトープ。
 緑色に染まった田んぼのまわりでは、ひっそりと小さな花が咲いています。


遠くに野球場のライトが見える下赤阪の棚田

植物界
赤い花
被子植物門
双子葉植物綱
エゾノギシギシ
(蝦夷の羊蹄)
Rumex obtusifolius
タデ目 タデ科 スイバ属
多年草
ヨーロッパ原産
タグ:エゾノギシギシ

房状のものがメシベの先の柱頭。

タデ科らしい小さな花です。
双子葉植物綱
被子植物門
単子葉植物綱
セイバンモロコシ(西蕃蜀黍)Sorghum halepense
イネ目 イネ科 モロコシ属
多年草
地中海沿岸原産の帰化植物
タグ:セイバンモロコシ
赤いのは果実を包む穎(えい)とそこからこぼれたオシベの先(葯)の色。

緑色が多いイネ科の花の中でも色づくものの一つ。
単子葉植物綱
被子植物門
赤い花
植物界
赤紫色の花
被子植物門 双子葉植物綱
アゼナ(畔菜)Lindernia procumbens
シソ目 アゼナ科 アゼナ属
一年草
名前の通り水田の畔など湿った場所に生える雑草。

田んぼの端、スズメノトウガラシと並んで生えていました。
キツネノマゴ(狐の孫)
Justicia procumbens
シソ目
キツネノマゴ科
キツネノマゴ属
一年草
タグ:キツネノマゴ

小さい花がたくさん咲きます。

ただ一度には咲かず、1つづつ順番に咲いていくので、一つの花穂で長い間咲いています。
ノアザミ(野薊)
Cirsium japonicum
キク目 キク科 アザミ属
多年草
タグ:ノアザミ
被子植物門 双子葉植物綱
赤紫色の花
植物界
紫色の花
被子植物門 双子葉植物綱
アキノタムラソウ
(秋の田村草)
Salvia japonica
シソ目 シソ科 アキギリ属
多年草
タグ:アキノタムラソウ

明るい草原や林縁に生える野草。

シソ科らしい花が長い花柄にたくさんつくので、意外と目立ちます。
スズメノトウガラシ(雀の唐芥子)Lindernia antipoda
シソ目 ゴマノハグサ科 アゼトウガラシ属
一年草
対生の葉には大きな鋸歯があります。

水田雑草の一種。

果実が唐辛子に似ているのが由来。
ヨメナ(嫁菜)
Aster yomena
キク目 キク科 シオン属
多年草
タグ:ヨメナ
被子植物門 双子葉植物綱
紫色の花
植物界
青い花
被子植物門 双子葉植物綱
キュウリグサ(胡瓜草)Trigonotis peduncularis
キク目 ムラサキ科 キュウリグサ属
二年草
タグ:キュウリグサ
本来、春が花期のキュウリグサ。

夏に咲く似た花に同じムラサキ科のノハラムラサキがあります。

こちらは花の中央から白い膨らみが放射状に広がります。

この花には見られませんので、花期がずれたキュウリグサではないかと思います。
被子植物門 双子葉植物綱
青い花
植物界

 赤から青い花も、小さい花ばかり。
 こういった花は背丈も低かったりしますので、気が付かないことも少なくありません。
 今回もそういう花がありました。

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次
■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2015  下赤阪の棚田2015/08  8月の下赤阪の棚田の植物  エゾノギシギシ  アゼナ  キツネノマゴ  スズメノトウガラシ  セイバンモロコシ  キュウリグサ  アキノタムラソウ 

関連記事
スポンサーサイト

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

初秋の錦織公園の蝶 たくさんの花にいろんな蝶があつまっています。

 明治神宮とほぼ同じ広さがある大阪南部にある錦織公園。
 木が多いだけでなく、草もたくさんあります。
 南入口には、ハーブをはじめいろいろな花が咲いています。
 河内の里には、日本の在来種や昔からよく育てられている花が咲いています。
 ということもあり、秋の花にチョウがいっぱい集まっていました。

この記事にはの画像があります。


アゲハチョウ上科

シジミチョウ科
小さい蝶が多い科です。

ツバメシジミ(燕小灰蝶)Everes argiades
シジミチョウ科 ヒメシジミ亜科 ヒメシジミ族 ツバメシジミ属



メス

翅の表側はちょっと黒っぽい。
雄はもう少し薄い色をしています。
ヤマトシジミ(大和小灰蝶)Pseudozizeeria maha
シジミチョウ科 ヒメシジミ亜科 ヒメシジミ族 ヤマトシジミ属

ちょっと翅が汚れているようです

幼虫はカタバミを食べますので、道端でもよく見かけます。
ベニシジミ(紅小灰蝶)Lycaena phlaeas
シジミチョウ科 ベニシジミ亜科 ベニシジミ属

夏型

春型の翅の表はもっと鮮やかです。

タテハチョウ科
前肢が退化していて4本脚に見えます。

サトキマダラヒカゲ(里黄斑日陰蝶)Neope goschkevitschii
タテハチョウ科 ジャノメチョウ亜科 マネシヒカゲ族 キマダラヒカゲ属

オス

よく似たチョウにヤマキマダラヒカゲがいますが、名前のように低山から亜高山帯にいます。
ヒカゲチョウ(日陰蝶)Lethe sicelis
タテハチョウ科 ジャノメチョウ亜科 マネシヒカゲ族 ヒカゲチョウ属


翅の丸い模様(蛇の目模様)は鳥を驚かすためと言われますが、鳥は驚かないともいわれています。
ヒメウラナミジャノメ(姫裏波蛇目)Ypthima argus
タテハチョウ科 ジャノメチョウ亜科 ジャノメチョウ族 ウラナミジャノメ属


丸い点が鳥の天敵の目のように思うわせるためと言われていますが、多くのジャノメチョウは2個以上あります。
鳥よりも妖怪に効き目がありそうです。
ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)Argyreus hyperbius
タテハチョウ科 ドクチョウ亜科 ヒョウモンチョウ族 ツマグロヒョウモン属

メス


オス

花によく集るきれいなチョウ。
翅の先の色が変わる派手な方がメス。
動物はオスのほうが派手なイメージがありますが、そうでないこともあります。

シロチョウ科

モンキチョウ(紋黄蝶)Colias erate
シロチョウ科 モンキチョウ亜科 モンキチョウ属


黄色いチョウにキタキチョウがありますが、翅に黒点がたくさんあります。
モンキチョウは名前の通り黒点は多くありません。

セセリチョウ上科

イチモンジセセリ(一文字挵)Parnara guttata
セセリチョウ科 イチモンジセセリ属


翅の裏側の白点が一直線に並んでいるのが由来。
よく似たセセリチョウがいますが、このように真直ぐ並んでいません。

 チョウを呼ぶために「バタフライガーデン」と称して外来種の花ばかり植えられることもあります。
 河内の里は、在来種と長らく日本で栽培されてきた花ばかり。
 それでもたくさんチョウは集まるようです。

■参考外部リンク■
錦織公園 | 大阪府富田林市 大阪府営公園


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ツバメシジミ  ヤマトシジミ  ベニシジミ  サトキマダラヒカゲ  ヒカゲチョウ  ヒメウラナミジャノメ  ツマグロヒョウモン  モンキチョウ  イチモンジセセリ  錦織公園 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2015年 8月中旬の黄色い花編

 夏には黄色い花はちょっとお休みのようです。
 種類は少なめ。
 8月の下赤阪の棚田ビオトープは緑の季節です。


中学校側からみた緑の下赤阪の棚田

植物界
黄色い花
被子植物門 双子葉植物綱
ダイコンソウ(大根草)Geum japonicum
バラ目 バラ科 ダイコンソウ属
多年草
黄色でキンポウゲ科のようですが、しわしわの花弁のバラ科。

「ダイコン」とついていますが、アブラナ科ではありません。

根本から生える羽状複葉の葉が大根の葉に似ていることが由来と言われています。

茎上の方の葉は、切れ込みのある単葉です。
マリーゴールド(英:marigold)Tagetes(属名)
キク目 キク科 コウオウソウ属
一年草
メキシコ原産のコウオウソウ属の園芸植物の総称
タグ:マリーゴールド
観賞用に植えられますが、実は花や葉などには殺虫成分があります。

きざんで土に混ぜると線虫や一部害虫を防ぐことができると言われています。
セイヨウタンポポ
(西洋蒲公英)
Taraxacum officinale
キク目
キク科
タンポポ属
多年草
ヨーロッパ原産の帰化植物
環境省 要注意外来生物
日本生態学会 日本の侵略的外来種ワースト100
タグ:セイヨウタンポポ

花の下の総苞片が反り返っているのでセイヨウタンポポ。
カタバミ(酢漿草,片喰)
Oxalis corniculata
カタバミ目
カタバミ科
カタバミ属
多年草
タグ:カタバミ

種と鱗茎で増えます。

特に種はあちこちに弾き飛ばすような仕組みになっているので、庭や畑では根絶が難しい植物。
被子植物門 双子葉植物綱
黄色い花
植物界

 花の色別索引化に向けて色の組み合わせを変えましたので、少なめになってしまいました。
 黄色の花と言ったら、バラ科とキク科ですが、さすがこんなに少なくても両方ともちゃんと含まれています。
 侮り難し。

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次 下赤阪の棚田の2015年
■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2015  下赤阪の棚田2015/08  8月の下赤阪の棚田の植物  ダイコンソウ  マリーゴールド  カタバミ  セイヨウタンポポ  黄色い花/SA-tanada 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

8月下旬の七十二候あらため「河内綿柎開」かわちのわたのはなしべひらく

 8月下旬。
 七十二候第四十候の「綿柎開(わたのはなしべひらく)」。
 綿の花が咲いています。

 毎年のように紹介しているのが、錦織公園の河内の里。
 ここでは畑で綿を育てています。


 大阪は江戸時代から綿の栽培が盛んで、近世近代の大阪の発展の礎のひとつでした。
 また花嫁道具に使われるなど、河内の人々の伝統文化の一つでもありました。


 ところが、明治になると海外から安い綿花が輸入されるようになり、綿花栽培は衰退。


 産業の復活は無理ですが、伝統文化でもある河内木綿を残そうということで、河内地方の数カ所の施設で栽培されています。
 その一つが錦織公園。
 ここは森と山に囲まれた丘陵地の公園。
 ほかの綿類との交雑も避けられる場所です。

 河内地方で綿花栽培されるようになったのは、大和川の付け替えなど近世近代の大阪と深く関わりがあります。
 そのような歴史や民俗も含めて、河内綿が後世に伝えられていってほしいと思います。

■参考外部リンク■
錦織公園 | 大阪府富田林市 大阪府営公園

苗:綿の木(わたのき)(ミニコットン)

価格:756円
(2015/8/25 22:50時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 河内綿  綿  七十二候  綿柎開  秋の花  黄色い花  淡黄色の花 

関連記事

theme : 草花
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2015年 8月中旬の白・緑色の花編

 稲の花が咲きはじめた8月中旬の下赤阪の棚田。
 見た目はまだ緑ですが、なんとなく、雰囲気が変わってきたような気がします。


穂が風にゆれて色が変わる8月中旬の下赤阪の棚田

植物界
白い花
被子植物門 双子葉植物綱
オオニシキソウ(大錦草)Euphorbia nutans
キントラノオ目 トウダイグサ科 トウダイグサ属
一年草
アメリカ原産の帰化植物
タグ:オオニシキソウ
トウダイグサ科というだけあって、茎のあたりはなんとなく多肉植物感があります。

でも一年草。
常緑の多年草のような風格がありますが。

トウダイグサですから、傷つけると白い乳液を出します。
ヘクソカズラ(屁糞葛)
Paederia scandens
リンドウ目
アカネ科
ヘクソカズラ属
蔓性多年草
タグ:ヘクソカズラ
シロツメクサ(白詰草)
Trifolium repens
マメ目
マメ科
シャジクソウ属
多年草
ヨーロッパ原産の帰化植物
別名:クローバー
タグ:シロツメクサ
タネツケバナ(種漬花)
Cardamine scutata
アブラナ目
アブラナ科
タネツケバナ属
越年草
タグ:タネツケバナ
ヒメジョオン(姫女苑)
Erigeron annuus
キク目
キク科
ムカシヨモギ属
越年草
北アメリカ原産の帰化植物
要注意外来生物
日本の侵略的外来種ワースト100
タグ:ヒメジョオン
被子植物門 単子葉植物綱
白い花
植物界
緑色の花
被子植物門
単子葉植物綱
イネ(稲,稻,禾)Oryza sativa
イネ目 イネ科 イネ属
多年草(日本では一年草的栽培)
インドから中国南部原産と言われる食用作物
タグ:イネ
棚田の主役。

花が咲きはじめています。

「花」と言っても、イネ科は花弁が退化しているので、緑はオシベやメシベを包んでいる穎(えい)の色です。
エノコログサ(狗尾草)Setaria viridis
イネ目 イネ科 エノコログサ属
一年草
タグ:エノコログサ
穂が短く、立っているのでエノコログサ。

穂が長く垂れ気味だとアキノエノコログサ
シマスズメノヒエ
(島雀の稗)
Paspalum thunbergii
イネ目
イネ科
スズメノヒエ属
多年草
南アメリカ原産
タグ:シマスズメノヒエ
カヤツリグサ(蚊帳吊草)Cyperus microiria
イネ目 カヤツリグサ科 カヤツリグサ属
一年草
科の名前にもなった草。

道端から田んぼの畦まで色んな所に生える雑草。

茎の断面が三角形なのは、カヤツリグサ科の特徴。
単子葉植物綱
緑色の花 被子植物門
双子葉植物綱
ホナガイヌビユ(穂長犬莧)Amaranthus viridis
ナデシコ目 ヒユ科 ヒユ属
一年草
道端や畑に生える雑草。

同じようによく見る雑草のスベリヒユはスベリヒユ科。

緑色で花弁はないようですが、イネ科ではなく双子葉植物のナデシコ科。

硬い穎はありませんので、柔らかい感じがする花です。
双子葉植物綱
被子植物門
緑色の花
植物界

 イネが咲きはじめました。
 それまでは、イネ科のよくある雑草みたいな感じでしたが、花が咲きはじめると、ちょっと雰囲気が変わってきます。
 もうすぐ穂も垂れてくるでしょう。

タグ♦ 下赤阪の棚田 下赤阪の棚田の2015年
■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2015  下赤阪の棚田2015/08  8月の下赤阪の棚田の植物  オオニシキソウ  イネ  エノコログサ  カヤツリグサ  ホナガイヌビユ  白い花/SA-tanada  緑色の花/SA-tanada 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

秋の赤い木の実のはじまり 榎

 秋の錦織公園に、赤い実。
 いや、濃い橙色かもしれない微妙な色。


 これはエノキの実。
 エノキはアサ科エノキ属の落葉高木。
 春に地味な花が咲いて、夏の終わりから秋の初め頃、実が熟します。


 赤い実は、甘いとも、味がないとも言われます。
 大きさは5ミリほど。
 実のほとんどが硬い殻に覆われた種で、食べられるところは少しだけ。


 赤くて、小さくて、食べるところがほとんど無くて、味がない実。
 そう。
 鳥さん用の実です。
 まるごと食べられ、硬い殻で消化器をくぐり抜け、糞と一緒に地面に落ちて、新天地に根を下ろすという作戦。
 園内のあちこちで小さな小さなエノキを見かけますが、鳥さんがばらまいているようです。


 エノキはとても大きい木。
 8月の終わり頃見かけたら、ちょっと見上げてみてください。
 小さい赤い実がなっているかもしれません。

■参考外部リンク■
錦織公園 | 大阪府富田林市 大阪府営公園

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: エノキ  赤い実  秋の実  木の実  錦織公園 

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

いきなり質問。これはなんの花? その4

いきなり質問です。これはなんの花でしょう?


 筒状の小さな花。

 小さくて特徴もよくわかりません。

 咲いていたのは5月ですが、ヒントにはならないような気がします。

今回も野菜です。


 花の先が少し開いているようです。

細い葉です。


 針のような葉ですが、草ですので針葉樹ではありません。

 もちろん、花が咲いているのでスギナのようなシダ植物ではありません。

 単子葉植物綱 キジカクシ目 キジカクシ科 クサスギカズラ属の多年生草本です。

食べるのはもっと若い時です。


 もちろん身近な野菜で、食べたことがない人は少ないような気がします。

 でも、嫌いな子供は多いかもしれません。

 属名は「Asparagus」。

 ローマ字っぽく読むと一番のヒントになります。

こたえは アスパラガス です。

 和名の一つが「オランダキジカクシ」。

 日本在来種の「キジカクシ」はマツのように針のような葉がたくさんついて、鳥のキジが隠れることができるというのが名前の由来。

 オランダ(ヨーロッパ)からやってきた、キジカクシという意味です。

 食べるのは地面から伸びた若い茎。

 スーパーに並んでいる「アスパラガス」がそれです。

 ですから、畑でアスパラガスの花を見ることはめったにないでしょう。

 アスパラガスが植えられていたのは、錦織公園の河内の里の畑。

 ここでは多くの人に普段とはちがう野菜の姿を見てもらおうと、あえて収穫せず、そのまま育てています。

タグ♦ いきなり質問 野菜

■参考外部リンク■
錦織公園 | 大阪府富田林市 大阪府営公園

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: いきなり質問  アスパラガス  野菜  錦織公園 

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

白くてさわやかな秋の花 きんかん

 大阪河内地方の農家を模したと言われる、錦織公園の河内の里。
 植物園のように様々な植物が植えられています。
 多くが在来種や、日本で昔から育てられている植物。
 そんな中で秋の花が咲きはじめています。


 そんな秋の花の一つが、キンカン。
 漢字では「金柑」。
 のど飴の材料になったりする、柑橘系の果物です。


 キンカンはミカン科ミカン亜科。
 ミカンやレモンの仲間。
 ですから白く、厚ぼったい花。


 そして、いい香りがします。
 強すぎず、弱すぎず。
 さわやか。
 柑橘系の植物の花は、いい香りがしますが、キンカンも同じ。


 常緑樹で、葉は色が濃くて、硬そう。


 そして、茶色い樹皮に黒い縦筋が縞模様のようにあるのが特徴。


 冬には、おなじみの、小さくて丸くてつるつるの黄色い実がなります。

タグ♦ 河内の里
■参考外部リンク■
錦織公園 | 大阪府富田林市 大阪府営公園

大実キンカン 15cmポット接木苗

価格:1,530円
(2015/8/20 21:41時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: キンカン  柑橘類  白い花  秋の花  河内の里  錦織公園 

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

斑入りが出ました。タルサトイモ2015

 タルサトイモ、育ってます。
 タルで育てている、サトイモ。

 そんなタルサトイモに斑入りの葉が。
 まだ小さい脇芽の葉なので、あまり大きくならないでしょう。
 かわいいサトイモの斑入りです。


ちっちゃな斑入りのタルサトイモの葉

 今年は夏になってもハダニの襲撃もなく、きれいに育ってます。
 一番大きい里芋の茎は、根本で幅が10センチ近く。
 実は茎のように見えて、葉の柄の部分(葉柄)かかさなっているので「偽茎(ぎけい)」といいます。


太く育ったタルサトイモ

 ことしはなんか豊作の予感。
 掘るのはたいへんそう。


ハスのように水を弾く葉

 でも、楽しみ。

タグ♦ タルサトイモ

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: タルサトイモ2015  タルサトイモ  サトイモ  斑入り 

関連記事

theme : ベランダ菜園&プランター菜園
genre : 趣味・実用

2015年のプランター稲のスズメ対策が完了?

 花が咲きはじめたプランター稲。
 周りの田んぼよりちょっと早いようですが、理由はわかりません。

 ともあれ、花が咲いたということは、実がなるということ。
 実がなれば、やってくるのは、スズメ。
 1年目はまったくこなかったのですが、2年目からかならず来るようになりました。


花が咲きはじめましたので急いで準備

 最初は来るタイミングが遅かったのでさっさと稲刈りをしました。
 翌年は稲穂が隠れるくらい網をぐるりと巻くだけのかんたんなもので大丈夫でした。
 ところが次の年には上から下から入り込んでスズメの軍団が食べていきます。
 仕方ないので全体を覆ったのですが、継ぎ足し継ぎ足しで隙間を塞ぐことができなかったのか、1羽が網の中に入ってきて、みごとに食べられました。

ダイオ化成  軽がる防鳥ネット 4m×5m

価格:2,150円
(2015/8/17 22:12時点)

 ということで、今年は最初から全体を覆うことにしました。
 1メートルあまりの園芸用ポールをプランターの四角に立てます。
 そのままではぐらつくので、短いポールで4本をつなぎます。
 これが骨組み。


稲は風媒花なので虫が入れなくても大丈夫のはず

 ホームセンターに行けば防鳥用の網はいろいろあります。
 しかし、長さが10メートルなんてものもあり、およそ20センチ×60センチのプランターに使うにはとんでもなく大きすぎ。
 100円ショップには小さいものがありますが、柔らかいのでちょっと扱いにくい。
 ということで、180センチ四方の防風用の網を使うことにしました。

 ぐるりとプランターを囲み、水やりなどしやすいようあわせ目は正面に。
 スズメの潜入能力は侮れませんので、もぐり込まれないよう網はプランターの底近くまで伸ばし、皺が寄らないように張って洗濯バサミでとめます。
 筒状になった上の部分は、丁寧におりたたんで正面に回して洗濯バサミで。
 前の合わせ目もお潜り込まれないように、くるりと丸めてからやっぱり洗濯バサミ。


もうちょっと網を張ったほうがいいかも

 スズメの潜入能力を確かめるために隙をつくろうかと思いましたが、まずは「これくらいで大丈夫でしょう」というレベルにすることにしました。
 スズメを見ていると、枝にとまることはできても、メジロやエナガのようにぶら下がったり幹に垂直にとまったりはできないようです。
 ということで、網につかまって垂直にのぼることができなければ、入られないはず。

 さあ、スズメのお手並み拝見です。

タグ♦ プランター稲の防鳥 プランター稲

ダイオ 防風ネット 1×5m

価格:842円
(2015/8/17 22:16時点)

SS 防風ネット 1m×5m

価格:459円
(2015/8/17 22:18時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: プランター稲  バケツ稲  プランター稲2015  プランター稲の防鳥 

関連記事

theme : ベランダ菜園&プランター菜園
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Yahoo!天気・災害
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
Amazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる