【 2015年03月】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

特別展「スペイン 奇跡の恐竜たち」で恐竜にも肉球があるのか見てみました!〈大阪市立自然史博物館〉


 初公開の化石が多い「スペイン 奇跡の恐竜たち」。

 2015年3月21日から大阪市立自然史博物館ではじまりました。



◆「スペイン 奇跡の恐竜たち」の記事をまとめてみる
 【特別展「スペイン 奇跡の恐竜たち」が大阪ではじまりました!】



矢印のとおりに歩いていきましょう。
矢印のとおりに歩いていきましょう。




 たくさんある見どころのひとつが、チラシやポスターに登場しているコンカベナトール。

 カルカロドントサウルスの仲間の獣脚類の肉食恐竜で、福井県で見つかったフクイサウルスに近い種類です。

 コンカベナトールの特徴は腰のところのひれのような突起。

 キャラが立っています。



腰の「ひれ」でキャラ立ちしてるコンカベナトールの生体模型 腰の「ひれ」でキャラ立ちしてるコンカベナトールの生体模型




 コンカベナトールが見つかったラス・オヤスの地層は、湖の湿地帯にできた石灰岩でできています。

 おそらく、時間をかけて炭酸カルシウム(石灰岩の主な材料)でパックされるようにできた化石なのでしょう。

 ほぼ全身がつながった状態の化石が見つかり、それが展示されています。

 炭酸カルシウムに覆われるのは大変時間がかかったと思いますが、大きな肉食動物だけでなく、虫や細菌など小さな生き物にもあまり食べられなかったようです。



 ただ、ラス・オヤスからは様々な水生動物、魚やザリガニなどが見つかっています。

 どうしてコンカベナトールが食べられなかったのか。

 大量に炭酸カルシウムが溶けた水はアルカリ性になりますので、化石ができた場所は生き物がいない環境だったのかもしれません。



なんでも食べるザリガニの仲間のアウストロポタモビウス・ルロピシ
なんでも食べるザリガニの仲間のアウストロポタモビウス・ルロピシ




 理由はどうであれ、大型肉食恐竜はもちろん、眼に見えないような微生物にも食べられなかったというのは、とても重要です。

 食べられないで埋もれると、さすがに細胞などは時間がたつうちに分解されて無くなってしまいますが、その跡は残ります。

 このコンカベナトールの化石がそうなのです。



コンカベナトール・コルコヴァトゥスのホロタイプとなる産状化石の実物
コンカベナトール・コルコヴァトゥスのホロタイプとなる産状化石の実物




 鱗(うろこ)の跡など珍しいものがたくさん残っています。

 もちろん、話題になっている「肉球」も。

 イヌやネコの足の裏のぷにぷにで大人気のあれです。

 獣脚類恐竜の「肉球」の跡はいくつか見つかっているようですが、やっぱり珍しいようです。



「肉球」の跡が残った化石
「肉球」の跡が残った化石




 日本初公開(先に福井で公開済みですが)の恐竜の「肉球」は、ぜひ実物をご覧ください。

 ただし、実物でコンカベナトールの基準となる化石(ホロタイプ)なので、“ぷにぷに”の確認はできません……

 さわっても“ぷにぷに”じゃないと思いますが。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: スペイン奇跡の恐竜たちコンカベナトールアウストロポタモビウス肉球恐竜大阪市立自然史博物館spaindino-osaka白亜紀

関連記事
スポンサーサイト



theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

干し柿をちょっと長くゆでてみると 干し柿2014


 完全に季節外れになってしまいましたが、干し柿の話です。

 毎年冬に干し柿を作っていますが、もちろんこの冬もつくりました。



 毎年テーマがありますが、今年は“ゆでる”。

 渋柿の皮をむいてから消毒も兼ねていつもゆでますが、それは15秒ほど。

 それをもうちょっと長くゆでることにしました。

 3分。

 中心まで十分熱が伝わるとは思いませんが、表面は「火が通る」くらいかもしれません。



皮をむいた当日(1日目)

15秒煮沸
3分煮沸
そのまま



5日目

3分ゆでたのは色が黒くなっています。
今年ももまないで自然にまかせています。



9日目

大分干し柿らしくなってきたので味見してみました。
ゆでた方は渋みが残っていましたが、ゆでてない方は渋みが抜けていました。



14日目

どちらも渋みは抜けました。
味はゆでた方があっさりしているように感じましたが、そんなに差はありません。



 というわけで2014年の結果。

 ゆでると渋が抜けるのが少し遅れますが、水分が抜けるのが早い。

 ちょうど、揉んだときと同じような感じです。



 柿が渋いのは、タンニンという物質が含まれるため。
 柿のタンニンは特に「カキタンニン」と呼ばれます。

 柿が渋いのはタンニンが舌や口の中のタンパク質と結びついてその刺激が「渋味」になるため。

 干し柿にして渋くなくなるのは、タンニンがたくさんくっついて水にとけなくなり、口の中のタンパク質と結びつかなくなるため。

 柿のタンニンがなくなるのではないのです。



 柿のタンニンをまとめる働きをするのがアセトアルデヒド。

 アセドアルデヒドは低い温度で沸騰し、逃げていってしまいます。

 ということは、3分ゆでている間に逃げていって、そのため渋みが抜けるのが遅かったのでしょうか。



 ところが、柿のアセドアルデヒドは柿の実が酸素呼吸をしなくなって作られるもので、もともと渋柿にはないものです。

 ということで、アセドアルデヒドとゆでることの関係はなさそう。

 むしろゆでるほうが柿の実の呼吸を止めることになりそうです。



 ということで、ゆでた柿の渋みが抜けるのが遅かったのは、単に「個体差」だったのかもしれません。

 柿のアセドアルデヒドは2015年の宿題、かな。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 干し柿渋柿タンニンカキタンニンアセトアルデヒド

関連記事

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

いきなり質問。これはなんの花?


いきなり質問です。これはなんの花でしょう?
夏に咲きます。


いきなり質問です。これはなんの花でしょう?



きれいな花ですが、本来は観賞用ではありません。



葉は深裂形の単葉です。

葉は深裂形の単葉です。



野菜ではありませんが、わたしたちの生活にはなくてはならないものです。



まだ若い実です。

まだ若い実です。



種からは油をとることができますが、実のほうがよく使われます。

しかし、今の日本ではほとんど栽培されていません。

花がきれいですので、観賞用には栽培されることがありますが。



これが熟した実です。

これが熟した実です。



この繊維が集まったふわふわした実から想像できるのは……



こたえは ワタ


 衣服などに使われる、木綿(コットン)のワタです。

 アオイ目 アオイ科 ワタ属の多年草。

 日本で本格的に栽培が始まったのは江戸時代のころ。

 大阪河内地方で大規模に栽培され、河内木綿として明治以後の大阪の繊維産業を発展させました。

 しかし、その後インドなどの安価な綿に押され、繊維産業は残ったものの栽培は衰退していきました。

 現在、伝統産業の河内木綿を復活させることと合わせ、原料の河内綿(Gossypium arboreum)の栽培も、河内地域各地で行われています。

 この綿は、河内地方の府営公園、錦織(にしこおり)公園の河内の里で栽培されていた河内綿です。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 綿河内綿黄色い花白い実いきなり質問錦織公園

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

特別展「スペイン 奇跡の恐竜たち」が大阪ではじまりました!〈大阪市立自然史博物館〉


 毎年春に恐竜展をやっている大阪市立自然史博物館。

 2015年のの恐竜展がはじまりました!

 タイトルは「スペイン 奇跡の恐竜たち」。

 2014年に福井の恐竜博物館で行われた特別展がやってきました。



◆「スペイン 奇跡の恐竜たち」の記事をまとめてみる
 【タグ-スペイン 奇跡の恐竜たち】



 恐竜化石というと、北アメリカや中国のイメージが強いかもしれません、

 でも、日本でもたくさんの恐竜化石が見つかっているように、スペインでもたくさん見つかっています。

 保存状態のいい化石も。

 やってきたのは白亜紀(はくあき)のするどい牙が並ぶ肉食恐竜、そして巨大な草食恐竜。

 恐竜以外にもいろいろな生き物たちの化石も展示され、恐竜が生きていた環境が感じられます。

 しかも日本初公開がいくつもあるだけでなく、スペインでも公開されていないものまで!

 そして、実物の化石もたくさん!



地下鉄の駅を出ると最初に迎えてくれる看板
地下鉄の駅を出ると最初に迎えてくれる看板




 今年は階段を登ったところが出入り口。

 入ってすぐ右に恐竜と同じ地層から出てきた動植物の化石が並びます。

 今回は植物化石は少ないですが、昆虫は今もどこかにいそうな感じのものばかり。

 実は、昆虫は恐竜時代の終わりの白亜紀には、今につながる様々な種類が現れていました。



 翼竜の展示があって左を向くと、肉食恐竜がこっちを向いています。

 ポスターやチラシにも載っている、腰に突起があるおもしろい形をした獣脚類のコンカベナトール。

 全身を復元したものだけでなく、なんとコンカベナトールの肉球の跡が残っている化石も!



コンカベナトール全身骨格
コンカベナトール全身骨格




 骨格だけでなく、生きていた時の復元(生体模型)もあります。



コンカベナトール生体模型
コンカベナトール生体模型




 バランスのいい大きさの頭は、ティラノサウルスというよりアロサウルスと言った感じ。

 実際アロサウルスの仲間で、カルカロドントサウルスに近い恐竜です。



 その次がとても興味深い展示になります。

 コンカベナトールが見つかったスペインの化石産地のラス・オヤスの白亜紀前期の地層からは、様々な鳥の化石も見つかっています。

 羽毛恐竜ではなく、鳥。

 その鳥の化石と、始祖鳥孔子鳥などほかの地域で見つかった鳥の化石や羽毛恐竜が並べられています。

 そして今いる鳥の骨格も展示。
 これは自然史博物館のオリジナル。

 恐竜から進化したと言われる鳥の骨格と、恐竜の骨格をくらべることができます。



孔子鳥 生体復元模型
孔子鳥 生体復元模型




 そしてもうひとつの化石産地のロ・ウエコの白亜紀後期の恐竜と同じ時代の恐竜たち。

 鳥脚類のラブドドン。

 そして巨大竜脚類のティタノサウルス類が登場。

 国立科学博物館のマラウイサウルスの全身骨格がでーんと立っています。



マラウイサウルス全身骨格
マラウイサウルス全身骨格




 そして展示ケースにはロ・ウエコで見つかったティタノサウルス類の骨格が並べられています。

 全長16メートルの恐竜。

 こうしてみると、一つ一つの骨がいかに大きいかがよくわかります。



 ティタノサウルス類は「皮骨(ひこつ)」と言われる骨が皮膚の中にできます。

 今の動物で皮骨を持っているワニやアルマジロも展示。

 そして最後に皮骨つながりのアンキロサウルス類のガストニアが見送ってくれます。



ガストニア全身骨格
ガストニア全身骨格




 恐竜展というと、どうしても有名恐竜の展示に目がいってしまいがち。

 「スペイン 奇跡の恐竜たち」では、発掘された恐竜を元に、恐竜の進化や体の仕組みを説明してくれます。

 見るだけでなく、いろいろと知ることができ、恐竜の知識が増え、理解が深まる特別展でした。



t="">
››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: スペイン奇跡の恐竜たちコンカベナトール孔子鳥マラウイサウルスガストニア恐竜大阪市立自然史博物館spaindino-osaka白亜紀

関連記事

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2015年最初のすみれの花


 梅も満開を迎え、サクラの開花も近づいてきた3月中旬。

 今年最初のすみれの花を見ました。




今年最初の菫の花




 場所は錦織公園(にしこおりこうえん)。

 大阪の南河内地区にある大きな自然公園です。

 広い園内のあちこちに、おそらく10種類以上あるのでは、と思うくらいいろいろなスミレが咲いています。

 特にスミレがまとまっている場所がいくつかあります。

 その一つ、桜木の里の東側の北。

 まだ咲いていない桜の下。
 南に向かって芝地が広がっているので、日当り良好で、温かそう。

 だからほかの場所よりも一足先に咲いたのでしょう。




左右相称のスミレの花




 茎があって、花の後ろに飛び出したところ(距)も紫色。
 花柄(かへい)についている小さい葉(小苞葉)が花の近くについているのでタチツボスミレのようです。




距も紫色で小苞葉も上にあります




 でも、全体が紫味を帯びていますし、葉も葉脈が紫色。




とんがった心形の葉で葉脈が紫色




 葉の裏も紫がかっています。




葉の裏の葉脈も紫色




 ここまでタチツボスミレから離れてしまうと、葉もなんだか先が尖っているように見えてきます。



 ということで、これはナガバタチツボスミレ?



 まだまだスミレは咲きはじめ。

 ほかにも色々咲きます。

 これからが楽しみです。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ナガバタチツボスミレ紫色の花春の花スミレ錦織公園

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

冬の金剛山のちはや園地で出会った鳥


 金剛山。

 大阪と奈良の境にある、役行者が修行した由緒のある山。

 1年前。
 大阪で最も高いところがあるちはや園地にて。



 木の上に1羽の鳥が。

 数日前、珍しいイスカがやってきたと話題になっていました。

 逆光気味でちょっとわかりにくいですが……



 画像を拡大して確認してみると。

 果たして、アトリでした。

 イスカではありません。



アトリ(花鶏)Fringilla montifringilla
スズメ目 アトリ科 アトリ属
冬鳥
スズメくらい
アトリ(花鶏)



 図鑑で確認してみると、イスカよりもきれいじゃないですか!



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: アトリスズメくらいの鳥冬鳥金剛山の鳥金剛山ちはや園地

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

棚田の水色のかわいい花 きゅうりぐさ


 大阪唯一の村にある、日本の棚田百選の下赤阪の棚田。

 田植えがはじまるのはまだまだ先ですが、3月になっていろいろな花が咲きはじめています。



 そんな花の一つ。

 水色の、いかにも花っぽい花。

 中心が黄色いポン・デ・リングのようになっていて、きれいでかわいい花。

 キュウリグサの花です。



中心が黄色いポン・デ・リングのよう



 ムラサキ科キュウリグサ属の越年草。
 芽を出してから寒い冬を越す一年草です。

 漢字で書くと「胡瓜草」。

 葉を揉むとキュウリのような臭いがすることが由来。



キュウリグサの花



 実はとても小さな花。

 大きさは3ミリくらい。



大きさは3ミリくらい



 草の丈も低いので、見逃してしまうかも。



草の丈も低い



 道端に生えるようなありふれた雑草です。

 公園など安全なところでちょっと足下に目を向けてみると、水色のかわいい花が咲いているかもしれません。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: キュウリグサ水色の花青い花春の花下赤阪の棚田下赤阪の棚田201502ちっちゃい花

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

巨樹・古樹・老樹 その23 金剛山北西尾根道の水楢


金剛山

 大阪で最も高いところがある金剛山。

 1000m余りの低山ですが、大阪平野との標高差は1000m。

 理屈の上では気温の差はマイナス6℃。



 ということで、山頂付近には京阪神地区ではめずらしい涼しいところを好むブナの林があります。

 ブナ林は金剛山、和泉葛城山、大和葛城山、岩湧山などにもありますが、最も標高が高からでしょうか、一番広いのが金剛山。



 東北地方などではブナばかりの森がありますが、このあたりではブナとミズナラの混生林が極相林(木々の種類の変化の最終形態)と考えられています。

 ですから、山頂付近にはブナだけでなく、ミズナラもあります。



ミズナラの葉
ミズナラの葉




ミズナラ

 ミズナラはブナ科コナラ属の落葉樹。
 どんぐりをつくるブナの親戚です。

 里山などに生えているコナラと同じ属で、似ているところはいろいろありますが、一番のちがいは生えているところ。

 大阪近辺では、コナラは平野や里山、ミズナラは低山のある程度の標高から上。

 高さで住み分けています。



ミズナラの樹皮
ミズナラの樹皮




登山道

 北側の青崩(あおげ)、登山口の千早(ちはや)、村の中心地がある赤阪と三方向へ向かう分岐点がある北西尾根の道。

 山頂から少し下ったところにミズナラがあります。

 金剛山のミズナラとしては決して大きい木ではありませんが、人通りの多い登山道に接しているので大きく感じます。



金剛山北西尾根道の水楢(2014年9月)
金剛山北西尾根道の水楢(2014年9月)




 緩やかな下りの道にある、大きなミズナラです。

 この道を通ることがあったら、立ち止まって見上げてみてください。

 登山者を見守ってきたミズナラたちがいるはずです。



巨樹(大きな木)・古樹(樹齢の高い木)・老樹(年老いて見える木)」とはIWO(いきもの は おもしろい!)が以下の独自基準で選んだものです。
1.一般に「巨樹」「古樹」「老樹」と認知されている樹木
2.その場所や地域の中で見た目が「巨樹」「古樹」「老樹」を感じさせる樹木
3.見た目が小さくてもその種として「巨樹」「古樹」「老樹」な樹木
4.地域の自然を愛する組織や団体などが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木
5.その他IWOが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木


タグ♦ 巨樹・古樹・老樹 金剛山の植物

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ミズナラ巨樹・古樹・老樹金剛山の植物金剛山

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

二酸化炭素はぐるぐるまわる その3「二酸化炭素と植物」


 今、地球温暖化の原因として問題になっている二酸化炭素。

 地球にはもともとはもっとたくさんの二酸化炭素がありましたが、空気中から取り除くシステムのおかげで、ほとんどなくなるまで減ったのが、現在の地球。

 前回は海のシステムについて書きましたが、もちろん陸上でも二酸化炭素を取り除くシステムがあります。



今までの「二酸化炭素はぐるぐるまわる」
その1「地球温暖化と二酸化炭素」 その2「二酸化炭素の行き先」



 陸上で二酸化炭素の姿を変えるのは植物。

 学校で習うように、植物は空気中の二酸化炭素を使って炭水化物(たんすいかぶつ)を作ります。

 炭水化物はもちろん栄養として生きるために使いますが、それ以外に体を支えるためにも使います。
 「木」として見える部分、「木材」として使う部分は、二酸化炭素が姿を変えた炭水化物でできているのです。

 ですから二酸化炭素を減らすために植物を植えようという声がよくあります。

 それについて考える前に、まずは二酸化炭素と植物の関係を考えてみましょう。



高野山の大きな杉も二酸化炭素の塊
高野山の大きな杉も二酸化炭素の塊




植物は二酸化炭素のかたまり?!

 植物が二酸化炭素からつくりだす炭水化物は生き物に必要な栄養で、酸素を使って二酸化炭素と水に分解するときのエネルギーで生きています。

 もちろん植物も同じですが、それ以外に炭水化物を植物繊維にして体を支えるために貯めこみます。

 ですから大きな樹木はたくさんの二酸化炭素を形を変えて蓄えています。

 つまり植物は二酸化炭素の塊ということもできます。



 樹木は人間よりも寿命が短いものも少なくなく、人間より長生きの樹木でも永遠に生きているわけではありません。

 寿命を迎えた樹木は、倒れ、朽ちていきます。

 この「朽ちる」というのは、カビやキノコや虫や微生物などに樹木が食べられてなくなることです。

 生き物が食べるということは、炭水化物を二酸化炭素と水に変えること。
 例外もありますが、多くがそうです。

 つまり、「木が朽ちる」ということは、木が溜め込んだ二酸化炭素を地球表面を覆っている空気、つまり大気中に戻すことなのです。

 実は、樹木が蓄えた二酸化炭素は、大気の中から一時的に取り除かれただけなのです。

 ですから地球の変化を考える学問では、植物の吸収した二酸化炭素の量は大気中にあるものと同じ、と考えられることもあります。



高野山の木を食べているキノコ
高野山の木を食べているキノコ




時間をかけてぐるぐる回る二酸化炭素

 樹木を永遠に朽ちさせないようにしないかぎり、いくら樹木を植えても大気中の二酸化炭素を取り除いたことにはなりません。

 一見、木を植えるとその木が大きくなっていく限りずっと二酸化炭素を大気から取り除き続けているように見ます。

 たしかに小さな視野ではそうですが、もっと広げた視野で見てみると、その木が成長している間にもどこかで必ず木が寿命を迎え、朽ちていきます。

 単純に言うと、木を植えて成長して二酸化炭素を吸収し続けいても、どこかで寿命を迎えた木が朽ちて二酸化炭素を発生させ続けているのです。



 樹木1本だけを見るのなら、間違いなく樹木は二酸化炭素を取り込んで成長を続けていっています。

 その樹木が人間よりも長生きしたら、二酸化炭素を吸収していく一方に見えます。

 しかし。

 視野を森全体、山全体に移していけばどうでしょうか。

 間違いなく、あちこちで木が寿命を終えて朽ちていっているはずです。

 蓄えた二酸化炭素をどんどん大気中に戻していっているのです。

 樹木をたくさん植えると、たしかに大気中の二酸化炭素を取り除くことができます。

 しかしその木ですら、子や孫、曾孫の代になって寿命を迎えると、逆に二酸化炭素の発生源になってしまうのです。

 このように大きく広い地球の環境を考えるときには、広い視野と想像力が必要なのです。



高野山の森のなかで朽ちていく木
高野山の森のなかで朽ちていく木




地球表面の二酸化炭素循環

 大気中の二酸化炭素は地球の表面をぐるぐる回っているだけで、樹木を植えても、樹木を切っても現実的には、量は変わりません。

 たとえば、木を燃やして木を植えるようなことを行っていれば、問題はありません。

 植物と大気の間をぐるぐる回る二酸化炭素サイクルの中にありますから、二酸化炭素の量は減りませんが、増えもしません。



 地球温暖化を防ぐ手段として「バイオマス燃料」「バイオ燃料」という言葉が聞かれます。

 工場で加工したり、微生物を使うなどして、樹木や食べ物などから燃料をつくろうというのです。

 これは、いきものに姿を変えた二酸化炭素を燃料として使うるわけです。

 バイオマス燃料を燃やしてももちろん二酸化炭素はできますが、それは地球表面にある生き物だったものから作られるのです。

 これは地球表面をグルグル回っている二酸化炭素のコースをちょっと変えただけですから、大気中の二酸化炭素を増やしたことにならないのです。



高野山の木々はどれだけ二酸化炭素を蓄えているのでしょうか
高野山の木々はどれだけ二酸化炭素を蓄えているのでしょうか




広い視野と想像力

 人間が文明をつくるようになって数千年。

 その間にも燃料として多くの植物が燃やされ、多くの森林を失いました。

 でも問題になるほど二酸化炭素の量が増えなかったのは、地球表面の二酸化炭素サイクルの中に収まっていたからかもしれません。

 IPCCの報告書にもあるように、大気中の二酸化炭素の量が増えてきたのは、地球表面以外の場所から、つまり地面の下深くから持ってきた炭素(石炭や石油などの化石燃料)を燃やしはじめたからと考えられています。

 化石燃料は、長い時間をかけて、地球が取り込んで地面の奥底深くに「封印」した二酸化炭素が姿を変えたものなのです。

 もちろん、そのお陰で大気中の二酸化炭素の量が大きく減ったのが、現在の地球です。



 実際には二酸化炭素サイクルにはいろいろな種類があり、複雑な経路を通っています。

 光合成ですら、とても複雑なシステムで、二酸化炭素を分解しています。

 とてもややこしいですが、数字や途中経過を抜きにして単純化して考えると、決してややこしくて難しいことではありません。

 むしろとても単純なことなのです。



 地球環境を考えるときには、ちょっと視野を広げて想像力を使ってみましょう。

 そうすれば、新しいことが見えてくるかもしれません。

 決して難しいことではありません。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 炭素循環二酸化炭素IPCC京都議定書バイオ燃料バイオマス燃料化石燃料

関連記事

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS