【 2014年11月】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

下赤阪の棚田の2014年 9月下旬のチョウ目編


 実りの秋と同時に、花の秋の下赤阪の棚田ビオトープ。

 花が多いと当然チョウも多くなります。



この記事にはの画像があります。






嶽山を望む“裏棚田”




下赤阪の棚田の生き物の追いかけも季節を一巡りしました。
すでに紹介している生き物については、画像や説明等を省いているものもあります。
画像や説明等のあるページのタグリンクを名前につけていますので、そちらをご覧ください。



動物界
節足動物門
昆虫綱 新翅節
内翅上目 チョウ目
タテハチョウ科
ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)Argyreus hyperbius のオス
チョウ目 タテハチョウ科 ツマグロヒョウモン属

翅を閉じても開いてもきれいなチョウ。

タテハチョウ科の特徴は、前肢が味覚センサーに特化し、通常は折りたたまれていて4本脚に見えること。

4本脚に見えたら、タテハチョウの仲間です。
きっと。

ヒカゲチョウ(日陰蝶)Lethe sicelis
チョウ目 タテハチョウ科 ヒカゲチョウ属

翅に黒丸があるのはジャノメチョウの印。

そして脚が片側2本なのはタテハチョウの印。

ジャノメチョウの仲間は、タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科というグループをつくっています。

チョウ目 タテハチョウ科 ウラナミジャノメ属


こちらもジャノメチョウ。

翅を開いていると黒丸は合計6つですが、閉じると合計12個。

倍になりますが、一度に見られるのは片面の6個。
同じ数です。

なんか意味あるのかな?
サカハチチョウ(逆八蝶)Araschnia burejana 夏型
チョウ目 タテハチョウ科 サカハチチョウ属

名前の由来は、漢字を見て、画像を見ればわかるように、翅の白い線を逆向きの「八」の字にみたてたもの。

これは夏型。

春型は全体に模様が入って逆「八」はそれほど目立ちません。

翅の傷み具合からすると、いろいろあったようです。

チョウ目 タテハチョウ科 キタテハ属

頭を下にしてぶら下がっていますが、実はクモに捕まっています。

蝶や蛾の幼虫は成長するたびに形や模様が変わることがよくあります。

このトゲトゲをたくさんつけたのは2回脱皮した3齢幼虫。

夏型の成虫もいました。
タテハチョウ科
動物界 節足動物門 昆虫綱 新翅節 内翅上目 チョウ目
セセリチョウ科
チョウ目 セセリチョウ科 チャバネセセリ属

幼虫は稲の害虫。

イチモンジセセリとちがい、翅の白点の並びが丸くなっています。
ダイミョウセセリ(大名挵)Daimio tethys 関西型
チョウ目 セセリチョウ科 ダイミョウセセリ属


チャバネセセリと同じセセリチョウ科ですが、こちらは翅を開いてとまります。

これは関西型。
関東型は後翅の白い模様がもっと不明瞭になります。
セセリチョウ科
動物界 節足動物門 昆虫綱 新翅節 内翅上目 チョウ目
その他の科
フクラスズメ(脹雀)Arcte coerula
チョウ目 ヤガ科 フクラスズメ属


フクラスズメの幼虫の模様にはバリエーションが豊富なようですが、これとピタリと合うものはありませんでした。

ちがうイモムシの可能性があります。
チョウ目 マダラガ科 Pidorus属

その他の科
内翅上目 チョウ目
昆虫綱 新翅節
節足動物門
動物界



 今まで出会ったチョウで感じることは、ジャノメチョウの種類が多いこと。

 ジャノメチョウの幼虫というと、レッサーパンダ顔。

 たくさんいるはずですが、まだ出会っていません。

 来年は幼虫探しをしてみようかな、とか考えてます。



タグ♦ 下赤阪の棚田の2014年 下赤阪の棚田

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法
一般社団法人 地域環境資源センター 農村環境部


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 9月の下赤阪の棚田の動物下赤阪の棚田の2014年下赤阪の棚田201409ツマグロヒョウモンヒカゲチョウサカハチチョウヒメウラナミジャノメチャバネセセリダイミョウセセリ昆虫/SA-tanada

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

金剛山で出会ったものすご~く縁起がいい(にちがいない)木


 秋の金剛山。

 標高差1000m、7km以上続く長い道。

 桐山・二河原辺(にがらべ)道が青崩(あおげ)道に合流するちょっと前。

 縁起物の植物と出会いました。



多くが針葉樹の植林の中を通る二河原辺道
多くが針葉樹の植林の中を通る二河原辺道




 枝分かれせず真っ直ぐ伸びた、でも腰までもない低い木。

 葉は先が尖った長楕円形。
 厚ぼったい濃い緑色は、ひと目で常緑樹とわかります。

 そして木の天辺には空に向かった赤い実が幾つもついています。



見るからに「縁起物」っぽい木
見るからに「縁起物」っぽい木




 常緑樹の低木、赤い実というと「縁起物の木 小判シリーズ」。

 有名なのはマンリョウ(万両/ツツジ目サクラソウ科ヤブコウジ属)。
 そしてセンリョウ(千両/センリョウ目センリョウ科センリョウ属)。

 ほかにもヒャクリョウ(百両/カラタチバナ ツツジ目サクラソウ科ヤブコウジ属)、ジュウリョウ(十両/ヤブコウジ ツツジ目サクラソウ科ヤブコウジ属)、イチリョウ(一両/アリドオシ リンドウ目アカネ科アリドオシ属)があります。

 この中で低木で木の上に実がなるのはセンリョウだけ。

 でも、センリョウの葉の縁にはギザギザの鋸歯(きょし)があります。

 でもこれは鋸歯がない全縁(ぜんえん)。



 実は、これはどれよりも縁起がいい(にちがいない)植物。

 オクリョウ(億両)です。

 標準和名は「ミヤマシキミ(深山樒)」。

 なんと、よく植えられているマンリョウの10,000倍!
 センリョウの100,000倍!!
 イチリョウだと100,000,000倍!!!

 それだけ縁起がいい(にちがいない)植物。



ミヤマシキミ(深山樒)Skimmia japonica
ムクロジ目 ミカン科 ミヤマシキミ属





 でも、どんないいことがあったのか、いまだにわかりません……



タグ♦ 赤い実 金剛山の植物

ミヤマシキミ 3.5号(10.5cmポット)

価格:2,160円
(2014/10/8 22:11時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 億両ミヤマシキミ小判シリーズ金剛山の植物二河原辺道赤い実秋の赤い実縁起物オクリョウ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2014年 9月下旬の果実編


 花が咲いたら、もちろん実もなります。

 9月下旬の棚田では、イネと競うようにいろんな植物が実をつけていました。




途中から見た9月の下赤阪の棚田




下赤阪の棚田の生き物の追いかけも季節を一巡りしました。
すでに紹介している生き物については、画像や説明等を省いているものもあります。
画像や説明等のあるページのタグリンクを名前につけていますので、そちらをご覧ください。



植物界
果実
被子植物門
単子葉植物綱
イネ目

イネ(稲,稻,禾)Oryza sativa

イネ目 イネ科 イネ属
多年草(日本では一年草的栽培)
インドから中国南部原産と言われる食用作物

棚田の主人公のイネ。

もうこんなに穂が垂れています。

稲刈りももすぐでしょう。

イヌビエ(犬稗)Echinochloa crusgalli var. crusgalli

イネ目 イネ科 ヒエ属
一年草
イネ目
果実 被子植物門 単子葉植物綱
ユリ目

ヤマノイモ(山の芋)
Dioscorea japonica

ユリ目
ヤマノイモ科
ヤマノイモ属
蔓性多年草

このおもしろい形をした平たいものがヤマノイモの実。
むかごは茎についたイモで中には種はありません。

オニドコロ(鬼野老)Dioscorea tokoro

ユリ目 ヤマノイモ科 ヤマノイモ属
蔓性多年草

ユリ目
単子葉植物綱
緑色の花 被子植物門
双子葉植物綱

ノアズキ(野小豆)
Dunbaria villosa

マメ目
マメ科
ノアズキ属
蔓性多年草

マメ科らしい形の実ですが、食用にはならないようです。
おいしくないのかな?

コマツナギ(駒繋)
Indigofera
pseudotinctoria

マメ目
マメ科
コマツナギ属
落葉小低木

マメ科というよりアブラナ科のような細い筒状の実。

アキカラマツ
(秋唐松,秋落葉松)
Thalictrum minus
var. hypoleucum

キンポウゲ目
キンポウゲ科
カラマツソウ属
多年草

花も咲いていました

アキノタネツケバナ
(秋の種浸け花)
Cardamine autumnalis

アブラナ目
アブラナ科
タネツケバナ属
一年草

こちらはそろそろ弾けそうな実もあります。

エゾノギシギシ
(蝦夷の羊蹄)
Rumex obtusifolius

ナデシコ目
タデ科
スイバ属
多年草
ヨーロッパ原産

ちょっとトゲトゲした感じのギシギシと思っていたら、外来種でした。

アメリカイヌホオズキ(あめりか犬酸漿)
Solanum ptychanthum

ナス目 ナス科 ナス属
一年草
北アメリカ原産

花は白~紫色、1房に1~4個で散状、熟した黒い実は艶。

ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)
Phytolacca americana

ナデシコ目 ヤマゴボウ科 ヤマゴボウ属
多年草
アメリカ原産

カキノキ(柿の木)Diospyros kaki

ツツジ目 カキノキ科 カキノキ属
落葉低木

クリ(栗)Castanea crenata

ブナ目 ブナ科 クリ属
落葉高木

双子葉植物綱
被子植物門
果実
植物界



 「実りの秋」といいます。

 いろいろな作物の収穫の時期を表しますが、人間が食べない植物もたくさん実をつけるようです。



タグ♦ 下赤阪の棚田の2014年 下赤阪の棚田

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法
一般社団法人 地域環境資源センター 農村環境部


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 9月の下赤阪の棚田の植物下赤阪の棚田の2014年下赤阪の棚田201409イネヤマノイモノアズキコマツナギアキノタネツケバナアレチギシギシ果実/SA-tanada

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

秋の二上山で白い薬草と再会しました。


 大阪と奈良の境にある二上山。

 名前の通り三角の山が二つ並んだ姿は、山が連なる葛城山や生駒山とはちがい、よく目立ちます。

 円錐形の形から想像できるように、二上山は火山。

 だったと考えられています。

 しかし、噴火していたのは1000万年以上前。
 まだ人類は登場していません。

 そのため、サヌカイト(安山岩)や凝灰岩など火山で作られる石や地層はあるものの、形以外に火山らしい風景はありません。



石川から見た秋の二上山
石川から見た秋の二上山




 そんな二上山の日当たりのいい登山道を歩いていると、白くて小さな花と出会いました。



白くて短剣のような花弁の野草
白くて短剣のような花弁の野草




 花弁は5枚。
 短剣のような形をしています。

 少し前に錦織公園で見たアケボノソウによく似ています。

 アケボノソウはリンドウ科センブリ属。

 そう。

 センブリ。



センブリの花
センブリの花




 何年ぶりの再会でしょうか。

 センブリは乾燥させて胃腸の薬に使われる、民間薬の代表的なもの。

 ということは、昔は珍しい野草ではなかったのでしょうが、もう長い間見ていません。

 身近で意外な場所での再会でした。



タグ♦ 二上山の花 秋の花 二上山

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: センブリ二上山の花秋の花二上山白い花薬草

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2014年 9月下旬の緑色の花編


 9月になって花が増えてきた下赤阪の棚田ビオトープ。

 今回はちょっと地味にも見える緑色の花です。




曲線が美しい下赤阪の棚田




下赤阪の棚田の生き物の追いかけも季節を一巡りしました。
すでに紹介している生き物については、画像や説明等を省いているものもあります。
画像や説明等のあるページのタグリンクを名前につけていますので、そちらをご覧ください。
色については【色の話】を基準にしています。



植物界
緑色の花
被子植物門
双子葉植物綱
メヤブマオ(雌薮苧麻)Boehmeria platanifolia の雄花
バラ目 イラクサ科 ヤブマオ属
多年草
ヤブマオによく似ていますが、花序(花の集まり)が細くて葉の裂け方が大きいなぁと思って調べたら、メヤブマオ。

どちらも同じような所に生えるようです。

バラ目 イラクサ科 ヤブマオ属
多年草

バラ目 アサ科 カラハナソウ属
一年草

同じ「ムグラ」がつくヤエムグラとは似ても似つかないなと思っていたら、ヤエムグラはリンドウ目アカネ科。
こちらはバラ目アサ科。

確かに深く切れ込んだ葉はアサ科っぽい、ような。
アレチウリ(荒れ地瓜)Sicyos angulatus の雄花
ウリ目 ウリ科 アレチウリ属
蔓性一年草
北アメリカ原産の帰化植物
特定外来生物
日本の侵略的外来種ワースト100

外来生物法の対象になる雑草。

在来種を圧倒し、根絶が難しい植物です。

シソ目 オオバコ科 オオバコ属
多年草

ナデシコ目 ヤマゴボウ科 ヤマゴボウ属
多年草
アメリカ原産の帰化植物

双子葉植物綱
緑色の花 被子植物門
単子葉植物綱
イヌホタルイ(犬蛍藺)Schoenoplectus juncoides
イネ目 カヤツリグサ科 ホタルイ属
一年草


古い分類ではカヤツリグサ目ですが、新しいAPGではイネ目に含まれています。

そのようにイネ科とよく似ているところがあります。

花弁がないのも似ているところ。

ついついイネ科と思ってしまいますが、小穂(しょうすい)が鱗所になっているのが特徴です。
ユリ目 ヤマノイモ科 ヤマノイモ属
蔓性多年草

単子葉植物綱
被子植物門
緑色の花
植物界



 緑色ということで、あまり目立たない花ばかりですが、じっくり見ると造形のきれいなものも少なくありません。

 時にはちょっと立ち止まってじっくり見てみると、新しい発見があるかも。



タグ♦ 下赤阪の棚田の2014年 下赤阪の棚田

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法
一般社団法人 地域環境資源センター 農村環境部


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 9月の下赤阪の棚田の植物下赤阪の棚田の2014年下赤阪の棚田201409メヤブマオヤブマオカナムグラアレチウリイヌホタルイ棚田緑色の花/SA-tanada

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS