【 2013年08月】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕
 ·秋の花  ·岩湧山の花  ·シラヤマギク  ·イナカギク  ·オカトラノオ  ·シシウド  ·コガンピ  ·マルバハギ  ·ヤマノイモ  ·ヒヨ  ·鳥の卵  ·卵  ·フィールドサイン  ·金剛山  ·金剛山の鳥  ·妙見谷道  ·8月の下赤阪の棚田の植物  ·植物/SA-tanada  ·果実/SA-tanada  ·アオウキクサ  ·ノカンゾウ  ·ミゾカクシ  ·ヘクソカズラ  ·センニンソウ  ·下赤阪の棚田2013  ·下赤阪の棚田201308  ·いきものいっぱい大阪湾  ·44  ·ナメクジウオ  ·生きた化石  ·大阪湾の生き物  ·大阪湾  ·ピカイア  ·レッドデータ  ·イタチ  ·ニホンイタチ  ·チョウセンイタチ  ·シベリアイタチ  ·タイリクイタチ  ·侵略的外来種  ·8月の下赤阪の棚田の動物  ·昆虫/SA-tanada  ·虫/SA-tanada  ·鳥/SA-tanada  ·アキアカネ  ·ヒメアメンボ  ·アオドウガネ  ·クモ/SA-tanada  ·下赤阪の棚田2013  ·下赤阪の棚田201308  ·世界大恐竜展  ·大恐竜帝国2013  ·大恐竜帝国  ·恐竜  ·ティラノサウルス  ·スピノサウルス  ·トリケラトプス  ·サギソウ  ·蘭  ·夏の花  ·白い花  ·花の文化園  ·距  ·8月の誕生花  ·誕生花  ·レッドデータ  ·ソラード  ·自然文化園  ·万博公園  ·林冠  ·ビオトープ  ·森  ·恐竜博物館  ·化石  ·恐竜  ·フクイサウルス  ·フクイラプトル  ·ドルドン  ·タペヤラ  ·モササウルス  ·オメイサウルス  ·アルバータケラトプス

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

秋の風が吹く8月下旬の岩湧山の茅場の花


 4月に山焼きをして真っ黒になった岩湧山(いわわきさん)山頂の茅場(かやば)、キトラの茅場。

 真夏になって茅場も緑に染まっているのが遠くからでも見えます。




お盆をすぎた岩湧山山頂のキトラの茅場
和泉葛城山方向へ




 お盆すぎというのにまだ夏真っ盛りの街とちがい、暦と同じように秋になってきた岩湧山の茅場で出会った花です。



被子植物門
双子葉植物綱
キク目

さすがキングオブ雑草のキク目キク科らしく、ここでも多くの種類を見ることができました。


シラヤマギク(白山菊)
キク科 シオン属
多年草

図鑑によっては葉軸のところが凹む心型ともあるので、間違っている可能性があります。
シオン属の花はなかなか難しい。


イナカギク(田舎菊)
キク科 シオン属
多年草
別名:ヤマシロギク,

菊の仲間は種類が多く、いつも苦労します。
葉の鋸歯(きょし)が小さく披針形(ひしんけい)の葉が目安になりました。


コウゾリナ(剃刀菜,顔剃菜)?
キク科 コウゾリナ属
越年草

花はコウゾリナっぽいのですが、つるりとした感じの葉がちがうような気がします。


ヒヨドリバナ(鵯花)?
キク科 ヒヨドリバナ属
多年草

まだ蕾(つぼみ)で咲いていません。
花は秋の七草のフジバカマに似ていますが、フジバカマは葉が3裂するので見分けられます。




その他の目
オミナエシ(女郎花)
マツムシソウ目 オミナエシ科 オミナエシ属
多年生
秋の七草

日当たりのよい草地に生える花です。


カワラナデシコ(河原撫子)
ナデシコ目 ナデシコ科 ナデシコ属
多年草
別名:ナデシコ,ヤマトナデシコ,
秋の七草

普通「ナデシコ」と呼ばれるのはこのカワラナデシコ。
「河原」とつきますが、河原だけでなくても日当たりのいい草地を好みます。


キキョウ(桔梗)
キキョウ目 キキョウ科 キキョウ属
多年性
秋の七草

紫色の釣鐘型の花はススキの中でよく映えます。


オカトラノオ(丘虎の尾)
サクラソウ目 サクラソウ科 オカトラノオ属
多年草

総状花序(そうじょうかじょ)の花は下から順に咲いていきますのほとんど終わりのようです。
花期が6~7月となってますので、本当に終わりかけなのでしょう。


シシウド(猪独活)
セリ目 セリ科 シシウド属
多年草

セリ科なので茎はなんとなくセロリっぽい雰囲気です。
けっこう大きくなり、人の背を超えることもあります。


ヘクソカズラ(屁糞葛)
リンドウ目 アカネ科 ヘクソカズラ属
蔓性多年草
別名:ヤイトバナ,サオトメバナ,

山だけでなく里山など身近なところでも見かける雑草。
葉や茎が臭いことが名前の由来ですが、近づいたくらいでは臭いはしません。


コガンピ(小雁皮)
フトモモ目 ジンチョウゲ科 ガンピ属
落葉性低木

草のように見えますが、木に分類されます。
乾燥気味の場所が好きなようです。
名前にあるように、和紙の材料の一つ雁皮(がんぴ)の仲間ですが、こちらは繊維が弱くて紙には向いていないそうです。


マルバハギ(丸葉萩)
マメ目 マメ科 ハギ属
落葉性低木

見たとおりハギの仲間です。
秋の七草に数えられるハギは花柄が長いヤマハギのこと。
マルバハギは花柄も葉柄も短く、葉も花も茎にひっつているのが特徴です。

人間が切り開いたところや田畑ではキングオブ雑草の一角を担っているマメ科ですが、ここでは珍しく少数派です。




単子葉植物綱
コオニユリ(小鬼百合)
ユリ目 ユリ科 ユリ属
多年草

派手な色と模様のユリです。
オニユリとそっくりですが、ちょっと花が小ぶりのような気がすることと、集落から離れた山の上で咲いていること、ムカゴがないことなどから、コオニユリとしました。


ヤマノイモ(山の芋)
ユリ目 ヤマノイモ科 ヤマノイモ属
蔓性多年草

小さいですが、これが雄花。
雌花はもっと小さくなります。
野生のものですから「自然薯」でしょうか。

地下にできる芋は年々長くなるので、もしかしたら人間より長い芋が埋もれているかもしれません。
もちろん勝手に掘ってはいけません。


ススキ(芒,薄)
イネ目 イネ科 ススキ属
多年草
秋の七草

もちろん岩湧山のキトラの茅場の主役。
「茅」と呼ばれるのはイネ科の複数の植物ですが、ここのはススキのようです。
多くのススキはまだ緑色ですが、花を咲かはじめているものがありました。

イネ科もキングオブ雑草ですが、花が地味な上に同じイネ科のススキに紛れ込んでいるのか、気付きませんでた。




 山の上ながらも茅場という特殊な環境ためか、意外にも野草が多いのに驚きました。

 大きな木がなく日当たりがいいことが理由だと思います。



 秋の七草のうち4種(マルバハギを入れたら5種)を見ることが出来ました。

 今ではクズ以外は植物園くらいでしか見かけることができなくなってしまいまが、万葉の昔には日常的な植物だったようです。



◆タグ 秋の花 秋の七草 岩湧山の花 ◆

■参考外部リンク■
河内長野市 岩湧の森 「四季彩館」


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 秋の花  岩湧山の花  シラヤマギク  イナカギク  オカトラノオ  シシウド  コガンピ  マルバハギ  ヤマノイモ 

関連記事
スポンサーサイト

theme : 山登り
genre : 趣味・実用

金剛山の深い谷に落ちていた卵の殻


 本などでは千早本道〈ちはやほんどう)ばかりが紹介される金剛山(こんごうざん)。

 そのためでしょうか、金剛山にあまり登ったことがない人は、「金剛山=健康登山の山」というイメージの人が少なくないような気がします。

 ところが金剛山はいろいろな登山道があります。
 初心者から上級者まで色々なバリエーションがあり、そのほとんどが山頂へ向かっています。

 それが登りきると車が走る舗装道路と観光施設につきあたり、「山頂」がはっきりとしない六甲山とのちがいです。



 そんな金剛山の道の一つ、妙見谷道(みょうけんだにみち)。

 ツツジオ谷道と千早本道を挟むようにしてある谷道です。

 山頂直下まで深い谷筋が続く妙見谷道は、沢登りの初歩コースとして有名ですが、沢の中を歩かない道もあります。



深い谷の妙見谷道
深い谷の妙見谷道



 そんな妙見谷を歩いていると、足元に谷にそぐわなし白っぽくて丸いものが。

 大きさも雰囲気もうずらの卵くらい。

 どうやら鳥の卵のようです。

 中は空。

 半分しかありません。

 孵化(ふか)した雛(ひな)が巣から落としたものでしょう。



妙見谷に落ちていた謎の卵 妙見谷に落ちていた謎の卵
妙見谷に落ちていた謎の卵



 半分に割れているので高さはわかりませんが、幅は2センチほど。
 白地に少し紫がかった茶色の斑(まだら)模様。

 手元には鳥の卵の図鑑がないので、金剛山にいる鳥の卵を検索して調べてみたら……

 どうやらヒヨドリのようです。



町中ではよく見るヒヨドリ(長居植物園)
町中ではよく見るヒヨドリ(長居植物園)




 ヒヨドリというと、住宅街にも住んでいる身近な鳥ですが、今まで卵なんで見たことはありません。

 まさかあまり姿を見かけない金剛山で卵を見ることになるとは思いませんでした。



◆タグ フィールドサイン ヒヨドリ 金剛山 ◆

■参考外部リンク■
金剛山登山道情報(金剛山のホームページ)
大阪市立長居植物園


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヒヨ  鳥の卵    フィールドサイン  金剛山  金剛山の鳥  妙見谷道 

関連記事

theme : 山登り
genre : 趣味・実用

金剛山が育む棚田の生き物 下赤阪の棚田2013年8月その2植物編


 大阪の南東部、千早赤阪村(ちはやあかさかむら)にある「日本の棚田百選」に選ばれた棚田。

 下赤阪(しもあかさか)の棚田。


 一年で最も暑いのお盆のころの風景です。



途中から見上げた8月の下赤阪の棚田
※画像スライドできます ⇒⇒




 実を作るために光と気温が必要な稲。

 まだ花は咲いていませんが、太陽の光をいっぱい浴びて花を咲かせる準備を始めていることでしょう。



 今回はそんな棚田のまわりで出会った植物を集めてみました。



田んぼの生き物400 [ 関慎太郎 ]

価格:1,050円
(2013/8/21 23:35時点)


掲載ページ数は文一総合出版『ポケット図鑑 田んぼの生き物400』初版第1刷のものです。




被子植物門
単子葉植物綱
アオウキクサ(青浮草)?
サトイモ目 ウキクサ科 ウキクサ属
一年草
掲載:P183

田んぼの常連。
地面に根を張らず、ひたすら水に浮きながら増えていきます。
駆除のしにくい雑草ですが、田んぼの水面を覆えば底まで光が届かず他の雑草が生えないとも言われます。
葉のようにみえるのは茎で、葉状体といいます。
ウキクサには何種類かありますので、違っている可能性もあります。


ノカンゾウ(野萓草)
ユリ目 ユリ科 ワスレグサ属
多年草

藪で咲いていました。
花が八重化していないのでノカンゾウだと思います。
八重になっていたらヤブカンゾウ。
濃いオレンジ色の大きな花は、棚田周辺のアクセントになっています。




双子葉植物綱
ヒメジョオン(姫女苑)
キク目 キク科 ムカシヨモギ属
二年草
掲載:P302

よく似た花にハルジオンがあります。
見分け方の一つは、蕾がうえを向いていればヒメジョオン、下を向いていればハルジオン。
これは下を向いていますが、葉の付け根が茎を巻いていないのでヒメジョオンだと思います。
ハルジオンは葉の付け根が茎に巻き付いています。
蕾が下を向いていたのは暑さのせい?


アキノタムラソウ(秋の田村草)
シソ目 シソ科 アキギリ属
多年草

見るからにシソ科っぽい花です。
道端によく生えている雑草のようです。


ミゾカクシ(溝隠)
キキョウ目 キキョウ科 ミゾカクシ属
多年草
掲載:P293

湿地を好む植物で、溝によく生えるのが名前の由来。
田んぼの畦(あぜ)にも生えるので、「アゼムシロ」の別名もあります。
5枚の花弁(はなびら)が下半分につくのが特徴。


ヤブマオ(藪苧麻)
バラ目 イラクサ科 カラムシ属
多年草

カラムシと同じように昔は布を作るための繊維をとっていました。
見た目もカラムシとよく似ていますが、カラムシは葉が茎に互いちがいにつく互生(ごせい)、ヤブマオは茎に左右同じ所につく対生(たいせい)で見分けることができます。
花もカラムシはもっと小さくなります。


ヘクソカズラ(屁糞葛)
リンドウ目 アカネ科 ヘクソカズラ属
蔓性多年草

葉や茎が臭いことが名前の由来だそうです。
近づいただけでは特に臭いません。


キカラスウリ(黄烏瓜)
スミレ目 ウリ科 カラスウリ属
蔓性多年草

棚田のまわりの藪のあちこちで咲いています。
所々で実がなりはじめていました。


センニンソウ(仙人草)
キンポウゲ目 キンポウゲ科 センニンソウ属
蔓性多年草

下赤阪の棚田の野草の中では大きい花です。
と思いましたが、キンポウゲ科ですから4枚の花弁に見えるのは萼(がく)。
見た目ほど大きい花ではないようです。


コマツナギ(駒繋)
マメ目 マメ科 コマツナギ属
小低木
掲載:P241

7月も咲いていました。
花期の長い花のようです。
草のように見えますが、木。
馬(駒)をつなげるくらい丈夫、というのが名前の由来です。


ガクアジサイ(額紫陽花)?
ミズキ目 アジサイ科 アジサイ属
落葉低木

装飾花が周囲を飾っていますし、ちょっと大きいのでガクアジサイだと思います。
全体が装飾花に覆われた園芸種の元になったと言われるアジサイです。


カキノキ(柿の木)
カキノキ目 カキノキ科 カキノキ属
落葉高木

7月には花が咲いていましたが、実が大きくなってきています。
細長いところが渋柿っぽい。


ウンシュウミカン(温州蜜柑)?
ムクロジ目 ミカン科 ミカン属
常緑低木

近くにはみかん畑があるので、これもウンシュウミカンかもしれません。
ミカンは南河内地域丘陵地帯の名産品でもあります。


チャノキ(茶の木)
ツバキ目 ツバキ科 ツバキ属
常緑低木

お茶の実もこんなに大きくなっています。
花が咲くのも実が落ちるのも冬。
1年かけて大きくなります。
チャノキは人間が利用するために植えたものですが、カキノキやミカンとちがって今では全く利用されなくなっているようです。
確かに製茶をする手間を考えると、製品を買うほうがいいでしょう。
実際、農村や山村周辺の山では手入れされていないお茶の木を見かけることがよくあります。




 雑草が多いように感じますが、もちろん棚田はきれいに手入れされています。
 田んぼのまわりを歩いていても雑草が邪魔になることは全くありません。

 これは手入れの隙をついて成長するほど雑草の生命力が高いことと、いろいろな植物が成長できる余地があるのが棚田なのだと思います。

 特に柿や梅などの果樹が植えられているは棚田の特徴でしょう。

 田んぼ+里山。
 それが棚田のようです。




富田林市立総合スポーツ公園の北の展望台から見た下赤阪の棚田
谷筋の部分は見えませんが、別の斜面がよく見えます。




 このように植物の種類が多いということは、それだけ動物も多いということ。

 8月の棚田の動物編はこちらです。



◆タグ 下赤阪の棚田 田んぼ ビオトープ ◆

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田(11月にはライトアップ)千早赤阪村ホームページ
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法
一般社団法人 地域環境資源センター 農村環境部

富田林市立総合スポーツ公園


昆虫に鳥に植物まで
田んぼの生き物大集合!

田んぼの生き物400 [ 関慎太郎 ]

価格:1,050円
(2013/8/21 23:35時点)

野草の補助に使用

日本の野草300(夏・秋) [ 鈴木庸夫 ]

価格:1,050円
(2013/8/25 12:24時点)

複数の図鑑を使うと便利

日本の野草(夏)増補改訂 [ 矢野亮 ]

価格:1,890円
(2013/8/25 12:25時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 8月の下赤阪の棚田の植物  植物/SA-tanada  果実/SA-tanada  アオウキクサ  ノカンゾウ  ミゾカクシ  ヘクソカズラ  センニンソウ  下赤阪の棚田2013  下赤阪の棚田201308 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

大阪湾にこんな生き物がいた?!ナメクジウオ「いきもの いっぱい 大阪湾 ~フナムシからクジラまで~」自然史博物館


 大阪湾の生き物と、それにまつわる人々の文化が展示されている大阪市立自然史博物館の「いきもの いっぱい 大阪湾」。

 大阪湾でみつかった生き物の標本がいろいろと展示されています。

 その中でびっくりしたのがナメクジウオ(蛞蝓魚)。



長居公園の植物園分岐の角に立つ看板
長居公園の植物園分岐の角に立つ看板




 ナメクジウオは5センチあるかないかの大きさの動物で、魚のようで魚でなく、名前のようにナメクジが魚に進化したとも思えるような生き物です。

 ナメクジウオは頭索動物(とうさくどうぶつ)に分類され、人間も含まれる脊椎動物(せきついどうぶつ)と同じ脊索動物門(せきさくどうぶつもん)。
 親戚です。

 ところが最近、ナメクジウオの遺伝子の解析の結果、頭索動物は脊椎動物の先祖だったことがわかったのです。

 つまり、脊椎動物は頭索動物から分かれたことがわかったのです。



神戸垂水区で採取されたナメクジウオの標本
神戸垂水区で採取されたナメクジウオの標本




 ナメクジウオのような頭索動物は、動物の基本的な種類がいきなり増えたカンブリア紀に登場したと考えられています。

 有名なバージェス動物群のピカイアなども頭索動物と考えられています。
 復元された絵は、ナメクジウオそっくり。

 ナメクジウオは生きた化石だったのです。

 しかしナメクジウオは原始的な魚のように見えないこともありませんが、体の作りはかなりちがっています。


自然史博物館「OCEAN! 海はモンスターでいっぱい」で展示されていたバージェス動物のピカイアの化石
自然史博物館「OCEAN! 海はモンスターでいっぱい」で
展示されていたバージェス動物のピカイアの化石




 「ウオ(魚)」と名前にありますが、魚ではありません。

 例えば、目はありませんし、心臓もありませんし、脳もありません。
 光を感じる器官や、血液を流す器官、神経はありますが、特定の機能を持つまでの形になっていないのです。

 例えば魚にある脊椎がありません。
 かわりにあるのが脊索。



自然史博物館の第39回特別展「ホネホネたんけん隊」で生体展示されていたナメクジウオ
自然史博物館の第39回特別展「ホネホネたんけん隊」で
生体展示されていたナメクジウオ



 なんとなく似ているようですが、脊索は神経の管、脊椎は中枢神経(ちゅうすうしんけい)の一つ脊髄(せきずい)を守る骨のこと。
 骨で覆われているかいないかの違いのようですが、脊椎動物の多くは最初は脊索を持っていますが生まれてくる前に消えてしまいかわりに脊椎ができます。

 つまり、脊索と脊椎は役割は似ていてもちがうものであることと、脊椎動物は脊索動物から進化したことがわかります。



 そんな人間のご先祖様が大阪湾にも住んでいたのす。

 大阪湾に接する府県のレッドデータも兵庫県で絶滅危惧II類に指定されているだけで、大阪府も和歌山県も指定されていません。

 ナメクジウオはそんなに深くない砂地に住んでいます。

 普通に海水浴に来ただけでは出会うチャンスはなさそうですが、人間のご先祖様が大阪湾に住んでいるというのは、おもしろい!



 「いきもの いっぱい 大阪湾」には、ほかにもいっぱい「大阪湾にこんなのいたの!?」というような生き物が展示されています。



◆タグ いきもの いっぱい 大阪湾 大阪湾 生きた化石 ◆

■参考外部リンク■
第44回特別展 いきもの いっぱい 大阪湾 ~フナムシからクジラまで~ | 大阪市立自然史博物館
ようこそ大阪市立自然史博物館へ

What's New: 大阪市立自然史博物館 特別展 「OCEAN! 海はモンスターでいっぱい」 の開催について ※すでに終了しています。
大阪市立自然史博物館 ホネホネ探検隊 ※すでに終了しています。

日本のレッドデータ検索システム


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: いきものいっぱい大阪湾  44  ナメクジウオ  生きた化石  大阪湾の生き物  大阪湾  ピカイア  レッドデータ 

関連記事

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

河内長野で見かけたイタチはニホンイタチかチョウセンイタチか?


 河内長野市にある大阪府営植物園の花の文化園。

 その駐車場から園目指して石川を渡っている時に、何か動いているものが。

 ネコくらいの大きさですがネコよりもずっと細長い生き物。

 イタチです。



立ち止まる河内長野の石川のイタチ
立ち止まる河内長野の石川のイタチ




 大阪にいる野生のイタチというと、ニホンイタチとチョウセンイタチ。

 名前の通りニホンイタチは日本の在来種。

 チョウセンイタチはシベリヤイタチ、タイリクイタチとも呼ばれていることからもわかるように、東アジア大陸部からの外来種。

 ニホンイタチはチョウセンイタチの亜種とされ、外見もよく似ていますが、ちがいもあります。





 まずは尻尾の長さ。
 尾長(びちょう)(尻尾の長さ)が頭胴長(とうどうちょう)(頭からお尻までの長さ)の半分以上あるのがチョウセンイタチ。
 尾長が頭胴長の4割くらいがニホンイタチ。
 つまりニホンイタチのほうが尻尾が短いということ。



人と自然の博物館のノロイ立ちのニホンイタチの剥製
人と自然の博物館の
ノロイ立ちのニホンイタチの剥製
人と自然の博物館のタイリクイタチ(チョウセンイタチ)の剥製
人と自然の博物館の
タイリクイタチ(チョウセンイタチ)
の剥製



 それからニホンイタチは褐色がかった黄土色で、チョウセンイタチは褐色がかった山吹色。
 つまり、チョウセンイタチのほうが黄色いということ。

 街のあまりきれいでない川の近くに住むのがチョウセンイタチで、田畑があるような里の川にの近くに住んでいるのがニホンイタチ。

 体はチョウセンイタチのほうが大きいのですが、成長途中だったりメスだったりしたら、もうわかりません。

 尻尾の長さ以外はなんかあやふやです。



 それで河内長野で出会ったイタチはどちらでしょう。

 色は濃い茶色という感じで、尻尾は短そうです。
 場所は石川の上流で周りには住宅もありますが、田畑や雑木林が中心。

 ということで、暫定ニホンイタチ。



ニホンイタチ(日本鼬)
ネコ目 イタチ科 イタチ属
日本固有種
棲息環境:川や湖沼などの水辺,森林,
日本での分布:北海道(移入),本州,四国,九州,
日本の侵略的外来種ワースト100:北海道,離島,

振り向く河内長野の石川の暫定ニホンイタチ
振り向く河内長野の石川の暫定ニホンイタチ


 とてもよく似ているニホンイタチとチョウセンイタチ。

 遺伝子レベルでは違う種類といえるほどの差が見つかり、染色体の形も違っていることがわかってきました。

 となると、在来種のニホンイタチの遺伝子に、外来種のチョウセンイタチの遺伝子が混ざりにくいということになります。



チョウセンイタチ(朝鮮鼬)
ネコ目 イタチ科 イタチ属
棲息環境:川や湖沼などの水辺,森林,
日本での分布:天然分布・対馬
       人為的移入・本州中部地方以南,四国,九州,
別名:シベリアイタチ,タイリクイタチ,
日本の侵略的外来種ワースト100:西日本,

大阪南部の住宅街の川で出会った暫定チョウセンイタチ
大阪南部の住宅街の川で出会った暫定チョウセンイタチ
カメラや天気が違うので単純に比較できませんが黄色で尾が長い



 となるとニホンイタチは守られそうな気もしますが、チョウセンイタチと住む所や食べ物、それから行動がかぶっているところがあります。

 同じとこに住んで、同じものを食べて、同じ時間同じ場所で行動する(同じニッチで行動する)動物は共存できない、とまでいかなくても共存しにくいという法則があります。

 チョウセンイタチが増えることは日本イタチが減ることになります。
 つまり、元からいなかったチョウセンイタチが日本にいるということは、その分だけ元からいたニホンイタチがいなくなったのかもしれません。



◆タグ イタチ チョウセンイタチ 侵略的外来種 ◆

■参考外部リンク■
兵庫県立 人と自然の博物館
大阪府立花の文化園公式サイト
外来種ハンドブック地人書館


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: イタチ  ニホンイタチ  チョウセンイタチ  シベリアイタチ  タイリクイタチ  侵略的外来種 

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

金剛山が育む棚田の生き物 下赤阪の棚田2013年8月その1動物編


 お盆の下赤阪(しもあかさか)の棚田。

 大阪の南東部、千早赤阪村(ちはやあかさかむら)にある「日本の棚田百選」に選ばれた棚田です。



一面緑の8月の下赤阪の棚田
※画像スライドできます ⇒⇒



 まだ稲の花は咲いてないようで、田んぼ一面に稲が茂っているのは7月と変わりません。

 棚田の様子が変わるのは、もうちょっと先のようです。



この記事にはいろいろな虫やカエルなどの画像があります。




 太陽の光を受けるため、どこにも日陰がない8月の棚田で出会った生き物の動物編です。

 文一総合出版の『ポケット図鑑 田んぼの生き物400』を中心に調べてみました。



田んぼの生き物400 [ 関慎太郎 ]

価格:1,050円
(2013/8/21 23:35時点)


掲載ページ数は文一総合出版『ポケット図鑑 田んぼの生き物400』初版第1刷のものです。




節足動物門
昆虫綱
トンボ目
シオカラトンボ(塩辛蜻蛉)
トンボ科 シオカラトンボ属
掲載:P126

翅(はね)の付け根が透明で、腹の先の黒い部分が長いのでシオカラトンボとわかります。


オオシオカラトンボ(大塩辛蜻蛉)
トンボ科  シオカラトンボ属
掲載:P127

シオカラトンボとよくにてますが、腹の先の黒い部分が短いことと翅の付け根が黒いことで見分けられます。


アキアカネ(秋茜)?
トンボ科 アカネ属
掲載:P124

飛び回るだけで止まってくれないので撮影には苦労しました。
あまりきれいに写すことはできなかったので、自信はありません。


ギンヤンマ(銀蜻蜒)の抜け殻
ヤンマ科 ギンヤンマ属
掲載:P129

大きめで細長く複眼が大きいのでギンヤンマとしました。




カマキリ目
オオカマキリ(大蟷螂)かチョウセンカマキリ(朝鮮蟷螂)
カマキリ科 Tenodera属

大きさや形からオオカマキリかチョウセンカマキリと思うのですが、田んぼの中で捕まえることができず、前足の付け根の色は確認できませんでした。
鮮やかなオレンジ色ならチョウセンカマキリです。


カマキリ(蟷螂)の抜け殻
これも大きさや形からするとオオカマキリかチョウセンカマキリのものだと思います。




バッタ目
ショウリョウバッタ?(精霊蝗虫)
バッタ科 ショウリョウバッタ属

見るからにジャンプ力がありそうな大型のバッタです。
翅が生えているのでもう成虫になっています。


コバネイナゴ?(小翅稲子)の幼虫
バッタ科 イナゴ属
掲載:P111

頭でっかちの寸詰まりなので、イナゴの仲間だと思います。




カメムシ目
マツモムシ(松藻虫)
マツモムシ科 マツモムシ属
掲載:P102

お腹を上に向け、長い後脚をオールのように使って泳ぎます。
水の中にいますが、翅があって飛ぶことができます。
噛まれるとじんじんと痛みます。


アメンボ(水黽)とヒメアメンボ(姫水黽)
アメンボ科
掲載:P108

左の大きいのがアメンボ。
右の大きいのがヒメアメンボ。
どちらもポピュラーなアメンボです。




コウチュウ目
アオドウガネ(青銅鉦)
コガネムシ科 スジコガネ属

丸くてちょっとつや消し風のコガネムシ。
広葉樹の葉を食べる害虫です。
このような虫がいるのも斜面に木が植えられている棚田ならでは。




ハエ目
ガガンボ(大蚊)の幼虫
ガガンボ科
掲載:P101

溝の中を流されてきました。
頭は泥の中に突き刺しています。
ガガンボは大きなカのような虫です。




クモ綱
ジョロウグモ(女郎蜘蛛)
クモ目 ジョロウグモ科 ジョロウグモ属
掲載:P116

お腹の方から見ています。
まだまだ成長途中のようです。


ナガコガネグモ(長黄金蜘蛛)
クモ目 コガネグモ科 コガネグモ属
掲載:P116

細長い系の大型のクモです。




脊索動物門
両生綱
トノサマガエル(殿様蛙)
カエル目 アカガエル科 アカガエル属
掲載:P27

言わずと知れたトノサマガエル。
大きさといい堂々とした態度といい、「殿様」の名に恥じないカエルでした。


ツチガエル(土蛙)
カエル目 アカガエル科 アカガエル属
掲載:P34

7月に見たものよりも小さいですが、イボイボ感がツチガエルっぽく感じます。


ニホンアマガエル(日本雨蛙)
カエル目 アマガエル科 アマガエル属
掲載:P26

体はカエルになってますが、まだオタマジャクシの尾を残しています。
黄緑色の体と鼻からはじまる黒い線はアマガエル。


オタマジャクシ(御玉杓子)
カエル目

相変わらずオタマジャクシの種類はわかりません。




鳥綱
ハシボソガラス(嘴細烏)
スズメ目 カラス科 カラス属
掲載:P174

嘴(くちばし)から頭にかけてのラインが真っ直ぐなので、ハシボソガラス。
たまたま棚田にやってきたようです。


チュウサギ(中鷺)
コウノトリ目 サギ科 アオサギ属
掲載:P155

足が黄色でないのでコサギではありません。
真夏の嘴に黄色い色が見えますのでチュウサギだと思います。



 棚田の生き物たちは7月とくらべてそれほど変わってはいないと思います。

 ただ昆虫の仲間が成長してよく目につくようになったので、数が増えたように見えるのでしょう。

 しかし、あれほどいたカブトエビが見事にいなくなっていました。

 普通ならば7月あたりに一度田んぼの水を抜く中干しをしますので、その時絶滅してしまうと思いますが、オタマジャクシは大量にいるのでよくわかりません。

 いや、むしろ中干しを乗り越えたオタマジャクシのほうが不思議なのでしょうか。




緑に覆われた8月の下赤阪の棚田




◆タグ 下赤阪の棚田 田んぼ ビオトープ ◆

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田(11月にはライトアップ)千早赤阪村ホームページ
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法
一般社団法人 地域環境資源センター 農村環境部


昆虫に鳥に植物まで
田んぼの生き物大集合!

田んぼの生き物400 [ 関慎太郎 ]

価格:1,050円
(2013/8/21 23:35時点)

トンボ関係の補助に使用

日本の昆虫1400(2) [ 槐真史 ]

価格:1,050円
(2013/8/21 23:39時点)

カエル関係の補助に使用

日本の爬虫両生類157 [ 大谷勉 ]

価格:1,050円
(2013/8/21 23:46時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 8月の下赤阪の棚田の動物  昆虫/SA-tanada  虫/SA-tanada  鳥/SA-tanada  アキアカネ  ヒメアメンボ  アオドウガネ  クモ/SA-tanada  下赤阪の棚田2013  下赤阪の棚田201308 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

毛のある無しだけじゃない。博物館と遊園地!京セラドームの「世界大恐竜展」とATCの「大恐竜帝国2013」のどっち行く?


 長かった夏休みもあとわずか。

 夏休みの前に終わってしまうのが京セラドームの「世界大恐竜展」。
 9月1日までのATCホールの「大恐竜帝国2013」より1週間早く8月25日には終わってしまいます。

 チラシでは違いがわかりにくいこの二つの恐竜展。

 入場料も家族連れとなると決して安いというわけではないので、どちらに行こうか悩んでいる人も少なくないようです。



 IWO(いきもの は おもしろい!)では「毛がある京セラドーム」「毛が無いATC」と言ってきました



毛のあるティラノサウルスの京セラドーム
毛のあるティラノサウルスの
京セラドーム
毛が無いティラノサウルスのATC
毛が無いティラノサウルスのATC


 それは展示されている恐竜のことで、必ずしも全体のちがいのことではありません。


 イベント全体を比べたとき、IWOのキーワードは「博物館それとも遊園地」



 恐竜展なのでどうしても恐竜に関する展示で決めてしまいますが、実はそれ以外にも大きな違いがあったのです。

 化石の展示が少ないATC。
 ですから、恐竜化石を見たい人は京セラドームの方がいいでしょう。



京セラドームのIWO的見どころスピノサウルス全身骨格模型
京セラドームのIWO的見どころスピノサウルス全身骨格模型




 じゃあ、ATCの方はどうなのかというと、それが恐竜展示以外のポイントです。

 ATCの会場の中には恐竜化石や恐竜ロボットの展示以外にも、子供向け恐竜イベントや、ふわふわ遊具、飲食コーナー、やたら広い売店、ザリガニ釣りや昆虫販売など小さい子供が喜びそうなものがたくさん。

 そして疲れた時のためにベンチも。

 恐竜展示を見終わっても、まだまだ会場内で遊んだりのんびりしたりできます。
 もう一度恐竜展示を見ることもできます。

 つまり、遊園地。

 恐竜イベント+遊園地がATCの特徴なのです。

 二つの要素が足されているのですから、入場料がちょっと高いのかもしれません。



ふわふわ遊具や迷路があって遊園地っぽいATC
ふわふわ遊具や迷路があって遊園地っぽいATC




 それに対して、恐竜化石とロボット展示に絞り込んだのが京セラドーム。

 売店と体験コーナーならありますが、ATCと比べるとずっと小さく、その先はもう会場出口。

 その分恐竜関連の展示を充実させています。



 ですから、会場全体のイメージとしては。


 京セラドームは博物館。

 ATCは遊園地。



 恐竜をたくさん見たいのなら京セラドーム。

 恐竜を見たあともいろいろ楽しめるのがATC。
 ただし小さな子供に限りますが。



大きいティラノサウルスの歯の化石
大きいティラノサウルスの歯の化石
体はティラノサウルスより大きいのに歯は小さいスピノサウルスの歯
体はティラノサウルスより大きいのに
歯は小さいスピノサウルスの歯
どちらも京セラドーム「世界大恐竜展」



 売店を見ればその違いがわかりやすいかもしれません。

 京セラドームは小さい売り場に少ない種類。

 でも陳列棚にきれいに並べられているので大人も小さな子供も見やすく取りやすい。
 そして限られたスペースを効率よく使っています。

 博物館の恐竜展などによく出店している業者さんなので、商品も恐竜好きなら思わず買ってしまうようなものばかり。

 博物館のミュージアムショップのようです。



 ATCは広い売り場に数多くの種類が並んでいますが、平面的な陳列で目立つ大きなPOPも無く、広いだけにどこになにがあるのかわかりません。

 種類が多いのに京セラドームにあった恐竜グッズが置いてなかったり(多すぎで気付かなかっただけ?)と、まさに子供向け。

 にもかかわらず商品は会議机の上に高く積まれていて、小さな子供はちょっと見にくいのでは、と気になります。

 ところが、どこになにがあるのかわからない“ごちゃごちゃ感”が子供にとっては遊園地のように楽しいおもちゃ箱感覚。


 ただ、いかにもプロが作った感じのスッキリとした京セラドームの売店に対して、なんだか素人っぽいごちゃごちゃした売り場は、せっかくのロボット巨大恐竜のドキドキワクワクが冷めてしまいそうで大人的には残念。



 きれいで見やすく絞り込んだグッズで恐竜好き向けの京セラドーム

 おもちゃ箱風の“ごちゃごちゃ感”で子供向けのATC



キョウリュウジャーにも出てくるATCのトリケラトプス
キョウリュウジャーにも出てくるATCのトリケラトプス




 ということで、一見よく似ている京セラドームの「世界大恐竜展」とATCホールの「大恐竜帝国2013」。

 でも実はまったく違っていたりします。

 京セラドームは博物館。

 ATCは遊園地。

 連れて行く子供の好みを考えると、選びやすいかもしれません。



 ただし、これらはIWOの独自の判断。

 それにイベントは生き物。

 たった1ヶ月の間でもどんどん変わっていくことがあります。

 どちらも7月終わりから8月初めの情報。

 出発前には最新の情報をブログなどで確認されることをおすすめします。



 余談。

 もちろんIWOとしては、中生代全体の恐竜を中心とした爬虫類化石と、糞化石や植物などの化石もある京セラドームの「世界大恐竜展」がおすすめです。

 ATCの「大恐竜帝国2013」の全方向から見られるフロア展示もいいのですが、化石展示の量で京セラドームの「世界大恐竜展」にはちょっと負けてしまいます。



◆タグ 世界大恐竜展 大恐竜帝国2013 恐竜 化石 ◆

■参考外部リンク■
よみがえる地球の覇者!世界大恐竜展 T-REXジェーン関西初上陸
TVO テレビ大阪 | 大恐竜帝国 2013年7月20日(土)~9月1日(日)10:00~17:00 ATCホール

獣電戦隊キョウリュウジャー|テレビ朝日


FAVORITE(フェバリット) 恐竜フィギュアスピノサウルス ビニールモデル

価格:1,365円
(2013/8/22 20:47時点)

サファリ社フィギュア403501 ティラノサウルスBR

価格:2,100円
(2013/8/22 20:48時点)

■ディノケシ 恐竜消しゴム ティラノサウルス スカル 2色 (Favorite/フェバリット/発売中)□

価格:470円
(2013/8/22 20:49時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 世界大恐竜展  大恐竜帝国2013  大恐竜帝国  恐竜  ティラノサウルス  スピノサウルス  トリケラトプス 

関連記事

theme : 展示会、イベントの情報
genre : 学問・文化・芸術

繁殖力旺盛でも準絶滅危惧種 サギソウ


 もう「花のみどころ」からはずれてしまったので大阪南部の植物園の花の文化園では終わっていると思いますが、8月はサギソウの花の季節です。

 8月の初めには、花の文化園の温室でたくさん咲いていました。



サギソウ(鷺草)

被子植物門 単子葉植物綱 ラン目 ラン科 サギソウ属
多年草
葉序:互生
花期:7~8月
生育環境:山野の湿地
日本での分布:本州,四国,九州,
誕生花:8月13日8月21日

[レッドデータブック]
 環境省RDB:準絶滅危惧
 絶滅:東京都,福井県,
    山梨県,徳島県,
    高知県,

青森県,群馬県,埼玉県,神奈川県,佐賀県,沖縄県以外は「絶滅」以外のいずれかのランクに指定
※沖縄県については生息域外と思われる

  • 絶滅(EX):我が国ではすでに絶滅したと考えられる種
  • 絶滅危惧II類(VU):絶滅の危険が増大している種
  • 準絶滅危惧(NT):現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては「絶滅危惧」に移行する可能性のある種

長い距があるサギソウの花
長い距があるサギソウの花


 名前の由来は花を見ればわかるように、白鷺(しらさぎ)(白いサギのこと)が飛ぶ姿に似てるから。

 サギ同様日本人にとって身近な植物だったのでしょう。



サギソウの花のアップ
サギソウの花のアップ

サギソウに似ている?飛ぶ白鷺(コサギ)
サギソウに似ている?飛ぶ白鷺(コサギ)

サギソウの花によく似ている睡蓮の葉に下りた白鷺(ダイサギ)
サギソウの花によく似ている睡蓮の葉に下りた白鷺(ダイサギ)




 サギソウは低地の湿地帯に生える蘭の仲間の植物で、日本の広い範囲で生息していました。

 ところが生息地が開拓されやすいところだったのか、どんどん消えていき、東京では絶滅してしまいました。

 大阪ではまだ絶滅危惧Ⅱ類ですが、いつ絶滅するかはわかりません。



 日本中で絶滅に瀕していながらも繁殖力は結構あるようで、園芸店などでは比較的安く手に入れることができます。

 サギソウが絶滅に瀕している理由の一つに盗菜がありますが、それ以前にサギソウが好む環境がなくなってきていることが最大の理由のようです。

 サギソウを身近な植物に戻すためには、サギソウが好む環境を維持することが大切です。



◆タグ  花の文化園 レッドデータブック ◆

■参考外部リンク■
大阪府立花の文化園公式サイト
日本のレッドデータ検索システム


サギソウ青葉(5球)

価格:500円
(2013/8/18 22:11時点)

サギソウ 盆栽 (銀河)苔玉【3~4球】

価格:1,680円
(2013/8/18 22:12時点)

山野草の苗/ひむかサギソウ(鷺草):サクラ2.5号ポット

価格:1,680円
(2013/8/18 22:12時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: サギソウ    夏の花  白い花  花の文化園    8月の誕生花  誕生花  レッドデータ 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

めったに見れない林冠を間近に見られる万博公園のソラード


 万博公園。

 正確には万博記念公園。

 日本で最初の万国博覧会か開かれた場所を公園としたものです。

 博物館などの施設もありますが、ほとんどは名前の通り公園となっています。

 その公園部分は「自然文化園」と呼ばれ、特に西の部分には多くの木々が植えられ、森になっています。



大阪万博の夢の跡 太陽の塔
大阪万博の夢の跡 太陽の塔




 その森の中に、一本の道があります。

 それも地面を離れたところに。

 高さ10メートルくらいのところに作られた遊歩道は、森を上の方から見ることができます。

 名前は「ソラード」。
 または「森の空中観察路」。



ソラードの入り口木登りタワー
ソラードの入り口木登りタワー




 起伏のある地形に作られているので高さはいろいろ変わります。

 一本一本離れて生えている街路樹とちがい、木がぎっしりと並んだ森になっていると、地上からは手の届かない遥か上にある葉っぱの天井しか見えません。

 でもこの葉っぱの天井、林冠(りんかん)とよばれていて、特に熱帯雨林の森では最も生き物が多い場所といわれています。

 熱帯雨林ほどではないにしても、温帯の日本でも林冠には色々な生き物がひとつの生態系を作っているといわれています。

 その林冠を観察するために作られたのがソラードです。



林冠へ消えていくソラードの空中観察路
林冠へ消えていくソラードの空中観察路




 ソラードは林冠の中をジグザグに通っていて、角を曲がる度に新しい景色が見えます。

 いつもは下から見上げるだけの林冠を横から見られるのは新鮮です。



林冠に手が届くソラードの空中観察路
林冠に手が届くソラードの空中観察路



 見たことがないような森の景色に驚きながら、入り口から300m近く歩いて吊り橋までやってくると、目の前には大きな塔が見えます。

 展望タワー。

 高さは19m。



遠くに見えてきた展望タワー
遠くに見えてきた展望タワー




 タワーは5層になっていて、各層に展望デッキがあります。
 多くの人はそのまま最上階を目指しますが、1層ごとに見ていくと森の様子がよくわかります。

 タワーは地面が盛り上がったところにあるので、1層目は地面の上(林床)とほとんど変わりませんが、斜面の下の方に向かうとかろうじて林冠を見ることができます。

 層を上がるごとに視界は広がっていき、丹波高原の山々も見えるようになってきます。



展望タワーの下層から見た万博公園の林冠
展望タワーの下層から見た万博公園の林冠
遠くに見えるビルは阪大病院




 そして最上層。

 万博公園の森を見下ろす位置になります。



太陽の塔の方へ伸びているように見える展望タワーから見たソラード
太陽の塔の方へ伸びているように見える展望タワーから見たソラード



 意外にも万博公園は広大な森に覆われています。

 ソラードの入り口のちかくにある自然観察学習館によると、この森にはオオタカが住んでいるそうです。

 こういった鳥を食べる猛禽(もうきん)が住んでいるということは、それだけ鳥が多いということす。

 そしてその鳥を支えるだけの虫や植物などの生き物が多いということ。

 しかも明治神宮などとちがいそのほとんどは入場可能な場所。



展望タワー最上層から北東方向の眺め
真ん中辺りに丹波高地南東端の山々が見えます。
右の方に小さな太陽の塔が見えます。
※画像スライドできます ⇒⇒



 この貴重な森の林冠を見ることができる貴重な施設。

 それがソラード。


 今度は秋の紅葉の季節に行って見たいと思います。



◆ラグ 万博公園 林冠 ビオトープ ◆

■参考外部リンク■
ソラード(森の空中観察路) | 独立行政法人 日本万国博覧会記念機構


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ソラード  自然文化園  万博公園  林冠  ビオトープ   

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

恐竜もすごいけど恐竜以外もすごい福井県立恐竜博物館


 北陸地方の福井県の勝山市にある福井県立恐竜博物館。

 世界三大恐竜博物館に数えられる博物館です。



 小高い丘の上にある博物館の前には広い駐車場があります。

 少し交通が不便なところにありますので、ほとんどの来館者は車で来るようです。

 だからでしょうか、夏休みだというのに勝山駅からの恐竜バスにのったのは3組。
 福井駅からシャトルバスがないのも頷けます。




田園風景の向こうに見える銀色卵の恐竜博物館




 駐車場から続く入り口は3階になり、そこから一気に地下までエスカレーターで下ります。

 恐竜以外の化石が並ぶ「ダイノストリート」を抜け、カマラサウルスの産状化石を横目に階段を登って行くと、ティラノサウルスのロボットが出迎えてくれます。

 ここから恐竜展示の本番、「恐竜の世界ゾーン」です。




「恐竜の世界ゾーン」で迎えてくれるティラノサウルスロボット




 まずは恐竜の基本的な情報をいろいろな展示で紹介してから、復元骨格の展示が始まります。

 この博物館の特徴は、一応パーテーションなどで区切りはあるものの、部屋にはなってなく、天井が吹き抜けになっているなど、古い博物館ではありえないようなデザインになっていること。

 吹き抜けになっているので上のフロアからも展示を見ることができるのです。

 ただおすすめ順路だと広めの通路の右に左にとせわしなく動かないといけないのが残念。




モンゴルのタルボサウルス(白)と北米のティラノサウルス(黒)が並ぶ
これで両者の違いがよくわか……らない?




 分類ごとに展示されている恐竜たちを見ながら、中国の四川省(しせんしょう)で見つかった恐竜の生体モデやロボットが並ぶジオラマへ。




伸び上がって葉を食べる全長20mのオメイサウルス




 それから鳥盤類の恐竜をいろいろ見ながら、天井のある「地球の科学ゾーン」へ。

 地球の地質や岩石などの地学についての展示になります。




トリケラトプスの仲間のアルバータケラトプス・ネモイ




 その壁際にあるのが福井県で見つかった恐竜、フクイサウルス、フクイラプトル、そしてドロマエオサウルスの仲間の化石です。

 ここに恐竜博物館が作られるきっかけになった恐竜たちです。




イグアノドンの仲間のフクイサウルス・テトリエンシス


アロサウルスの仲間のフクイラプトル・キタダニエンシス
「ラプトル」とついてますがドロマエオサウルスの仲間ではありません。


名前がまだ無いみたいなドロマエオサウルス類
「フクイラプトル」がもう使われてしまったので名前はどうなる?




 しかし、それまでの吹き抜けの華やかな展示と比べて、天井のあるところで展示ケースに入れられてほぼ真横からしか見ることができない状態でがっかり。

 ご当地恐竜なのに華々しいアメリカや中国の恐竜との差を感じてしまいます。



 車で来た人はあまり意識しないかもしれませんが、福井まで電車できて、さらに各駅停車で1時間揺られたあと、便数の少ないコミュニティーバスに乗り換えて来た者にしてみれば、もうちょっと福井の恐竜をかっこ良く見たかった。

 この展示ならもっと交通の便がいい福井市街のほうがよかったのに、と思ってしまいます。



 「地球の科学ゾーン」を出ると、「恐竜の世界ゾーン」を見下ろすようにスロープがあり、いろいろな角度でもう一度恐竜たちを見ながら2階へ。



2階から見た華やかな「恐竜の世界ゾーン」
※画像スライドできます ⇒⇒



 2階は「生命の歴史ゾーン」。
 先カンブリア紀から現代につながる地球の生き物がいろいろと展示されています。




エディアカラ動物の
チャルニオディスクス・アルボレウス

カンブリア紀ですが
バージェスの住人ではない
アカドバラドキシデス


 そして恐竜と同じ時代のモササウルスや翼竜、首長竜などいろいろ。

 もちろん動物だけでなく植物も。

 そして恐竜滅亡後の哺乳類の化石まで幅広く。

 恐竜博物館ということで簡単に流す人もいそうですが、名前に反して?ここもなかなかいい展示です。




見るからにモササウルスの仲間のプラテカルパス


頭が特徴的な翼竜のタペジャラ・ヴェルンホフェリ


バシロサウルスよりはクジラっぽいドルドン・アトロックス
恐竜滅亡後の4000万年前のクジラです。



 展示室のとなり、吹き抜けになっているエントランスホールにはティラノサウルスの全身骨格を間近で見ることができるダイノラボ、ミュージアムショップやレストランがあります。

 ただミュージアムショップはあまり大きくないので、夏休みなど混むときにはお土産を買うのにも想像以上の時間がかかる覚悟は必要。

 またレストランもお昼前から行列ができ、博物館周辺にはお店のたぐいは全く無いので、シーズン中の子供連れには昼食もなかなか難しいポイントになるかもしれません。



 トータルで考えると三大恐竜博物館の名に恥じない立派な展示だと思います。

 しかし外国の恐竜と勝山で見つかった恐竜たちの展示の差や、レストランのキャパシティなどを考えると、はたしてこの場所でいいのか、という気がしてしまいます。

 とてもいい博物館なだけに、電車で行くとどうしても残念感が。

 博物館に行く時には、車はもちろんのこと、遠方からの列車の場合は鉄道の乗り継ぎ時間やホテル選びなど、十分な下調べが必要かもしれません。



◆タグ 恐竜 化石 恐竜博物館 ◆

■参考外部リンク■
FPDM: 福井県立恐竜博物館
市内バス路線 - WEBかつやま
地域共生型サービス企業をめざします。 えちぜん鉄道株式会社
JRおでかけネット:トップページ


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 恐竜博物館  化石  恐竜  フクイサウルス  フクイラプトル  ドルドン  タペヤラ  モササウルス  オメイサウルス  アルバータケラトプス 

関連記事

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yahoo!天気・災害
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
Amazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる