【 2013年06月】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕
 ·レプタイルズフィーバー  ·エミュー  ·テグー  ·バケツ稲ビオトープ  ·カブトエビ  ·カイエビ  ·バケツ稲  ·ビオトープ  ·バケツ稲ビオトープ2013  ·ヤマフジ  ·藤  ·金剛山の花  ·紫色の花  ·初夏の花  ·二河原辺道  ·スイカズラ  ·ウンシュウミカン  ·マルバウツギ  ·ガマズミ  ·オオムラサキ  ·蝶  ·橿原市昆虫館  ·ハヤブサ  ·ほしだ園地  ·生駒山地  ·猛禽  ·カラスより小さい鳥  ·留鳥  ·野鳥  ·レッドデータ  ·ゲンジボタル  ·ホタル  ·腐草為蛍  ·橿原市昆虫館  ·昆虫館  ·七十二候  ·乃東枯  ·七十二候  ·ウツボグサ  ·夏の花  ·紫色の花  ·下赤阪の棚田  ·下赤阪の棚田の生き物  ·下赤阪の棚田の植物  ·下赤阪の棚田2013  ·下赤阪の棚田201306  ·下赤阪の棚田  ·棚田  ·田んぼ  ·ビオトープ  ·日本の棚田百選  ·下赤阪の棚田2013  ·下赤阪の棚田201306  ·銀の匙  ·荒川弘  ·家畜  ·梅子黄  ·七十二候  ·甲州小梅  ·月影枝垂  ·梅  ·花の文化園  ·夏の実

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

今年は6月。レプタイルズフィーバー2013


 今年もレプタイルズフィーバーが始まりました。

 たった二日間のイベントですが、その分凝縮。



レプタイルズフィーバー2013の会場
レプタイルズフィーバー2013の会場




 今年もいつもと同じ雰囲気。

 生き物の販売はもちろん、飼育道具や本やフィギュア、なんかよくわからないグッズまで何でもありの状態。
 もちろんふれあいコーナーも健在。




さすがレプタイルズ(爬虫類の)フィーバー!獣脚類の恐竜登場!!
さすがレプタイルズ(爬虫類の)フィーバー!獣脚類の恐竜登場!!



と思ったらふれあい広場のエミューのピーコちゃん
と思ったらふれあい広場のエミューのピーコちゃん





 午後からはステージで講演や対談など盛り沢山。

 テレビの動物番組などに出演されている「千葉のターザン」ことパンク町田さんもやってきます。

 犬猫以外のいろいろな動物に出会えるだけでなく、学校や出版社などの出展・出店もある生き物イベントです。



アンデスの歌うネズミのテグーも展示されています
アンデスの歌うネズミのテグーも展示されています




■参考外部リンク■
レプタイルズフィーバー2013 -小さな恐竜たちの世界-




◆タグ レプタイルズフィーバー ◆

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: レプタイルズフィーバー  エミュー  テグー 

関連記事
スポンサーサイト

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

バケツ稲・プランター稲で小さなビオトープ


 小さな田んぼで稲を育てるバケツ稲やプランター稲。

 田んぼに住んでいるカブトエビやカイエビも一緒にバケツやプランターで育てることが出来れば、小さなビオトープになるかもしれません。

 ということで地主さんの田んぼからカブトエビやカイエビを頂いて、バケツやプランターに入れていました。

 それが2年前。



この記事にはいろいろなエビの画像があります。




 去年のプランターやバケツでは、カブトエビやホウネンエビが孵化しましたが、大きくなる前に全滅してしまいました。

 そのためまたカブトエビなどを貰ってくることになりました。

 そして3年目。

 カブトエビなど田んぼの甲殻類の成長をよく見るためにバケツだけ早めに水を張りました。



バケツ田んぼの入水
バケツ田んぼの入水




 入水して濁りが落ち着くと、ところどころに小さくて褐色の丸いものが浮かんでいます。
 多分カブトエビの卵でしょう。

 カブトエビの卵は土や泥にひっつくような仕組みになっていますが、こうして離れることも多いようです。



バケツの縁に浮かんでいる卵
バケツの縁に浮かんでいる卵
大きいほうがカブトエビ(多分)で小さいほうがカイエビ(恐らく)
カブトエビの卵だとすると大きい方は約0.5mm



 入水二日目に動くものを発見。

 このバケツにはカブトエビとカイエビとホウネンエビの3種類を育てていました。

 数はカイエビが一番多く、次がカブトエビ、ホウネンエビは少しですので、単純に言うとカイエビかカブトエビのどちらか。

 卵はカイエビのほうが小さいし、何度も見ているちょっとオレンジがかった色もからしてカブトエビの生まれたてのノープリウス幼生でまちがいないでしょう。

 夜に光を当てて見てみると、カブトエビよりもずっと小さな点がいっぱい動いているので、こちらがカイエビにちがいありません。



多分カブトエビのノープリウス幼生(左上と右下)
多分カブトエビのノープリウス幼生(左上と右下)
なかなかピントをあわせるのが難しい




 幼生を見かけてから3日で小さいながらもカブトエビ型になっていまし。

 カブトエビは生まれた時から大きいだけでなく、早く成長して弱肉強食の田んぼで有利な立場になろうという戦略かもしれません。

 その戦略が功を奏したのか、あれだけいっぱいいた幼生の中、確実に大きくなっているのはカブトエビだけ。

 一度だけ小さなホウネンエビを見かけましたが、それっきり。
 ミジンコみたいな小さなカイエビも1匹見ただけ。

 他の甲殻類から襲われない体の大きさと背甲(甲羅)の上に共食いも辞さない雑食性でバケツビオトープの王者にカブトエビは君臨したようです。



5日目ですでにカブトエビの形に
5日目ですでにカブトエビの形に
5日目だけどまだ小さいカイエビ
5日目だけどまだ小さいカイエビ
下の青い線の幅は約0.5mm



 といいつつ、たくさんいたカブトエビの幼生も大きくなったのは2匹だけ。

 水が合わないのか、水温が合わないのか、餌が足りないのか、それとも共食いしたのか、理由はわかりません。



 そして、生まれて2週間で2匹のカブトエビも死んでしまいました。
 1ヶ月半から2ヶ月生きるといわれるカブトエビですから、何か合わないことがあったのでしょう。

 田んぼで毎年大発生するカブトエビですが、小さなバケツでは田んぼのようにはいかないようです。

 バケツのビオトープは難しいようです。



死ぬ前日のカブトエビ
死ぬ前日のカブトエビ
毎日2回は脱皮しているはずなのに藻がついているような緑色が
これが死ぬ原因?



 と思っていたら、バケツのビオトープが思わぬ方向へ……



◆タグ カブトエビ カイエビ バケツ稲 ◆

カブトエビのすべて [ 秋田正人 ]

価格:1,680円
(2013/6/24 00:36時点)

Little Beans カブトエビ/かぶとえび サイズ:9cm(メール便OK!)

価格:504円
(2013/6/24 00:36時点)

生きた化石 エビ伝説 飼育キット MA-ED カブトエビ まなびっこ 銀鳥 古代生物の孵化・生長を観察 エビの観察キット (昆虫飼育セット・実験) エビ 伝説 ギンポー 05P02jun13【RCP】

価格:945円
(2013/6/24 00:35時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: バケツ稲ビオトープ  カブトエビ  カイエビ  バケツ稲  ビオトープ  バケツ稲ビオトープ2013 

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

藤を見かけたら「ミ」か「彡」か。ヤマフジは「彡」


 周辺から多くの道が山頂を目指す金剛山。

 その中でも距離・標高差ともに大きい道の一つが、千早赤阪村(ちはやあかさかむら)役場近くから山頂を目指す二河原辺(にがらべ)水分(すいぶん)道と、桐山(きりやま)・二河原辺道。

 距離は約8km、標高差は約1000mと、低山とはいえ侮れない道です。



杉林の中に続いている二河原辺・水分道
杉林の中に続いている二河原辺・水分道



 どちらの道もバスで来る場合は森屋(もりや)のバス停、車の場合は道の駅・くすのきホールの駐車場がスタートになるでしょう。

 標高150mからスタート。
 しばらく集落の中を歩いて行くと、次は里山。

 5月下旬のこの辺りは、里山らしくいろいろな花が咲いています。



花が二個一のスイカズラ
花が二個一のスイカズラ
良い香りのウンシュウミカン
良い香りのウンシュウミカン
5枚花弁のマルバウツギ
5枚花弁のマルバウツギ
アジサイのようなガマズミ
アジサイのようなガマズミ



 小一時間歩いて休場(やすんば)でいよいよ二河原辺・水分道も本番です。

 都市に近い山です。
 黒栂谷(くろとがだに)道が合流するセトまで2時間ばかり杉の植林が続きますが、ところどころに広葉樹林があります。

 標高660mほどのちょうど中間くらいの場所。
 鉄塔204の足元に、藤が咲いていました。



鉄塔204の藤の花
鉄塔204の藤の花




 藤というと、公園などに植えられているノダフジと、山などに自生しているヤマフジ。
 わかりやすいちがいが(つる)の巻き方。
 ノダフジは右巻き、ヤマフジは左巻まき。

 といってもこの「右巻き」と「左巻き」はわかるようでわかりません。

 右へ行くのが右巻き?
 右から行くのが右巻き?



 ということで、いろいろと「右巻き」「左巻き」を調べてみると、わかりやすい表現をみつけました。

 「ミ」は右巻き。

 木や柱を伝って登っていく蔓を横からみたとき、「ミ」のように左側が上がっている(右側からはじまっている)様に見えるのが、右巻き。
 逆に「(さん)」のように右側が上がっている(左側からはじまっている)様に見えるのが、左巻き。



 そこで鉄塔204の藤の蔓を横からみてみると……




大きな地図で見る
鉄塔204の場所

鉄塔204の「彡」の藤
鉄塔204の「彡」の藤




 「彡」です。

 これは左巻き。

 ということで、この藤はヤマフジです。



◆タグ ヤマフジ  金剛山の花 ◆

■参考外部リンク■
金剛山登山道情報(金剛山のホームページ)
金剛山を歩く
大阪府/ダイヤモンドトレール情報


家庭で花見ができる【藤盆栽】 信楽焼 盆栽出荷数 ダントツNo1のお店です!

価格:1,980円
(2013/6/8 22:48時点)
感想(112件)

【父の日ギフト】盆栽:一才藤(瀬戸焼黒釉深鉢)*【送料無料】【あす楽対応】【楽ギフ_包装】

価格:3,980円
(2013/6/8 22:49時点)
感想(102件)

イッサイフジ 岡山一才藤

価格:2,835円
(2013/6/8 22:50時点)
感想(6件)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤマフジ    金剛山の花  紫色の花  初夏の花  二河原辺道  スイカズラ  ウンシュウミカン  マルバウツギ  ガマズミ 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

橿原市昆虫館のオオムラサキをよくみてみよう!


 大和三山の一つ天香久山(あまのかぐやま)の麓にある橿原市(かしはらし)昆虫館。

 大きな温室には一年中蝶が飛び交っています。

 6月になるとゲンジボタルの成虫の展示が始まりますが、そのころ温室ではオオムラサキが飛びはじめます。



この記事にはの画像があります。





橿原市昆虫館の放蝶温室
橿原市昆虫館の放蝶温室



 オオムラサキはタテハチョウ科の日本の在来種で、日本を象徴する蝶、国蝶です。
 開張(かいちょう)(はね)を広げた時の幅)が10センチにもなるという日本では大きい蝶。

 クヌギやコナラなどの樹液にあつまるのですが、人間を殺すこともあるスズメバチですら押しのけるほど“強い”蝶です。



オオムラサキ(大紫)
タテハチョウ科 オオムラサキ属
棲息環境:広い雑木林,
幼虫の食草・食樹:エノキ等,
日本での分布:北海道,本州,四国,九州,
日本の国蝶

羽が紫色のオオムラサキのオス
羽が紫色のオオムラサキのオス
羽が黒いオオムラサキのメス
羽が黒いオオムラサキのメス




 だからでしょうか、人間が近寄ってもまったく逃げようとしません。

 放蝶温室の蝶たちは天敵のいない昆虫館で生まれ育ったためかわりと逃げないのですが、それでもカメラを近づけていけば逃げていきます。

 しかしオオムラサキはマクロ撮影できるほど近づいても逃げません。
 触ってみたいところですが、当然禁止されているのでそれはガマン。

 生きた蝶を観察するいい機会です。

 ということで、接写をしました。



 オオムラサキをじっくり見ていると、なんか、足に違和感があります。
 よくみてみると4本しかありません。

 蝶は昆虫ですから6本のはずです。

 もしかしたら2本欠けてしまったかもしれないと思いましたが、どのオオムラサキも4本です。

 退化、それとも進化したのでしょうか。



足が4本(2対)?に見えるオオムラサキ
足が4本(2対)?に見えるオオムラサキ




 その謎も近づいて見ればわかります。

 前脚の2本が折りたたまれて胸にひっついているのです。

 多少短くなっているようですが、まだなくなってはいません。

 前脚が足としては退化しているのはタテハチョウ科の特徴です。

 しかし味を見る機能は残っているので、短いながらも残っているのでしょう。



前脚を折りたたんでいたオオムラサキ
前脚を折りたたんでいたオオムラサキ




 日頃は見ることができない蝶を生きている状態で間近に見ることができ、発見があった、橿原市昆虫館の放蝶温室です。



◆タグ  橿原市昆虫館 ◆

■参考外部リンク■
橿原市/橿原市昆虫館


日本の昆虫1400(1) [ 槐真史 ]

価格:1,050円
(2013/6/22 00:57時点)

蝶の標本 オオムラサキ 【送料無料】S.charonda【smtb-s】

価格:8,379円
(2013/6/22 00:54時点)

雑木林の虫の飼いかた カブトムシ・クワガタ・オオムラサキほか

価格:1,575円
(2013/6/22 00:56時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: オオムラサキ    橿原市昆虫館 

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

人がいっぱいいる絶壁の鳥


 大阪と奈良を分ける生駒山地(いこまさんち)の北にあるのがほしだ園地。

 山の起伏を利用し、全長280mの吊り橋「星のブランコ」などがある大きな公園です。

 公園案内所の向かいには大きな壁があり、そこによじ登っている人がいました。

 ほしだ園地のクライミングウォール。
 登るためのコースを作った人工の壁です。



ほしだ園地のクライミングウォール
ほしだ園地のクライミングウォール




 その前に望遠鏡のようなレンズをつけたカメラマンがたくさん集まっています。

 有名人が壁を登っているのか、と思ったのですが、カメラの向きが人工の壁じゃなくて、その横の天然の壁に向かっています。

 これは何かあると、急いで高倍率のカメラを取り出し最大倍率にして壁に向けると……

 1羽の鳥が岩のとび出たところにとまっています。



クライミングウォールの横の壁に止まっている鳥
クライミングウォールの横の壁に止まっている鳥




 黒い翼と背中。
 お腹には(うろこ)のような模様があります。

 ハヤブサ(隼)です。



 環境省RDBをはじめ全都道府県のレッドデータブックには何かのカテゴリに登録されています。

 大阪は「要注目(統一では「その他」)」となっているので、見かけることがまだできたのかもしれません。



 しかしそんな鳥が人間がよじ登っている壁の横にどうしているのでしょうか。

 よくわかりませんが、都市のビルに巣を作ることもあるといいます。


 もしかしたらハヤブサは、モズ以上に人間の近くでも平気なのかもしれません。



ハヤブサ(隼)
ハヤブサ(隼)
ヤブサ目 ハヤブサ科 ハヤブサ属
留鳥
カラスより小さい




◆タグ 猛禽 生駒山地 ◆

■外部リンク■
||| 大阪府民の森 ||| ほしだ園地
日本のレッドデータ検索システム


シュライヒ(schleich) ハヤブサ【関東当日便】

価格:997円
(2013/5/1 12:38時点)

ハンサはやぶさ22cmHANSA FALCONハヤブサのぬいぐるみ【セール】動物のぬいぐるみ【楽ギフ_包装】【楽ギフ_メッセ入力】【プレゼントにもオススメ】【RCP】【メッセージカード無料】

価格:2,588円
(2013/5/1 12:40時点)

ワシタカ類飛翔ハンドブック新訂 [ 山形則男 ]

価格:1,470円
(2013/5/1 12:44時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ハヤブサ  ほしだ園地  生駒山地  猛禽  カラスより小さい鳥  留鳥  野鳥  レッドデータ 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

2013年の橿原市昆虫館のゲンジボタルは七十二候「腐草為蛍」から展示されています。


 奈良盆地の南の橿原市(かしはらし)にあるにある橿原市昆虫館。

 毎年初夏にはゲンジボタル(源氏蛍)の昼間展示を行なっています。

 2013年も6月11日、七十二候(しちじゅうにこう)第二十六候の「腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)」から展示をはじめています。

 「腐草為蛍」はホタルの成虫が光りながら飛び交い始める季節がやってきたことを表します。

 展示は「腐草為蛍」が終わっても続き、6月30日までの予定。
 ただ成虫の寿命が短いゲンジボタルですから、早いほうがいいかもしれません。



奥にズド~ンと広がる橿原市昆虫館
奥にズド~ンと広がる橿原市昆虫館




 今年は去年と同じように1階の標本展示室と生態展示室の間にある「夜の昆虫たち」コーナー。
 昼間でも真っ暗になる部屋です。

 部屋の奥に水槽を並べて、そこでゲンジボタルを飼育しているようです。



2013年のゲンジボタル展示
2013年のゲンジボタル展示
ストロボが使えないのでこんな感じ。ホタルが光っています。




 展示としては、やはり2011年の本館2階展示室に作られた人工ビオトープが一番インパクトがあります。

 しかし昼間に光るホタルを見るためには、今回のようにコンパクトにまとまっている方が管理もしやすくいいかもしれません。

 でも小さな水槽よりも、まるでホタルが住む場所へ行ったかのような大きな人工ビオトープでの展示が、バージョンアップして復活することを願っています。



第6腹節の光が透けている?第7腹節
第6腹節の光が透けている?第7腹節
腹節ごとに独立して光らせることができるようです。




 ゲンジボタルはオスもメスも光ります。

 ただオスは第6腹節と第7腹節が光りますが、メスはは第6腹節だけ。
 ですからお腹を見れはオスメスがわかります。

 光る理由はわからないことも多いようですが、少なくとも同じ種類のホタル同士のコミュニケーションに使われるようです。

 もちろんオスとメスの合図もありますが、オス同士が一斉に同じタイミングで光ることもあります。



左のホタル♂が光っているときは右のホタル♂は暗く
左のホタル♂が光っているときは右のホタル♂は暗く

右のホタル♂が光っているときは左のホタル♂はほとんど光らない
右のホタル♂が光っているときは左のホタル♂はほとんど光らない

でも光るタイミングは同じ




 なかなかホタルの光は複雑なようです。



◆タグ ゲンジボタル ホタル 腐草為蛍 橿原市昆虫館 ◆

■参考外部リンク■
橿原市/橿原市昆虫館


(水辺植物)インスタント・ビオトープ(寄せ植え)(1鉢)

価格:1,710円
(2013/6/20 00:29時点)

(エビ・貝)コケ対策セット ビオトープ用 ミナミヌマエビ(10匹) + ヒメタニシ(5匹) 北海道・九州・沖縄航空便要保温

価格:1,040円
(2013/6/20 00:30時点)

【1000円以上送料無料】ホタルと暮らす ゲンジボタルその不思議な一生/三石暉弥

価格:1,470円
(2013/6/20 00:21時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ゲンジボタル  ホタル  腐草為蛍  橿原市昆虫館  昆虫館  七十二候 

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

正体はウツボグサ?「乃東枯」〈七十二候 第二十八候〉


 二十四節気の夏至。

 一年で太陽が最も高く昇り、昼が最も長くなる日。

 七十二候では「乃東枯」。

 読みは「だいとうかるる」「ないとうかるる」、または「なつかれくさかるる」。



 「乃東」は「夏枯草(かこそう)」の古い呼び名で、利尿や消炎の作用がある漢方薬の一つです。

 「夏枯草」はウツボグサの花の枯れたもので、ウツボグサ自身の呼び名でもあります。



ウツボグサ(靫草)
シソ科 ウツボグサ属

多年草
対生
生育環境山野の日当たりの良い草地,道端,
日本での分布北海道,本州,四国,九州,沖縄,
別名カコソウ,

夏至一週間前の下赤阪の棚田で咲いていたウツボグサ
夏至一週間前の下赤阪の棚田で咲いていたウツボグサ
「ウツボグサ」の「ウツボ(靫)」は、矢を入れるための背負う筒で、円筒形の花の集まりの花穂(かすい)を見立てたもの。



 ウツボグサは田畑などの周りに生え、6月ごろ花がさきはじめ、咲き終わると枯れてしまいます。

 植物が成長する夏に枯れるので「夏枯草」と呼ばれるようになったようです。

 ウツボグサの花は8月ころまで続きます。
 夏至の時期だけに咲くのではありません。


 ということで、「乃東」はウツボグサではないととする説もあります。

 ではなんでしょうか。

 七十二候発祥の中国には「乃東枯」はありません。
 第二十八候は「鹿角解(ルジァォジェ/しかのつのおつ」。

 「乃東枯」は日本オリジナルのようです。



まとまって咲いている下赤阪の棚田のウツボグサ
まとまって咲いている下赤阪の棚田のウツボグサ



 中国で「夏枯草(シァクツァォ)」というとウツボグサのこと。

 ちょうど夏至の頃に花が咲き始め、枯れるので「夏枯草=ウツボグサ」でも悪くはないと思います。



◆タグ 七十二候 夏の花 ◆

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田(11月にはライトアップ)千早赤阪村ホームページ


山野草:ウツボグサ (靫草) 9cmポット・3号鉢苗

価格:380円
(2013/6/16 22:39時点)

【6か月枯れ保証】【山野草】ウツボグサ 10.5cmポット 【あす楽対応】

価格:800円
(2013/6/16 22:39時点)

旧暦で楽しむ日本の四季 二十四節気と七十二候

価格:980円
(2013/6/16 22:37時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 乃東枯  七十二候  ウツボグサ  夏の花  紫色の花  下赤阪の棚田  下赤阪の棚田の生き物  下赤阪の棚田の植物  下赤阪の棚田2013  下赤阪の棚田201306 

関連記事

theme : 日本文化
genre : 学問・文化・芸術

金剛山が育む棚田の田植え 下赤阪の棚田2013年6月


 5月下旬に水を入れた千早赤阪村(ちはやあかさかむら)の下赤阪の棚田。
 日本の棚田百選に選ばれた棚田です。

 6月中旬には田植えが終わっていました。



田植えが終わった6月の下赤阪の棚田
田植えが終わった6月の下赤阪の棚田




 ここの棚田は250枚。
 それを42戸の農家が守っています。

 田植えが終わってまだ日が浅いようで、稲はまだまだ小さいまま。
 田んぼは水面がよく見えます。

 近くからみると、空の雲が映っていました。



空が映る6月の下赤阪の棚田
空が映る6月の下赤阪の棚田




 この棚田を見下ろすところに楠木正成(くすのきまさしげ)が作っ下赤坂城(しもあかさかじょう)の石碑が立っています。

 本丸は少し北、村役場の裏手あたりだそうですが、このあたりを歩いてみると、ここに城を作ったことにうなづけます。

 決して高くはないものの、山と谷の連続で、平らなところどころか斜面すらないようなところ。

 その中で尾根から始まる谷筋を切り開いて作られているのが下赤阪の棚田のようです。



6月の下赤阪の棚田
6月の下赤阪の棚田
※画像スライドできます ⇒⇒


 そんなところに田んぼがあるのも、千早赤阪村には平地がほとんど無いから。
 河南町との境の国道309号線バイパスのあたりを除き、田んぼは自然と棚田になります。

 ですから下赤阪以外にも、個性的な棚田があちこちにあります。

 そういった棚田も、同じように田植えが終わっていることでしょう。



◆タグ 下赤阪の棚田 田んぼ ビオトープ ◆

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田(11月にはライトアップ)千早赤阪村ホームページ
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法
一般社団法人 地域環境資源センター 農村環境部
NPO法人棚田ネットワーク
全国棚田(千枚田)連絡協議会
水稲栽培の手引き | 大阪府立環境農林水産総合研究所


【送料無料】楽しい稲作体験キット 箱田んぼ【父の日/プレゼント/米】【H】【TC】【e-netshop_ts】【がんばろう!宮城】 【RCP】【201305pe_fl】

価格:5,980円
(2013/6/18 00:35時点)

かんたん田んぼセット(半タル鉢1、稲苗1、土10L)!【お米作り栽培セット】

価格:1,480円
(2013/6/18 00:38時点)

【送料無料】 百選の棚田を歩く / 中島峰広 【単行本】

価格:2,310円
(2013/6/18 00:31時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田  棚田  田んぼ  ビオトープ  日本の棚田百選  下赤阪の棚田2013  下赤阪の棚田201306 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

「その子に名前つけちゃダメだよ?」荒川弘『銀の匙 Silver Spoon』第1巻


 北海度の架空の農業高等学校を舞台とした、小学館の『週刊少年サンデー』で今も続いているマンガです。
 著者は荒川(あらかわ)(ひろむ)さん。

銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)

新品価格
¥440から
(2013/6/6 19:49時点)


 札幌の中高一貫の進学校に通っていた八軒(はちけん)勇吾(ゆうご)は、家から離れるために全寮制の大蝦夷農業高等学校に入学しました。
 農業が重要な産業である北海道ですので、まわりは食や農に関する目的を持って入学してきたひとばかり。

 ここでも自分の居場所を見つけられません。

 そんななかで都市では想像もできない出来事や、馬術部への入部、食べ物の生産の現場に直面することによって少しづつ八軒も変わってきます。



百姓貴族 (1) (ウィングス・コミックス)

新品価格
¥714から
(2013/6/6 19:48時点)

 著者の荒川さんは、実家が北海道の酪農をやっていて農業高校を卒業したということで、舞台となる農業高校や農家のリアリティがでてくるのでしょう。
 それでも実家を舞台としたといわれるマンガ『百姓貴族』と比べると、まだまだおとなしくも感じますが。

 『週刊少年サンデー』、北海道、馬、成績優秀な主人公がやってくる、というところは、同じ北海道出身のゆうきまさみさんの名作『じゃじゃ馬グルーミン★UP!』と共通しています。

 また農業関連専門の教育機関が舞台をいうことでは、農業大学を舞台とした石川雅之さんの『もやしもん』とも共通しています。



じゃじゃ馬グルーミン★UP! (1) (小学館文庫)

新品価格
¥630から
(2013/6/6 19:58時点)

 舞台を競走馬の牧場という1箇所に絞った『じゃじゃ馬グルーミン★UP!』やゼミ仲間とのドタバタが中心の『もやしもん』。

 それにに対して、農業高校というある意味「なんでもあり」な場所を舞台にした結果、ちょっと何をやってるのかわかりにくく感じることもあります。

 しかし食べ物の生産ということを多方面から見ることができ、農業のリアルな側面を感じることができます。

 また、学問よりも実践に主眼が置かれた農業高校ということも、この作品の特徴かもしれません。



もやしもん(1) (イブニングKC (106))

新品価格
¥560から
(2013/6/6 20:00時点)

 週刊誌連載だからでしょうか、1巻は舞台となる北海道や農業高校、登場人物たちの描写が中心となります。

 その中で気になるセリフが「その子に名前つけちゃダメだよ?」。

 豚舎での授業で出会った子豚のうち、一番小柄な子豚に感情移入しそうな八軒に対して、家が酪農をやっている御影(みかげ)アキの一言。
 しかし家畜を飼った経験のない八軒は名前をつけてしまいます。
 ただ、食肉になるときに抵抗が少なくなるようにと提案された「豚丼」ですが。



 農家でない日本人が日常的に接する動物というと普通はペット。
 今はペットは家族と同じがそれ以上の存在で、名前をつけるのは当然のことです。

 でも豚舎で飼われているブタは食肉用。
 命を奪うことが前提になっています。

 その子豚も3ヶ月後には食肉になるのです。



ブタがいた教室 (通常版) [DVD]

新品価格
¥1,596から
(2013/6/6 20:02時点)

 人間が生きていくためには肉も食べなければなりません。

 その肉のもとになっているのは、もちろん生きていた動物。

 生きている動物の命を奪って、それを食べる。
 映画『ブタがいた教室』と同じテーマです。

 『ブタがいた教室』では舞台が普通の小学校で、先生も含めて家畜を育てたことがない子どもたちが豚を育てていました。

 しかしここは食肉用の動物を育てて食べるのは日常的な世界。
 「豚丼」はどうなるのでしょうか。



 といいつつ作品自体はそんな重い感じのするものではありません。

 食べ物が自給でき、周囲に人家がない何でもありの独立国のような場所で行われる高校生のちょっとかわった学園物語。

 その中で、食べるということを考えていくことができる作品のような気がします。



 様々な賞を受けて、いよいよ2013年7月からアニメが始まります。

 マンガを先に読むか、アニメを先に見るか。

 どちらでも、縁がある方で。



◆タグ 荒川弘 家畜 ◆

■参考外部リンク■
銀の匙 Silver Spoon(エゾノー)〈公式サイト〉|小学館
TVアニメ「銀の匙」 公式サイト


銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)

新品価格
¥440から
(2013/6/6 20:19時点)

百姓貴族 (1) (ウィングス・コミックス)

新品価格
¥714から
(2013/6/6 20:18時点)

鋼の錬金術師 完全版 1巻 (ガンガンコミックスデラックス)

新品価格
¥1,000から
(2013/6/6 20:22時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 銀の匙  荒川弘  家畜 

関連記事

theme : 漫画
genre : アニメ・コミック

花が遅かった梅も実が熟してます。「梅子黄」〈七十二候 第二十七候〉


 北回帰線より北では一年の内でもっとも太陽が高く登り昼の時間が長くなる夏至(げし)の直前の七十二候(しちじゅうにこう)
 第二十七候「梅子黄」。

 読みは「うめのこきばむ」。

 梅の実が黄色く熟す時期です。



 春の冷え込みで開花が遅れた今年の梅ですが、実の方は順調に熟してきているようです。



まだ青い(緑色の)甲州小梅(花の文化園)
まだ青い(緑色の)甲州小梅(花の文化園)




大分黄色くなってきた月影垂れ(花の文化園)
大分黄色くなってきた月影垂れ(花の文化園)




もう黄色の月影垂れの下に落ちていた実(花の文化園)
もう黄色の月影垂れの下に落ちていた実(花の文化園)



 黄色くなった梅の実は梅酒には向きませんが、梅干しには大丈夫。

 もちろん所有者の許可無く持ち帰るのはよくありませんが、公営の公園などでは収穫体験や実を分けてくれることがあります。

 近所の梅園のある公園をチェックすれば、まだ間に合うかも?



 「梅子黄」の次は、いよいよ夏至です。



◆タグ 梅子黄 七十二候  ◆

■参考外部リンク■
大阪府立花の文化園公式サイト


<予約開始>和歌山県産訳あり南高梅(青梅)約5kg 6月中旬頃から出荷予定

新品価格
¥2,480から
(2013/6/16 00:46時点)

紀州南高梅 訳あり 梅干し つぶれ梅 はちみつ漬け 400g

新品価格
¥980から
(2013/6/16 00:47時点)

<予約開始>産地直送 和歌山県産南高梅(完熟梅)約5kg 6月下旬頃から出荷予定

新品価格
¥3,580から
(2013/6/16 00:49時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 梅子黄  七十二候  甲州小梅  月影枝垂    花の文化園  夏の実 

関連記事

theme : 日本文化
genre : 学問・文化・芸術

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる