【 2013年03月】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕
 ·イノシシ  ·六甲山地  ·六甲山の動物  ·スミレ  ·春の花  ·紫色の花  ·和歌山  ·ロゼット  ·ロゼットハンドブック  ·錦織公園のロゼット  ·ブタナ  ·セイタカアワダチソウ  ·チチコグサ  ·オオアレチノギク  ·ヒメムカシヨモギ  ·キュウリグサ  ·アキノエノコログサ  ·モササウルス  ·化石  ·和歌山県立自然博物館  ·発見!モササウルス  ·中生代  ·白亜紀  ·和歌山  ·発掘!モンゴル恐竜化石展  ·ハドロサウルス  ·ソテツ  ·シダ  ·化石  ·中生代  ·裸子植物  ·被子植物  ·カワセミ  ·海の鳥  ·スズメより大きい鳥  ·花の文化園  ·梅  ·白い花  ·ピンク色の花  ·春の花  ·月影枝垂(梅)  ·狭山池  ·冬の鳥  ·水辺の鳥  ·水鳥  ·オカヨシガモ  ·冬の狭山池の鳥13.1  ·ヒドリガモ  ·ハシビロガモ  ·カンムリカイツブリ  ·狭山池の鳥  ·大和葛城山  ·雪の金剛山  ·フィールドサイン  ·タヌキ  ·霧氷  ·雪の大和葛城山  ·金剛山  ·金剛山  ·カトラ谷道  ·花崗岩

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

六甲山で日本でX番めの危険生物に遭遇!


 紅葉も終わった冬の六甲山。

 芦屋川(あしやがわ)からロックガーデンを越えて六甲山地(ろっこうさんち)最高峰から有馬(ありま)温泉へ抜けるという黄金ルートの途中、尾根の舗装道路までまだ1時間という雨ヶ峠。

 どちらの分岐に行くべきか、と悩んでいると目の前を黒い影が。

 イノシシです。



六甲山で出会った黒い影
六甲山で出会った黒い影




 イノシシというと豚の元になったとも言われる動物で日本には昔から住んでいます。
 人間の身近にいるためか古代の神話にも登場します。

 しかし。

 野生動物に襲われて命を落とす件数が日本で2番目に多いのがイノシシ。ともいわれます。

 実は日本で2番目ぐらいに危険な生き物だったのです。
 ちなみに1番目くらいはスズメバチ。



 よく見ると、小さなイノシシもイます。

 子供連れです。

 子連れの野生動物は厄介です。
 子供を守るために何をするかわかりません。
 それがイノシシの勝手な妄想であっても。



六甲山の子連れのイノシシ
六甲山の子連れのイノシシ




 なんとなく嫌な予感がしましたが、イノシシ親子はこちらにまったく無視しています。

 しかしイノシシがいるのはこれから向かう方向。

 通りすぎるのを待つことにしました。

 するとそのままイノシシはヤブの中へ。



 そこで出発したらいいのですが、野生のイノシシを間近に見る機会などそんなに無いだろうと藪から出てくるの待っていました。

 イノシシはすぐに藪から出てきましたが、そのとき、親イノシシが立ち止まったこちらを向きました。
 まるでにらんでいるように。

 さっきまではまったく無視していたというのに、今になって急に怒りのオーラを纏いはじめました。

 イノシシの脳内では妄想が炸裂しているのでしょうか。



 これはやばい。

 さらに妄想が膨らんで突進してきたら、

 危ないのはイノシシの突進を受けた時。
 鋭い牙で足などを裂かれ、その時動脈を切られたりすると、出血多量で運が悪ければ……



こちらを睨んでいる(ように見える)六甲山のイノシシ
こちらを睨んでいる(ように見える)六甲山のイノシシ




 まず走って逃げても無駄。

 突進してきたのを寸前で交わすしか方法がないのでしょう。

 と思っていたら、横にベンチがあることを思い出しました。

 わずか数十センチの高さしかありませんが、噂通り猪突猛進ならば、イノシシの突進を防ぐことができるでしょう。

 さあ、これらの運命は?



 数十センチの段差に恐れをなしたのか、それとも何かを悟ったのか、はたまた妄想が終了したのか。

 イノシシはこちらを無視して再び食事に戻りました。

 ほっと胸をなでおろしたのですが、まだイノシシはいます。

 再び妄想が炸裂しないように静かにすみやかにその場を離れました。



◆関連タグ 六甲山地 ◆

■外部リンク■
神戸・六甲山系の森林(神戸市と六甲山系の自然のHP)
Tokiwaの山歩紀


哺乳類のフィールドサイン観察ガイド

新品価格
¥1,890から
(2013/2/8 21:41時点)

日本の哺乳類 (フィールドベスト図鑑)

新品価格
¥1,995から
(2013/2/8 21:41時点)

papo(パポ社)フィギュア 53019 イノシシ

新品価格
¥840から
(2013/2/8 21:39時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: イノシシ  六甲山地  六甲山の動物 

関連記事
スポンサーサイト

theme : 山登り
genre : 趣味・実用

和歌山の雑賀の岬で出会った すみれ


 暖流ながれる和歌山の北西部、雑賀衆(さいかしゅう)で有名な雑賀崎(さいがざき)

 そこで小さく海に飛び出した小さな岬、トンガの鼻。
 あるのが幕末の対欧米列強紀州防衛用砲台跡。
 通称「カゴバ台場」。

 そこへ向かう途中、スミレが咲いていました。



スミレが咲いているトンガの鼻のカゴバ台への道
スミレが咲いているトンガの鼻のカゴバ台への道
薄紫色に見えるのがスミレ




雑賀崎の場所

 もう3月も半ばを過ぎました。

 冷え込んだ2月の反動のように暖かくなって、一気に春がやってきたようです。

 半月ほど前まで雪の積もった葛城山や金剛山を歩いていたので、すごく意外に感じました。

 暖かい和歌山でなくても近畿平野部なら、スミレが咲いていても驚くような時期ではないのですが。



 花の色はほんのり薄い紫色。大きく広がっているのはタチツボスミレのようですが、色が薄すぎます。

 茎は赤紫のような色で、葉の形もハート型のように見えて葉柄のつけのあたりで切れ落ちているちょっと変わった形をしているのでチツボスミレではなさそうです。
 葉脈のところが赤紫色をしているものもあります。

 とりあえず花や(きょ)や葉などスミレを見分けるポイントになる部分を写しました。



トンガの鼻のスミレの花
トンガの鼻のスミレの花
トンガの鼻のスミレの花の距
トンガの鼻のスミレの花の距
トンガの花のスミレの花の葉
トンガの花のスミレの花の葉



 家に帰ると『スミレハンドブック』の出番です。

 しかし、残念ながら「これだ!」とピッタリくるものはありません。

 スミレは種類が多いだけでなく、一つの種類の中でも花の色などの差が大きく、『スミレハンドブック』を持ってしても、気持ちよく見分けることができるものはそんなに多くありません。

 今回もそのパターンです。



スミレハンドブック

新品価格
¥1,470から
(2013/3/24 13:36時点)

日本に自生するスミレ全種を含めて107種も掲載。
花の色や葉の形から引ける便利な写真索引で見つけやすい。
掲載写真はなんと約400点。
スミレ調べに役立つ1冊。





 葉も距も特徴的なのですぐわかるだろうと思っていたら、逆にぴたりと当てはまりそうなものはありません。

 それでも葉の葉脈の色づき方などからアカフタチツボスミレ(赤斑立坪菫)かな、と思いましたが、距の形が全く違います。

 スミレを見分けるのはなかなか難しそうです。



 ということで、はっきりするまで仮の名前をつけることにしました。


 「雑賀カゴバ台場すみれ(サイカカゴバダイバスミレ)」です。



◆ スミレ 春の花 紫色の花 和歌山 ◆

■参考外部リンク■
雑賀崎和歌山市ホームページ わかやまCITY情報


花苗:パルマスミレ(ニオイスミレ)*【花色が選べます】 (紫(オーロラ))

新品価格
¥735から
(2013/3/24 14:15時点)

数量限定【なんてキュートで可憐な花】パンダスミレ苗3号ポット【花苗】

新品価格
¥208から
(2013/3/24 14:30時点)


山野草 スミレ 各種
タチツボスミレ
ニオイスミレ
ユウギリ スミレ
苗場キスミレ
チシオコスミレ
雲仙 スミレ
彩雲 スミレ
シソバキスミレ
エゾキスミレ
››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: スミレ  春の花  紫色の花  和歌山 

関連記事

theme : 花と生活
genre : 趣味・実用

『野草のロゼット ハンドブック』を買ったので錦織公園でロゼットハント。略して「ロゼ・ハン」 その2 日当たりがよさそうで乾燥しやすそうな場所


 文一総合出版の『雑草のロゼット ハンドブック』を買ったので、錦織(にしこおり)公園へ「蓮座叢狩=ロゼットハント」へ行った続きです。


野草のロゼットハンドブック

新品価格
¥1,260から
(2013/3/17 00:22時点)


 「ロゼット」は植物が茎を伸ばさずはだけを四方八方に伸ばした状態のことです。
 生涯その状態の植物もいますが、春に一気に成長するために冬の間地面に張り付くようにして寒さを凌ぎつつ、効率よく太陽の光をうけるためにそういう状態になるものも少なくありません。


 錦織公園は、人工的に切り開かれて遊具が置かれた場所から、里山の植生が残されている場所までいろいろある大阪府営の公園です。



ページ数は文一総合出版『野草のロゼット ハンドブック』(「RHB」と略)の初版第一刷のものです。
名前・科属以外の説明は『野草のロゼット ハンドブック』以外を参考にしている場合もあります。
植物の素人が判別しているため間違っている可能性があります。




日当たりがよさそうで乾燥しやすそうな場所


 丘の頂上で周囲から光はよく当たるものの雨水は下へしみていきすぐ乾燥しそうなところを集めてみました。



展望台東峰


 公園のほぼ中央、展望台への分かれ道で、公園内で高い場所の一つ。

 北向きに開けたところですが、日当たりもいい。
 頂上になるので雨が降らないと乾燥しそう。

 公園の地図などにも名前が書かれていないので展望台の東側にあるので勝手に名付けました。



ロゼハンした展望台東峰

大きな地図で見る
展望台東峰のロゼハン場所


 公園のほぼ中央で高いところにありながら、綺麗に草が刈られた斜面ということで雑草も育ちやすいようです。

 環境省指定要注意外来生物も多数見つかりました。




切れ込みのある葉


オニタビラコ(鬼田平子)
RHB:P81
キク科 オニタビラコ属
一年草

分布:北海道,本州,四国,九州,沖縄,

生育場所:畑,土手,庭,空き地,道端,

セイヨウタンポポ
(西洋蒲公英)

RHB:P80
キク科 タンポポ属
多年草

帰化植物 ヨーロッパ原産

生育場所:空き地,芝地,グラウンド,道端,

環境省指定要注意外来生物
日本の侵略的外来種ワースト100

ブタナ(豚菜)
RHB:P70
キク科 ブタナ属
多年草

帰化植物 ヨーロッパ原産

生育場所:空き地,芝地,グラウンド,道端,




楕円形の葉


オオバコ(大葉子)
RHB:P52
オオバコ科 オオバコ属
多年草

分布:北海道,本州,四国,九州,沖縄,

生育場所:空き地,グラウンド,道端,

別名:車前草(しゃぜんそう)




披針形の葉


セイタカアワダチソウ
(背高泡立草)

RHB:P77
キク科 アキノキリンソウ属
多年草

帰化植物 北アメリカ原産

生育場所:空き地,土手,荒地,

環境省指定要注意外来生物
日本の侵略的外来種ワースト100




線形の葉


チチコグサ(父子草)
RHB:P68
キク科 ハハコグサ属
多年草

分布:北海道,本州,四国,九州,沖縄,

生育場所:田畑,山地,河原・渓流,草原,道端,




ハート型・へら形の葉


ウラジロチチコグサ
(裏白父子草)

RHB:P65
キク科 チチコグサモドキ属
多年草

帰化種 南アメリカ原産

生育場所:芝地,空き地,造成地,グラウンド,道端,

ハルジオン(春紫苑)
RHB:P63
キク科 ムカシヨモギ属
多年草

帰化植物 北アメリカ原産

生育場所:田,畑,荒地,空き地,

別名:春女苑(はるじょおん)春紫苑(はるじおん)

環境省指定要注意外来生物
日本の侵略的外来種ワースト100



梅の里峰


 梅の里の西側の小さな峰の頂上広場。
 まわりをエノキや柿に覆われ日当たりもいい場所。

 こちらも名前がついていないようなので、とりあえずつけてみました。



ロゼハンした梅の里峰

大きな地図で見る
梅の里峰のロゼハン場所


 展望台東峰とちがい、周りにエノキや柿などの樹木に覆われているものの、平らな頂上には風通しがいいのか、ロゼッタの種類もちょっと少なめでした。

 その分、環境省指定要注意外来生物も少なめでした。




切れ込みのある葉


オオアレチノギク
(大荒地野菊)

RHB:P60
キク科 イズハハコ属
一年生

帰化植物 南アメリカ原産

分布:本州,四国,九州,

環境省指定要注意外来生物
日本の侵略的外来種ワースト100

オニタビラコ(鬼田平子)
RHB:P81
キク科 オニタビラコ属
一年草

分布:北海道,本州,四国,九州,沖縄,

生育場所:畑,土手,庭,空き地,道端,

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)
RHB:P61
キク科 イズハハコ属
2年草

帰化種 北アメリカ原産

生育場所:空き地,畑,草原,道端,




披針形の葉


コウゾリナ(剃刀菜・顔剃菜)
RHB:P74
キク科 コウゾリナ属
2年草

分布:北海道,本州,四国,九州,

生育場所:林縁,荒地,土手,草地,




線形の葉


チチコグサ(父子草)
RHB:P68
キク科 ハハコグサ属
多年草

分布:北海道,本州,四国,九州,沖縄,

生育場所:田畑,山地,河原・渓流,草原,道端,




円形・卵形の葉


キュウリグサ(胡瓜草)
RHB:P50
ムラサキ科 キュウリグサ属
2年生

分布:北海道,本州,四国,九州,沖縄,

生育場所:田畑,道端,



パークセンター


 錦織公園の南端のメインゲートにあります。
 南向きて広場があり日当たりの良さそう。
 頂上ではなく平らに整地されているので上の二箇所よりは乾燥しにくいかもしれません。


ロゼハンしたパークセンター

大きな地図で見る
パークセンターのロゼハン場所


 国道や住宅街に近いので、公園外からの種もやってきそうな感じがします。

 しかしロゼッタの種類は少なく、意外でした。




切れ込みのある葉


オオアレチノギク
(大荒地野菊)

RHB:P60
キク科 イズハハコ属
2年草

帰化植物 南アメリカ原産

分布:本州,四国,九州,

環境省指定要注意外来生物
日本の侵略的外来種ワースト100

セイヨウタンポポ
(西洋蒲公英)

RHB:P80
キク科 タンポポ属
多年草

帰化植物 ヨーロッパ原産

生育場所:空き地,芝地,グラウンド,道端,

環境省指定要注意外来生物
日本の侵略的外来種ワースト100
花の下の萼が反り返っているのでセイヨウタンポポとしました。
日本の在来種(大阪なのでカンサイタンポポ)は反り返っていません。
ということになっていますが、遺伝子を調べてみると、必ずしも萼の反り返りだけでは区別できないようです。
でも、一般人が道端で見かけたタンポポの遺伝子調べられませんもんね。




楕円形の葉


オオバコ(大葉子)
RHB:P52
オオバコ科 オオバコ属
多年草

分布:北海道,本州,四国,九州,沖縄,

生育場所:空き地,グラウンド,道端,

別名:車前草(しゃぜんそう)

スイバ(蓚,酸い葉)
RHB:P41
タデ科 ギシギシ属
多年草

分布:北海道,本州,四国,九州,

生育場所:野原,土手,田,道端,

別名:ギシギシ,スカンポ,スカンボ,ソレル,




線形の葉


アキノエノコログサ
(秋の狗尾草)

RHB:P15

イネ科 エノコログサ属
1年草

分布:北海道,本州,四国,九州,

生育場所:田畑,道端,空き地,




ハート型・へら形の葉


ウラジロチチコグサ
(裏白父子草)

RHB:P65
キク科 チチコグサモドキ属
多年草

帰化種 南アメリカ原産

生育場所:芝地,空き地,造成地,グラウンド,道端,



 「ロゼット」は英語では「rosette」。
 元々はバラの花のことだったそうです。

 転じてバラの花のように薄片がいくつも円形に重なったもののことを指すようになりました。



 漢字では「蓮座叢(れんざそう)」。
 「蓮座」は「蓮華座(れんげざ)」のことで、仏像の下にある花のような台のことです。
 「蓮華」は仏教で大切にされるハスの花のことです。

 バラの花とハスの花。

 おもしろいですね。



 ということで、つぎは日当たりが悪く湿気が多そうな場所編です。



◆ ロゼット 錦織公園のロゼット 錦織公園 ◆

■外部リンク■
文一総合出版
大阪府営 錦織公園
要注意外来生物リスト[外来生物法]環境省へようこそ!
外来種ハンドブック地人書館


野草のロゼットハンドブック

新品価格
¥1,260から
(2013/3/17 00:23時点)

野外観察ハンドブック 校庭の雑草

新品価格
¥2,520から
(2013/3/17 00:25時点)

日本の野草・雑草―低山や野原に咲く471種 (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,365から
(2013/3/17 00:26時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ロゼット  ロゼットハンドブック  錦織公園のロゼット  ブタナ  セイタカアワダチソウ  チチコグサ  オオアレチノギク  ヒメムカシヨモギ  キュウリグサ  アキノエノコログサ 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

ものすごく昔の和歌山の海にはこんなでっかいやつがいた!「発見!モササウルス」和歌山県立自然博物館


 和歌山県立自然博物館の「開館30周年記念特別展 発見!モササウルス―化石の発掘エピソードと最新情報―」に行ってきました。

和歌山県立自然博物館
和歌山県立自然博物館
 モササウルスは恐竜がいた中生代の白亜紀後期の海にいたトカゲに近い爬虫類(はちゅうるい)の一種。
 復元図もトカゲに似た細長い尾の姿でしたが、今は魚のような尾ヒレを持っていた姿に変わってきています。

 大きいものは10メートルを超え、海の王者とも。

 日本各地で化石が見つかっていて、博物館がある和歌山で見つかったものが展示されています。



 決して大きいとは言えない展示室ですが、その分モササウルスがぎっちりつまっています。

 まずはモササウルスの説明。
 そして発掘の様子のパネルジオラマ。
 石の中から化石を取り出すクリーニング作業も見ることができます。

 そしてモササウルスの化石の展示。



クリーニング作業ルーム
クリーニング作業ルーム
作業は10:30~11:30と14:00~15:00だそうです。




 まだクリーニングは終わってないので、クリーニングが済んだものを展示しています。

 背骨は太く、アゴは長く、歯は大きく、前足のヒレは何十センチもあります。
 こんな大きなヒレで泳ぐのですから、体が大きくないわけがありません。



大きい前足のヒレの化石
大きい前足のヒレの化石




 展示室の奥には化石が見つかった状態を(かたど)ったレプリカ(産状レプリカ)があります。

 化石の「見つかった状態」にもたくさんの情報があります。
 化石を扱う古生物学にかぎらず考古学などでも、見つかった状態は大切なのです。

 しかし見つけたままでは一番重要な化石を取り出すことができません。

 ということで、見つかった状態を立体的に残すためにレプリカが作られました。



ヒレの上に肋骨がのった産状レプリカ
ヒレの上に肋骨がのった産状レプリカ




 タイトル通りモササウルスだらけの展示ですが、なにもモササウルスの説明だけではありません。

 化石発掘の様子や石から化石を取り出すクリーニング、化石の産状から推理する生きていた時や亡くなった後の様子、石と化石の見分け方など化石研究についての情報もたくさんあります。



右下顎骨(前部)に残った鋭いモササウルスの歯
右下顎骨(前部)に残った鋭いモササウルスの歯




 日本では各地でモササウルスが見つかっていますが、ばらばらのものばかりでこれほどそろっているものはほかにはありません。

 さらに頭の骨や前後のヒレが見つかるなど、モササウルス研究にとって大変貴重な化石。

和歌山県立自然博物館の場所

 モササウルス全体の研究に与える影響も少なくなさそうです。

 和歌山で見つかったモササウルスの化石はまだまだクリーニングの真っ最中。
 これからどんな発見があるのか楽しみです。



 そんなモササウルスの展示も2013年3月31日まで。

 残りあとわずか。

 さあ、和歌山へ急げ!



◆ モササウルス 化石 和歌山県立自然博物館 ◆

■参考外部リンク■
和歌山県立自然博物館公式ホームページ


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: モササウルス  化石  和歌山県立自然博物館  発見!モササウルス  中生代  白亜紀  和歌山 

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

「発掘! モンゴル恐竜化石展」恐竜だけでなく植物も戦っていた?


 モンゴルの恐竜の化石がいっぱい展示されている大阪市立自然史博物館の「発掘! モンゴル恐竜化石展」。



「発掘! モンゴル恐竜化石展」の記事をまとめてみるのならこちら

〔発掘!モンゴル恐竜化石展〕


花と緑と自然の情報センターの門の看板
花と緑と自然の情報センターの
門の看板

 生き物として恐竜を見るとき、恐竜が生きていた環境を知るということも大切です。

 たとえば植物などの化石は昔の環境を知る助けになります。

 「発掘! モンゴル恐竜化石展」でも、多くはありませんが植物の化石も展示されています。




 まずはモンゴルのマンライから発掘された今から1億4000万年前の中生代(ちゅうせいだい)白亜紀(はくあき)前期の植物化石。

 当時、そこは湖だったようで、周辺から流れてきたものが湖の底に泥と一緒にたまり、酸素の少ない状態で微生物に分解されることもなく化石になったものでしょう。




 展示されているものは裸子植物の化石が目立ちます。

 裸子植物(らししょくぶつ)というのは種になる部分(種子(しゅし))がむき出し(裸)になっているのが特徴です。

 恐竜と同じように中生代に繁栄し、恐竜とちがって絶滅しなかったものの、すごく種類を減らしてしまいました。

 それとは反対に恐竜絶滅後に繁栄したのが雌蕊(めしべ)の根元の部分が種をくるんだ被子植物(ひししょくぶつ)です。



裸子植物の枝の化石
裸子植物の枝の化石
白亜紀の終わりに絶滅した裸子植物ベネチテス目の葉の化石
白亜紀の終わりに絶滅した裸子植物
ベネチテス目の葉の化石



 今も残っている裸子植物といえば針葉樹(しんようじゅ)
 松や杉などです。

 身近に生えているので衰退したようには思えませんが、目にする針葉樹の多くは人間が植えたもの。

 自然の状態では、多くの種類が乾燥したところや栄養の乏しいところ、寒いところのように環境が厳しいところによく生えています。




 針葉樹以外ではイチョウやソテツなどがあります。

 どちらもそれほど珍しい植物ではありませんが、ソテツは日本では南九州や南西諸島・小笠原諸島など暖かいところにしか自生していません。

 イチョウにいたっては中国の南部の山にただ1種が自生しているだけで、日本のイチョウはそれを増やしたものです。

 現在、裸子植物は約750種あると言われていますが、被子植物は24万種。
 なんと裸子植物の種の数は被子植物の種の数の1/320です。
 恐竜がいた中生代とはまったく逆の状態です。



ソテツの仲間の葉の化石その1
ソテツの仲間の葉の化石その1
ソテツの仲間の葉の化石その2
ソテツの仲間の葉の化石その2



 被子植物は裸子植物より遅れて中生代ジュラ紀ころに登場したと考えられています。

 陸上で植物が生える「場所(ニッチ)」は、すでにシダ植物を圧倒した裸子植物に覆われ、被子植物は隙間で細々と生えていたことでしょう。

 白亜紀前期のマンライの地層からは、裸子植物が多く被子植物はわずかしかみつかっていないそうです。

 展示も被子植物もシダ植物も少なく、裸子植物が圧倒しています。



被子植物の葉の化石
被子植物の葉の化石
シダ植物の葉の化石
シダ植物の葉の化石



 そしてバイシンツァフの9000万年前の白亜紀後期のコーナー。

 オルニトミムス類やテリジノサウルスの仲間など恐竜の化石に混じって、カメやスポンなど水辺にすむ爬虫類の化石も展示されています。

 ここで展示されているのが広葉樹の葉の化石。

 広葉樹は葉が広い被子植物の木のこと。
 イチョウのように裸子植物でも葉が広いものもありますが、普通は被子植物の樹木のことを指します。

 白亜紀の後期は被子植物が裸子植物に対抗して繁栄をはじめた時期と考えられています。

 恐竜も鳥脚類(ちょうきゃくるい)の恐竜が繁栄しますが、それも被子植物を食べるようになったから、ともいわれています。

 ここでも広葉樹の葉の化石と一緒に鳥脚類の原始的なハドロサウルスの仲間の化石が展示されています。



広葉樹の葉の化石
広葉樹の葉の化石
ハドロサウルスの仲間の化石
ハドロサウルスの仲間の化石



 古生代の後期に現れた裸子植物が中生代にシダ植物の「場所」を奪い、新生代に被子植物に「場所」を奪われます。

 そして被子植物が陸地を覆い尽くしているのが今。

 少ない点数の植物化石ですが、じっくり見ていると、恐竜のこともいろいろわかってくるかもしれません。



◆ 発掘!モンゴル恐竜化石展 恐竜 中生代 ◆

■外部リンク■
特別展 発掘!モンゴル恐竜化石展|大阪市立自然史博物館
ようこそ大阪市立自然史博物館へ



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 発掘!モンゴル恐竜化石展  ハドロサウルス  ソテツ  シダ  化石  中生代  裸子植物  被子植物 

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

“ウミ”セミ?


 和歌山県の海南市にある和歌山県立自然博物館。

 展示の多くが海の生き物が占めるだけあって、海岸に建っています。

 博物館の近くに公園があるのでそこでちょっと休憩しながら海を見ていたら。



和歌山県立自然博物館近くの海
和歌山県立自然博物館近くの海




 古い自転車のブレーキみたいな聞き慣れた鳴き声が。

 遠くを青いものが横切っていきます。

 カワセミです。



 カワセミは漢字で書くと「翡翠」。
 輝石(きせき)の「ひすい」と同じ字です。

 ほかに「川蝉」とも書きます。

 そのとおり川に住む鳥だと思っていたのですが、海にも住むようです。



海にやってきたカワセミ
海にやってきたカワセミ




 さあ、川と同じように海に飛び込んで魚を捕るか。

 と見ていたのですが、またブレーキ音を出しながら飛んでいってしまいました。

 残念。



 ネットで調べてみると、意外と海での目撃が多いようです。
 もちろん、海に潜って魚も獲るようです。

 カワセミにとって餌場としての淡水と海水のちがいはあまりないようです。

 それでも「川蝉」とよばれ川での目撃が多いのには、なにか理由がありそうです。



◆関連タグ カワセミ ◆

木彫小鳥カワセミ(大)

価格:1,050円
(2013/1/2 00:23時点)

カワセミ ペンダント

価格:756円
(2013/1/2 00:24時点)

カワセミ ピンバッジ

価格:756円
(2013/1/2 00:25時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: カワセミ  海の鳥  スズメより大きい鳥 

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

今年はやっと梅満開 花の文化園

 今年は開花が遅れた大阪の梅も、やっと満開の季節。

 3月9日の講演を聞きに行った花の文化園でもやっと見頃。



花の文化園の梅園の月影枝垂れ
花の文化園の梅園の月影枝垂れ




 毎年同じにならないのが、自然。

 5年10年の平均から大きくずれたとしても、100年1000年でみれば平均の中にはいるかもしれません。



梅の花に覆われている花の文化園の梅園
梅の花に覆われている花の文化園の梅園




 去年とちがうからといって大騒ぎしないで、その年その年の変化を楽しむ余裕を持つことが、自然との付き合い方かもしれません。




◆ 花の文化園  ◆

■外部リンク■
大阪府立花の文化園公式サイト


月影しだれ梅(花梅)【庭木花木・花梅・はなうめ・ハナウメ】「☆」

価格:1,260円
(2013/3/13 20:54時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 花の文化園    白い花  ピンク色の花  春の花  月影枝垂(梅) 

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

冬の狭山池の鳥たち 2013.1 水辺にいた鳥たち編


 日本最古のダム式ため池といわれる大阪狭山市の狭山池にこの冬もやってきました。

 一年中野鳥が多いところですが、とくに冬にはいろいろなカモがやってきます。

 ということで、まずは水辺を生活の場所にしている鳥たち、水鳥です。




南東角から見た狭山池
このあたりは葦原を好む鳥が多いところです。




 池に浮かんでいた鳥 水鳥
カモ目-カモ科-マガモ属
ヒドリガモ(緋鳥鴨)

カモ目 カモ科 マガモ属
カラスより小さい
冬鳥

ヒドリガモ♂(下)と♀(上)
名前のように雄の頭が赤茶色なのが特徴。
メスは横腹が赤茶色。
日本でよく見かける日本四鴨の一つ。


ヒドリガモ♀(後)と♂(前)
カモらしくオスとメスでは体の模様がまったくちがいますが、くちばしの色は同じようです。


ハシビロガモ(嘴広鴨)

カモ目 カモ科 マガモ属
カラスくらい
冬鳥

首とおしりに白いところがあるハシビロガモのオス


白いところが無いのでハシビロガモのメス
メスの模様がカモ類らしく地味で眼が黒っぽいのが特徴。


一見メスの様ですが眼が明るい色なので若いオス
まだ成長が不十分なのでメスのように地味な模様になっている、らしい。


シルエットでもクチバシが見えればわかるハシビロガモ
見てのとおり広がった大きなクチバシが特徴。


空を飛ぶハシビロガモたち

オカヨシガモ(丘葦鴨)

カモ目 カモ科 マガモ属
カラスくらい
冬鳥

メスの取り合いをしている?オカヨシガモ

嘴の全体が黒いのがオスで下半分が黄色いのがメス
オスも地味な模様なのが特徴。

この時は、ハシビロガモについで大きいカモ。




カイツブリ目
カイツブリ(鳰)

カイツブリ目 カイツブリ科 カイツブリ属
ハトより小さい
留鳥

目は怖いけどぬいぐるみみたいにころころしたカイツブリ(冬羽)
人影を見るとすぐ潜り、数十秒してからまったくちがうところから顔を出す忍者のような鳥。

陸上が苦手な鳥ですが、足に水かきはありません。
代わりに指の皮が広がって水かきのような弁足になっているので泳ぐのは得意です。


この角度もかわいいカイツブリ


カンムリカイツブリ(冠鳰)

カイツブリ目 カイツブリ科 カンムリカイツブリ属
カラスくらい
冬鳥

去年も1羽しか見かけなかったカンムリカイツブリ(冬羽)
カイツブリとちがって首が長いので、遠くから見ると白いカワウのようです。




ツル目
オオバン(大鷭)

ツル目 クイナ科 オオバン属
ハトより大きい
漂鳥

クチバシ真っ白で体が真っ黒のオオバン
歩くのが得意なクイナ科の中で水上移動に優れた弁足を持っています。
クチバシの上は「額板」と呼ばれ、クチバシと同じ白色なのでクチバシが続いているように見えます。





 浅瀬に立っていた鳥 水鳥
ツル目
オオバン(大鷭)

ツル目 クイナ科 オオバン属
ハトより大きい
漂鳥

実はクイナ科らしく歩くことも多いオオバン
水辺の浅瀬や水辺の草地の上などにもよくいるのがオオバン。
水面ではカモっぽいですが、歩いている姿はやはりクイナらしい。


バン(鷭)

ツル目 クイナ科 バン属
ハトくらい
留鳥

クイナらしく歩いているバン
オオバンとよく似ていますが、体は小さく羽の白い部分があること、嘴が黄色か赤い色をしているので良く見れば見分けはつきます。

オオバンとちがって浅い水辺をよく歩いていますが、人影を見ると草陰に隠れます。





 まずは水のあるところを中心に生活する鳥たち、水鳥を集めてみました。

 前回は2011年の12月に同じように一巡りしました。

 陸上を生活の場にしている鳥はともかく、水があるところにしかないなカモ科が少なかったのが気になります。



 次からは陸上や樹上を生活の場にする鳥たちが登場する予定です。



◆ 冬の鳥 水鳥 狭山池の鳥 ◆

■外部リンク■
狭山池 - 大阪狭山市
大阪府/狭山池ダム


カモ類の判別に特化。
冬の水辺で重宝する1冊!

カモハンドブック新訂 [ 叶内拓哉 ]

価格:1,470円
(2013/3/10 12:50時点)

写真が豊富な
水辺の鳥図鑑!

日本の鳥550(水辺の鳥)増補改訂版 [ 桐原政志 ]

価格:3,780円
(2013/3/10 12:49時点)

水辺から山野まで。
鳥が300種!

日本の鳥300 [ 叶内拓哉 ]

価格:1,050円
(2013/3/10 12:40時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 狭山池  冬の鳥  水辺の鳥  水鳥  オカヨシガモ  冬の狭山池の鳥13.1  ヒドリガモ  ハシビロガモ  カンムリカイツブリ  狭山池の鳥 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

真っ白な葛城山でもいろいろないきものが!


 大阪の南半分を囲むようにあるのが金剛山地(こんごうさんち)和泉山脈(いずみさんみゃく)

 金剛山地が和泉山脈に接したところにある金剛山は冬から春の始まりにかけて冷え込んで天気がくずれた時にはよく白くなります。

 ところが冷たく湿った空気が水越峠(みずこしとうげ)で抜けていって大和葛城山(やまとかつらぎさん)までやってこないのか、金剛山ほど白っぽくなることがありません。



大和葛城山の位置

 ことしの2月の冷え込みはちょっと強かったようです。

 大和葛城山も白く色づきました。

 結構雪が積もっているようです。

 これは行くしか無い。



 雪が積もって真っ白になった道や落葉樹に雪が積もった雪の滝を見ながらついた葛城山山頂は。

 真っ白。

 雪はもちろん霧がかかって遠くが見えません。

 そして風が強く、横から吹いてきます。

 雪の中に霧氷(むひょう)に覆われた木があります。



葛城山山頂付近の霧氷に覆われた木
葛城山山頂付近の霧氷に覆われた木




 そして斜めになった霧氷に覆われた杉も。



葛城山山頂付近の霧氷に覆われた傾いた杉
葛城山山頂付近の霧氷に覆われた傾いた杉




 たった標高959.2メートルの奈良・大阪とは思えない風景です。



 そしてしばらくして霧が晴れると、隣の金剛山が現われました。



雪の葛城山山頂付近から見た雪の金剛山
雪の葛城山山頂付近から見た雪の金剛山
※画像スライドできます ⇒⇒




 こんなことになるのは一年の中でわずかな間とは言え、ここにも多くの植物、動物が生きています。



山頂付近の雪の上に残った動物の足跡
山頂付近の雪の上に残った動物の足跡
不明瞭ですが大きさ(5センチ以下)やつき方からして、タヌキ???




◆ 大和葛城山 雪の金剛山 フィールドサイン 霧氷 ◆

■外部リンク■
御所市役所|観光ガイド《奈良県御所市》|[葛城山 金剛山 国見山 葛城の道 巨勢の道 秋津洲の道 掖上の道]観光
御所市役所(ごせしやくしょ) | トップページ《奈良県御所市》
葛城山奈良県 御所市 観光HP



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 大和葛城山  雪の金剛山  フィールドサイン  タヌキ  霧氷  雪の大和葛城山  金剛山 

関連記事

theme : 山登り
genre : 趣味・実用

金剛山 崩れゆく?白亜紀の花崗岩の山


 クライマーしまへびに出会った金剛山黒栂(くろとが)谷の奥、カトラ谷道の入口。

 今年大きな砂防ダム(堰堤(えんてい))の工事が行われたようで、木が切られ、谷が広げられていました。

 登山道になる北東側斜面もきれいに切り落とされています。



大きな地図で見る
カトラ谷道の入り口付近の場所


 露出してまだ数ヶ月。
 コケも草も生えていない新しい地層が露出しています。

 そこをジムグリが直登(ヘビなので少し蛇行)していったのですが、その地層は大粒の砂がほとんどでした。

 砂があるということは、川を流れて来て堆積したわけですが、金剛山は中生代(ちゅうせいだい)白亜紀(はくあき)花崗岩(かこうがん)の塊の山。

 川の下流にあった地層が盛り上がったわけではないはず。
 この砂を積もらせたのは一体誰でしょうか。



カトラ谷道入口辺りの様子
カトラ谷道入口辺りの様子
シマヘビが登っていったあたりの切り崩されたばかりの壁
シマヘビが登っていったあたりの
切り崩されたばかりの壁
 谷の幅が広いこのあたりの(がけ)面は、荒い砂(真砂)の中に割れた大小様々な花崗岩の石が埋もれています。
 つまり、このあたりは山の上の方から流れてきた真砂が溜まったところです。




 金剛山は山頂近くでも花崗岩の岩盤を見かけ、落ち葉をのけると花崗岩が風化した真砂があるようなところです。

 目の前の厚く積もった砂は色からして真砂、風化した花崗岩です。

 と言うことは大きな川がどこか遠くから運んできた砂ではなく、金剛山の山自体が風化し崩れてきたものなのでしょう。多分。



奥の方の堰堤
奥の方の堰堤
奥の堰堤付近は岩盤が見えます
奥の堰堤付近は岩盤が見えます
 奥の方になると他に幅も狭くなり、花崗岩の岩盤がそのまま露出しています。
 つまり、このあたりは真砂がたまらず下流へ流れていくようなところです。




 山が風化し削れていくのは当然ですが、それが少なくとも数メートルも堆積しているのには驚きました。

 このあたりは1125mの金剛山が一気に数百メートル下がって傾斜が緩やかになったところ。
 それでも標高は700mもありますし、の地図の時間から言っても四合目あたり。

 上から流されてきた真砂が数メートルも積もるというのは、そんなにすごい勢いで金剛山は風化(くすれて)しているのでしょうか。



錦織公園展望台から見た金剛山
錦織公園展望台から見た金剛山




 金剛山には堰堤が多いような気がしますし、今も増えています。

 花崗岩は硬いのですが風化しやすい性質を持っています。
 風化して真砂になった花崗岩はどんどん溜まっていくと、大雨などで一気に流れて土石流になり、下流地域に災害を起こしますことがあります。

 砂防堰堤があちこちにあるのは風化しやすい花崗岩の山というのが大きな理由なのでしょう。



 神戸から宝塚にかけてある六甲山も同じように花崗岩でできた金剛山と同じくらいの1000m足らずの山です。
 こちらは海抜数十mから一気に1000m近くまで標高が上がるので、昔から土石流の多いところでした。

 神戸側から見た六甲山と比べれは、大阪側から見た金剛山はゆるやかな山。

 そのため一旦途中で溜まった真砂が、百年に一度のような大雨で一気に土石流になるのかもしれません。

 あちこちに砂防堰堤を作り続けなければならないほど風化しやすい山のようです。



◆関連タグ 金剛山 金剛山の花 金剛山の植物 金剛山の虫 金剛山の鳥 金剛山の脊椎動物 金剛山の昆虫

■参考外部リンク■
金剛山登山道情報(金剛山のホームページ)
金剛山を歩く
金剛山愛好会
金剛山 金剛山登山道・金剛山ハイキングコース
金剛山四季と風景の写真



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 金剛山  カトラ谷道  花崗岩 

関連記事

theme : 山登り
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Yahoo!天気・災害
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
Amazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる