【 2012年10月】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

春日山の奥で出会った小さな紅葉


 10月下旬のセンチコガネなどの糞虫の様子を見に行った奈良公園。

 いつのまにか最高気温が20℃ほどの日が増えてきました。
 予想通り飛火野(とびひの)付近ではルリセンチコガネ(オオセンチコガネ)はほとんど見かけません。



奈良奥山ドライブウェイと鴬の滝

 ということで、ちょっと足を伸ばして春日山(かすがやま)原始林をぐるりと囲む春日山遊歩道を歩きました。

 まだまだ木の葉は緑色。
 ところどころに生えているモミジ(ヤマモミジ?イロハモミジ?)もまだまだ緑色。

 人里に接したところでナンキンハゼが紅葉している程度で、木々の紅葉にはちょっと時間が必要なようです。



 車が走る奈良奥山ドライブウェイからちょっと外れたところにある(うぐいす)の滝。

 そこへ行く途中でモミジが紅葉していました。



緑の中の鴬の滝近くの紅葉
緑の中の鴬の滝近くの紅葉




 葉っぱは7つに別れて鋸歯(きょし)(葉の周辺のぎざぎざ)が小さいので、オオモミジでしょうか。



大きく七つにわかれて目立たない鋸歯の葉っぱなのでオオモミジ(多分)
大きく七つにわかれて目立たない鋸歯の葉っぱなのでオオモミジ(多分)




 緑の山の中で見かけた小さな紅葉です。



他の場所よりちょっと早い鴬の滝近くの紅葉
他の場所よりちょっと早い鴬の滝近くの紅葉




■外部リンク■
奈良市観光協会公式ホームページ
奈良公園へようこそ - 奈良公園ガイド・東大寺、春日大社、若草山の観光スポットや国宝指定・世界遺産案内
奈良公園管理事務所/奈良県公式ホームページ


◆関連リンク◆ 〔紅葉〕 〔奈良公園〕


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: オオモミジ  モミジ  カエデ  紅葉  奈良公園  春日山遊歩道 

関連記事
スポンサーサイト

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

巨樹・古樹・老樹 その9 錦織公園の北広場ヤマモモ


 大阪南河内(みなみがわち)にある錦織(にしこおり)公園は自然の山を公園として整備したようで、羽曳野(はびきの)丘陵の面影を残すそうです。

 そういうところですので、大きな木もあります。

 とはいえ、公園の設備があるようなところは整備されたところですから、それほど目立つような大きな木はありません。



 舗装されていない遊歩道を歩いていると、時折大きな木に出会いますが、そんな木が何本もある場所の一つが北広場。
 北入口から入って直ぐ目の前の丘に登ったところにあります。

 ここは大きなクヌギが何本も生えていますが、その中にクヌギに負けないほど大きなヤマモモがあります。



錦織公園の「北広場ヤマモモ」(2012年6月)
錦織公園の「北広場ヤマモモ」(2012年6月)
ヤマモモ(山桃)
ヤマモモ目 ヤマモモ科
常緑広葉樹
日本での分布:関東南部・福井県以西の本州,四国,九州,沖縄,





 ヤマモモというと甘酸っぱい赤い実がなるのですが、このヤマモモには実がありません。
 ヤマモモは雌雄異株(しゆういしゅ)ですので、オスの木でしょう。

 実がなかったり、葉が枝の先の方にまばらについているところはヤマモモらしくはないですが、幹を見ると樹皮はヤマモモ。

 先にまとまってついていた葉も、成長するとまばらになっていくのかもしれません。



錦織公園の「北広場ヤマモモ」の樹皮(2012年6月)
錦織公園の「北広場ヤマモモ」の樹皮(2012年6月)




 ヤマモモは大きく育ち、幹周りも太くなるので各地に巨木や老木があります。

 それらと比べるとまだまだヒヨっ子のようですが、錦織公園ではそれなりの風格を持っている木の一つです。




大きな地図で見る
錦織公園の「北広場ヤマモモ」の位置(緑色の矢印)
※GPSデータをそのまま使用していますので誤差があります。




巨樹(大きな木)・古樹(樹齢の高い木)・老樹(年老いて見える木)」とはIWO(いきもの は おもしろい!)が以下の独自基準で選んだものです。
1.一般に「巨樹」「古樹」「老樹」と認知されている樹木
2.見た目が「巨樹」「古樹」「老樹」を感じさせる樹木
3.見た目が小さくてもその種として「巨樹」「古樹」「老樹」な樹木
4.地域の自然を愛する組織や団体等が「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木
5.その他IWOが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木




ヤマモモ 樹高2.0m前後 庭木・シンボルツリーに最適です!【あす楽対応_九州】【RCPmara1207】【マラソン1207P05】【マラソン201207_生活】

価格:6,500円
(2012/7/10 21:53時点)

【6か月枯れ保証】【街路樹&公園樹】ヤマモモ 0.3m 【あす楽対応】

価格:500円
(2012/7/10 21:53時点)

果樹苗 ヤマモモ 十六桃&オス木 2種2株【マラソン2012_生活】

価格:4,200円
(2012/7/10 21:54時点)

◆関連タグ◆ 〔巨樹・古樹・老樹〕 〔ヤマモモ〕


■外部リンク■
大阪府営 錦織公園


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤマモモ  巨樹・古樹・老樹  錦織公園 

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

復活 その後の落雷ポプラ


 8月に雷が落ちて弱ってきたところをバッサリ切られてしまった落雷ポプラ(セイヨウハコヤナギ)。

 ほとんど根元、地面から10センチくらいからきれいに切られてしまい、ついでに周りに生えていた小さな育ちかけのポプラも一掃されてしまいました。

 それから2ヶ月。



切り倒される前の落雷ポプラ
切り倒される前の落雷ポプラ




 なんと切り株の周りから新しい芽が伸びているではありませんか。
 根元から切られ葉は一枚も残っていません。
 この2ヶ月ほどの間光合成はまったくできません。
 きっと根に蓄えられていた栄養を使って再起を図ったのでしょう。

 落雷で折れてしまったところを中心に枯れはじめていましたが、木全体としてはまだまだ十分生きていく力はあったようです。



新芽を出して再起を図る落雷ポプラ
新芽を出して再起を図る落雷ポプラ




 とはいえ、落雷+伐採というダブルパンチを食らってしまった落雷ポプラ。

 最大の敵は落雷してちょっと枯れてしまった枝があっただけで根元から伐採してしまう無慈悲な管理者。

 果たして無事大きく育つことはできるのでしょうか。

 また管理者が現れ、新芽を刈っていくのでしょうか。


 今後も見守っていけたら、と思います。



◆関連タグ◆ 〔落雷ポプラ〕 〔ポプラ〕




››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ポプラ  落雷ポプラ  セイヨウハコヤナギ 

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

ぎんやんま ずかん


 夏の終わり。
 弱っているのか飛ばないギンヤンマ(銀蜻蜒)がいましたので、色々と写真を撮らせてもらいました。



この記事にはトンボの画像があります。





ギンヤンマ(銀蜻蜒)


節足動物門 
昆虫綱 
トンボ目 
ヤンマ科 
ギンヤンマ属 
ギンヤンマ

体長(頭の先から尾の先まで)70mm
開張(広げた時の羽の幅)110~120mm

日本全国に生息しており、北は北海道から南は石垣島まで日本全国に広く分布しています。
地域によって4月中旬から10月後半まで見られます。


腰が水色のギンヤンマのオス
腰が水色のギンヤンマのオス




どんな小さな虫でも見逃さないヤンマ目
どんな小さな虫でも見逃さないヤンマ目




どんなに早く逃げても捕まえるヤンマ足
どんなに早く逃げても捕まえるヤンマ足




早く飛べるだけでなく旋回ホバリングもできるヤンマ羽
早く飛べるだけでなく旋回ホバリングもできるヤンマ羽




たべものをバリバリかじるヤンマ顎
たべものをバリバリかじるヤンマ顎




近所の池にもいてオニヤンマより親しみやすいギンヤンマ
近所の池にもいてオニヤンマより親しみやすいギンヤンマ




トンボの図鑑いろいろ

日本のトンボ (ネイチャーガイド)

新品価格
¥5,775から
(2012/10/6 23:44時点)

近畿のトンボ図鑑

新品価格
¥3,675から
(2012/10/6 23:47時点)

沖縄のトンボ図鑑

新品価格
¥2,940から
(2012/10/6 23:48時点)

トンボのなかま (海野和男のワクワクむしずかん)

新品価格
¥1,470から
(2012/10/6 23:52時点)



◆関連タグ◆ 〔ギンヤンマ〕 〔トンボ〕

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ギンヤンマ  トンボ 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

紅葉南京黄櫨-ナンキンハゼも紅葉はじめました。


 ハナミズキやカツラに気を取られている間にナンキンハゼ(南京黄櫨)が紅葉(こうよう)をはじめました。

 ナンキンハゼは一本の木で緑色から赤までグラデーションがかかるユニークな紅葉をする落葉樹です。



紅葉を始めたナンキンハゼ
紅葉を始めたナンキンハゼ




 まだまだ本格的な紅葉は先のようで、部分的に色が変わっているだけです。

 それでも、緑の葉の中で一気に赤になっているものや、オレンジのもの、紅葉がはじまったばかりの紫色まで千差万別。

 どうしてこんなにまばらなおかわかりません。

 不思議なナンキンハゼです。



まだ紫グラデーションのナンキンハゼ
まだ紫グラデーションのナンキンハゼ




 その紅葉も始まったばかり。

 今年はどんなグラデーションを見せてくれるのか楽しみです。



◆関連タグ◆ 〔ナンキンハゼ〕 〔紅葉〕


■外部リンク■
紅葉情報
2012全国紅葉最前線|全国旅そうだん
紅葉情報 - ウェザーニュース
紅葉情報 毎週更新 | 紅葉名所2012 - Walkerplus
紅葉情報 - 日本気象協会 tenki.jp
紅葉とれたて便2012 - 全国の紅葉・もみじ狩り情報:るるぶ.com

京都・滋賀の紅葉情報 2012:京都新聞
京都の紅葉情報2011|KBS京都


野山の在来種から街路樹まで
落ち葉から探す落ち葉インデックスで探しやすい!

紅葉ハンドブック

林 将之 (著)
税込価格:1,260円
出版社:文一総合出版


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ナンキンハゼ  紅葉 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

イチョウは裸子植物? 被子植物? 銀杏と銀杏

 そろそろ紅葉(こうよう)がはじまってきました。

 秋です。



 真ん中に切れ目が入った扇型の葉っぱのイチョウは、葉が黄色くなるので黄葉と言います。

 しかし、まだ葉は黄緑色。黄葉というにはちょっと早いようです。

 その前に、イチョウは今はギンナンの季節。

 「ギンナン」というのはイチョウの実のことで、茶碗蒸し具にしたり、炒ったりして食べます。

 「ギンナン」を漢字で書くと「銀杏」ですが、「イチョウ」も漢字で書くと「銀杏」。

 紛らわしいですね。



たわわにギンナンが実ったイチョウ
たわわにギンナンが実ったイチョウ




 イチョウは古い植物の一つで、恐竜がいた中生代から化石が見つかってます。
 中生代に繁栄したということは、種子(しゅし)(たね))がむき出しになる裸子植物(らししょくぶつ)ということになります。

 裸子植物というと、松や杉のような針葉樹が目立ちますが、イチョウのように平たい葉の植物もあります。

 もっとも、恐竜がいた中生代に繁栄したイチョウの仲間も、いまはイチョウただ1種だけになってしまいました。



 裸子植物は文字の通り種子が裸の植物です。

 リンゴにしろミカンにしろ、種の周りを食べられる部分が覆っています。
 というか、そこを食べて種は食べません。
 そういう種の周りが子房(しぼう)で覆われているのが被子植物(ひししょくぶつ)です。

 確かにイチョウの実のギンナンには柔らかい部分はありません。

と思っていたら、落ちているギンナンをさわると柔らかいではありませんか。

 イチョウはいつの間にか被子植物に進化した?



落ちていたギンナン
落ちていたギンナン




 どうやらこの柔らかい部分は、種を覆う皮が変わったもののようです。
 つまり、種の周りを柔らかい部分が覆っていますが、元になる部分が違うので被子植物じゃない、ということなのでしょう。

 被子植物は種子を覆う子房が膨らんだものが果実で(例外はいっぱいありますが)、子房がないのが裸子植物ということです。

 ということは、裸子植物のギンナンの柔らかい部分は、被子植物の実と同じように変化した、収斂進化(しゅうれんしんか)なのでしょうか?



誰かが柔らかい皮をとったギンナン
誰かが柔らかい皮をとったギンナン




 ともあれ、イチョウの実の柔らかい部分を取り除くと殻が現れ、その中に入っている「仁」というところが「ギンナン」と言って食べている部分です。

 同じように柔らかい皮を持つ裸子植物にイチイがあります。
 銀杏の実の柔らかいところは臭くて食べれませんが、イチイはあまくて食べられるそうです。
 逆にイチョウは種を食べられますが、イチイの種には毒があるそうです。

 気をつけてください。



◆タグ イチョウ 秋の実 裸子植物 ◆

太幹 【銀杏(イチョウ)】ミニ盆栽

価格:1,980円
(2014/9/4 12:25時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: イチョウ  ギンナン  秋の実  黄色い実  裸子植物 

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

ナマズとコイはなかよし?


 久しぶりの木田内川(きたないがわ)

 カワセミはいませんでしたが、川の中を大きな魚が泳いでいました。

 コイとナマズ。

 コイとナマズは仲がいいのか、並んで泳いでいます。



並んで泳ぐ木田内川のナマズ(一番下)とコイ
並んで泳ぐ木田内川のナマズ(一番下)とコイ




 どちらも同じくらいの大きさで、遠目には全部コイに見えますが、よく見ると泳ぎ方が全く違います。

 体に1本芯が入ったように力強く感じるコイと、芯が入っていないようでクニャクニャとし感じのナマズ。



泳ぎ方がちがうナマズ(中央)とコイ(上・下)
泳ぎ方がちがうナマズ(中央)とコイ(上・下)




 こんな浅いところでもこんなに大きくなっているのですから、餌となる食べ物も豊富で、ケンカをする必要がないのかもしれません。



ナマズ(なまず)国産【生体 名生園】

新品価格
¥1,100から
(2012/7/7 22:51時点)

育ててあげて下さいね 川魚 ウナギベビー(生体 名生園)

新品価格
¥1,298から
(2012/7/7 23:02時点)

コリドラス・パンダ 2匹 保障分1匹 【Aqua Shop Peace】

新品価格
¥840から
(2012/7/7 23:03時点)

◆関連タグ◆ 〔ナマズ〕 〔木田内川〕


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ナマズ  コイ  木田内川 

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

今年もキンモクセイが咲きはじめました。


 ハナミズキが色づいたりカマキリを見かけたりと秋だ秋だと思っていたら、キンモクセイ(金木犀)が咲いていました。



今年も咲きはじめた金木犀の花
今年も咲きはじめた金木犀の花




 まだ咲きはじめなのか香りは感じません。

 きっとこれからでしょう。



キンモクセイ 根巻き苗 庭木 常緑樹 シンボルツリー 生垣 目隠し

価格:1,029円
(2012/10/16 22:14時点)
感想(88件)

キンモクセイ苗木5号ポット(金木犀)

価格:1,260円
(2012/10/16 22:14時点)
感想(58件)

とても良い香りの花【金木犀(キンモクセイ)】 6号ポット 樹高1.2m前後

価格:1,554円
(2012/10/16 22:15時点)

◆関連タグ◆ 〔キンモクセイ〕 〔秋の花〕 〔オレンジ色の花〕


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: キンモクセイ  秋の花  オレンジ色の花 

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

今年もカマキリの季節がやって来ました。


 秋です。

 カマキリの季節です。



この記事にはカマキリの画像があります。





 だんだん涼しくなってきて夜には虫が鳴きはじめ、カブトムシのような夏の昆虫は姿を消し、やたらと目立ってくるのがカマキリです。

 カマキリは肉食の昆虫です。
 つまり、カマキリが生きていくためにはほかの昆虫が生きていないといけません。

 なのにカマキリは初冬の11月になっても見かけます。


 不思議な生き物です。



スマートなのでチョウセンカマキリのオス?
秋のカマキリ
スマートなのでチョウセンカマキリのオス?




 カマキリが生まれるのは春の中から終わりごろですが、なぜか目立つのは秋。

 単純に体が大きくなって目立つだけなのでしょうか。

 それとも秋になると目立つところに出てきたくなるようなカマキリ独特の行動なんでしょうか。

 
 謎です。



持ち運びやすいポケットサイズの昆虫図鑑。

野山の昆虫
新ヤマケイポケットガイド

税込価格:1,260円
出版社:山と溪谷社

◆関連タグ◆ 〔カマキリ〕 〔秋の虫〕


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: カマキリ  チョウセンカマキリ  秋の昆虫  秋の虫 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

ちょっと早い桂の黄葉


 ハナミズキが紅葉(こうよう)していると思っていたら、近所のカツラ(桂)も黄葉(おうよう)していました。

 秋になって落葉樹の葉が赤くなるのが紅葉、黄色くなるのが黄葉。茶色くなるのが褐葉(かつよう)です。
 この3つをまとめて「紅葉」ということもあります。

 カツラは黄色くなるので、黄葉です。



黄葉し落葉しはじめている近所のカツラ
黄葉し落葉しはじめている近所のカツラ




 カツラはとりわけ黄葉が早いというわけではないと思いますが、ここのカツラは毎年早くに散ってしまいます。



 カツラの落ち葉甘い匂いがします。

 落ちてまだ十分乾かないくらいが一番香るそうです。

 秋。
 道を歩いていて、場にそぐわない少し香ばしいような甘い香りがしてきたら、近くカツラが生えているかもしれません。



【6か月枯れ保証】【葉や形を楽しむ木】カツラ 0.4m 【あす楽対応】

価格:800円
(2012/10/14 22:39時点)
感想(5件)

◆関連タグ◆ 〔カツラ〕 〔黄葉〕 〔紅葉〕


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: カツラ  黄葉  紅葉 

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Yahoo!天気・災害
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
Amazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる