【 2010年06月】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

鹿の糞を食べてもマグソコガネ? いやロクグソコガネだ!

今回は糞を食べるコガネムシの記事です。
シカの糞やコガネムシの画像もあります。
シカの糞やコガネムシが苦手な方は【記事の下へ】をクリックしてください。
記事の下にジャンプします。


はじめて紹介します


 糞虫(ふんちゅう)
 コガネムシの仲間のうち、動物の(ふん)を食べるもの。

 糞虫で一番有名なのはファーブル昆虫記のフンコロガシかもしれません。
 しかしフンコロガシはフランスやアフリカの糞虫。日本にはいません。

 日本に住む糞虫の中でも奈良公園にいるものとして、センチコガネオオセンチコガネルリセンチコガネ)、エンマコガネを紹介してきました。

 今回はまだ登場していない糞虫を紹介しましょう。

 その名はマグソコガネ。

体長は5ミリほどの小さなマグゾコガネ
体長は5ミリほどの小さなマグゾコガネ



馬糞黄金虫


 「マグソコガネ」。
 漢字で書くと「馬糞黄金虫(まぐそこがね)」。

 ファーブル昆虫記にも登場しますが、常に脇役。しかも糞虫の幼虫の食べ物を横取りする悪者です。

 同じ糞虫なのに悪役になってしまうのかその理由はわかりませんが、もしかしたら、大きさのせいかもしれません。

 マグソコガネはとても小さいのです。
 体長は5ミリ程度ですが、もっと小さく感じます。


その場で食べます


 糞虫の糞の食べ方を無理やり分けると、その場で食べるタイプといかくして食べるタイプがあります。
 フンコロガシは隠して食べるタイプになります。
 センチコガネのようにかくして食べることもあれば、その場で食べることもあるタイプもいます。

 マグソコガネはその場で食べるタイプのようです。

 固まった鹿の糞をひっくり返すと、糞の中に埋まっているマグソコガネをよく目にします。

鹿の糞の中に頭を突っ込んでいるマグソコガネ
鹿の糞の中に頭を突っ込んでいるマグソコガネ



ロクグソコガネ


 奈良公園一体に鹿の糞は転がっていますが、センチコガネがいるのは飛火野(とびひの)のような木々が茂った杜になっているところ。
 それに対してマグをコガネは直射日光の差す芝生の上でも活動しています。

 奈良公園の日なた担当。それがマグソコガネ。

 でも、毎日毎日、先祖代々食べているのは鹿の糞。
 だから鹿糞黄金虫(ろくぐそこがね)


◆記事ナビ◆ 〔糞虫〕 〔奈良公園〕


Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: マグソコガネ  糞虫  奈良公園 

関連記事
スポンサーサイト

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

アメリカの泰山の木?

 街路樹の木蓮(もくれん)の仲間の木が花を咲かせています。

 木にかかっている札によると、タイサンボク。モクレン科の常緑樹。
 街路樹としては一般的な木のようです。

タイサンボクの白い花
タイサンボクの白い花



 大きな花びらは見るからに硬そうです。もしかしたら花びらではなく総苞(そうほう)
 と思ったら、花びらでした。



 「タイサンボク」。
 漢字で書くと「泰山木(たいさんぼく)」。

 「泰山(たいざん)」は中国山東省(さんとうしょう)の西にある聖なる山の一つ。
 道教(どうきょう)の聖地であり、中国の帝王や皇帝が即位したことを天や地に知らせる封禅(ほうぜん)の儀式を行う山でもあります。

 その名前を持つ木ですから、中国原産。


 と思ったのですが、北アメリカ原産だそうです。

 この名前はまったくの謎です。

 それともアメリカにも泰山がある?

被子植物の古い形態を残すタイサンボクの雌蕊雄蕊
被子植物の古い形態を残すタイサンボクの雌蕊雄蕊



◆記事ナビ◆ 〔夏の花〕 〔白い花〕





Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: タイサンボク  夏の花  白い花 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

カブトエビの季節到来!



 夏至もすぎ、田んぼには水が引かれ、田植えがすんでいるものも少なくありません。
 気温も上がり、梅雨特有の蒸し暑い季節になりました。


 ということで、田んぼではカブトエビがいつのまにか大きくなってきました。

 短いカブトエビの季節到来です。

いつのまにか大きくなっている田んぼのカブトエビ
いつのまにか大きくなっている田んぼのカブトエビ



 今年もエビ伝説やトリオプスを買って、そろそろカブトエビの観察をはじめようかな。


◆記事ナビ◆ 〔カブトエビ〕 〔エビ伝説〕 〔トリオプス〕




Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: カブトエビ  田んぼの生き物  田んぼ 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

コゲラはちょっと寂しそう?『とりぱん』第9巻

最新9巻です

とりぱん9

とりの なん子著
税込価格¥620
講談社

 現在このブログで最も多く取り上げられているマンガ単行本の『とりぱん』の最新刊です。

 『とりぱん』とは、東北のある地方に住んでいる女性マンガ家の周りで繰り広げられる野鳥を中心としたドラマを描いた4コママンガです。

【鳥は鳥の人生を生きている。『とりぱん』】


 著者は意識しているのかどうかわかりませんが、毎巻なんだか気になる鳥たちが登場します。
 それを勝手に「○巻の鳥」と呼んでしまいましょう。

 ということで、「9巻の鳥」は、エナガとコゲラに勝手に決定です。


エナガとコゲラ

毛玉のようなエナガ
毛玉のようなエナガ

 エナガはスズメよりちょっと小さいくらいの鳥で、白と黒のツートンカラーに長い尻尾が特徴。
 なんだかふわふわした感じの羽毛は、まるでぬいぐるみのようです。
 『とりぱん』では「サーカス毛玉」と呼ばれたこともあります。
 それが群れになって木々の間を飛び回るのですから、とてもかわいい鳥たちです。

 そしてコゲラはその名前の通りキツツキの一種です。そして大きさはスズメよりもちょっと大きいくらいという名前のまんまのキツツキです。

 『とりぱん』でキツツキというとアオゲラのポンちゃんやアカゲラのペンちゃんですから、出番の少ないコゲラです。


コゲラと混群

小さなキツツキのコゲラ
小さなキツツキのコゲラ

 コゲラは群れはつくらず、一緒に行動しても2羽くらいまで。

 でもそんなコゲラにも群れをつくることがあります。
 混群(こんぐん)

 群れをつくるほかの鳥の中に混ざるのです。

 『とりぱん』9巻のコゲラはエナガの群れに混ざります。


コゲラの気持ち


 コゲラは近所にいます。エナガは多丘公園(おおおかこうえん)に住んでいますが、近所では見た事がありません。
 いつも見ているのは、シジュウカラかメジロとの混群。

 何度かその様子を見ているのですが、コゲラと群れの微妙な距離間がいつも気になっていました。

 その微妙な距離感についてのなん子さんの解釈のおもしろいこと。そしてよく考えてみればうなづけるところも。
 そうか、そうだったのか!

 これからコゲラのいる混群を見かけたらじっくり観察してみようと思います。



 さて、とりのなん子さんのコゲラ混群の解釈がどうだったのかは、ぜひ9巻で読んでください!


◆記事ナビ◆ 〔とりぱん〕 〔エナガ〕 〔コゲラ〕 〔混群〕
       〔多丘公園〕



ワイドKC
とりぱん セット

とりのなん子 著
講談社


Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: とりぱん  エナガ  コゲラ  混群 

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : 本・雑誌

「構造色はルリセンチコガネだけじゃないんだぜ」と飛火野センチコガネは言った

今回は糞を食べるコガネムシの記事です。
シカの糞やコガネムシの画像もあります。
シカの糞やコガネムシが苦手な方は【記事の下へ】をクリックしてください。
記事の下にジャンプします。



 青や緑に輝く構造色のコガネムシ。奈良公園の飛火野(とびひの)のルリセンチコガネ。

 しかし飛火野で構造色(こうぞうしょく)に輝くコガネムシはルリセンチコガネだけではありません。

飛火野のセンチコガネ(上)とオオセンチコガネ(下)
飛火野のセンチコガネ(上)と
オオセンチコガネ(下)

 そのひとつが、センチコガネ。
 ルリセンチコガネの和名はオオセンチコガネ。大きさは17~22ミリ。
 それよりもちょっと小さいのがセンチコガネ。大きさは14~20ミリ。

 「オオ」のある無ししかちがわないように色と大きさ以外はよく似ています。

 青から緑に輝くルリセンチコガネに対して、少し緑がかった黒に輝くセンチコガネも結構渋い構造色です。


 センチコガネは見た目だけでなく生活の様子もルリセンチコガネとよく似ています。

 もちろん動物の糞を食べる糞虫(ふんちゅう)です。
 そして糞虫で有名なフンコロガシのように糞を転がすことはしません。
 そのどちらもセンチコガネとオオセンチコガネに共通する特徴です。


 鹿の糞の下にいるのですが、ルリセンチコガネ同様日当たりのいい芝生の上にはおらず、見つけるのはいつも木が茂った飛火野の林の中です。

 しかし飛火野では圧倒的にルリセンチコガネが多く、センチコガネはたまにしか目にしません。

 たしかにインターネットで「飛火野 糞虫」や「奈良公園 糞虫」でヒットするのはルリセンチコガネばかり。
 派手なルリセンチコガネの影で、渋いセンチコガネは飛火野レッドデーターブック記載種になっているのでしょうか。

渋い構造色の飛火野センチコガネ
渋い構造色の飛火野センチコガネ



 名前からすると、センチコガネの方が先に命名されたはずなのに。
 渋い飛火野センチコガネ、ガンバレ!

注意!
センチコガネはとてもきれいな昆虫ですが、自然の生き物です。むやみに捕らずに観察するだけにしましょう。
センチコガネは思わず手に取りたくなるほどきれいな昆虫ですが、シカの糞を食べる虫です。枯葉の上にいたとしてもさっきまで糞を食べていたかもしれません。衛生には注意しましょう。




◆記事ナビ◆ 〔センチコガネ〕 〔飛火野〕
      〔キラキラ色が変わるよ構造色〕






Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: センチコガネ  飛火野  糞虫  構造色  センチコガネ(種) 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

新緑とピンクのプロペラのカエデ

初夏の紅葉と興福寺の五重塔
初夏の紅葉と興福寺の五重塔


 新緑の葉に囲まれた先だけちょっとピンクに染まった小さなプロペラ。

 今はカエデの季節です。



 春は紅葉や小さな花。

 夏は新緑とピンクのプロペラ。

 秋は紅葉。

 1年の3つの季節で楽しめます。

新緑とピンクのプロペラのカエデ
新緑とピンクのプロペラのカエデ




◆記事ナビ◆ 〔カエデ〕





Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: カエデ  紅葉  興福寺  夏の紅葉 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

ドクダミはきっと損しています

植物は名前が9割?


 正直ドクダミは名前で損してると思います。 サルスベリみたいに。
 いや、サルスベリ以上に。

 たった4音の中にダ行が二つ。さらに「毒」ではじまる名前。
 いかにも毒々しい感じで、いい印象を与えるほうが難しそうです。

 ところが、ドクダミは確かに青臭い臭いがするものの、毒になるどころか毒消しの作用があるとか。
 まったく逆です。

 もっといい名前は無いのでしょうか。

きっと損してるドクダミの花
きっと損してるドクダミの花



中国では


 ということでサルスベリ同様安易に中国語を調べてみました。

 すると、日本語と同じ機種依存の文字の名前ともうひとつが「魚腥草(イシンツァオ)」。
 これは「魚のように生臭い草」という損する名前しか見当たりません。

 もう一度日本語で調べなおしてみると、ドクダミの薬効を表した「十薬(じゅうやく)」という別名がありました。
 そのままだと薬そのものみたいですから「十薬草(じゅうやくそう)」なんていいかな、と考えました。


オリジナルに兆戦


 ついでにオリジナルの名前を作ってみましょう。

 といいつつ思い浮かんだのは安易な「薬師草(やくしそう)」。もちろん薬効からのイメージです。

 しかしこの安易さ。なんかすでにありそうです。
 それで調べてみたらありました。キク科の草です。

 ということでこれまた安易に「白花薬師草(しろばなやくしそう)」にしてみました。

 ひねりも何も無い平凡な名前ですが、「ドクダミ」よりは……


意味は間違っていなかった


 ちなみに、「どくだみ」という言葉には「毒消し」や「毒の作用を止める」というような意味があるそうです。
 漢字で書いてみれば「毒()み」。
 「()み」は動詞「()む」の名詞化したもの。
 「()む」は「()める」の古い形で、「正しくする」という意味があります。

 つまり「(どく)()み」は「毒によっておかしくなった体を正しくするもの」というような意味になりそうです。

 実は語感からくるイメージと言葉の意味は正反対だったようです。


◆記事ナビ◆ 〔ドクダミ〕 〔サルスベリ〕


Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ドクダミ  夏の花  白い花  黄色い花 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

これぞ本当のウメノキゴケ!

 ケヤキや桜など梅以外の植物で見かける葉状(ようじょう)地衣類(ちいるい)のウメノキゴケ。

 念願かなってついに梅の木で立派なウメノキゴケを見ました。
 多分。

梅の木のウメノキゴケ[奈良公園]
梅の木のウメノキゴケ[奈良公園]


 ウメノキゴケの特徴はのいくつかあります。
 その一つが裂芽(れつが)と呼ばれる細かいつぶつぶが中心に集中して外側には無いこと。

裂芽は地衣体の周辺には少ないように見えるウメノキゴケ(ちょっと不安)[奈良公園]
裂芽は地衣体の周辺には少ないように見えるウメノキゴケ(ちょっと不安)
[奈良公園]


 そして地衣類の本体になる地衣体(ちいたい)の裏側の周辺部は薄い褐色で、短い根のような偽根(ぎこん)が無いこと。

偽根が見当たらないウメノキゴケの地衣体の裏側[奈良公園]
偽根が見当たらないウメノキゴケの地衣体の裏側[奈良公園]



 まだちょっと不安なところはありますが、梅の木のウメノキゴケでした。


◆記事ナビ◆ 〔ウメノキゴケ〕 〔地衣類〕 〔奈良公園〕



Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ウメノキゴケ  地衣類    奈良公園 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

俵曳黄金虫発見! 飛火野ルリセンチコガネ

今回は糞を食べるコガネムシの記事です。
シカの糞やコガネムシの画像もあります。
シカの糞やコガネムシが苦手な方は【記事の下へ】をクリックしてください。
記事の下にジャンプします。


糞虫 センチコガネとフンコロガシ


 奈良公園の春日大社(かすがたいしゃ)飛火野(とびひの)のオオセンチコガネ。瑠璃(るり)色がきれいなので別名ルリセンチコガネ。
 動物の(ふん)を食べる「糞虫(ふんちゅう)」の一種です。

 糞虫で一番有名なのは、きっとフンコロガシだと思います。

 フンコロガシとはファーブルの昆虫記で最初に登場する虫の一つ、その日本での呼び名です。
 自分よりも大きな糞を適当な大きさの球にまとめ、逆立ちして後ろ足で押していきます。
 この様子が「糞転(ふんころ)がし」、和名「球押黄金虫(たまおしこがね)」の名前の由来です。

タマオシコガネの画像Yahoo! JAPAN




ルリセンチコガネの聖地 飛火野


都市伝説?


 このフンコロガシのように糞を転がすことはしないといわれている日本の糞虫センチコガネですが、飛火野のルリセンチコガネに限って糞を転がすといううわさが……

 新発見なのでしょうか、それとも都市伝説なのでしょうか。

 と思っていたら、見ることができました!


転がして……


 といってもタマオシコガネのように鹿の糞をまとめて大きな球を作って……というのではありません。
 そして逆立ちして後ろ足で押して……というのでもありません。

 丸くべっちゃりとつぶれた牛の糞に対して、鹿の糞はルリセンチコガネよりもちょっと小さいくらいの小さな円筒形、つまり(たわら)型。

 その糞の俵を前脚ではさんで、ずりずりずりと後ずさっていきます。

 その様子は「球押黄金虫(たまおしこがね)」ではなく「俵曳黄金虫(たわらひきこがね)」です。


飛火野ルリセンチコガネの糞曳きの様子(ちょっとピンボケ)


飛火野ルリセンチコガネの糞曳き その1
飛火野ルリセンチコガネの糞曳き その1



飛火野ルリセンチコガネの糞曳き その2
飛火野ルリセンチコガネの糞曳き その2



飛火野ルリセンチコガネの糞曳き その3
飛火野ルリセンチコガネの糞曳き その3



飛火野ルリセンチコガネの糞曳き その4
飛火野ルリセンチコガネの糞曳き その4



飛火野ルリセンチコガネの糞曳き その5
飛火野ルリセンチコガネの糞曳き その5



飛火野ルリセンチコガネの糞曳き その6
飛火野ルリセンチコガネの糞曳き その6




いっぱいだからこそ


 センチコガネは鹿の糞にそのままくらいつくことも少なくありませんが、糞のまわりに穴を掘ってそこに糞を持ち込んで食べることもあります。
 もちろん卵を産むために穴の中に糞を持ち込むこともあるでしょう。

 そんなとき、体よりもちょっと小さく俵型の鹿の糞はそのまま運ぶのにちょうどよかったのにちがいありません。

 鹿の糞がそこら中にあり、ルリセンチコガネもいっぱいいて、見に行きやすい飛火野だからこそ、糞を運ぶルリセンチコガネが時おり目撃されるのでしょう。


◆記事ナビ◆ 〔ルリセンチコガネ〕 〔飛火野〕


■外部リンク■
 奈良公園管理事務所/奈良県公式ホームページ
 世界遺産 春日大社 公式ホームページ






Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ルリセンチコガネ  オオセンチコガネ  糞虫  飛火野 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

すずめひな

 スズメの親子。
 5月の奈良公園。

 あちこちに雛を引っ張りまわし時おりエサをやっています。

 巣立ちももうすぐでしょう。

ちょうだいちょうだいをする子スズメにエサをあげる親スズメ
ちょうだいちょうだいをする子スズメにエサをあげる親スズメ



 スズメのヒナのことを野鳥マンガ『とりぱん』著者のとりのなん子さんは「ウスダルマ」と呼びました。
 まだ顔の模様がはっきりとついていないからだとか。

 確かにスズメの顔にある黒い部分がまだぼんやりとしています。
 背中と羽のスズメ模様も薄く、その上きれいに羽をそろえてたためないので、とても間が抜けた後姿です。

 でもそこがかわいかったりします。

親スズメ(上)の背中と子スズメ(下)の背中
親スズメ(上)の背中と子スズメ(下)の背中



 写真を撮ってから半月。
 もう大人と同じ姿になったでしょうか。

◆記事ナビ◆ 〔スズメ〕 〔ひな〕 〔奈良公園〕 〔とりぱん〕

■外部リンク■
 奈良公園管理事務所/奈良県公式ホームページ



Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: スズメ  ひな  奈良公園 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Yahoo!天気・災害
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
Amazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる