【 2010年05月】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

奈良公園の奥に瑠璃の楽園?!(ルリセンチコガネ)

今回はコガネムシの記事です。
コガネムシの画像もあります。
コガネムシが苦手な方は【記事の下へ】をクリックしてください。
記事の下にジャンプします。


会えるのか?


 きれいな瑠璃(るり)色のオオセンチコガネを求めていった奈良公園。
 しかし興福寺(こうふくじ)や国立博物館のあたりではエンマコガネなどの小さな糞虫(ふんちゅう)しかいません。

 果たして瑠璃色に輝くオオセンチコガネ、別名ルリセンチコガネには会えるのでしょうか?!

 大丈夫です。きっと。
 事前に調べたインターネットで、「飛火野(とびひの)」というキーワードを手に入れていましたから。

 飛火野は、春日大社(かすがたいしゃ)参道の南側、芝生の公園。
 そこに行ってみれば、会える確率は高いようです。


飛火野へ


 国立博物館の裏手にある参道を通って、車が通る道を渡ると、芝生が広がります。そこが飛火野のようです。

飛火野の樹齢百年のクスノキ
飛火野の樹齢百年のクスノキ



 さあシカの(ふん)探しです。
 といってもここは奈良公園。シカの糞はそこら中にあります。

 でも瑠璃色の姿は見えません。

 公園を囲むように広葉樹の林があります。そこへ行って見ましょう。なんだかいそうです。


まさか!?


 きょろきょろ足元を見回しながら歩いていると、何かが飛んでいます。ハチよりも大きくてカナブンよりも小さいもの。
 そして、青っぽく見えます。
 まさか!?

 追いかけたのですが見失ってしまいました。

 がっくりと首をたれると、あれ?

 足元、というのは誇張ですがちょっと離れたところにいました。
 高野山で見たのと同じ構造色(こうぞうしょく)の青緑色。

 ルリセンチコガネです。

 オオセンチコガネのうち、奈良や和歌山にいる瑠璃色に輝くものに与えられる名前です。

飛火野のルリセンチコガネ
飛火野のルリセンチコガネ




とっていいのは


 とてもきれいです。

 でも、ここは世界遺産の地。とっていいのは写真だけ。

 ということで写真を撮りまくってさようなら、です。

 でも、なんとなくわかりました。
 ルリセンチコガネは林の中にいるようです。

 ということで、飛火野の林の中をさすらうことになりました。

 結果、足下をよ~く見ていると時おり見かけます。少なくとも、飛火野では特別珍しい生き物ではないようです。
 コガネムシが小さいのと人があまり通らないところにいるため気付かれないだけでしょう。

 でも、ルリセンチコガネにとってはそのほうがいいような気がします。

体長(頭部の端から腹部の端まで)およそ1.8センチの飛火野のルリセンチコガネ
体長(頭部の端から腹部の端まで)およそ1.8センチの
飛火野のルリセンチコガネ



キッズ 注意!
ルリセンチコガネはとてもきれいな昆虫ですが、自然の生き物です。むやみに捕らずに観察するだけにしましょう。
ルリセンチコガネは思わず手に取りたくなるほどきれいな昆虫ですが、シカの糞を食べる虫です。枯葉の上にいたとしてもさっきまで糞を食べていたかもしれません。衛生には注意しましょう。



◆記事ナビ◆ 〔ルリセンチコガネ〕
 〔オオセンチコガネ〕 〔糞虫〕 〔奈良公園〕



■外部リンク■
 奈良公園管理事務所/奈良県公式ホームページ
 世界遺産 春日大社 公式ホームページ





Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ルリセンチコガネ  オオセンチコガネ  飛火野  奈良公園  構造色 

関連記事
スポンサーサイト

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

地質年代表〈地球全史編〉β

 もう滅んでしまった大昔の生き物を知ることは今の生き物、もちろん私たち人間を含んですべての生き物をより深く理解するためには必要なことです。

 しかし人間の歴史はたった数千年。つまりご先祖様が残した資料も古くても数千年。地球の時間に比べたら瞬きするよりも短いかもしれません。

 ということで化石などの大昔の生き物の痕跡を調べることは、人間が知らない生き物のことを知る重要な方法のひとつです。
 だからといって闇雲に化石の生き物を並べてもしかたありません。
 そこで間の歴史より前の時代を整理したものが地質年代で、それを時間順に並べたのが地質年代(ちしつねんだい)表です。


地質年代表


億年 累代 氷河時代 出来事
0 顕生代 新生代   新生代後期氷河時代 ◆哺乳類の繁栄
0.65   中生代     ◆爬虫類の繁栄
1         ◆鳥類の出現
2         ◆恐竜の出現
2.5   古生代   ゴンドワナ氷河時代 ◆巨大爬虫類の出現
3       ◆昆虫・陸上植物の…
4       オルドビス紀氷河時代 ◆原始的な魚類の出現
5         ◆カンブリア爆発
5.42 原生代 新原生代 エディアカラ紀 ガスキアス氷河時代 ◆エディアカラ生物群
6          
6.35     クリオジェニアン マリノア氷河時代 ●全球凍結
7       スターティアン氷河時代 ●全球凍結
8          
8.5     トニアン    
9          
10   中原生代 ステニアン    
11          
12     エクタシアン   ◆最古の多細胞生物…
13        
14     カリミアン    
15        
16   古原生代 スタテリアン    
17          
18     オロシリアン   ◆シアノバクテリアに…
19       ◆最古の真核生物の…
20          
20.5     リアキアン    
21       ヒューロニアン氷河時代 ◆真核生物の出現
22       マクガニン氷河時代 ●全球凍結
23     シデリアン   ◆藻類の放出した酸…
24          
25 太古代      
26    
27   ◆最も古いストロマト…
28    
29   ポンゴラ氷河時代  
30    
31    
32    
33    
34    
35   ◆最古のバクテリア化石
36    
37        
38 冥王代     ◆最古の生命活動の…
39    
40    
41    
42    
43    
44    
45          
46         ◆地球誕生


ご注意

 この表をつくるためにはいくつかの資料を参考にしましたが、あくまで参考程度にとどめてください。

 表は基本的に1億年単位で刻まれています。
 上が現在で下にいくほど古い年代になり、一番下が地球ができた時代になります。
 出来事などはその1億年間に起きた代表的な事柄になります。
 時には氷河時代と重なる場合がありますが、これはその1億年間の間に氷河時代と生き物の出来事があったということになります。


 「氷河時代」は文字通り地球に氷河ができた時代で、「全球凍結」は地球中が凍りに覆われた時代です。

 ちなみに、現在は標高の高い山や南極などに氷河がありますので、氷河時代ということになります。



 この地球で生き物が盛んに活動するようになったのは5億年前くらいから。
 特にこの2億年ほどはめまぐるしく生き物が生まれては絶滅しています。
 その様子はこんな狭い範囲で表すことはできませんので、それぞれの時代の年表で取り扱う予定です。

◆記事ナビ◆ [語彙集]



Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 地質年代表  地質年代  氷河期  全球凍結 

関連記事

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

ウグイスの気合

 「ホ~~~~ホケキョッ」

 ウグイスが鳴いていました。
 近くです。
 すぐ近くです。

 探してみると、いました!
 すぐそこに。

 藪の中が大好きなウグイスなのに、クズに巻きつかれて枯れてしまった木の枝にとまっています。
 急いでカメラを出して何枚か撮りました。

クズがまきついた枯れ木の枝の上のウグイス
クズがまきついた枯れ木の枝の上のウグイス



 しかし今は出勤途中。
 満員電車に間に合いません。
 ということで泣く泣くその場を離れました。


 昼休み。

 画像を拡大して見てみると、ウグイスは空に向かって伸び上がり、尾羽まで広げて鳴いていました。

 意外にもすごく気合が入っています。

「ホ~ホケキョ」と気合を入れて鳴いているウグイス
「ホ~ホケキョ」と気合を入れて鳴いているウグイス



 と思っていたら、「ホ~ホケキョ」は自分の縄張を主張するための鳴き声だそうです。
 そりゃあ、気合も入りますね。



 これからはウグイスの鳴き声がちがって聞こえてきそうです。



◆記事ナビ◆ 〔ウグイス〕





Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ウグイス 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

奈良公園へ瑠璃を探しに、GO!

今回は糞を食べるコガネムシの記事です。
シカの糞やコガネムシの画像もあります。
シカの糞やコガネムシが苦手な方は【記事の下へ】をクリックしてください。
記事の下にジャンプします。



 きれいなルリセンチコガネ。
 奈良と和歌山限定のルリセンチコガネ。
 もっと見てみたくてたまりません。

 しかし動物の(ふん)を食べる虫です。糞虫(ふんちゅう)です。
 動物の糞を探さなければなりません。しかも街中や住宅街ではだめです。

 野生の動物の糞なんてどこに行けば簡単に見れるでしょう。
 しかも新鮮なものを……



 あ、忘れてました。
 大阪から近くて、野生の動物の糞がいっぱいで、しかも間近に見れるところが!

 それは。

 奈良公園!!

 ということで、奈良公園行ってきました。

シカが自由な奈良公園
シカが自由な奈良公園





 近鉄奈良駅から坂を上っていくと興福寺(こうふくじ)があります。そのあたりから芝の敷地がはじまり、シカがあちこちでのんびりとしています。
 シカは芝を食べます。
 食べ物があるのですから、もちろん糞もあるはずです。
 しかも近くには自然いっぱいの春日大社(かすがたいしゃ)(もり)があります。

 きっとそこからセンチコガネも飛んできているはずです!



 ということで、探す必要の無いほどそこら中にころがっているシカの糞の塊をひっくり返してみると……

 糞に穴が開いてなにやら黒っぽい虫が動いています。
 でも小さい……

シカの糞の中の黒っぽい虫
シカの糞の中の黒っぽい虫



 シカの糞の大きさは1センチほど。
 ということは虫は数ミリの大きさです。

 ほじくりかえしてみると、体はコガネムシ状で、背中の(はね)には縦の筋が。
 そして頭が平たくシャベルのような形になっています。

 エンマコガネの一種のようです。
 もちろんセンチコガネではありません。
 瑠璃(るり)色でもありません。

エンマコガネの一種
エンマコガネの一種



 いたるところに動物の糞が転がっているというのに、こんなに観光客だらけでは、ルリセンチコガネはやってこないのでしょうか……



つづく!



◆記事ナビ◆ 〔糞虫〕 〔奈良公園〕


■外部リンク■
 奈良公園管理事務所/奈良県公式ホームページ





Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: エンマコガネ  糞虫  奈良公園 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

立夏をすぎたら夏鳥が。キビタキ

 初夏の大阪市立長居(ながい)植物園。

 奥の方には結構深い森があります。

 そこできれいな鳥の鳴き声が。

 声に誘われて森の中に入っていくと、大きなレンズをつけたカメラや大きな双眼鏡を三脚にすえつけた人が何人も居ました。

 そう人たちの邪魔をしないように声の方を見てみると……

 スズメくらいの大きさの鳥が枝にとまっていました。
 黒い背中に山吹色のお腹、体はスズメよりもほっそりとしています。

 キビタキ(黄鶲)です。

木の上で鳴いているキビタキ(長居植物園)
木の上で鳴いているキビタキ(長居植物園)




 キビタキは渡り鳥で、日本では暖かくなるとやってくる夏鳥です。

 ちょうど立夏をすぎたころ。もう夏です。

 さすがキビタキ、よくわかっています。

◆記事ナビ◆ [鳥] 〔長居植物園〕


■外部リンク■
大阪市立長居植物園







Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: キビタキ  長居植物園  夏の鳥 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

マイクロフォレスト2

ちょっとヘンな森の写真?
ちょっとヘンな森の写真?


 また森の写真です。
 中央アメリカの乾燥地帯の変わったサボテンの森、でしょうか?

 などといっても二度目になってしまえば、「どうせまたコケだろう」と思われてしまうでしょう。

 しかし残念。
 コケではありません。



 それは。

 地衣類(ちいるい)です。

 コケではありませんが、まあ、似たようなものでした。



 この地衣類はヒメジョウゴゴケ。
 地衣類の体を作る地衣体が木のように立ち上がる樹状(じゅじょう)地衣類のひとつ。
 「樹状」といっても大きくても1センチあるかないか。コケと同じくらいの小さな生き物です。

 奇妙な形ですが、住宅の周りでも生えることもあり、盆栽(ぼんさい)のコケの間から顔をのぞかせる身近な地衣類のひとつです。

 わりと日当たりのよい土や石の上に生える地衣類なので、実は毎日通る道にも生えているかもしれません。

樹状地衣類ヒメジョウゴゴケ
樹状地衣類ヒメジョウゴゴケ





 これは近所の農家の方の敷地に生えていたのをいただいたものです。
 ためしに育ててみようと思います。

 元から土の上で育つ地衣類なので、元に生えていたところと同じような環境にすれば、大丈夫じゃないかなと思っています。



 あまり乾き過ぎないように、あまり水をやり過ぎないように。
 今のところ、なんとか地衣類は元気なようです。

◆記事ナビ◆ 〔地衣類〕




Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヒメジョウゴゴケ  地衣類  微小森林  マイクロフォレスト 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

ウネンラギアとアナビセティア、鳥に近いのはどっち?〈大恐竜展-大阪市立自然史博物館-〉

 長居(ながい)公園の大阪市立自然史(しぜんし)博物館の特別展、「大恐竜展~知られざる南半球の支配者~」は、今まで書いてきたような大きな肉食恐竜の展示だけではありません。

 羽毛が生えた恐竜が多く確認され、鳥類の先祖とも言われるドロマエオサウルス科の恐竜の化石も展示されています。

 それがウネンラギア。
 人間と変わらない大きさの復元された骨格が展示されています。

ウネンラギアの復元骨格標本〈大恐竜展-大阪市立自然史博物館〉
ウネンラギアの復元骨格標本〈大恐竜展-大阪市立自然史博物館〉



 肩の関節の様子から、羽ばたくような運動もできたと考えられていますが、体のほかの部分の特徴からは飛ぶどころか滑空することもできなかったようです。



 鳥と比べてみようということで、去年同じ博物館で行われた特別展「ホネホネ探検隊」で展示されていた現在の鳥、エミューの骨も見てみましょう。

エミューの骨格標本〈ホネホネ探検隊-大阪市立自然史博物館〉
エミューの骨格標本〈ホネホネ探検隊-大阪市立自然史博物館〉




 こうしてみると、ウネンラギアは鳥ではなく恐竜そのもののような気がします。

 となりには同じくらいの大きさの恐竜アナビセティアの骨格があります。
 こちらの方がエミューに近いように感じます。

アナビセティアの復元骨格標本〈大恐竜展-大阪市立自然史博物館〉
アナビセティアの復元骨格標本〈大恐竜展-大阪市立自然史博物館〉




 どちらも白亜紀(はくあき)後期の恐竜ですが、アナビセティアは鳥盤類(ちょうばんるい)の恐竜。
 鳥の先祖といわるドロマエオサウルス科は竜盤類(りゅうばんるい)の恐竜。つまりウネンラギアのほうが進化の系統では鳥に近いのです。


 エミューは飛べない巨大な鳥です。一般的な鳥とはちょっとちがいます。
 もすかすると、2本足で陸上生活するうちにお互いに似た姿になったのでしょうか。

 いや、ひょっとして、エミューは恐竜化した鳥なのでしょうか。



 そうだと、おもしろい!

■外部リンク■
 大恐竜展~知られざる南半球の支配者~
 大阪市立自然史博物館 ホネホネ探検隊(もう終了しています)
 ようこそ大阪市立自然史博物館へ



◆記事ナビ◆ 〔大恐竜展〕 〔恐竜〕




Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 大恐竜展  大阪市立自然史博物館  ウネンラギア  アナビセティア  エミュー  ドロマエオサウルス科  化石  骨格標本 

関連記事

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

謎の鳥はやはりシロハラでした。

 多丘公園(おおおかこうえん)で半ば謎の鳥だったシロハラをやっと捕らえました。あ、写真で、です。

 出会ったのは開けた道の階段のところ。
 運よく鳥は階段を下へ下へと降りていきます。

 体を低くしてカメラを上に挙げ、そろそろ近づきながら写していきます。

ツグミ科らしくツグミ立ちのシロハラ
ツグミ科らしくツグミ立ちのシロハラ



 そして帰り間際に人気の少ない道でまたぱったり。

 今度はもっと近かったのですが、その分あっと言う間に藪の中に逃げ込んでしまいました。

背中の茶色、頭の灰色、お腹の白はシロハラの証
背中の茶色、頭の灰色、お腹の白はシロハラの証



 シロハラは冬鳥。
 もうアムール川まで飛んでいったことでしょう。
 次に会えるのは冬になってからになります。

◆記事リンク◆ 〔シロハラ〕 〔多丘公園〕



Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: シロハラ  多丘公園 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

奈良公園のニホンジカの角

平城遷都1300年祭


 いよいよ平城遷都(へいじょうせんと)1300年祭が本格的に始まりました。
 祭の公式マスコットキャラのせんとくんも公表されたときの騒動のおかげで知名度も上がり、「かわいい」と評判もわるくないようです。

 もはや、奈良のご当地キャラとしての一番の知名度かもしれません。



 せんとくんの特徴の一つが問題にもなった頭の角。

 奈良というと奈良公園の鹿。
 奈良の鹿はは世界的にも有名だそうで、奈良のマスコットキャラに鹿の角がつくのは自然なことだと思います。
 実際、せんとくん問題のときに誕生したキャラクターまんとくんも頭に角がついています。

毛の生え変わり時期らしい奈良公園のニホンジカ
毛の生え変わり時期らしい奈良公園のニホンジカ



 ところが、気になるのはせんとくんのあたまについている角の形です。

 頭の横の方から手を広げたように枝分かれした先の丸い角が左右に広がっています。


ニホンジカの角


 ところでニホンジカの角はどのような形でしょうか。

 それは頭の天辺に空を向いて生えている枝分かれした先のとがった角です。

 どうやら、せんとくんの角は奈良公園で有名なニホンジカの角ではないようです。

まだせんとくんぽい5月のニホンジカの角
まだせんとくんぽい5月のニホンジカの角




なにの角?


 トナカイの角だ、という説もありますが、少なくとも奈良公園にいるニホンジカの角にはあまり似ていません。

トナカイの画像Yahoo! JAPAN





 奈良のイベントのマスコットキャラの角が、どうして奈良で有名なニホンジカの角に似ていないのかはよくわかりません。
 きっと、せんとくんを魅力的に見せるためのデザインなのでしょう。

◆記事ナビ◆ 〔ニホンジカ〕


■外部リンク■
 平城遷都1300年祭ホームページ






Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ニホンジカ  シカ  奈良公園 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

紅葉の季節です、晩春ですから。

 紅葉(こうよう)の季節です。
 カエデの葉が真っ赤に染まっています。

春の新緑の中で紅葉しているカエデ〈長居植物園〉
春の新緑の中で紅葉しているカエデ〈長居植物園〉



 え? どうして秋の話題を5月にって?

 いえいえ、紅葉しているのは、今です。



 カエデの秋の紅葉も春の紅葉もアントシアニンという色素で赤く染まるのは同じです。
 ちがうのは、秋の紅葉はそのあと葉が落ちますが、春の紅葉はどんどん葉が茂っていきます。

 秋の紅葉と同じで葉が赤くなる理由はよくわかっていないようです。

 ただ、アントシアニンは紫外線をよく吸収するといわれています。

 紫外線は生き物に取ってあまり好ましくない光です。
 まだまだ柔らかい新芽を紫外線から守るために、紫外線を吸収するアントシアニンで葉を守っているのでは無いかともいわれています。

 実際、新芽が赤い色をしている植物は少なくないようです。

近くで見ると緑の葉もあるカエデ〈長居植物園〉
近くで見ると緑の葉もあるカエデ〈長居植物園〉




 ともあれ、カエデには1年で二度紅葉が楽しめる種類があります。


◆記事リンク◆ 〔紅葉〕


■外部リンク■
大阪市立長居植物園



Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 紅葉  カエデ  春の木  長居植物園  春の紅葉  植物園 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Yahoo!天気・災害
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
Amazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる