【 2010年03月】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕
 ·ミツマタ  ·錦織公園  ·春の花  ·黄色い花  ·桜始開  ·七十二候  ·桜  ·ヤマザクラ  ·ジンガサゴケ  ·苔類  ·コケ  ·微小森林  ·マイクロフォレスト  ·ナズナ  ·ぺんぺん草  ·山菜  ·春の花  ·白い花  ·雑草  ·ミツバチ  ·ニホンミツバチ  ·桃  ·寒緋(桃)  ·関白(桃)  ·矢口(桃)  ·大阪城公園  ·ハチ  ·多丘公園  ·メジロ  ·ジョウビタキ  ·エナガ  ·ウグイス  ·ヤブサメ  ·ルリビタキ  ·シロハラ  ·コスミレ  ·スミレ  ·距  ·春の花  ·紫色の花  ·雑草  ·ヒラドツツジ  ·ツツジ  ·平戸  ·沖縄  ·モチツツジ  ·菜虫化蝶  ·七十二候  ·モンシロチョウ  ·桃  ·寒緋(桃)  ·関白(桃)  ·照手桃  ·桜  ·梅  ·大阪城公園

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

みつまたの花 さいてました


大阪府の公園


 大阪府営の公園のページがあります。

 どこに行けばどの植物が見れるのかとか、花のシーズンはいつかとか、調べるのに使っています。

 それで、ある公園でミツマタの花が咲いているという記事を目にしました。

■外部リンク■
 財団法人大阪府公園協会|大阪府営公園ガイド
 ~行こうよ!花とみどりのオアシスへ~



ミツマタ


 「ミツマタ」は漢字では「三椏」と書きます。
 何かわからなくてもなんか聞いたことがあるように感じる人も多いかもしれません。

 「コウゾ・ミツマタ」と言えば、思い出す人も増えるでしょう。
 多分、学校の社会の授業で一度は聞いたことがある名前だと思います。
 「コウゾ」は漢字で「楮」と書き、ミツマタともに日本の伝統的な紙、和紙の原料となる木です。

 ということでミツマタの花を見に公園へ行ってきました。


ミツマタの黄色い花

錦織公園の迷路


 ミツマタの花が咲いている公園は錦織(にしこおり)公園。大阪南部の山側、いわゆる南河内(みなみかわち)地方の富田林(とんだばやし)市にある公園です。

 この公園はもとからあった山林をそのまま使っているようなところで、駅からも遠く不便なところにあります。
 しかし植林して作られた大阪城公園などとちがい、大阪南部の山林の植生をかなり残しているようです。

 園内には舗装された太い道がいくつもあるものの、起伏の激しい地形に細い山道が縦横に走っていて、遭難しそうなほど迷路になっています。


ミツマタの黄色くまるい花


 そんな公園の中、河内(かわち)地方の農家を再現した「河内の里」の一角にミツマタは植えられていました。

 まだ葉がでていない枝の先が、名前の由来になったといわれるように三つに枝分かれして、それぞれの先に黄色い小さい花が、まるでくす玉のように丸くなっています。

三つに分かれた枝先のミツマタの花
三つに分かれた枝先のミツマタの花


 色も黄色に若干白が混ざっているような、ほんのちょっとだけパステル調の黄色。決して鮮やかでも派手でもありません。

 でも、細く枝分かれした先につく黄色い小さい花でできたくす玉。
 とてもきれいだと思います。

ミツマタの黄色いくす玉
ミツマタの黄色いくす玉



■記事リンク■ [樹木]

■外部リンク■
 錦織公園財団法人大阪府公園協会|大阪府営公園ガイド



Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ミツマタ  錦織公園  春の花  黄色い花 

関連記事
スポンサーサイト

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

桜が咲きはじめるころ〈七十二候 第十一候〉

咲き始めた桜
咲き始めた桜



 「桜始開」。
 読みは、「さくら、はじめてひらく」。


 だんだん春らしくなり、桜も咲き始める頃、ということです。

 春分もすぎて春本番。
 桜前線もどんどん北上しています。

 緯度的な日本の真ん中、北緯35°のあたりでは、桜の開花宣言も発表され、あとは満開を待つばかり。

 とはいえ、沖縄は20℃を超えツツジがまっさかり。一方北海道はまだまだ氷点下の日があります。

満開まであと少し?の桜
満開まであと少し?の桜



 歴代の日本の中心都市がおかれてきたのはこの北緯35°付近。

 人が住む日本の最北端と最南端までたった10°ほどのちがい。
 三角定規の一番小さい角の半分よりもまだ小さな差なのに、こんなにちがう。

 日本はほんとうに南北に長い国ですね。

ちなみにもう散っているヤマザクラ
ちなみにもう散っているヤマザクラ



■記事リンク■ 【七十二候表】
 〔桜〕 【ヤマザクラ 咲き始めました。】



Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 桜始開  七十二候    ヤマザクラ 

関連記事

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

マイクロフォレスト―ちっちゃな森―

ちょっと変わった森の写真?
ちょっと変わった森の写真?


森?


 森の写真です。

 でも、ちょっと変です。
 森だというのに上から写しています。
 ヘリコプターにでも乗ってたのでしょうか。


ジンガサゴケの小さな森

ジンガサゴケの雌器托
ジンガサゴケの雌器托

 じつは、とても小さな森なのです。

 森を作っているのはジンガサゴケ(陣笠苔)。苔類(たいるい)のコケです。もちろん植物。

 根元や左側の緑色の平たいところがコケの本体とも言える葉状体(ようじょうたい)。毛羽立った草のようなものは別の蘚類(せんるい)のコケです。
 木のように伸びているのが胞子(ほうし)を飛ばす雌器托(しきたく)。これが陣笠(じんがさ)に似ているからジンガサゴケ。
 陣笠は江戸時代の武士がかぶった簡単な(かぶと)のようなもの。

 この雌器托(しきたく)の高さは1センチ程度。とても小さな木です。

陣笠の画像Yahoo! JAPAN




胞子で増えますが植物です


 コケは植物ですが種ではなく胞子で増えます。

 胞子(ほうし)というとカビ等の菌類(きんるい)地衣類(ちいるい)と同じですが、胞子からどんどん増えていくカビなどとちがい、胞子から育った雄株(おかぶ)でつくられた精子(せいし)雌株(めかぶ)卵子(らんし)受精(じゅせい)して、胞子ができます。
 名前こそ胞子ですが、増え方はカビやキノコなどの菌類とはちがいます。植物とはよく似ています。

 そのほか体のつくりが菌類とはまったく違い、その上葉緑体(ようりょくたい)がありますので植物として分類されています。


Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo




››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ジンガサゴケ  苔類  コケ  微小森林  マイクロフォレスト 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

名前は有名だけど姿は知られず。なずな



気付かない山菜


 身の回りにあっても意外と気がつかない山菜はいろいろあります。

 そんな中で、名前は聞いたことがあるけど、見たことがない、正確に言うと見たことあるはずですが気付いていない山菜もあります。

 そういうものの一つが、ナズナ(薺)かもしれません。

見るからに雑草なナズナ
見るからに雑草なナズナ




ぺんぺん!


 「ナズナ」。
 春の七草の一つです。

 もう一つ別名があります。

 「ぺんぺん草」。

 そうです。「ぺんぺん草も生えない」といわれるほどのキング・オブ・雑草の「ぺんぺん草」です。

 「ナズナ」の由来にはいろいろな説があるようですが、「ぺんぺん草」は果実の形が三味線(しゃみせん)(ばち)に似ているということで、三味線を弾く擬音語(ぎおんご)の「ぺんぺん」が当てられた、とか。

三味線の撥型のナズナの果実
三味線の撥型のナズナの果実



三味線の撥の画像Yahoo! JAPAN





食べる!?


 形を見ているとどこをどう食べるのか
 若葉やロゼットをゆでてから水にさらして、葉物野菜と同じように食べるようです。

 おいしいかどうかは、わかりません。


ご注意を!


 山菜によってはよく似た毒草があるものもあります。
 また、自然のままのように見える場所でも誰か所有者・管理者がいます。
 勝手に進入し、生えている植物を勝手に持ち帰ると犯罪になることもありますので、ご注意ください。

■外部リンク■
山菜採取ルールの基本[PDF]
「山菜文化産業懇話会報告書」について林野庁



Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索


キッズgoo


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ナズナ  ぺんぺん草  山菜  春の花  白い花  雑草 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

桃の花とミツバチ〈大阪城公園 桃園〉

今回はミツバチの記事です。
ミツバチの画像もあります。
ミツバチが苦手な方は【記事の下へ】をクリックしてください。
記事の下にジャンプします。



大阪城の桃の花


 そろそろ桜が咲き始めた大阪城公園。

 桜の前には桃の花が咲きます。
 大阪城公園の北側の北外堀と寝屋川(ねやがわ)第二寝屋川(だいにねやがわ)に挟まれたところに桃園(とうえん)があります。

 十日ほど前の桃園です。
 もうハチが飛び回っていました。
 きっと冬眠していたはたらきバチが暖かくなって動き始めたのでしょう。

関白(花桃)とミツバチ
関白(花桃)とミツバチ




二つのミツバチ


 日本には大きく分けて2種類のミツバチがいます。

 一つはセイヨウミツバチ。
 名前のようにヨーロッパのミツバチで、花の蜜を集めるために明治時代に日本に持ち込まれました。

 もう一つはニホンミツバチ。
 名前の通り日本に昔からいるミツバチです。

 ニホンミツバチも蜂蜜を採るのに使われていましたが、セイヨウミツバチの方が大量に蜜を集めるということで、今ではほとんど使われなくなったそうです。

 ということは、桃の花にいるミツバチはセイヨウミツバチでしょうか。

寒緋(花桃)とミツバチ
寒緋(花桃)とミツバチ




どっちのミツバチ?


 まちがいなく日本にいるミツバチはセイヨウミツバチの方が多いでしょう。
 でもセイヨウミツバチは人間に管理されている虫の家畜です。
 それにヨーロッパにはミツバチの天敵のスズメバチがいないため、対スズメバチの戦術がなく巣が襲われると全滅することもあります。

 そういうわけで、あまり野生化していないそうです。

 そしてミツバチを見かけたのは、人が多くて花が少ない都市の真っ只中。
 どう考えても養蜂業者(ようほうぎょうしゃ)が近くにいるとは思えません。

 となると、ニホンミツバチでしょうか。

 大阪城公園にはニホンミツバチが生きていける程度の自然は残っていそうです。


セイヨウミツバチとニホンミツバチのちがいは?


 セイヨウミツバチとニホンミツバチのちがいは何でしょうか。

 その第一は腹の色のようです。
 セイヨウミツバチは黄色く、ニホンミツバチは黒っぽい。

 と書かれているブログやホームページは多いのですが、わかりやすく写真が並んでいるのはなかなか見つかりません。

 しかたないのでいろいろなページの画像を見比べてみると、ハチの腹の最初のほうが黄色なのがセイヨウミツバチ。
 黒いのがニホンミツバチのようです。

 ということは、大阪城公園桃園を飛び回っていたミツバチは、ニホンミツバチのようです。

矢口(花桃)とニホンミツバチ(多分)
矢口(花桃)とニホンミツバチ(多分)



■外部リンク■
 昆虫の写真が豊富な図鑑サイト
 ●昆虫エクスプローラ
  ┣セイヨウミツバチ
  ┗ニホンミツバチ



■外部リンク■
 ●大阪城公園



■記事リンク■ [昆虫]



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ミツバチ  ニホンミツバチ    寒緋(桃)  関白(桃)  矢口(桃)  大阪城公園  ハチ 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

森の鳥はむずかしい



森の多丘公園


 このブログで取り上げる勝手に名前をつけた多丘公園(おおおかこうえん)には、あまり手を加えてないと思われる森があります。
 ということで野鳥の数も少なくありません。

 しかし、人が入ることができないような(やぶ)だらけなので「声はすれども姿は見えず」。写真を撮るのは本当に運頼み。
 ですから住宅街にいる鳥なら住宅街の方がいい写真が撮れます。

 そんな多丘公園(おおおかこうえん)では何とか写せたものの、種類がわからない鳥もいます。

 なかなか森の野鳥を写すのは難しいものです。

ある日に写せた多丘公園の鳥たち

スズメくらいの大きさの鳥
町の中にもいるメジロ
町の中にもいるメジロ

すぐ逃げるジョウビタキのオス
すぐ逃げるジョウビタキのオス

かわいいエナガ
かわいいエナガ

ウグイス?(ヤブサメ?)
ウグイス?(ヤブサメ?)

ルリビタキのメス?
ルリビタキのメス?

これはちょっと自信がありません。
羽に白い点があればジョウビタキのメスなのですが。
多分ヒタキ系のメスではないかと思います。
しかしここではジョウビタキ以外のヒタキ系の鳥を見た事がありません。
単に見逃しているだけかもしれませんが。

ヒヨドリくらいの大きさの鳥
シロハラ?
シロハラ?

大きさも雰囲気もツグミによく似ています。
しかし背中が薄いこげ茶色に腹側が灰色。
驚くと木に飛び移るツグミに対して、藪の中を飛んで生きます。
森の中でも割と開けたところを好むツグミに対して、藪の中を好みます。
ということで、一瞬見ることはできても写真に撮ることは難しい鳥です。
それらはシロハラの特徴にぴったりですが、首に白いところがあるので「?」ははずせません。

 多丘公園。
 豊かな自然がある公園ですが、その分、鳥との出会いは一期一会です。


■記事リンク■ [鳥] 〔多丘公園〕
 〔メジロ〕 〔ジョウビタキ〕 〔ウグイス〕



Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

Yahoo! JAPAN


キッズgoo


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 多丘公園  メジロ  ジョウビタキ  エナガ  ウグイス  ヤブサメ  ルリビタキ  シロハラ 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

見た目によらずたくましいスミレ

アスファルトとコンクリートの隙間に生えてるスミレ
アスファルトとコンクリートの隙間に生えてるスミレ



 多丘公園(おおおかこうえん)へ行く途中、スミレを見つけました。

 住宅街のアスファルトの道路と小さな側溝(そっこう)の隙間に生えたスミレ。
 薄紫色の花をたくさん咲かせています。

 (きょ)が円筒形で大きく、花柄(かへい)や葉に小さい毛が生えているのでコスミレ(小菫)でしょうか。

コスミレ? の花
コスミレ? の花



 スミレは小さな花で、株もあまり大きく広がらないのでなんとなく「かよわい」イメージを持っていますが、アスファルトの隙間などから生えている話をときおり耳にします。
 見た目によらずたくましい種類もあるようです。


■記事リンク■ 〔スミレ〕


Yahoo! JAPAN



Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索



キッズgoo




››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: コスミレ  スミレ    春の花  紫色の花  雑草 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

沖縄のツツジ 台湾のツツジ 日本のツツジ



平戸躑躅


 ヒラドツツジ。

 漢字で書くと平戸躑躅(ひらどつつじ)
 見たとおり、長崎県の平戸(ひらど)のツツジだそうです。

 江戸時代の初期、長崎の平戸にはオランダやイギリスの商館が置かれ外国に開かれた数少ない港として栄えました。

 ツツジは北半球に分布していて日本特産というわけではないのですが、日本には多くの野生種があります。
 それだけ身近で多様性があるからでしょうか、江戸時代には多くの園芸種が作り出されました。

沖縄のヒラドツツジ(提供:Yaraさん)
沖縄のヒラドツツジ(提供:Yaraさん)




誕生、平戸躑躅


 もちろん平戸でも多くのツツジが栽培されていたそうです。

 そのような状態で沖縄原産のケラマツツジや台湾原産のタイワンヤマツツジ、そして日本本土のモチツツジなどが自然交配(しぜんこうはい)し、生まれたのがヒラドツツジだといわれています。

 日本のツツジと沖縄、台湾のツツジの特徴が受け継がれるツツジが生まれたのは、鎖国時代に外国に開かれていた平戸らしいことだ思います。


沖縄でもへっちゃら


 沖縄と台湾。南国のツツジの遺伝子を持つからでしょうか、ヒラドツツジは現在の沖縄でよく植えられるツツジの一つだそうです。

 ツツジを市区町村の花にしている自治体は北は北海道から南は沖縄まで数えきれないほどあります。

 日本の花というと桜のイメージがありますが、日本中に生えているツツジも十分日本の花だと思います。


■記事リンク■
 〔ツツジ〕



■外部リンク■
平戸市 -OfficialWebSite-

■ツツジを村花としている沖縄の村
村の概要|伊平屋村ホームページてるしのNET
宜野座村ホームページ
渡嘉敷村なんでもデータ(渡嘉敷村公式サイト)
東村観光情報(沖縄県東村ホームページ)



大輪の花 ヒラドツツジをお庭に
日本の花 ツツジをお庭に
盆栽 ツツジ


Yahoo! JAPAN



Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索



キッズgoo


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヒラドツツジ  ツツジ  平戸  沖縄  モチツツジ 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

あおむしが蝶になって大空を舞う日〈七十二候 第九候〉


七十二候 第九候


 「菜虫化蝶(なむし、ちょうとなる)」。
 「菜虫(なむし)」とは菜、つまりダイコンやキャベツ、ブロッコリなどアブラナ科の葉を食べる虫。アオムシのことといわれています。

 アオムシは、菜を食べる虫のうち、長い毛が生えてなくて葉と同じ緑色をしているチョウの幼虫のことです。
 うちの畑の菜を食べていたのはほとんどがモンシロチョウの幼虫だったと思います。


大空を舞う


 モンシロチョウは大阪平野部ではサナギや幼虫で冬を越します。
 サナギで冬を越したものが羽化するのがちょうど今頃、ということです。

 しかし暖かくなってきたといっても、まだまだ冷え込む日もあります。
 本当にモンシロチョウが飛んでいるのかな、と思っていたら、いました。
 飛んでいました。

 さすが七十二候(しちじゅうにこう)

葉の上でひとやすみのモンシロチョウ
葉の上でひとやすみのモンシロチョウ



■記事リンク
 〔モンシロチョウ〕 【七十二候表】



Yahoo! JAPAN



Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索



キッズgoo


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 菜虫化蝶  七十二候  モンシロチョウ 

関連記事

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

花桃咲いています。大阪城公園桃園


 大阪城公園というと梅、そして桜が有名だと思いますが、桃園(とうえん)もあります。

 七十二候(しちじゅうにこう)第八候、桃始笑(もも、はじめてさく)ということで、笑っているかどうか見に行ってきました。

結構笑っている 寒緋(花桃)
結構笑っている 寒緋(かんひ)花桃(はなもも)


まだまだ小さな笑いの 関白(花桃)
まだまだ小さな笑いの 関白(かんぱく)花桃(はなもも)


 多くは笑い始めてますが、まだまだむっつりとしている桃もありました。

 この桃が笑うのは桜と一緒でしょうか。

まだまだピクリともしていない 照手桃(花桃)
まだまだピクリともしていない 照手桃(てるてもも)花桃(はなもも)


 ついでに梅林に行って見ましたが、多くがもう散っていました。

 桜の季節ももうそこまできていそうです。


 ところで、桃の花はなんだか桜に似ています。そして梅の花にも似ています。

桜(染井吉野)
桜(染井吉野(そめいよしの)
梅(南高)
梅(南高(なんこう)

 実は。
 桃は バラ科サクラ属モモ亜属。
 桜は バラ科サクラ属サクラ亜属。
 梅は バラ科サクラ属スモモ亜属。

 みんなサクラ属です。
 どうりで花がにているはずです。

キッズ・スペース
「笑む」と()いて「えむ」と()み、(はな)がさくという意味(いみ)があります。
今回(こんかい)(はな)がさくことを「(わら)う」と(あらわ)しています。
キッズgoo


■記事リンク■ 〔大阪城公園〕 〔桃〕
 〔桜〕 〔梅〕


■外部リンク■
大阪城公園


Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索




››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ:   寒緋(桃)  関白(桃)  照手桃      大阪城公園 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Yahoo!天気・災害
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
Amazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる