【 草花】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕
 ·ギンリョウソウ  ·梅雨の花  ·夏の花  ·白い花  ·寄生植物  ·金剛山の花  ·金剛山の植物  ·金剛山  ·千早本道  ·5月の花/SA-tanada  ·5月の紫色の花/SA-tanada  ·5月の青い花/SA-tanada  ·紫色の花/SA-tanada  ·青い花/SA-tanada  ·夏の花/SA-tanada  ·初夏の花/SA-tanada  ·5月の下赤阪の棚田の植物  ·キキョウソウ  ·紫色の花/SA-tanada  ·初夏の花/SA-tanada  ·夏の花/SA-tanada  ·下赤阪の棚田の植物  ·5月の花/SA-tanada  ·5月の黄色い花/SA-tanada  ·黄色い花/SA-tanada  ·夏の花/SA-tanada  ·5月の下赤阪の棚田の植物  ·テンナンショウ属  ·マムシグサ  ·金剛山の植物  ·初夏の金剛山  ·金剛山  ·サイハイラン  ·蘭  ·初夏の花  ·夏の花  ·紫色の花  ·白い花  ·ヤマブキソウ  ·初夏の花  ·春植物  ·スプリング・エフェメラル  ·金剛山の花  ·金剛山の植物  ·金剛山  ·黄色い花

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

銀竜草が減ってちょっと残念な今年の梅雨の金剛山

 梅雨も後半。
 ギンリョウソウの季節です。
 ということで、金剛山に行ってきました。

 ギンリョウソウは金剛山では梅雨のころに現れる真っ白な植物。
 光合成をやめてしまい、地下でいろいろな植物とネットワークを作っている菌類に寄生している植物。
 漢字では「銀竜草」。
 鱗片状の葉をつけた茎とその先につく花を白い竜に見立てたもの、と言われます。
 ということで、竜ぽいようなな気がする銀龍草です。




 金剛山でギンリョウソウというと、メインルートの千早本道。
 三合目をすぎたあたりから山頂まで、登山道の左右の落葉の中や土留めの丸太の下から顔を出します。
 ところが、ここ数年千早本道の改修が進み、すっかり減ってしまいました。
 この日も最初に見かけたのは四合目を過ぎたあたり。
 その後は八合目まではほとんど見かけません。
 残念です。

 といっても、金剛山からギンリョウソウがなくなったわけではありません。
 時間がたては千早本道にも戻ってくるでしょう。
 きっと。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ギンリョウソウ  梅雨の花  夏の花  白い花  寄生植物  金剛山の花  金剛山の植物  金剛山  千早本道 

スポンサーサイト

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の5月の紫~青い花

 紫というと、やっぱりシソ科?
 それに全体の種類が少ない!

紫色の花 タグ:下赤阪の棚田の紫色の花5月の花

トウバナ(塔花)
Clinopodium gracile

シソ目
シソ科
トウバナ属
多年草
タグ:トウバナ


2015年下旬

タツナミソウ(立浪草)
Scutellaria indica

シソ目
シソ科
タツナミソウ属
多年草
タグ:タツナミソウ


2017年下旬

キランソウ(金瘡小草)
Ajuga decumbens

シソ目
シソ科
キランソウ属
多年草
別名:ジゴクノカマノフタ,コウボウソウ,
タグ:キランソウ


2014年下旬

トキワハゼ(常磐爆)
Mazus pumilus

シソ目
ハエドクソウ科
サギゴケ属
一年草
タグ:トキワハゼ


2015年下旬

ツタバウンラン(蔦葉海蘭)
Cymbalaria muralis

シソ目
オオバコ科
ツタバウンラン属
一年草・多年草
ヨーロッバ原産
別名:海蘭葛(うんらんかずら),蔦唐草(つたからくさ)
タグ:ツタバウンラン


2014年下旬

ノアザミ(野薊)
Cirsium japonicum

キク目
キク科
アザミ属
多年草
タグ:ノアザミ


2015年下旬

キキョウソウ(桔梗草)
Triodanis perfoliata

双子葉類
キキョウ目
キキョウ科
キキョウソウ属
一年草
花期:5~7月
蒴果
草丈:30~40㎝
北アメリカ原産
タグ:キキョウソウ


2017年下旬
紫色の花
青色の花 タグ:下赤阪の棚田の青色の花5月の花

キュウリグサ(胡瓜草)
Trigonotis peduncularis

キク目
ムラサキ科
キュウリグサ属
二年草
タグ:キュウリグサ


2014年下旬

オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)
Veronica persica

シソ目
オオバコ科
クワガタソウ属
越年草
ヨーロッパ原産
別名:瑠璃唐草
タグ:オオイヌノフグリ


2015年下旬

アジサイ(紫陽花)手毬咲き
Hydrangea macrophylla
var. macrophylla

双子葉類
ミズキ目
アジサイ科
アジサイ属
落葉低木
欧米で創出された園芸種
タグ:アジサイ


2017年下旬

紫陽花の花の色は、土の酸性度(pH)によって色が変わると言われます。
酸性なら青色、アルカリ性なら赤色。リトマス試験紙の逆です。

稲は酸性を好むので、田んぼは酸性が理想。
この紫陽花が青色なのは、棚田だからかもしれません。

青い花

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 5月の花/SA-tanada  5月の紫色の花/SA-tanada  5月の青い花/SA-tanada  紫色の花/SA-tanada  青い花/SA-tanada  夏の花/SA-tanada  初夏の花/SA-tanada  5月の下赤阪の棚田の植物 

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

キキョウソウ(桔梗草)―下赤阪の棚田の初夏の紫色の花

 小さくて目立たない結構したたかな外来種ですが、花はきれいです。

紫色の花 タグ:下赤阪の棚田の紫色の花

キキョウソウ(桔梗草)Triodanis perfoliata

双子葉類 キキョウ目 キキョウ科 キキョウソウ属
一年草
花期:5~7月
蒴果
草丈:30~40㎝
生育場所:乾燥して日当たりのいい場所,公園,道端
北アメリカ原産
別名:ダンダンギキョウ

はじめての記録が2017年。
花の大きさが1~2センチと小さく、草丈も30センチくらいなので、見逃していたようです。

道端や空き地などに生えることからもわかるように、外来種。
北アメリカ原産です。

閉鎖花をつけるようで、作られる種の量は結構ありそうです。
たしかに、一つ見つけるとまわりにいくつも見つかります。


2017年5月下旬

よく似た花にヒナキキョウソウがあります。
同じキキョウソウ属の外来種。こちらも北アメリカ原産。
ヒナキキョウソウの葉は幅より長い形で、基部が茎に巻き付かず、花は上に1個だけ。
キキョウソウは葉はまるく、基部は茎を巻き、花は葉のつけに1個ずつつきます。

紫色の花

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: キキョウソウ  紫色の花/SA-tanada  初夏の花/SA-tanada  夏の花/SA-tanada  下赤阪の棚田の植物 

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の5月の黄色い花

 暖かくなれば、キク科といえども黄色の花で目立つのは難しくなってきます。

黄色い花  タグ:下赤阪の棚田の黄色い花5月の花

ハハコグサ(母子草)
Gnaphalium affine

双子葉類
キク目
キク科
ハハコグサ属
一年草
タグ:ハハコグサ


2014年下旬

イワニガナ(岩苦菜)
Ixeris stolonifera

双子葉類
キク目
キク科
ニガナ属
多年草
別名:ジシバリ(地縛り)
タグ:イワニガナ


2014年下旬

セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)Taraxacum officinale

双子葉類 キク目 キク科 タンポポ属
多年草
ヨーロッパ原産
環境省 要注意外来生物
日本生態学会 日本の侵略的外来種ワースト100
タグ:セイヨウタンポポ


2017年下旬

コモチマンネングサ
(子持ち万年草)
Sedum bulbiferum

双子葉類
ユキノシタ目
ベンケイソウ科
マンネングサ属
越年草
タグ:コモチマンネングサ


2015年下旬

オノマンネングサ
(雄の万年草)
Sedum lineare

双子葉類
ユキノシタ目
ベンケイソウ科
マンネングサ属
多年草
タグ:オノマンネングサ


2015年下旬

ウマノアシガタ(馬の足形)
Ranunculus japonicus

双子葉類
キンポウゲ目
キンポウゲ科
キンポウゲ属
多年草
タグ:ウマノアシガタ


2015年下旬

キツネノボタン(狐の牡丹)
Ranunculus silerifolius

双子葉類
キンポウゲ目
キンポウゲ科
キンポウゲ属
多年草
タグ:キツネノボタン


2015年下旬

オヘビイチゴ(雄蛇苺)Potentilla anemonifolia

双子葉類 バラ目 バラ科 キジムシロ属
多年草
タグ:オヘビイチゴ


2015年下旬

コメツブツメクサ(米粒詰草)Trifolium dubium

双子葉類 マメ目 マメ科 シャジクソウ属
一年草
ヨーロッパ~西アジア原産
タグ:コメツブツメクサ


2015年下旬

イヌガラシ(犬芥子)
Rorippa indica

双子葉類
アブラナ目
アブラナ科
イヌガラシ属
多年草
タグ:イヌガラシ


2015年下旬

カタバミ(酢漿草,片喰)
Oxalis corniculata

双子葉類
カタバミ目
カタバミ科
カタバミ属
多年草
タグ:カタバミ


2014年下旬

マツヨイグサ(待宵草)
Oenothera strica

双子葉類
フトモモ目
アカバナ科
マツヨイグサ属
多年草
アメリカ原産
タグ:マツヨイグサ


2014年下旬

カキノキ(柿の木)の両性花
Diospyros kaki

双子葉類
ツツジ目
カキノキ科
カキノキ属
落葉低木
タグ:カキノキ


2015年下旬

キウイフルーツ
(英: kiwifruit)
Actinidia deliciosa

双子葉類
ツバキ目
マタタビ科
マタタビ属
落葉蔓性植物
タグ:キウイフルーツ


2017年下旬
黄色い花

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 5月の花/SA-tanada  5月の黄色い花/SA-tanada  黄色い花/SA-tanada  夏の花/SA-tanada  5月の下赤阪の棚田の植物 

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

木の幹だってへっちゃらです! 金剛山の天南星

 ヤマシャクを見に行った金剛山。
 林床でふと見上げると。

 傾いた年を経た大きな木。
 その苔産した幹から植物が生えています。


 毒々しい縞模様の茎に、指を広げたような独特な葉。
 マムシグサ(蝮草)とも呼ばれる、テンナンショウ(天南星)の仲間。
 金剛山には複数のテンナンショウ属の植物がはえています。
 これはコウライテンナンショウでしょうか。


 台になっている木は、はっきりした葉の側脈とはっきりとした鋸歯の落葉樹。
 蕾のようなものがぶどうのように並んでいます。
 この木はチドリノキ?
 鳥に運ばれた種が落ちた場所がたまたま苔産したところで、土代わりになったのでしょう。


 多年草ですから去年も生えていたでしょうし、来年も生えるでしょう。
 一体何年この場所で生えているのかわかりませんが、結構元気に育っているようです。
 なかなかしたたかな植物です。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: テンナンショウ属  マムシグサ  金剛山の植物  初夏の金剛山  金剛山 

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

初夏の山で出会った蘭 采配蘭

 春の花も一段落。
 落葉樹の葉も広がり、林床も薄暗くなってきた初夏。
 蘭と出会いました。


 まっすぐ伸びた花茎にちょっとうつむき加減の花が並んでいます。
 なんとなくキジカクシ科のような雰囲気ですが。
 花びらの根本のところを見ると、縦の溝がねじれています。


 これは花柄じゃなくて子房。
 子房がねじれて花の上下が逆になるのが蘭の特徴。
 果実が熟す間にねじれがなくなっていきます。
 ですから、この植物は蘭。

サイハイラン

 この蘭はサイハイラン(采配蘭)。
 戦いのとき指揮官が軍勢を指揮するときに使った采配に似ていることが由来。
 というには、采配が多すぎ、「船頭多くして船山に登る」になってしまいそうです。
 リーダーにとってちょっと縁起が悪い花かもしれません?


 この蘭も盗採が後を絶たず、数を減らしているようです。
 蘭は菌類と共生して生きる植物。
 ですから多くの蘭は栽培は困難。
 サイハイランもそのような蘭の一つ。
 盗採はいたずらに蘭を減らすだけ。
 もちろんそれ以前に犯罪です。

日本のランハンドブック (1) 低地・低山編

新品価格
¥1,728から
(2017/5/30 22:09時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: サイハイラン    初夏の花  夏の花  紫色の花  白い花 

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

2017年の春の大型連休後の金剛山のヤマブキソウの花

 春の大型連休から続く花の締めくくりはヤマブキソウ。
 ケシ科の多年草。


 同じ頃クリンソウも咲きますが、ミカエリソウらしき植物に圧倒され、数が減ってしまいました。
 ここのクリンソウは植栽されたもので管理されていると聞いていました。
 何かの事情で管理ができなくなったのかもしれません。
 金剛山では自生していると思しきクリンソウを見たことがないので、山の環境に合わなかったのでしょう。


 ヤマブキソウはニリンソウの谷からのぼったところ、山頂広場直下の林床に生えています。
 ここも種をまいたものと聞いたことがありますが、ほかの谷の人が近寄れないようなところにも生えているので金剛山には合っているのでしょう。


 ヤマブキソウの中には葉が深く切れ込んだものがあります。
 セリバヤマブキソウ。
 金剛山にもあるそうです。
 確かに切れ込みの深いものもありますが、はたしてセリバヤマブキソウでしょうか。

セリバヤマブキソウと言うには浅い切れ込み

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤマブキソウ  初夏の花  春植物  スプリング・エフェメラル  金剛山の花  金剛山の植物  金剛山  黄色い花 

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Yahoo!天気・災害
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
Amazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる