【 昆虫(甲虫以外)】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

意外と種類がたくさんで多様化している水生カメムシ チビミズムシ

 人工の小さな池で見つけた小さな虫。
 おそらく、カメムシの仲間の水生昆虫。

この記事にはの画像があります。


 カメムシの仲間は種類が多く、水のあるところに住む種類もたくさんあります。
 例えば、タガメ、アメンボ、マツモムシなど。
 そして、ほかにもあまり有名でない種類がたくさん!!!

チビミズムシ

 翅がないので多分幼虫。
 なかなか個性がありそうな背中の模様。
 そんな珍しい種類じゃないだろうし、きっとすぐ分かるはず。

太い線の枠はおよそ1センチ四方
Micronecta sendula

 と思ったのですが、なかなか苦労しました。
 で、その結果。
 チビミズムシ?
 限りなく近いような気がしますが、微妙に違うような気もします。

 チビミズムシ
 Micronecta sendula
 カメムシ目 カメムシ亜目 タイコウチ下目 ミズムシ上科 チビミズムシ属

タガメ・ミズムシ・アメンボ ハンドブック (水生昆虫2)

新品価格
¥1,760から
(2020/6/13 23:22時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: チビミズムシミズムシ水生カメムシ

スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

古い写真の中からみつけたいきもの 3月に出会ったっ蝶は長生き? ヒオドシチョウ

 何年か前の3月下旬の岩湧山。
 火入れを前に山頂の茅場のススキは刈られていました。
 そこにチョウが。

この記事にはの画像があります。


 オレンジと黒の模様。
 似たような翅のチョウはたくさんいます。
 このチョウは、ヒオドシチョウ。
 漢字では緋縅蝶。
 学名はNymphalis xanthomelas
 チョウ目 タテハチョウ科 タテハチョウ属。

ヒオドシチョウ
緋縅蝶

 ただ、このときは3月。
 チョウの成虫が飛ぶにはちょっと早いな、と思ったら。
 成虫で冬を越すチョウでした。
 しかも、初夏に生まれた成虫が冬を越して春に産卵するという、長生きのチョウです。
 どうりで、翅の色が図鑑よりもぼんやりしているのと思いました。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヒオドシチョウタテハチョウ岩湧山

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

水面直下のマツモムシの謎の毛

 池でニホンアカガエルの観察をしているとき、マツモムシを捕まえました。
 マツモムシは水面の下をお腹を上にして背泳ぎをするカメムシの仲間の水生昆虫。
 いろいろ種類がありますが、捕まえたのは多分マツモムシという名前のマツモムシ。

この記事にはの画像があります。


 捕まえたついでに逃がす前に色々写真を撮りました。

 パソコンの大きな画面で拡大してみると。

 おしりの方に毛が何本も飛び出しています。
 それよりもびっくりしたのか、お腹側にびっしりと細かい毛が並んで生えています。
 まるで鎧のようにぴっちり並んでいるので、拡大しなければ毛には見えません。


 この毛はなにのためにあるのか?
 ちょっと調べてみると、でてきたのが「プラストロン呼吸」。
 水中に住むカメムシの仲間などの呼吸法。
 短い毛で体を覆い、そこに空気を取り込み、その空気を呼吸します。
 もちろん空気の中の酸素は減り、二酸化炭素が増えていきます。
 すると空気と水の境界がエラのような働きをして増えた二酸化炭素を水中へ、減った酸素を水中から交換するのです。
 そのためプラストロン呼吸をする昆虫は水面で空気を交換しなくてもいいのです。

内側に向けてびっしり生えています
マツモムシ

 ただ、マツモムシは水面直下にいる虫。
 そんなことしなくても空気は取り込めます。
 それに、プラストロン呼吸で調べてみても、マツモムシは含まれていません。
 おなじマツモムシの仲間のコマツモムシはプラストロン呼吸ですが、それはいつも水面からずっと下にいるから。

背中にも空気の膜があります
松藻虫

 じゃあマツモムシのお腹の毛はなにのために?
 よくはわかりませんが、マツモムシは気門で空気呼吸します。
 それはプラストロン呼吸をする昆虫も同じです。
 ですから気門のまわりに水があると空気を吸えないので窒息します。
 気門が濡れないように、空気の膜で覆っているのでしょうか。
 そうすればお尻から取り込んだ空気もお腹の気門に自然と行き渡るでしょう。

 ホントのことはわかりませんが、なにか水中で空気呼吸をするための仕組みがかくれているにちがいありません。
 昆虫の呼吸の工夫は、ほんとおもしろい!

タガメ・ミズムシ・アメンボ ハンドブック (水生昆虫2)

新品価格
¥1,760から
(2020/3/26 23:34時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: マツモムシカメムシ目プラストロン呼吸水生昆虫

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

冬を越した?トゲナナフシ

 2月の錦織公園。
 中心を通る舗装遠路をあるいていると、目の前を横切る大きな虫が。

この記事にはの画像があります。


 トゲナナフシ。
 全身トゲだらけの太いナナフシ。
 本州から九州に分布し、6センチ前後の大きさ。
 メスだけで世代をつないでいくかわった虫。

トゲナナフシ

 卵で越冬するのですが、成虫は寒さに強く、1月でも見かけるとか。
 いや、今は2月。
 暦の上では春。
 成虫で越冬に成功した?

 これも冬が暖かくなったから?

新版 昆虫探検図鑑1600

新品価格
¥4,070から
(2020/2/16 22:47時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: トゲナナフシナナフシ冬の虫錦織公園の虫錦織公園

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

古い写真の中からみつけたいきもの ちっちゃいハチはむずかしい! ツノキウンモンチュウレンジ?

 去年の4月。
 タンポポに小さな虫がとまっていました。

この記事にはの画像があります。


 黒い体に透明な翅。
 4枚あるので、ハエではありません。
 精悍な頭部なので、多分ハチの仲間。
 翅の先3分の1くらいのところに黒い帯が特徴になるでしょう。


 調べてみると、ウンモンチュウレンジ?
 ハチの中でも幼虫が葉っぱを食べるハバチの仲間。
 ただ、ウンモンチュウレンジの触覚は黒。


 このハチはオレンジ色?
 ということで、ツノキウンモンチュウレンジ?


 幼虫はバラ科カマツカを食べるようなので、ここにいても不思議はありません。
 多くはありませんが、あちこちにカマツカは生えていますので。

 ウンモンチュウレンジにはいろいろな種が含まれているらしく、分類中だとか。
 このハチの本当の名前はどうなるのでしょう。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ツノキウンモンチュウレンジウンモンチュウレンジハバチハチ

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

古い写真の中からみつけたいきもの ムネアカアワフキでいいのかな?

 去年の4月。
 タンポポを調べていたら、花茎に小さな虫が。

この記事にはの画像があります。


 翅が硬そうですが、透明な部分があるようなので甲虫ではなく、多分カメムシ目。
 丸い形から植物の樹液を吸うセミやハゴロモの仲間。

Hindoloides bipunctata Haupt

 絞り込んで調べてみたら、どうやらムネアカアワフキの雄のよう。
 背中の翅の間が赤いのが特徴。
 でも、多くの画像ではムネアカアワフキの翅はぜんぶが黒く見えます。
 これは横や下のほうが透明のように見えます。

ムネアカアワフキ

 ちがう泡吹虫なのでしょうか?

胸赤泡吹虫

 ムネアカアワフキ。
 胸赤泡吹虫。
 Hindoloides bipunctata Haupt
 カメムシ目 ヨコバイ亜目 トゲアワフキ科。

昆虫 (小学館の図鑑 NEOポケット)

新品価格
¥1,045から
(2020/1/30 21:53時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ムネアカアワフキアワフキムシカメムシ目昆虫

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

古い写真の中からみつけたいきもの 南からタイワンウチワヤンマ北上中

 5年前の7月。
 大阪市の長居植物園。
 池のほとりにいた、タイワンウチワヤンマ。

この記事にはの画像があります。


 タイワンウチワヤンマ。
 台湾団扇蜻蜒。
 Ictinogomphus pertinax
 トンボ目 サナエトンボ科 タイワンウチワヤンマ属。


 名前に「ヤンマ」とついていますが、ヤンマ科でもオニヤンマ科でもなくサナエトンボ科。
 名前に「タイワン」とついていますが、外来種ではなく在来種のようです。
 ただ、本来は南方系で沖縄など温かいところにいたのが、九州や四国南部、そして近畿と太平洋岸を東へと広がり、関東まで広がっているようです。


 タイワンウチワヤンマが北上するにつれ、ウチワヤンマと見分ける必要がでてきました。
 わかりやすいのは、名前の由来となった腹部の先の「うちわ」の部分。
 大きくて黄色い色がついていたらウチワヤンマ。
 黒くて小ぶりならタイワンウチワヤンマ。
 のようです。

日本のトンボ (ネイチャーガイド)

新品価格
¥6,050から
(2020/1/27 22:13時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: タイワンウチワヤンマトンボサナエトンボ

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる