【 昆虫(甲虫以外)】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

秋。今年も赤とんぼがやってきました?

 秋の錦織公園。
 赤とんぼが目立つようになってきました。

この記事にはの画像があります。


 ここでよく見る赤とんぼは、リスアカネ。
 河内の里とその周辺でよく見かけます。


 赤とんぼというと、秋になると真っ赤になって山から里に降りてくるアキアカネが有名ですが、リスアカネは羽化した場所からあまり離れないトンボ。
 羽化は6月下旬くらいから始まりますが、目にするようになるのは秋。
 不思議です。
 なぜかというと、羽化したときは真っ赤じゃないからでしょう。


 季節を感じる赤とんぼ。
 実はいるのに見えないトンボ。
 赤い色は本当によく目立つことがわかります。

日本のトンボ (ネイチャーガイド)

新品価格
¥5,940から
(2017/9/17 22:45時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: リスアカネ  赤とんぼ  錦織公園の虫  錦織公園の昆虫  錦織公園のトンボ  錦織公園 

スポンサーサイト

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

夏のツマグロヒョウモンはむっちゃ早い!

 実は今年の夏にも彼は、いや彼女はやってきました。
 名前は、ツマグロヒョウモン。
 蝶です。

この記事にはの画像があります。


 ツマグロヒョウモンの幼虫が食べるのは、スミレ。
 ということで、鉢植えのスミレに卵を産みに来るのです。
 言うまでもなく、イモムシは食欲旺盛。
 たくさん卵を産まれてはスミレが足りません。
 彼女が去ってからあわてて鉢を網で覆いました。
 もう産み付けられたものは仕方ありません。

勝手に育ったお茶の鉢のスミレにやってきたメスのツマグロヒョウモン

 卵が産み付けられたのは7月半ば。

白いので産みたて?

 そして5日後には1齢幼虫が。

黒くないので孵化して間なしの1齢幼虫

 さらに2週間後にはサナギに。

湿った感じの赤茶色の蛹は脱皮したて

 去年の初夏は1ヶ月かかっていたのが、半分以下。
 産卵されたときには鉢を見て、幼虫がいないことを確認したのですが、見逃していたのでしょうか。

 しかし、このあと10日ほどの間に次々と蛹になっていったので、やはり夏の成長は早いようです。
 幼虫の成長は早くても蛹から成虫になるのは早くても1週間。
 成虫の体を作る時間は初夏とかわらないようです。


 さて、雄雌の割合です。

羽化
1日目
2日目
3日目
4日目
6日目
8日目
9日目
14日目
合計

 最後の14日目を除いてほぼ毎日羽化しています。
 そしてメスはほぼ1匹ずつ。
 オスははじめのころの続けて6匹以外は羽化していません。
 何か意味がありそうですが、想像はつきません。
 また、オスをメスがほぼ同じ数。
 今年の春は2:1でメスがオスの倍。
 去年の初夏は1:3でメスはオスの3分の1。
 ツマグロヒョウモンの性別がいつ決まるのかはわかりませんが、このばらつきは意味があるのか、それともないのか。

 関係ないような気がします。
 なんとなく。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ツマグロヒョウモン  産卵    孵化    羽化 

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

旅するトンボがやってきました! 薄羽黄蜻蛉

 7月半ば。
 今年もウスバキトンボがやってきました。
 場所はネタの宝庫、錦織公園。


 ウスバキトンボは南方生まれの旅するトンボ。
 旅の途中で世代交代しながら北上してきます。
 しかし、到達した北の世界では冬を越せない片道切符。
 不思議ですが、多分、1万年くらいは続けていると思いますので、これでも絶滅しない方策をもっているのでしょう。

日本のトンボ (ネイチャーガイド)

新品価格
¥5,940から
(2017/7/25 21:45時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ウスバキトンボ  夏の虫  錦織公園の虫  錦織公園 

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

初夏の公園で出会った瑠璃ふたつ

 6月。
 花が一段落して、活動する昆虫の種類が増えてきました。
 そんな中で出会った瑠璃色の虫

この記事にはの画像があります。


ツバメシジミ(燕小灰蝶)のオス

構造色のきれいな翅が白で縁取られて写真の切り抜きのようです。


メスは黒っぽくなり瑠璃色ではありません。
幼虫はシロツメクサやヤハズエンドウなどの葉を食べる普通のシジミチョウ。
でも、小さいので気づかないかもしれません。


ルリチュウレンジ(瑠璃鐫花娘子蜂)

こちらは名前に「瑠璃」がはいっています。


幼虫が葉を食べるハバチの仲間。
葉を食べるハチは意外に感じるかもしれませんが、ハチの古い形を残していると言われます。
チョウの幼虫と同じイモムシ型の幼虫はツツジの葉を食べます。


今とまっているのはツツジ。
産卵の場所を探しているのかもしれません。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ツバメシジミ  ルリチュウレンジ  シジミチョウ  ハバチ     

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

春のツマグロヒョウモンはちょっとヘン?

 4月のはじめに蛹になりはじめた冬越しツマグロヒョウモン
 それからどんどん蛹になっていきます。
 といっても、6匹だけですが。

この記事にはチョウの画像があります。


 秋はちょうど1週間で羽化しましたが、春ははやくて2週間、遅いのは3週間でばらばら。
 そして羽化の順番は蛹化の順番とはまったくちがってばらばら。
 ほんとばらばら。


 びっくりしたのは、オスとメスの割合。
 秋はオス12匹にメス3匹で3:1
 春はオス2匹にメス4匹で1:2。メスの方が多い!

 そもそも全体の数が少ないのでこのちがいも誤差の範囲でしょう。
 でも、それを承知で無理やり解釈してみると。
 脱落者が多い冬を生き残ったツマグロヒョウモンにとって大切なのは増えること。
 そのためにはたくさん卵を産まなければなりません。
 ですからメスが多くなった。


 蝶にはオスメスとも複数回交尾をするものとそうでないものがあります。
 ツマグロヒョウモンが一度しか交尾をしない種類なら、メスが多くても交尾できるのはオスの数だけ。
 ということは、オスとメスは同じ数が理想。

 メスはオスから受け取った精子は卵を受精させる以外に吸収して卵を育てるための栄養にします。
 メスのほうが増えすぎると、個々のメスに十分な量の精子が行き渡らず、結果卵の数は減るでしょう。
 ということは、卵をたくさん産むためには、オスとメスは同じ数か、オスのほうが少し多いくらいがいいような気がします。


 春の羽化はなぜメスが多かったのか。
 それは、偶然、たまたまだったような気がします。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ツマグロヒョウモン    羽化 

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

蝶の翅ってものすごい! 冬越しを終えたルリタテハ

 4月の里山で出会った2匹の蝶。
 どちらもルリタテハ。
 でも、見た目が全然ちがいます。

この記事にはチョウの画像があります。


 ひとつは蝶らしい姿をしていますが、もうひとつは歴戦の勇士のマントのような風格があります。
 なぜ春先に幾多の戦いを勝ち抜いてきたような蝶がいるのでしょうか。
 それは、冬を越してきたから。
 ルリタテハは成虫で冬を越す蝶の一つ。
 その年に羽化した蝶が現れるのは6月くらい。
 両方とも去年の10月頃に羽化したのでしょう。

普通の翅のルリタテハ

 この半年間、何があったのかわかりませんが、おそらく鳥に襲われ翅が食いちぎられつつも逃げることができたのでしょう。
 すごいのは、ぼろぼろになった翅でも普通に飛ぶことができるのです。
 たしかに少しフラフラしていたようにも思いますが、そもそも蝶はそんな飛び方です。

翅がボロボロのルリタテハ(上下逆にしています)

 地球に現れた、推力を生み出して自由に飛ぶことができる生き物は、鳥を除いてみんな膜で飛びます。
 膜には欠点があり、裂けてしまうと飛ぶことが難しくなってしまいます。
 ところが、このルリタテハは翅がボロボロになってもそれなりに飛ぶことができます。

 推力を得て、コントロールして飛ぶというのは、とても繊細なこと。
 無駄な要素が入り込む余地はありません。
 大きく欠けてもまだ飛ぶことができるいというのは、蝶の翅にはきっとすごい構造があるのでしょう!

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ルリタテハ  タテハチョウ   

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

せっかく冬を乗り越えたというのに? ツマグロヒョウモン

 秋の終わりにスミレに産み付けられたツマグロヒョウモンの卵。
 そこから孵化したたくさんの幼虫のその後。

この記事にはイモムシの画像があります。


 2月。
 立春を迎えますが、10℃を下回る気温が続きます。
 よく見ていると、パンジーやビオラの葉がかけています。
 温かいときには葉を食べているようです。
 そして、大きいのも小さいのも寒い中でも頑張って生きています。
 ところが。

3センチを超え終齢かもしれない大きいのと


なぜか粉まみれの小さいの

劣化したプラ鉢の表面が原因?

 今年も冬が暖かったのに、春を迎えてから急に冷え込んだ日が続きました。
 その頃から幼虫の死骸が目立つようになってきました。
 12月1月を越えたというのに、春になってから?
 小さい幼虫ばかり死んでいます。
 寒さを乗り越えるために体力を使い果たし、暖かくなるのがまてなかったのでしょうか。

ひっくり返って固まっています

 3月になり、少しずつ暖かくなってきました。
 太陽が照らす日には、盛んにパンジーやビオラの葉を食べていきます。
 しかし、幼虫の数はどんどん減っていきます。
 寒さのピークは越えたはずなのに。
 多頭飼育崩壊は避けられますが、でも、なにがあったのか気になります。
 もしかしたら、スズメに食べられたのでしょうか。
 それとも、栽培品種のパンジーやビオラは、ツマグロヒョウモンの幼虫を殺すために遺伝子組み換えが行われているのでしょうか。
 たしかに、幼虫の数が減ってきたのは、あたたかくなってきてビオラやパンジーの葉を食べるようになってから、のような気がします。

花は大好きなようです

 桜が咲き始めた4月。
 ついに1匹がサナギになりました。
 卵からサナギまで、夏には1ヶ月で終わることが、およそ半年。
 夏には1週間だったサナギの期間ももっと長いのでしょうか。

捨てようと思っていたぼろぼろの鉢でさなぎになりました

蛹になりたてなのでまだオレンジ色

 そして、このサナギを含めて、ツマグロヒョウモンは6匹。
 20匹以上のほとんどが死んでしまったようです。
 野草のスミレばかり食べていた夏はこんなことはありません。
 やっぱり、遺伝子組換え?

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ツマグロヒョウモン  幼虫  イモムシ 

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Yahoo!天気・災害
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
Amazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる