【 公園・緑地・田畑】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

冬。霜が降りていました。

 12月中旬。
 朝、冷え込みました。

 低山の登山口へ向かう途中。
 まだ日が当たらない場所。

 霜で地面が白くなっています。


 枯れた草の茎はトゲが生えたかのように細い氷が覆っています。


 よくみると同じ太さの柱状。


 トゲというより、枯れ茎を封印しているようです。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ:

スポンサーサイト



theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

11月 茅原 すすきの海 いわわき山

 岩湧山。
 大阪河内長野市にある和泉山脈の山。
 府県境から離れた支脈なので大阪の山です。

 山頂付近は約8ヘクタールの茅場、一面ススキの原になっています。

 11月。
 ススキの穂が風にそよぎ、海のようです。

山頂の方を見る
岩湧山

ススキ
大阪湾の方へ連なる和泉山脈の山々
和泉山脈

薄
遠くに見える金剛山
金剛山

すすき10.5cmPOT

価格:462円
(2020/11/16 23:54時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: キトラの茅場ススキ茅場岩湧山和泉山脈

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

世界遺産(仮)は堺の平野の貴重な自然

 大阪にあるたくさんの古墳が「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」として、世界遺産に登録されそうだと話題になっています。
 注目を集めているのが世界最大ともいえる「仁徳天皇陵」と言われる大仙陵古墳(だいせんりょうこふん)。
 ただ、世界最大なのは諸説ありますが長さや面積で、高さは40メートルほど。10階建てくらいのビルという感じでそれほど高くありません。
 大きい割に平たく、まわりを様々な建物囲まれているため、近づいてもただ森があるだけ、のように見えます。
 そこに行っても何かよくわからない! というのが欠点と言われています。

木に覆われた丘にしかみえない大仙陵古墳
大仙陵古墳

 そんな大仙陵古墳をいろいろな角度からじっくりと見ることができる場所があります。

 近つ飛鳥博物館。
 大仙陵古墳から離れ、古市古墳群からも離れた大阪府河南町の山の中にあります。
 といっても、山から古墳を眺めるのではなく、大仙陵古墳の巨大ジオラマがあるのです。

博物館の真ん中にど~ん!
近つ飛鳥博物館

 再現されているのが造営当時の姿。

造営時にヘリがあるとこんなふうに見えた?
大山古墳

 吹き抜けになっている巨大なフロアの中央にあり、上から横から見ることができます。

上空を旋回しているよう
仁徳天皇陵

 なかなか迫力があります。
 木に覆われた丘にしか見えない今の姿からは想像もできません。

高度を下げていくと
前方後円墳

 草も木も無い石葺きの山が千数百年の時間をかけて本体が見えなくなるほど木に覆われてしまいました。
 まったく人の手が入らなかったわけではありませんが、周囲は住宅地に開発され、かろうじて残った古墳を除き森も林もなくなった堺市北部では貴重な場所になるでしょう。
 古墳や歴史だけでなく、そちらの方にも注目が向けられてほしいと思います。

木々の間から整った形の土盛りが見えます
墳墓

■参考外部リンク■
近つ飛鳥博物館

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 近つ飛鳥博物館大仙陵古墳大山古墳仁徳天皇陵前方後円墳墳墓

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

水清ければ魚棲まず まさにそのとおり

水清ければ魚棲まず

【読み】みずきよければうおすまず
【意味】あまりに清廉すぎる人は、かえって人に親しまれず孤立してしまうこと。
 きれいすぎる水には生き物が少なく魚も住まないことからのたとえ。

二上山雌岳山頂から見た金剛山地

緑に覆われていますがほとんどがスギやヒノキの植林

 いつもそうだなぁ、と思う故事成語です。
 ただし、本来の意味ではなく、由来となったほうの意味で。

 意外に思うかもしれませんが、きれいに澄んだ水には生き物が少ないのです。
 水が澄んできれいということは、プランクトンなど小さな生き物の食べ物がないということ。
 ということは、小さい生き物たちはいないということ。
 ということは、それを食べる中くらいの生き物がいないということ。
 中くらいの生き物がいないということは、それを食べる大きな生き物がいないということ。
 ですから、きれいすぎる水には魚は住まないのです。

高野山のアマゴ

水が澄んでいてもこんな大きな魚がいます

 もちろん、山の清流には大きなアマゴなどが住むことがあります。
 しかし、こういった魚は水の中の生き物食べるのではなく、水に落ちた昆虫などを食べているのです。
 他にも、カワセミやホタルなど「清流の生き物」と思われている生き物も、住んでいるところは意外と「清流」ではありません。

1600年前に人間がつくった狭山池

冬には水鳥がたくさん来ます

 街はもちろん、人間がつくった庭、農地、公園など、植物がたくさんあっても整った「きれい」な場所を見ると、いつもこの故事成語を思い出します。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 故事成語ことわざ自然環境人工人間

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

土の中の世界への扉『「育つ土」を作る 家庭菜園の科学 有機肥料や堆肥をどう活かすか』木嶋 利男 著 講談社ブルーバックス

 タイトルのとおり、園芸に関する本。
 肥料や土のことについて書かれています。
 ところが、この本はちょっと変わっています。

 たとえば、土の種類ごとに構成されている粒子の大きさや元素などが書かれてあります。
 土の中の微生物の種類ごとに役割が書かれています。
 肥料では、種類ごとに原料と主要元素の比率が書かれています。
 そして、それらによって植物の成長にどのように影響が現れるのかが書かれています。

 普通の一般向け園芸書ではざっくりと書かれているところが、物理化学生物のレベルで細かく書かれているのです。
 特に目ではわかりにくい土の中でのことが詳しく、病原菌もいろいろ書かれています。
 野菜を同じ土でつくり続けていると収量が減ることがあり、連作障害と呼ばれます。
 その仕組を実験で解明します。
 連作障害を乗り切れば、普通に栽培できるという結果には驚きました。

 どうして、普通の園芸書では簡単に流しているそんなところまで書いているのか。
 それは、この本はブルーバックスだから。
 講談社の自然科学系の新書シリーズのひとつなのです。
 普通は実用書ではなく、科学書の棚に並ぶ本です。

 野菜を育てることは、成長を人間の望む形にコントロールすること。
 そのためには、植物について、そして植物が育つ土のことについて知らなければなりません。
 そして畑の土の中で行われている植物や様々な生物の営みは、自然の環境でも行われていること。
 もちろん、畑のようにコントロールされていないので、ものすごく複雑になっているでしょうが、基本は同じはず。
 つまり、野菜(植物)を工夫して育てるということは、植物と土のことを知るということ。

 土の中で植物はどのように栄養を得ているのか、どのような生き物と時には協力し、時には戦っているのか。
 気になる人には、土の中の世界への入口になる1冊かもしれません。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 「育つ土」を作る家庭菜園の科学木嶋利男ブルーバックス

theme : 本の紹介
genre : 本・雑誌

公園ネコを考える1 ノラネコについて考えてみることにしました。

 ネコブームと言われています。
 もともとネコはイヌと人気を二分するほどの身近な動物。
 それが、イヌよりも人気が出てきたそうです。


 人気がある反面、各地でノラネコによるトラブルが後を絶ちません。
 そのためノラネコの定着と増えることを防ぐために、エサやりを禁止する条例をつくる自治体も増えてきました。
 ところが、そういった自治体が遠くはなれたところに住む人から非難されるという事態も起こっています。
 大雑把にいうと、ノラネコのエサやり擁護派とエサやり禁止派の対立でしょうか。
 しかし意見も多様で、擁護派は基本的に猫好きのような印象を受けますが、禁止派だからといって猫嫌いというわけではないようです。

 ノラネコのエサやり擁護派の意見も、エサやり禁止派の意見も、感情的に理解できるところはありますが、その理由について納得ができないことは少なくありません。
 どちらも好き嫌いの感情だけが先走っているように見えます。
 そしてどちらも人間とネコのことしか考えられていないようです。
 もちろん、人間社会の人間とネコの間の問題ですからそういう視点も必要です。


 しかし生き物はそんな単純な関係だけで生きているわけではありません。
 ましてや、家の中で飼っているのならともかく、人間の管理の外にいるノラネコ。
 特に公園や空地や川原は人間が知らない生き物だらけ。
 自然が豊かな公園だと、絶滅危惧種がいることもあります。
 当然、屋外にいるネコがそういった生き物たちとまったく関係しないでいるわけはありません。

 ノラネコが与える影響は、人間の日常的な場所だけではありません。
 人間が気付かないような、たくさんの生き物たちとの関係も考えなければなりません。
 よく使われる言葉なら、「環境」や「生態系」、そして「ビオトープ」。
 人間とノラネコの関係だけでは見えないところだらけです。
 人間とノラネコの問題のように見えて、実は自然が相手なのです。


 そしてよく忘れられることですが、自然は人間の感情や都合などまったく関係ありません。
 たとえば、自然災害は人間の都合など一切関係がないことは、だれしも感じることだと思います。
 もちろん、それは身近で日常的な自然でも同じ。
 小さなできごとなので気がつかないだけ。
 つまり自然に関する問題は、人間の感情だけでは解決ができないということです。
 大切なのは、たとえ不都合であったとしても自然の姿を受け入れること。
 そのうえで、いいと思える解決を見つけることです。

 ということで、生き物を広い範囲で扱うブログらしく、ノラネコとういう生き物について考えてみることにしました。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 公園ネコを考えるノラネコ公園ネコネコ

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

空のための鏡がたくさんできました!

 6月を迎えた下赤阪の棚田。

 5月下旬には田起こしを終え、入水を待つばかりでした。

 6月上旬。

 ほとんどの田んぼに水が入り、田植えが終わっているところもあります。

 棚田の2015年がはじまりました。

青空と雲が棚田に映っています

 棚田の周りではもうたくさんの花が咲いています。

 それなのに、イネの成長はこれから。

 どうして田んぼのはじまりがこんなに遅いのでしょうか。

水を張った棚田は空専用の鏡のようです

 一番の理由は、イネは日本よりももっと暖かいところの植物だからでしょう。

 多年草ですが、日本では冬に枯れてしまいます。

いろいろな姿を見せてくれる棚田

 それから、イネがお米を作るのには、一定の温度と日照が必要です。

 イネが温度や光がほしい時期に足りないと、お米がたくさんできません。

 梅雨や台風など天気の変化と深い関わりがあります。

 ですから、その土地の気候や植える品種の性質にあわせて植える時期を調整します。

下から見る棚田もいつもとちがいます

 すでに花が咲いて蝶や蜂が飛び交っているといっても、棚田の主役はイネ。

 半年もない短い間ですが、これから棚田が賑やかになってきます。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2015下赤阪の棚田201506下赤阪の棚田棚田

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS