【 公園・緑地・田畑】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

世界遺産(仮)は堺の平野の貴重な自然

 大阪にあるたくさんの古墳が「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」として、世界遺産に登録されそうだと話題になっています。
 注目を集めているのが世界最大ともいえる「仁徳天皇陵」と言われる大仙陵古墳(だいせんりょうこふん)。
 ただ、世界最大なのは諸説ありますが長さや面積で、高さは40メートルほど。10階建てくらいのビルという感じでそれほど高くありません。
 大きい割に平たく、まわりを様々な建物囲まれているため、近づいてもただ森があるだけ、のように見えます。
 そこに行っても何かよくわからない! というのが欠点と言われています。

木に覆われた丘にしかみえない大仙陵古墳
大仙陵古墳

 そんな大仙陵古墳をいろいろな角度からじっくりと見ることができる場所があります。

 近つ飛鳥博物館。
 大仙陵古墳から離れ、古市古墳群からも離れた大阪府河南町の山の中にあります。
 といっても、山から古墳を眺めるのではなく、大仙陵古墳の巨大ジオラマがあるのです。

博物館の真ん中にど~ん!
近つ飛鳥博物館

 再現されているのが造営当時の姿。

造営時にヘリがあるとこんなふうに見えた?
大山古墳

 吹き抜けになっている巨大なフロアの中央にあり、上から横から見ることができます。

上空を旋回しているよう
仁徳天皇陵

 なかなか迫力があります。
 木に覆われた丘にしか見えない今の姿からは想像もできません。

高度を下げていくと
前方後円墳

 草も木も無い石葺きの山が千数百年の時間をかけて本体が見えなくなるほど木に覆われてしまいました。
 まったく人の手が入らなかったわけではありませんが、周囲は住宅地に開発され、かろうじて残った古墳を除き森も林もなくなった堺市北部では貴重な場所になるでしょう。
 古墳や歴史だけでなく、そちらの方にも注目が向けられてほしいと思います。

木々の間から整った形の土盛りが見えます
墳墓

■参考外部リンク■
近つ飛鳥博物館

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 近つ飛鳥博物館大仙陵古墳大山古墳仁徳天皇陵前方後円墳墳墓

スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の春(2~4月)のハチ目・甲虫目・ハエ目の昆虫

 虫とよく出会うようになるのは4月からのようです。

 このブログでの四季の区切りはこちらに。
【このブログでの季節の区切りについて】

この記事にはの画像があります。


節足動物門
 六脚亜門 足が3対6本の節足動物
 〉昆虫綱 顎の関節が2箇所の六脚類 タグ:下赤阪の棚田の昆虫
 〉〉新翅節 翅をたたむ昆虫
 〉〉〉内翅上目 交尾器が発達して蛹になる昆虫
 〉〉〉〉ハチ目(膜翅目)ハチの仲間 タグ:ハチ目

ニホンミツバチ(日本蜜蜂)Apis cerana japonica

〈2014年4月〉

ハチ目
ミツバチ科
ミツバチ属
タグ:ニホンミツバチ

腹部の前が黒っぽいのがニホンミツバチ。

セイヨウミツバチ(西洋蜜蜂)Apis mellifera

〈2016年4月〉

ハチ目
ミツバチ科
ミツバチ属
タグ:セイヨウミツバチ

腹部の前が黄色いのがセイヨウミツバチ。

スズバチ(鈴蜂)Oreumenes decoratus の巣

ハチ目 スズメバチ科 スズバチ亜科
タグ:スズバチ

〈2014年2月〉

泥で固めた巣の中には小さな部屋がいくつもあります。

クヌギエダイガタマバチ(椚枝毬玉蜂)
Trichagalma serratae の虫こぶ

ハチ目
タマバチ科
タグ:クヌギエダイガタマバチ

虫嬰(虫こぶ)の名前は「クヌギエダイガフシ(椚枝毬五倍子)」。

 〉〉〉〉ハチ目
 〉〉〉〉甲虫目(鞘翅目) 前翅全体が硬い昆虫の仲間 タグ:甲虫

ナナホシテントウ(七星天道)Coccinella septempunctata

〈2014年3月〉

甲虫目
テントウムシ科
コッキネラ属
タグ:ナナホシテントウ

成虫で冬をこすので、温かい日は春先でも動き出すことがあります。

幼虫〈2016年4月〉

〈2014年4月〉

ナミテントウ(並天道虫)Harmonia axyridis

〈2016年4月〉

甲虫目
テントウムシ科
Harmonia属
タグ:ナミテントウ

上翅の模様はいろいろありますが、この黒地に2つの赤丸がよく見るような気がします。

テントウムシ(天道虫)類のサナギCoccinellidae(科名)

〈2016年4月〉

甲虫目
テントウムシ科
タグ:テントウムシ

ナナホシテントウ?

ハナカミキリ類?Lepturinae(亜科名)

〈2016年4月〉

甲虫目
カミキリムシ科
ハナカミキリ亜科
タグ:ハナカミキリ

ジョウカイボンのようにも見えます。

モモブトカミキリモドキ(腿太髪切擬 )
Oedemeronia lucidicollis

〈2015年4月〉

甲虫目
カミキリモドキ科
Oedemeronia属
タグ:モモブトカミキリモドキ

カミキリムシの仲間ではありません。
モモブトカミキリモドキの仲間は体液に毒があるものが多く、体につくと水ぶくれができることがあります。

 〉〉〉〉甲虫目
 〉〉〉〉ハエ目(双翅目) ハエ・アブ・カの仲間 タグ:ハエ目

アシブトハナアブ(脚太花虻)Helophilus virgatus

〈2016年4月〉

ハエ目
ハナアブ科
Helophilus属
タグ:アシブトハナアブ

キイロナミホシヒラタアブの雌?Syrphus vitripenis

ハエ目 ハナアブ科 Syrphus属
タグ:キイロナミホシヒラタアブ

〈2016年4月〉

ビロウドツリアブ(天鵞絨吊虻)Bombylius major

〈2015年4月〉

ハエ目
ツリアブ科
Bombylius属
タグ:ビロウドツリアブ

身近なもふもふ昆虫のひとつ。

ホソヒラタアブ(細扁虻)Episyrphus balteatus

〈2015年4月〉

ハエ目
ハナアブ科
ホソヒラタアブ属
タグ:ホソヒラタアブ

幼虫はアブラムシを食べてくれる益虫です。
見た目はちょっと気持ち悪いですが。

 〉〉〉〉ハエ目

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 春の昆虫/SA-tanada春のハチ目/SA-tanada春の甲虫目/SA-tanada春のハエ目/SA-tanadaハチ目/SA-tanada甲虫目/SA-tanadaハエ目/SA-tanada春の完全変態昆虫/SA-tanada完全変態昆虫/SA-tanada春の動物/SA-tanada

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

水清ければ魚棲まず まさにそのとおり

水清ければ魚棲まず

【読み】みずきよければうおすまず
【意味】あまりに清廉すぎる人は、かえって人に親しまれず孤立してしまうこと。
 きれいすぎる水には生き物が少なく魚も住まないことからのたとえ。

二上山雌岳山頂から見た金剛山地

緑に覆われていますがほとんどがスギやヒノキの植林

 いつもそうだなぁ、と思う故事成語です。
 ただし、本来の意味ではなく、由来となったほうの意味で。

 意外に思うかもしれませんが、きれいに澄んだ水には生き物が少ないのです。
 水が澄んできれいということは、プランクトンなど小さな生き物の食べ物がないということ。
 ということは、小さい生き物たちはいないということ。
 ということは、それを食べる中くらいの生き物がいないということ。
 中くらいの生き物がいないということは、それを食べる大きな生き物がいないということ。
 ですから、きれいすぎる水には魚は住まないのです。

高野山のアマゴ

水が澄んでいてもこんな大きな魚がいます

 もちろん、山の清流には大きなアマゴなどが住むことがあります。
 しかし、こういった魚は水の中の生き物食べるのではなく、水に落ちた昆虫などを食べているのです。
 他にも、カワセミやホタルなど「清流の生き物」と思われている生き物も、住んでいるところは意外と「清流」ではありません。

1600年前に人間がつくった狭山池

冬には水鳥がたくさん来ます

 街はもちろん、人間がつくった庭、農地、公園など、植物がたくさんあっても整った「きれい」な場所を見ると、いつもこの故事成語を思い出します。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 故事成語ことわざ自然環境人工人間

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

土の中の世界への扉『「育つ土」を作る 家庭菜園の科学 有機肥料や堆肥をどう活かすか』木嶋 利男 著 講談社ブルーバックス

 タイトルのとおり、園芸に関する本。
 肥料や土のことについて書かれています。
 ところが、この本はちょっと変わっています。

 たとえば、土の種類ごとに構成されている粒子の大きさや元素などが書かれてあります。
 土の中の微生物の種類ごとに役割が書かれています。
 肥料では、種類ごとに原料と主要元素の比率が書かれています。
 そして、それらによって植物の成長にどのように影響が現れるのかが書かれています。

 普通の一般向け園芸書ではざっくりと書かれているところが、物理化学生物のレベルで細かく書かれているのです。
 特に目ではわかりにくい土の中でのことが詳しく、病原菌もいろいろ書かれています。
 野菜を同じ土でつくり続けていると収量が減ることがあり、連作障害と呼ばれます。
 その仕組を実験で解明します。
 連作障害を乗り切れば、普通に栽培できるという結果には驚きました。

 どうして、普通の園芸書では簡単に流しているそんなところまで書いているのか。
 それは、この本はブルーバックスだから。
 講談社の自然科学系の新書シリーズのひとつなのです。
 普通は実用書ではなく、科学書の棚に並ぶ本です。

 野菜を育てることは、成長を人間の望む形にコントロールすること。
 そのためには、植物について、そして植物が育つ土のことについて知らなければなりません。
 そして畑の土の中で行われている植物や様々な生物の営みは、自然の環境でも行われていること。
 もちろん、畑のようにコントロールされていないので、ものすごく複雑になっているでしょうが、基本は同じはず。
 つまり、野菜(植物)を工夫して育てるということは、植物と土のことを知るということ。

 土の中で植物はどのように栄養を得ているのか、どのような生き物と時には協力し、時には戦っているのか。
 気になる人には、土の中の世界への入口になる1冊かもしれません。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 「育つ土」を作る家庭菜園の科学木嶋利男ブルーバックス

theme : 本の紹介
genre : 本・雑誌

下赤阪の棚田のいきもの目次 2018年版 花と実

 下赤阪の棚田ビオトープの2018年版の花と実の目次です。
 今まで出会った植物の花と実を一ヶ月ごとにまとめましたので、その目次を作りました。
 動物編はお待ち下さい。

リンクの多くはタグリンクになります。
スマホモードはタグ表示に対応していません。
PCモードを勧めします。

下赤阪の棚田の花の色目次
茶色 赤紫 青紫
白 緑 黄 橙 赤 茶色 赤紫 紫 青紫 青

花の色について

下赤阪の棚田の月毎の花の色と果実種別の目次
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
白 白 白 白 白 白 白 白 白 白 白 白
緑 緑 緑 緑 緑 緑 緑 緑 緑 緑 緑 緑
黄 黄 黄 黄 黄 黄 黄 黄 黄 黄 黄 黄
橙 橙 橙 橙 橙 橙
赤 赤 赤 赤 赤 赤 赤 赤 赤 赤 赤 赤
茶色 茶色
赤紫 赤紫 赤紫 赤紫 赤紫 赤紫 赤紫 赤紫 赤紫 赤紫 赤紫 赤紫
紫 紫 紫 紫 紫 紫 紫 紫 紫 紫 紫
青紫 青紫 青紫 青紫 青紫 青紫 青紫 青紫
青 青 青 青 青 青 青 青 青 青
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
果実 果実 果実 果実 果実 果実 果実 果実 果実 果実 果実 果実
裂開果 裂開果 裂開果 裂開果 裂開果 裂開果 裂開果 裂開果 裂開果 裂開果 裂開果 裂開果
閉果 閉果 閉果 閉果 閉果 閉果 閉果 閉果 閉果 閉果 閉果 閉果
液果 液果 液果 液果 液果 液果 液果 液果 液果 液果 液果 液果
集合果 集合果 集合果 集合果 集合果 集合果 集合果 集合果 集合果 集合果 集合果 集合果
偽果 偽果 偽果 偽果 偽果 偽果 偽果 偽果 偽果 偽果 偽果 偽果
珠芽 珠芽 珠芽 珠芽 珠芽 珠芽 珠芽 珠芽 珠芽 珠芽 珠芽 珠芽
下赤阪の棚田の果実の目次
乾果
汁気が少ない
液果
汁気が多い
集合果
果実がひとつに集まる
偽果
子房・果皮以外が肥大
珠芽
茎などにできる種子のようなもの
裂開果
割れる
閉果
割れない
漿果
殻なしタネ
核果
殻ありタネ

そのほかの植物関係の目次や動物の目次はこちらへ。
下赤阪の棚田のいきもの目次 2015年版
タグ:下赤阪の棚田のいきもの目次

下赤阪の棚田について

 下赤阪の棚田は、大阪の南河内地方の千早赤阪村、金剛山の麓の標高100メートルほどにある、日本の棚田百選に選ばれた棚田です。
 山と町の中間にあるような場所で、町の生き物と山の生き物の両方を見ることができます。

お米が実った10月の下赤阪の棚田

下赤阪の棚田の花の色について

 色はデジカメで写した画像の色を基本としていますので、実際の色や図鑑の色とも異なることがあります。
 ある程度の幅を持って色検索をしてください。

 花の色は、基本的に花弁の地の色にしています。
 花弁がなかったり小さかったりして、苞(ほう)や萼(がく)が花弁のようになっているものは、その色としています。
 花弁がないだけでなく、苞や萼も花弁のようになっていないものは、オシベやメシベなど目立つ部分の色としています。
 花が小さいものの場合、花序(花の集まり)全体の見た目の色の場合もあります。
 そのため、同じ花でも複数の色に分類されていることもあります。

さいごに

 つくっているのは動植物の専門の研究者ではありません。
 誤りがあると思いますので、ヒントや参考程度に。

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次
■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会
全国棚田(千枚田)連絡協議会

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: いきもの目次/SA-tanada下赤阪の棚田棚田棚田の生き物田んぼの生き物ビオトープ棚田の植物

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の6月の緑色の花

 「緑色」といっても、多くは薄い色。
 人によっては「白」とか「黄色」と思うかもしれません。

6月の緑色の花 タグ:下赤阪の棚田の緑色の花6月の花

ヤエムグラ(八重葎)
Galium spurium
var. echinospermon

被子植物門 双子葉類
アカネ目
アカネ科
ヤエムグラ属
越年草
タグ:ヤエムグラ


2016年上旬

オオバコ(大葉子)
Plantago asiatica

被子植物門 双子葉類
シソ目
オオバコ科
オオバコ属
多年草
タグ:オオバコ


2016年上旬

イヌツゲ(犬黄楊)の雄花
Ilex crenata

被子植物門 双子葉類
ニシキギ目
モチノキ科
モチノキ属
常緑低木
タグ:イヌツゲ

雄花はいくつもがまとまってつきます。


2016年上旬

クリ(栗)の雄花
Castanea crenata

被子植物門 双子葉類
ブナ目
ブナ科
クリ属
落葉高木
タグ:クリ


2016年上旬

アカメガシワ(赤芽槲,赤芽柏)
Mallotus japonicus

被子植物門 双子葉類
キントラノオ目
トウダイグサ科
アカメガシワ属
落葉高木
タグ:アカメガシワ


2014年中旬

ホソムギ(細麦)
Lolium perenne

被子植物門 単子葉類
イネ目
イネ科
ドクムギ属
多年草
ヨーロッパ原産の帰化植物
タグ:ホソムギ


2014年中旬

メリケンガヤツリ
(米利堅蚊帳吊)
Cyperus eragrostis

被子植物門 単子葉類
イネ目
カヤツリグサ科
カヤツリグサ属
多年草
南北アメリカ原産
別名:オオタマガヤツリ
タグ:メリケンガヤツリ


2016年上旬

イヌマキ(犬槇)の雄花
Podocarpus macrophyllus

裸子植物門 マツ綱
マツ目
マキ科
マキ属
常緑高木
タグ:イヌマキ


2015年上旬
緑色の花

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 6月の花/SA-tanada6月の緑色の花/SA-tanada緑色の花/SA-tanada夏の花/SA-tanada6月の下赤阪の棚田の植物

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

下赤阪の棚田の6月の白い花

 6月にもなると花の種類も増えてきて、在来種も増えてきます。

6月の白い花 タグ:下赤阪の棚田の白い花6月の花

ホタルブクロ(蛍袋)
Campanula punctata

被子植物門 双子葉類
キク目
キキョウ科
ホタルブクロ属
多年草
タグ:ホタルブクロ


2014年中旬

ハルジオン(春紫苑)
Erigeron philadelphicus

被子植物門 双子葉類
キク目
キク科
ムカシヨモギ属
多年草
北アメリカ原産の帰化植物
要注意外来生物
日本の侵略的外来種ワースト100
タグ:ハルジオン


2016年上旬

ヒメジョオン(姫女苑)
Erigeron annuus

被子植物門 双子葉類
キク目
キク科
ムカシヨモギ属
越年草
北アメリカ原産の帰化植物
要注意外来生物
日本の侵略的外来種ワースト100
タグ:ヒメジョオン


2016年上旬

ノイバラ(野茨)Rosa multiflora

被子植物門 双子葉類
バラ目
バラ科
バラ属
半蔓性落葉低木
タグ:ノイバラ


2016年上旬

ウツギ(空木)Deutzia crenata

被子植物門 双子葉類
バラ目
アジサイ科
ウツギ属
落葉低木
別名:ウノハナ(卯の花)
タグ:ウツギ


2016年上旬

トウバナ(塔花)
Clinopodium gracile

被子植物門 双子葉類
シソ目
シソ科
トウバナ属
多年草
タグ:トウバナ


2014年中旬

トキワハゼ(常磐爆)
Mazus pumilus

被子植物門 双子葉類
シソ目
ハエドクソウ科
サギゴケ属
一年草
タグ:トキワハゼ


2016年上旬

シロツメクサ(白詰草)
Trifolium repens

被子植物門 双子葉類
マメ目
マメ科
シャジクソウ属
多年草
ヨーロッパ原産の帰化植物
別名:クローバー
タグ:シロツメクサ


2016年上旬

ウシハコベ(牛繁縷)
Stellaria aquatica

被子植物門 双子葉類
ナデシコ目
ナデシコ科
ハコベ属
越年草・多年草
タグ:ウシハコベ

柱頭(メシベの先)が5つに分かれているのが特徴。


2014年中旬

ヨウシュヤマゴボウ
(洋種山牛蒡)
Phytolacca americana

被子植物門 双子葉類
ナデシコ目
ヤマゴボウ科
ヤマゴボウ属
多年草
アメリカ原産の帰化植物
全草有毒
タグ:ヨウシュヤマゴボウ


2014年中旬

カワラマツバ(河原松葉)
Galium verum
var. asiaticum f. nikkoense

被子植物門 双子葉類
リンドウ目
アカネ科
ヤエムグラ属
多年草
タグ:カワラバマツバ


2014年中旬

ソバ(蕎麦)
Fagopyrum esculentum

被子植物門 双子葉類
タデ目
タデ科
ソバ属
一年草
経済作物
中国南部地域原産?
タグ:ソバ


2015年上旬

イヌホオズキ(犬酸漿)
Solanum nigrum

被子植物門 双子葉類
ナス目
ナス科
ナス属
一年草
全草有毒
タグ:イヌホオズキ


2014年中旬

ドクダミ(蕺草)
Houttuynia cordata

被子植物門 双子葉類
コショウ目
ドクダミ科
ドクダミ属
多年草
タグ:ドクダミ


2016年上旬

サンゴジュ(珊瑚樹)
Viburnum odoratissimum
var. awabuki

被子植物門 双子葉類
マツムシソウ目
スイカズラ科
ガマズミ属
常緑高木
タグ:サンゴジュ


2016年上旬

イヌツゲ(犬黄楊)の雄花
Ilex crenata

被子植物門 双子葉類
ニシキギ目
モチノキ科
モチノキ属
常緑低木
タグ:イヌツゲ


2016年上旬

サカキ(榊)Cleyera japonica

被子植物門 双子葉類
ツツジ目
モッコク科
サカキ属
常緑小高木
タグ:サカキ


2015年上旬

ニワゼキショウ(庭石菖)
Sisyrinchium rosulatum

被子植物門 単子葉類
キジカクシ目
アヤメ科
ニワゼキショウ属
一年草
北アメリカ原産の帰化植物
タグ:ニワゼキショウ


2016年上旬

ノビル(野蒜)
Allium macrostemon

被子植物門 単子葉類
クサスギカズラ目
ヒガンバナ科
ネギ属
多年草
山菜
タグ:ノビル


2014年中旬
白い花

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 6月の花/SA-tanada6月の白い花/SA-tanada白い花/SA-tanada夏の花/SA-tanada6月の下赤阪の棚田の植物

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる